義士・烈士()

【韓国】 東京王宮の入口に爆弾を投げたキム・ジソプ義士の手紙、国家登録文化財に登録

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/11/07(日) 20:11:40.47 _USER
no title

▲キム・ジソプ義士(独立記念館所蔵)

激烈な闘争性を持った韓国独立運動の中心には日帝によって国が崩壊する前から大々的に起きた義兵戦争などがあった。そして庚戌国辱後、満州などの地に亡命した独立闘士によって独立軍抗争に発展するなど解放まで着実に武装独立闘争の脈を引き継いでいった。

その中で非常に目立つのがまさに義烈闘争だ。これは自身の生命を投げ捨て、全人類に自由と正義のメッセージを伝達し、民族独立の大義を明らかにする目的で起きた武力闘争だ。

このような人類共栄の透徹した目的性に基づいて行われた義烈闘争は、単に個人または一部集団の私的利益を目的に行なわれるテロと明確に区別される理由が正にここで明らかになる。

慶北(キョンブク)安東(アンドン)豊山邑(プンサンウプ)五美里(オミリ)で生まれた秋岡(チュガン)キム・ジソプ(金祉燮、1884~1928)義士は半生を民族の解放のための義烈闘争に献身した独立闘士だ。
(中略:略歴)

1924年東京帝国議会に爆弾を投げることを計画し上海から東京に潜入する途中、帝国議会が無期限延期になった事実を知って日本王宮を爆破することを決心、結局、二重橋で爆弾を投擲後、現場で逮捕された。

1925年5月に死刑宣告を受けて服役中1927年20年、減刑されたが、翌年、結局、疑問の獄死で殉国した。

反帝国主義理念で社会主義を受け入れてこれに対する実践方法として義烈闘争を選択したキム・ジソプ義士の義挙は日帝の韓国人同胞虐殺に対する民族的報復であり、日本帝国主義の主犯である日王の権威を否定したという歴史的意味がある。

一方、文化財庁(庁長キム・ヒョンモ)は独立活動家キム・ジソプ義士の手紙4件(5点)を国家登録文化財に登録したと去る4日発表した。

国家登録文化財‘キム・ジソプ義士の手紙’はキム義士が1924年1月5日、日本の東京王宮入口の二重橋に手榴弾3発を投げて投獄された後、獄中から弟と夫人に送った手紙4件だ。

強力な義烈闘争に出た抗日闘士キム・ジソプ義士の率直な内面世界と人間像を理解するのに貴重な資料だ。弟キム・ヒソプに送った手紙3件には判決言い渡し日を控えた状況でも毅然とした態度、投獄された同志の安否、息子に対する切なさや家族への心配が含まれている。

妻であるクォン・ソクヒに送った唯一のハングル手紙には収監された日本まで面会をこようとする妻を引き止める切実な無念さが含まれている。

イ・ユンオク記者

ソース:ウリ文化新聞(韓国語)東京王宮入口に爆弾投げたキム・ジソプ義士の手紙、文化財登録
https://www.koya-culture.com/news/article.html?no=132833

関連スレ:【韓国】 日本王宮前で爆弾投げたキム・ジソプ~日本帝国主義の主犯、日王の権威を否定[01/03] [蚯蚓φ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1609674219/
【朝鮮日報】 「帝国の心臓」日王宮に向かって爆弾投擲…日本が隠そうとした独立英雄キム・ジソプ義士[09/16] [蚯蚓φ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1631792631/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1636283500/

続きを読む

【訃報】 キム・ヨンナム愛国志士死去…日本軍の兵営放火計画が発覚し獄苦

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/09/27(月) 21:11:33.55 _USER
no title


国家報勲処は今月26日午後4時45分、キム・ヨンナム愛国志士が亡くなったと27日明らかにした。享年94才。

キム志士は日帝強占期当時、鎮海(チンヘ)海兵団に入隊して兵営に放火し、武器を奪取して脱出する計画をたてて発覚。警備部憲兵隊に逮捕された。

彼は治安維持法違反で懲役1年6カ月の刑を宣告され、監獄の苦しみを体験して日帝の敗戦で出獄した。政府はキム志士の手柄を賛えて1990年に建国勲章民族愛章を授けた。

持病を病んだキム志士は光州光山区の光州報勲病院で臨終した。葬儀室は光州報勲病院葬儀場2号室だ。来る28日午前9時、出棺後、国立大田(テジョン)顕忠院独立有功者墓地に安置される予定だ。

キム志士が亡くなって生存愛国志士は17人(国内14人、国外3人)だけ残った。

[ソウル=ニューシス]

ソース:東亜日報(韓国語)キム・ヨンナム愛国の志士死亡…日本軍兵営放火計画発覚・獄苦
https://www.donga.com/news/Politics/article/all/20210927/109440787/1

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1632744693/

続きを読む

【朝鮮日報】 「帝国の心臓」日王宮に向かって爆弾投擲…日本が隠そうとした独立英雄キム・ジソプ義士

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/09/16(木) 20:43:51.94 _USER
no title

/グラフィック=アン・ビョンヒョン

最近、独立活動家キム・ジソプ(1884~1928)義士(国と民族のために献身した義に徹した人)が監獄で家族に書いた手紙四通が文化財登録されるというニュースが出ました。キム義士は手紙で投獄された同志の安否を尋ね、妻には面会にくるなと頼みました。

キム・ジソプ義士はユン・ボンギル義士やイ・ポンチャン義士に比べて相対的にあまり知られていない人物です。修能模擬試験や公務員試験で「義烈団独立闘争」をした人物の例示などに時々登場しますが、そのたびに受験生が「誰?」と首をかしげるほどです。

彼は東京の日王が暮らす王宮に爆弾を投げた独立活動家ですが、日本の立場ではあまりに衝撃的な事件であったため、最大限、事件自体に言及せずに隠そうとしたといいます。

今日はキム・ジソプ義士について調べてみます。
(中略:経歴)

義烈団員キム・ジソプは朝鮮総督府と東洋拓殖会社など国内の主要な日帝施設を破壊するために1923年、爆弾36個を朝鮮に持ちこもうとしました。軍資金募金も同時に推進しました。しかし、日本の警察がこの事実をあらかじめ知り同志たちが逮捕され計画は失敗しました。

そのような1923年9月、日本で悲劇的なことが発生しました。関東大地震が起きて多くの犠牲者が発生するとすぐに「朝鮮人が暴動を起こす」という流言が広がり、同胞6600人以上が日本人に殺害される「関東大虐殺」が起きたのです。

キム・ジソプはこの消息を聞いて嘆き「同胞の怨みの霊を慰める」ことを決心しました。その時、新しい便りが聞こえてきました。「来年初め、東京で開かれる‘帝国議会’に朝鮮総督も参加する!」日本の高官はもちろん朝鮮総督府の主な官吏までこの議会に集まるという。「それなら議事堂に入って傍聴席から爆弾を投げれば一度に日本帝国主義首脳部の多くの者を処断できるだろう!」

日本語に堪能なキム・ジソプは適任者だったが、爆弾を持って正常な経路で日本まで行くのは難しい。1923年12月、キム・ジソプは義烈団で受け取った爆弾3個を隠したまま上海から石炭運搬船に乗って日本に密航しました。10日間、船の倉庫で過ごしながら一日におにぎり1,2個を食べて持ちこたえたといいます。

しかし、実際に日本に到着すると帝国議会が延期されたという消息を聞き、密航の身で長く待てなかったキム・ジソプは「帝国の心臓部」である日本王宮に爆弾を投げることに計画を変えました。日王を直接暗殺できなくても、独立運動を広く知らしめる象徴的な効果を狙ったと見られます。

1924年1月5日午後7時、キム・ジソプは日本王宮を囲む日比谷公園に向かった後、ちょうど通り過ぎた野次馬二人と同行のように歩いていって王宮正門に近付きました。この時、彼を怪しく思った日比谷警察署警察官が防いで立って検問をしようとし、キム・ジソプは「近づくな」と叫んでスーツのポケットから爆弾一つを取り出し安全ピンを抜いて警察官に投げました。爆弾は爆発せず、残りの爆弾二つを取り出して両手に一つずつ持った彼は王宮正門前の二重橋に走りました。

王宮を守る衛兵二人が銃を向けながら飛び出し、キム・ジソプは残った爆弾を投げましたが、やはり爆発せず失敗しました。最初の爆弾は服の下の湿気で導火線が湿って作動せず、残りの二つの爆弾は安全ピンを抜けなかったといいます。彼は激闘の末、逮捕されました。

当時、この事実は日帝の報道統制で3ヶ月以上知らされなかったが、その後、朝鮮日報は1924年4月24日号外を発行してキム・ジソプの義挙を詳細に知らせました。その後、キム・ジソプは法廷で「3・1運動は日本に対する宣戦布告で、敵に捕えられた私としては決して降参しない」「正義を考えたら放免するだろうが、そうでないから死刑の外はない」として堂々とした姿を見せました。

1925年、無期懲役を宣告され1927年に懲役20年で減刑されたが1928年2月、監獄で突然殉国(国のために命を捧げること)しました。日帝は死因を「脳溢血」と発表しました。

キム・ジソプ義士は「自分の身体を犠牲にして独立精神を広く知らしめ、独立運動に活気を吹き込んだ人物」という評価を受けています。1962年、大韓民国政府はキム・ジソプ義士に建国勲章大統領章を追叙しました。

ユ・ソクチェ記者,キム・ヨンジュ記者

ソース:朝鮮日報(韓国語)[新聞は先生] [ニュースの中の韓国史] ‘帝国の心臓’向かって爆弾投擲…日本が隠そうとした独立英雄
https://www.chosun.com/national/nie/2021/09/16/UTMVTSQFNJHNDAHA2IZITJSJCU/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1631792631/

続きを読む

【韓国青瓦台】独立運動家・洪範図(ホン・ボムド)の遺骨 解放記念日にカザフから返還

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です : 2021/08/12(木) 18:25:26.19 _USER
【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は12日、日本による植民地支配からの解放記念日「光復節(15日)」に独立運動家・洪範図(ホン・ボムド)の遺骨返還が行われると発表した。14日に洪範図の遺骨が埋葬されているカザフスタンに黄基鉄(ファン・ギチョル)国家報勲処長を特使として派遣する。

 遺骨は15日に韓国に到着。16日と17日の国民追悼期間を経て、18日に中部の国立墓地、国立大田顕忠院に埋葬される。

 遺骨返還は16日からのカザフスタン大統領の国賓訪問に合わせる形で実現した。

 独立軍を率いた洪範図は1920年、旧満州で起きた鳳梧洞戦闘で日本軍と戦い、武装独立運動の歴史に残る勝利を収めた。

聯合ニュース 2021.08.12 17:04
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210812003500882?section=news

no title

洪範図(資料写真)=(聯合ニュース)

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1628760326/

続きを読む

【韓国】 日本軍の銃刀で死んだ「独立万歳運動」主導した母子、102年後に立てられた追悼碑

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/04/02(金) 23:51:55.99 _USER
no title

▲チェ・ジョンチョル、キム・グウン母子像、アウネ独立万歳運動記念公園の中にある万歳運動銅像の中のチェ・ジョンチョル、キム・グウン母子像。アウネ市場万歳デモで日本憲兵の銃剣にさされてその場で亡くなった息子を抱いて日本巡査を叱り飛ばし、母親もその場で殉国した。(c)イ・ユンオク
no title

▲チェ・ジョンチョル、キム・グウン烈士追悼碑除幕式
no title

▲チェ・ジョンチョル、キム・グウン烈士追悼碑
no title

▲チェ・ジョンチョル、キム・グウン烈士のための万歳 追悼碑除幕式を終えて、参加者が万歳を呼んだ

1日、訪れた忠南天安市並川面佳田里の母子墓で102年前、アウネ市場の万歳の叫び声が雄壮に鳴り響いた。天安アウネ市場独立万歳運動主導者であるチェ・ジョンチョル、キム・グウン烈士の墓だった。

意義深い日を賛えて、墓の周辺では過去、天安万歳運動を主導したチェ・ジョンチョル(1995,愛国章)、キム・グウン(1991,愛国章)烈士母子の追悼碑除幕式があった。

よくアウネ万歳運動といえば柳寛順(ユ・グァンスン)烈士を思い出すが、102年前の4月1日、アウネ市場万歳デモを主導し日帝巡査の銃剣によって現場で殉国の道を歩んだ母子がいる。それが母親(チェ・ジョンチョル、当時66才)と息子(キム・グウン、当時32才)だ。

同じ日に命を失った母子は佳田里サン8-6番地に埋められたまま、100年以上、沈黙の時間を過ごさなければならなかった。

過去どんなことが起きたか分解してみる...「独立宣言」しようと集まった6400人、日本軍に対抗する
(中略)

日帝に命奪われたが...名前三文字知られなかった独立活動家

事実を言えば、今回の追悼碑に彫られた詩は記者が書いたものだ。記者はかなり以前から女性独立活動家の人生を追跡して献詩を書き、その一生を記録する作業をしている人として何年か前、女性独立活動家チェ・ジョンチョル烈士の存在を知った。

取材過程で彼らがアウネ市場の主導者だった事実と、この地域で照明を受けられずにいる事実を知ってびっくりした。独立運動をして命を捧げた数多くの烈士の足跡を尋ね歩きながら残念に感じたのは、まさにチェ・ジョンチョル、キム・グウン烈士のような方々の歴史の照明を避けた人物だ。

日帝侵略期に命まで投げて殉国の道を歩いたのに、その名前を記憶する人がいないということ...それは悲しくて寂しくて悲劇的なことだ。

しかし、昨日(4月1日)、墓場で記者はうれしくて涙を流した。そこに集まった人々もやはりそうだろう。参席者は追悼碑除幕を終えて、チェ・ジョンチョル、キム・グウン烈士の名前を呼び万歳を叫んだ。102年ぶりに佳田里の墓場で鳴り響いた万歳の叫び声に多分チェ・ジョンチョル、キム・グウン烈士も喜びの涙を流しただろう。

とりわけ赤くぱっと開いたチンダルレの花びらの中にお母様(チェ・ジョンチョル)と息子さん(キム・グウン)烈士の華やかな微笑が重なった。うれしい日だった。

イ・ユンオク記者

ソース:オーマイニュース(韓国語)日本軍銃刀に死んだ母子、102年後立てられた追悼碑
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002732329

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1617375115/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード