起源

【韓国】二千年、文化は韓半島から日本に流れ、開化期には日本から西欧文化が…しかし日本より植民地朝鮮で先にできたものも

1: LingLing ★ : 2022/06/26(日) 23:48:02.68 _USER
[歴史で淹れるコーヒー] 日本より植民地朝鮮に先にできたもの

イ・ギルサン(韓国学中央研究院 教授・教育学科)

二千年間、文化は韓半島から日本に流れた。そうしたことが、徐々に乱れ始めて、開化期になってからは日本を通じた西欧文化の流入が溢れ出した。コーヒー文化も例外ではなかった。日本に喫茶店ができれば朝鮮にも、日本にカフェができれば朝鮮にもできた。日本のカフェが、エロサービスや貞操サービスなどといった具合に退廃化の道を進むと、朝鮮のカフェもその道をたどった。

しかし、朝鮮で先に始まったものもあった。朝鮮で生まれた後、日本に流れた新しいコーヒー文化。それが純喫茶店だった。茶房の元祖だ。1920年代後半に入ってひどくなったカフェの退廃化に対抗した日本権力のやり方は、厳しい取り締まりだった。警察や公務員を送って調査し罰金を課して、ちょっと酷いと営業停止や廃業にさせて、抵抗すれば主人を捕まえて拘束する単純無知なやり方だった。公正と正義を装った法で治める脅し政策だった。表向きには成果が現れるが、成功するわけがなかった。コーヒーや食べ物よりも、サービスを前面に出す「悪カフェ」は増えていって、美風良俗の汚染を懸念する声は寧ろ大きくなっていった。

このような抑圧的な政策とは違うやり方が登場した。酒類を販売しないで食べ物とコーヒーだけを取り扱って、美貌のウェイトレスを立たせない新しい喫茶店が登場したのだ。1927年12月18日付の朝鮮新聞(日本語)の「スンキッダチョム(純喫茶店)」というタイトルの記事に登場した「フタミテルム(?)」がその始まりだった。本町3丁目、現在の忠武(チュンム)路3街に登場した純喫茶店だ。コーヒーと洋菓子のセットメニューを打ち出したのが特徴だった。

さらに、1928年8月1日に本町2丁目所在の喫茶店「クムガンサン」は低価格、純民衆的雰囲気、そして酒類を売らない「街の安息所」という広告を通じて営業を始めた。1930年代に雨後の竹の子のように登場して、京城の新しい文化として定着する朝鮮喫茶店文化の始まりだった。数年後、日本で1930年代初めの経済大恐慌で萎縮した消費文化を反映して出発することになる「純喫茶」が、朝鮮で先に登場したのだ。朝鮮では、退廃的カフェ文化に対する反発から始まった反面、日本では萎縮した消費市場に応じて現れたのが違いといえば違いだった。

1920年代は、日本が3・1運動の影響を受けて、無断統治を放棄して文化統治を掲げた時期だった。日本人の遺伝的優越性、文化的高次元性を前提とした傲慢な統治だった。文化は高いところから低いところに流れるのが当然であり、これに抵抗するのは無知なことだと主張した京城帝国大学校タカハシトルの植民史観が広がっていた時代に、純喫茶文化は朝鮮から始まり日本列島に流れた。

文化に階級がないというのは、その時も今も常識だ。BTS音楽が世界の人々の耳を虜にしている今も、私たちが銘心しなければならないことは、それが私たちの文化の優越性を示す現象ではないということ、それは彼ら音楽家の血と汗のこもった努力の結果だということだ。文化に政治を、国格を、民族性を混ぜることこそ野蛮で無識だ。

イ・ギルサン韓国学中央研究院教授・教育学科

ソース 国民日報(韓国語)
https://n.news.naver.com/mnews/article/005/0001535508

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1656254882/

続きを読む

【韓国】 1400年前、百済人ミマジが日本に伝えた韓流元祖「百済ミマジ仮面」…夜間常設公演「市民と観光客に披露」

1: LingLing ★ : 2022/06/24(金) 00:00:20.74 _USER
百済ミマジ仮面夜間常設公演「市民と観光客に披露」
no title

no title


[公州]コロナ禍でも5年目で期待以上の成果を上げているノンバーバル・ミュージカル舞踊創作劇「百済ミマジ仮面が来る」という公州の代表的ブランド公演として位置づけられていて、市民と観光客らを魅了している。

「百済ミマジ仮面」は1400年前に百済人ミマジが日本に伝えた韓流元祖だ。百済伎楽を象徴する「百済ミマジ仮面」は、百済の精神と息吹が込められた百済の無形遺産といえる。

百済の古都公州(コンジュ)で、熊津(ウンジン)百済を感じさせる新たなコンテンツとして位置づけられている「百済ミマジ仮面が来る」という昔の先人たちの芸術魂を込めて、百済伎楽の仮面の人物であるオゴン(呉公)、オニョ(呉女)、ガルラ(迦楼羅)、コンリュン(崑崙)が登場するノンバーバル・ミュージカル形式の舞踊劇公演だ。千年韓流のミマジ仮面を再創出して、百済の歴史の原型性を知らせて、観客みんなが共感できる作品で、演出と振り付けなどを補完して構成した。

特に、公演の最終章では、他の公演では見られない場面として、公州の踊りである「百済舞」で、公演出演者と観客が自然に一体となる舞のシーンが繰り広げられる。

この合同の舞のシーンは、また別のクライマックスになって、躍動感ある公演形態で観客に感動を与える締めくくりシーンになるだろう。

百済舞伝承保存会芸術監督である公州大学校チェ・ソン教授は、「百済の歴史と文化を素材にしたブランド公演が、公州の差別化された文化コンテンツとして、一般人に共感させることで百済を知らせて、公州を広報する契機になることを願う」と伝えた。

また、本人が振り付けた「百済舞」で、「公州が舞で一つになる都市として、再び蘇ることを願う」という地域に対する愛を伝えて注目を集めている。

公演は、6月から8月までは午後8時、9月から10月2日までは午後7時30分、毎週奇数回目の土曜日の夕方、公山(コンサン)城隣のコム塔野外ステージで60分間行われる。

ソース 大田日報(韓国語)
https://n.news.naver.com/mnews/article/656/0000016600

関連スレ
【韓国】「復元はプライドの問題」…日本で舞楽や歌舞伎の起源とされている「百済技楽」、困難極める復元作業★3[9/10]
https://news18.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1157888604/
【古代韓流】日本へ百済の伎楽を伝授 「韓流援助のミマジ」が高等教科書に収録される[07/07]
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1404734419/
【韓国】「歌舞伎の起源」百済技楽、困難極める復元作業 資料確保・比較研究は日本の方が良好
https://news22.5ch.net/test/read.cgi/wildplus/1181403180/
【日本文化】歌舞伎は韓国起源と主張のトンデモ"ウリジナル"、古典演劇専門家が反論[01/02]
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1357088471/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655996420//a>

続きを読む

【韓食】 寿司とは次元が違う大韓民国のキムパプ…一般的なキムパプが日本の海苔巻きに由来するという主張は説得力に欠ける

1: LingLing ★ : 2022/06/22(水) 22:55:56.18 _USER
キム・ラクフンコラムニスト
- 現在、大韓民国キムパプフォーラム議長、大韓民国キムパプ広報大使と全羅南道高興(コフン)郡広報大使として活動している。

※キムパプ=キムは海苔、パプは飯。

―寿司とは次元が違う大韓民国のキムパプ
日本は自分たちの最も誇らしい食文化の一つを「寿司」だと考える。それもそのはずで、寿司は既に全世界3大グルメの中で最高の地位に上がって、これは全世界を回りながら筆者の目で確認することができた。筆者は、国を広報する観光博覧会に招かれ、我が国を代表しながら長い間常に日本館、中国館と向かい合って競争するように、互いの食文化を比較してきた。日本は、常に最も代表的な食文化として寿司を掲げている。したがって、キムパプの形態が日本のものだと考えることもできるだろう。しかし、韓国のキムパプと日本のキムチョパプは、色々な食べ物を海苔で包むという形式は似ているが、これにアプローチする方式と活用方式はかなり違う。

※キムチョパプ=日本の「海苔巻き」を指す。キムは海苔・チョパプは酢飯(寿司)。

我が国のキムパプは実用性を強調するが、日本のキムチョパプは装飾性中心だ。関西地方で初めて作られたキムチョパプは、今の生鮮寿司の形をはじめ、海苔1枚を半分に切って、ご飯の中に薄いキュウリを入れた単純な形の「ホソマキ」と、切り身の生鮮と材料を入れ作った「フトマキ」を通称する日本式キムパプだ。別名「ノリマキ(キムマリ)」と、超大型国際舞台で数多くの競争をしていると、これらの限界を完全に発見することができる。寿司を彼らの主な食文化と表現する公式舞台では、日本式キムパプを見つけることが難しいからだ。あるとしても、単に寿司を作り余った端くれで、寿司の一種としての存在感だけがある。それが、日本式キムパプの現実だ。したがって、現在、我々が食べている一般的なキムパプが日本のキムチョパプに由来するという主張は説得力に欠ける。

大韓民国のキムパプは、韓国料理の伝統的なご飯と飯饌(※おかず)を集めた一品料理(A la carte)だ。韓国人の主食であるご飯が主な材料で、包装しやすくて、色々な飯饌を一度に食べながら、適度な満腹感をもたらして、最近は広い世代にわたって充分なプレミアム一料理として愛されている。

長いので、以下は省略
・世界の美食を凝縮させた融複合プラットフォーム
・名実ともに大韓民国農林畜水産物輸出1位 大韓民国の海苔
・大韓民国の海苔 国際食品規格委員会アジア地域標準規格として採択
・グローバル教育として昇華させた韓食広報の新しいパラダイム ロックシェフのキムパプ(KIMBOP)
・大韓民国キムパプ世界化の再跳躍 大韓民国キムパプフォーラムの始まり
…など

ソース ホテル&レストラン(韓国語) "[DiningStory]私たちのソウルフード、キムパプのすべて。キムパプ材料の誕生から現在まで"から一部抜粋
http://www.hotelrestaurant.co.kr/news/article.html?no=10682
no title

no title

no title

no title

no title


関連スレ
※前回のコラム
【韓食】 私たちのソウルフード、キムパプのすべて…日本由来説は明確な根拠がないだけでなく、論理的にもかなり無理がある ★2 [昆虫図鑑★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1653434376/
※キム・ラクフンシェフ、他の記事
【韓国代表食材】 シェフのキム氏「数百種の料理ができる海苔」…海外では「スシ」は「キムパプ」、「ノリ」は「キム」を刻む[12/19]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1513682732/
【韓食】 キンパ、具材で無限に変身…世界化に最も適した食べ物。日本の「マキ」とは全く別物、歴史ももっと古い★3[05/12] [右大臣・大ちゃん之弼★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1620861292/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655906156/

続きを読む

韓国人は、漢民族に「臭穢不潔(極めて臭くて不潔)」と蔑まれたツングース系民族「濊」の末裔なのか

1: 昆虫図鑑 ★ : 2022/06/22(水) 07:44:42.07 _USER
「臭穢不潔」とされたツングース系

 朝鮮民族の祖先であるツングース系民族は古代中国で、「濊(わい)」や「貊(はく)」と呼ばれていました。「貊」は日本語で「えびす」と訓読みし、蛮族を指します。

 問題は「濊」の字です。濊は『漢書』武帝紀では「薉」、『漢書』食貨志では「穢」と表記され、『三国志』や『後漢書』では「濊」と表記されています。いずれも「穢れ」を意味していると考えられています。

 かなり酷い呼び名ですが、漢民族は周辺の異民族に対して、このような悪い意味の名を付けることがよくありました。例えば、匈奴の「匈」は「悪く乱れている」ということを意味する言葉であるので、「匈奴」は「悪い奴ら」というニュアンスになります。また、周の時代には、モンゴル系の犬戎が中国に侵入しましたが、「犬戎」とは「犬のような蛮族(戎)」というニュアンスです。

 それにしても、「濊」という名の酷さは際立っています。どうして、こういう名を付けられたのか、詳しいことはわかっていませんが、『三国志』や『後漢書』では、ツングース系民族が極めて臭くて不潔(「臭穢不潔」)であったと記されています。

 彼らは尿で手や顔を洗い、家ではなく穴の中に住んでいました。豚の毛皮を着て、冬には豚の膏を身体に厚く塗って、寒さをしのいでいました。「臭穢不潔」な彼らを「濊」と呼ぶことは漢民族にとって自然なことだったと推測されます。

 「濊」は「水が溢れている様」、「穢」は「雑草が生い茂って荒れている様」を表すもので、必ずしも「穢れ」を意味するものではないとする見方もありますが、史書に「臭穢不潔」と記されていることからもわかるように、やはり「穢れ」を意味していると考えるのが自然です。

 これらの濊や貊のツングース系部族から派生する扶余族が紀元前1世紀に高句麗を建国し、4世紀前半に百済を建国します。彼らは後漢王朝に圧迫され、朝鮮半島方面へと南進したのです。そして、彼らは現在の韓国にいた原住民である韓人と混血同化し、今日の朝鮮人となります。

 韓人は朝鮮半島の南部から中部にいた農耕民族で、半島の原住民ですが、「韓人」という明確な民族学上のカテゴリーがあるわけではなく、「三韓の地に住んでいた人々」という意味で慣習的に使われます。

歴史から紐解く朝鮮民族のルーツ
 高句麗は4世紀末から5世紀に強大化し、満州から朝鮮半島北部にかけて広大な版図を形成しました。

 高句麗の第19代の王・広開土王(好太王)はこの時代の王で、朝鮮半島南部に遠征し、百済を攻めました。百済と同盟を結んでいた日本(大和朝廷)は軍を朝鮮に派遣し、広開土王と戦います。この戦いについて、有名な「広開土王碑文」に記されています。

 朝鮮の歴史書『三国史記』によると、扶余の王族朱蒙(チュモン)が紀元前37年に高句麗を建国したとされます。さらに、扶余族は南方に拡散し、朝鮮半島南西部に百済を建国します。7世紀の中国の史書『周書(北周書)』や『隋書』では、百済の王族が扶余族出身で、高句麗王族とも血縁関係があったことが記されています。

 百済の都は当初、ソウルを流れる漢江(ハンガン)の南の漢城に定められました。その後、高句麗に圧迫されて、475年、南の錦江(クムガン)中流の熊津(ウンジン)、つまり現在の公州に遷都し、更に538年に、錦江下流の泗沘(サビ)に遷都しています。

 泗沘は新羅時代の8世紀半ばに、彼らの民族名を偲び、「扶余(プヨ)」と名付けられて、今日に至ります。百済の最後の都の扶余は百済歴史遺跡地区として、2015年に世界遺産に登録されています。

 高句麗や百済の歴史からもわかるように、古代朝鮮半島はツングース系の扶余族によって支配されていました。扶余族は濊や貊から派生した部族であり、これが朝鮮人のルーツであると言うことができます。

全文はソースで(宇山 卓栄)
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb0b762138288234fd8e42e35ae3b69e90fc8bd9?page=1

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655851482/

続きを読む

【韓国歴史】 半導体強国の底力、8世紀の黄金遺物から見つけた

1: LingLing ★ : 2022/06/21(火) 19:56:36.03 _USER
半導体強国の底力、8世紀の黄金遺物から見つけた
-慶州東宮と月池で2016年発掘
-爪ほどの金の塊しわくちゃのまま出土
-髪の毛より細い線装飾・・・顕微鏡確認
-「8世紀の新羅王室示す現存唯一の金箔」

no title

慶州の東宮と月池で発掘されて、8世紀の遺物と推定される「線刻團華雙鳥文金箔」の細部の様子。髪の毛より薄い線を反復して模様を作ったことが、顕微鏡を通じて確認できるほど精巧だ。/写真提供=文化財庁

[ソウル経済]
半導体強国の精密さは1300年前の新羅時代、既に確保された能力だったようだ。 親指一節くらいになりそうな幅3センチの薄い金箔に、人の髪の毛の太さの半分にもならない細い線を無数に引いて一輪の花と鳥2羽を刻んだ。顕微鏡で覗いて見ると、12枚の花びらと大量の鳥の毛まで確認できる。

精巧さでは引けを取らない国家無形文化財彫刻長のキム・ヨンウン保有者ですら、「このような繊細な模様は、顕微鏡を見ても到底作れそうにない。レーザーのような現代装備で製作して出来るのかを、実験してみなければ分からない。不可思議なくらいの作業」と舌を巻いた。慶州東宮と月池から出土した8世紀新羅遺物「線刻團華雙鳥文金箔」だ。

文化財庁国立文化財研究院国立慶州文化財研究所は2016年11月、慶州の東宮と月池ラ地区の北側発掘調査途中で発掘した8世紀頃の金箔遺物2点を16日、ソウル国立古宮博物館で初めてメディアに公開した。舎利荘厳具などの仏教遺物を除けば、統一新羅時代の純金遺物が確認されたのは公式的に初めてだ。その上、想像を超える精巧な模様は関連分野の専門家たちを驚かせた。科学的保存処理と専門家諮問会議を経て、6年越しで公開された。研究所側は、「最初に発掘された当時、小さな金の塊のように見えるほどしわくちゃになっていて、開いて保存処理して模様を確認するまで、精巧な過程のためすごく長くかかった」と明らかにした。
(省略…)

チョ・サンジン美術専門記者

ソース ソウル経済(韓国語)
https://n.news.naver.com/mnews/article/011/0004066466

文化財庁国立文化財研究所は2016年、慶州東宮と月池で発掘された純金遺物を数年間保存処理・分析して、極めて細かい花鳥模様を発見した。大人の爪くらいの大きさに分かれて、しわくちゃになった状態で発見されて、確認がかなり難しかった。合わせた大きさも100ウォン玉よりも小さい。/写真提供=文化財庁
no title

慶州東宮と月池の北側で発見された金箔遺物の発掘当時の姿。互いに分かれて20mほど離れた状態で発見されて、保存処理過程を通じて2点が一つだったことが確認された。/写真提供=文化財庁国立文化財研究所
no title

no title

慶州東宮と月池で発掘された8世紀の「線刻團華雙鳥文金箔」の全体像。100ウォン玉より小さい遺物を大きく拡大した。/写真提供=文化財庁国立文化財研究所
no title

慶州東宮と月池で発掘された8世紀の金箔に刻まれた文様が髪の毛(右側の黒い線)よりも細いことが顕微鏡で確認できる。/写真提供=文化財庁国立文化財研究所
no title

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655808996/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード