宇宙

【朝鮮日報】韓国の宇宙独立、今こそ政府が科学外交でヌリ号を支えるべき時だ

1: 荒波φ ★ : 2022/06/26(日) 08:58:53.25 _USER
今年3月、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地の打ち上げ台に立っていたロシアの宇宙ロケット「ソユーズ」から太極旗(韓国国旗)が消えるという出来事が起こった。

宇宙産業では慣例上、搭載する衛星の製造国の国旗をロケットに付ける。

同ロケットには当時、衛星を作ったワンウェブ社の取締役会に参加している韓国・米国・フランスなど6カ国の国旗が付いていたが、後にロシアが中立の立場を取るインドを除く国の国旗を白いテープで覆ってしまった。

ウクライナ侵攻に対する西側諸国の経済制裁に反発し、ロシアが衛星打ち上げを拒否したのだ。

それから3カ月後の今月21日、全羅南道高興郡にある羅老宇宙センターでは、胴体に太極旗がはっきりと描かれた初の韓国国産宇宙ロケット「ヌリ号」が打ち上げられた。

忠南大学航空宇宙工学科のホ・ファンイル教授は「ウクライナ侵攻は衛星の自力による打ち上げがどれほど重要かをあらためて気付かせてくれた」「自力打ち上げは宇宙独立国につながるものだ」と語った。

もしそうならば、ヌリ号打ち上げ成功で、今や韓国も宇宙独立国になったと言えるのだろうか。残念ながらそうではない。現時点ではヌリ号が当初の目標としていた1.5トン級の実用衛星は打ち上げられない。

技術が不足しているのではなく、米国の国際武器取引規則(ITAR)で自国の部品が入った人工衛星や宇宙船を他国のロケットで打ち上げることについて制限しているからだ。

ITAR制限品目の代表例は、衛星が宇宙空間で位置を把握する際に使う中核部品である米国製ジャイロスコープだ。

言い換えると、苦労して自動車を開発したのに、人を乗せられないのと同じだ。ヌリ号は来年からあと4回打ち上げられるが、すべて商用衛星に及ばない小さな衛星しか載せられない。

結局、真の宇宙独立国になるには、すべての衛星の部品を自国で開発するか、あるいは一日でも早く米国からITAR例外国として認められなければならない。

日々発展する宇宙産業において完全国産化は不可能だ。つまり、外交的能力を総動員した方が近道だと言えるということだ。

宇宙学界では、先月の韓米首脳会談でITAR問題が取り上げられると期待していたが、実現しなかった。しかし、ヌリ号の打ち上げが成功したことで、あらためてITAR問題が予想よりも早く解決するかもしれないという楽観論が強まっている。

韓国が米国の宇宙開発の役立つという信頼を確実に得られれば、米国も友好国である韓国が苦労して製造した宇宙ロケットを使えるように協力してくれるだろうとの期待感からだ。

事実、米国は1987年の「大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制(MTCR)」発足前に宇宙ロケット技術を確保した主要8カ国については、ITARの例外と認めている。日本もこれに含まれている。

まずは宇宙ロケットを持っていなければ交渉の余地がないということだ。最近は宇宙関連担当部処(省庁)である科学技術情報通信部だけでなく、国防部や外交部もITAR問題解決に前向きな姿勢を見せている。

今こそ政府が科学外交でヌリ号を支えるべき時だ。


李永完(イ・ヨンワン)科学専門記者

朝鮮日報/2022/06/26 05:01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/24/2022062480083.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1656201533/

続きを読む

【宇宙】 韓国型ロケット「ヌリ号」、打ち上げ費用は米国の20倍…民間産業に移す努力が必要

1: LingLing ★ : 2022/06/24(金) 00:44:15.63 _USER
韓国型ロケット「ヌリ号」、打ち上げ費用は米国の20倍…民間産業に移す努力が必要
no title


韓国型ロケット「ヌリ号」の打ち上げ成功で韓国宇宙産業が新たな局面を迎えた中、費用など収益性改善のために民間産業に変える努力が必要だという意見が提起された。

ヌリ号は1キロあたり換算打ち上げ費用が3万2595ドルで、米スペースXの再利用ロケット「ファルコンヘビー」(1680ドル)の20倍にのぼる。韓国ロケットの打ち上げ費用を減らすにはスペースXのような民間企業の寄与が必要だと、専門家は話している。

また、海外宇宙企業が成功した背景には基礎技術を保有する各国政府の積極的な支援があった。昨年、世界各国政府が宇宙関連プログラム(有人・無人宇宙船、ロケット打ち上げなど)に投入した予算は924億ドルで、うち民間分野の支出が530億ドルで半分を上回った。韓国政府の宇宙事業全体支出予算は世界全体の0.7%、6億7900万ドルにすぎない。

民間宇宙企業は幅広い分野で優れた力量を立証している。アマゾン最高経営責任者ジェフ・ベゾスが設立した宇宙開発企業ブルーオリジンは次世代国際宇宙ステーションを2020年代末に完成させる計画だ。また100余りのスタートアップが小型衛星専用ロケットを開発して競争している。

韓国航空宇宙産業(KAI)のイム・ガムロク発射体体系チーム長は22日、韓国経済新聞に「宇宙ロケット開発事業の主導権が民間企業に移るだけに、韓国宇宙産業も政府主導のオールドスペースから民間主導のニュースペース時代に進むだろう」と期待を表した。

中央日報日本語版
https://news.yahoo.co.jp/articles/f8f74a4bf6719a5135fad614282e31d8693592a5

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655999055/

続きを読む

【韓国】『ヌリ号』打ち上げ成功に対して日本ネチズン冷笑・・・「まだ子どもレベル」、「ロシアの技術」

1: ハニィみるく(17歳) ★ : 2022/06/23(木) 10:16:52.14 _USER
(写真)
no title

▲ ヌリ号が21日午後、全南 高興郡のナロ宇宙センターの発射台から打ち上げられる様子。
_______________________________________________________

(韓国)国内の技術で製作された韓国型ロケットのヌリ号(KSLV-Ⅱ)打ち上げの成功で、韓国が世界で7番目に実用衛星を宇宙に上げた国に浮上した中、日本ネチズンの間では祝賀と冷笑が交錯した。

21日(現地時間)、日本の共同通信などの現地メディアもヌリ号打ち上げ成功の有無に大きな関心を示しながら、関連ニュースを大きく伝えた。

毎日新聞は、「※米国と中国、欧州連合(EU)、日本、インドに続いて世界で7番目だとする」とヌリ号打ち上げ成功のニュースを報じ、産経新聞はオンラインを通じてユン・ソクヨル大統領の祝賀メッセージを伝えた。
(※=毎日新聞では米露)

この日、日本のオンラインポータルであるYahoo! JAPANの国際分野で最も多く見られたニュースでは、ヌリ号打ち上げ成功のニュースが1位になった。

毎日新聞のヌリ号の記事には200件近いコメントが寄せられたが、日本ネチズンたちの反応は交錯した。

一部のネチズンたちは「独自開発は本当に正しいのか?」、「独自開発ではなくロシアの技術」、「韓国産ロケットはまだまだ子どもレベルだ」、「なぜこんなのを日本で報道するんだ」など、冷笑的な反応を続けた。

その反面、他の部類のネチズンたちは、「韓??国国産ヌリ号打ち上げ、たった2回目で完全成功」、「もう株価も上がってほしい」など、ヌリ号打ち上げを祝賀する意見を述べた。

一方でこの日の午後4時、全南(チョンナム)高興郡(コフングン)にあるナロ宇宙センターの第2発射台から離れたヌリ号は、700kmの目標高度に安定的に上がった後、性能検証衛星も目標軌道に定着させた。過去、1回目の打ち上げ時に失敗した衛星の軌道進入速度も、目標値である初速7.5kmを達成した。

2010年3月から約1兆9,572億ウォンの予算が投入されたヌリ号は、1.5t級の実用衛星を地球の低軌道(600~800km)に投入することを目標に設計された。これまで250人余りの人材が研究開発に動員され、ヌリ号の設計、製作、試験、打ち上げ運用など、全過程が(韓国)国内の技術で具現された。75t級の液体エンジン、大型の酸化剤タンクなど、ヌリ号を形成する核心技術も全て国内開発陣の研究の産物である。

今回の打ち上げ成功によって、韓国は実用衛星を自力で宇宙軌道に乗せられる7番目の国になった。宇宙ロケット技術は、宇宙時代開拓の足場となる重要な技術である。独自の宇宙輸送能力を確保し、国家宇宙開発を安定的に遂行できる基盤を設けられるからである。宇宙ロケット技術はこれまで、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の技術に転用される可能性など、軍事的懸念のために国家間の技術移転が禁止されていた。ひたすら独自のの国内技術力で開拓しなければならない分野だった。今回の成果がさらに重要な理由である。

科学技術情報通信部のイ・ヂョンホ長官はこの日の打ち上げ後、ナロ宇宙センターのプレスセンターで行われた記者会見で、「1993年6月に初の科学観測ロケットである “クァハク1号” が打ち上げられて以降、30年ぶりの成果」とし、「今日は大韓民国の科学技術史だけでなく、大韓民国の歴史の記念碑的な瞬間だ」と評価した。

ソース:ソウル経済(韓国語)
https://www.sedaily.com/NewsView/267CGCZ092

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655947012/

続きを読む

【宇宙強国】韓国、世界7番目の実用衛星打ち上げ能力を立証

1: Ttongsulian ★ : 2022/06/21(火) 18:08:07.98 _USER
2022-06-21 17:16
https://www.yna.co.kr/view/AKR20220620119400017

韓国型発射体ヌリ号(KSLV-Ⅱ)に載せられた性能検証衛星と衛星模写体(※ダミー衛星?)が21日、2次発射で軌道に安着した。

大韓民国はこれで世界で7番目に1トン以上の実用的人工衛星を宇宙発射体に載せて独自の技術で打ち上げ、宇宙強国の地位に上り詰めた。

ヌリ号はこの日午後4時に発射されて、性能検証衛星と衛星模写体の分離を成功的に終えた。

これによってヌリ号の衛星模写体と性能検証衛星は地表面から700km内外の高度で、秒速7.5km内外の速度で地球の周囲を回っている。

ヌリ号は純粋国内技術で設計・開発された最初の宇宙発射体だ。

衛星を打ち上げた75トン級・7トン級液体燃料エンジンを始めとしてロケットに搭載された衛星を保護する覆いであるフェアリングまで全て国内研究陣が開発した。

特に今後の大型・小型発射体開発に持続的に活用することができる75トン級エンジンの性能を成功的に立証して、これからの宇宙開発の足場を作ったという評価が出ている。

韓国は1990年代から科学ロケットの開発に本格的に跳び込んだ。固体科学ロケットから始まって、2003年には最初の液体推進科学ロケットKSR-Ⅲを発射した。

引き続き韓国はロシアと共同で100kg級小型衛星発射体である羅老号(KSLV-I)を開発、2009年から2013年まで計3回発射した。最初の2回の発射には失敗したが、2013年の3回目の試みで成功した。

羅老号の成功後、韓国航空宇宙研究院(航宇研)は独自発射体の開発に突入した。2018年には75トン級液体エンジンの性能を試すための1段ロケットであるヌリ号試験発射体(TLV)の発射を成功的に終えた。

去年10月21日にはヌリ号の1次発射があった。当時1段目の分離、フェアリング分離、2段目の分離が正常的に成されたが、3段目のエンジンが早期に燃焼終了して衛星模写体を地球低軌道に安着させるには失敗した。

航宇研は1次発射で確認された3段目ロケットの問題点を綿密に調査した後、2次発射では技術的な改善措置を取って、今回の発射を成功に導いた。

今回の成功をキッカケに航宇研が2027年までに計6874億ウォンを投じて推進中の『韓国型発射体高度化事業』も弾力を受ける見通しだ。

ヌリ号を今後4回さらに発射して技術の信頼性を向上させて、発射体の技術を民間に移転してアメリカの『スペースX』のような国内宇宙産業体を育成・支援するのが事業の主な内容だ。

ヌリ号の3次発射は来年上半期に予定されている。

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655802487/

続きを読む

韓国型ロケット『ヌリ号』打ち上げに成功

1: Ttongsulian ★ : 2022/06/21(火) 17:19:26.96 _USER
2022-06-21 17:08
https://www.yna.co.kr/view/AKR20220621148100017

21日、韓国型発射体ヌリ号(KSLV-Ⅱ)が成功的に発射されたとイ・ジョンホ科学技術情報通信部(科技情通部)長官が公式確認した。

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655799566/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード