日本国内

在日コリアンに関する演説を「悪意に満ちたデマ」など報じた神奈川新聞記者に賠償命令

1: おっさん友の会 ★ : 2023/01/31(火) 21:07:24.74
在日コリアンに関する自らの言動を「悪意に満ちたデマ」などと報じた神奈川新聞記事や執筆した
石橋学記者(52)の発言で名誉を傷つけられたとして、川崎市の佐久間吾一氏(56)が計約280万円の
損害賠償を求めた訴訟の判決で横浜地裁川崎支部は31日、演説中だった佐久間氏への一部発言が
名誉毀損に当たるとし、石橋記者に15万円の支払いを命じた。

山口均裁判長は佐久間氏の言動を批判、論評した複数の記事に関し、佐久間氏が平成31年の
川崎市議選に立候補していたことなどから公益性を認定。「許容される限度を超えた侮辱行為とは
いえない」とした。一方で石橋記者による街頭演説中の「でたらめ」などとの発言は違法性を認めた。

石橋記者は判決後の集会で「ヘイトスピーチだから許さなかった」と述べた。佐久間氏は取材に
「主張が全面的に認められなかったことは不満だ」などと語った。

判決によると、石橋記者は31年2月の記事で佐久間氏の発言を「悪意に満ちたデマによる敵視と
誹謗中傷」と記載するなど、複数の記事を執筆した。

産経新聞 2023/1/31 20:47
https://www.sankei.com/article/20230131-RZ3E52EDHRPMTF562OLO2RTERQ/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1675166844/

続きを読む

在日は「境界人」、G呼ばわりされることもあるが、ノブレスオブリージュを負っていい

1: 仮面ウニダー ★ : 2023/01/30(月) 14:56:08.58
「いざ自分が害虫と名指しされると、堪えるものがある」。それでも『在日韓国人になる』の著者は、戦後の在日史を振り返りつつ、冷静に客観的に、日本の未来を見る
https://news.yahoo.co.jp/articles/15c42519d3bee360c47915bcc66dcc40ca003f53/images/001

ー中略ー

 民族マイノリティ(少数派)として生きるのも、楽ではない。
 下等とされる動物、癌、病原菌。排除の隠喩(「あいつは......だから排除すべし」)......嫌悪する相手に世間で忌避されているものの名を冠することは、古今東西ありふれている。ゴキブリのたとえすら日本の排外主義者の専売特許ではない。戦のさなか相手を「非人間化」して動物とみなし、殺しやすくすることは常とう手段である。
 そう、ゴキブリと呼ばれるなんてありふれたこと。ただでさえ戦後の在日は、バリエーション豊富な侮蔑語をあびてきたではないか。
 わかっている。頭ではそうわかっている。でも、いざ自分が害虫と名指しされてみると、さすがに堪えるものがある。(17ページより)
~~~
著者は在日コリアン3世として東京都江戸川区に生まれ、現在は都内の中高一貫校で歴史や国際政治学を教えている人物。本書においては日本における在日の歴史をなぞり、多文化共生、社会の統合、さらには日本人の再定義についての考えを明らかにしている。

しかし同時に、すべての差別感情の矛盾点を指摘し、だがそれらを無闇に否定するのではなく、あくまで冷静に前を向こうという意志が随所に見られる。

排外主義者は承認欲求を満たすために他者を糾弾したがる

 在日の立場は、永住権を取りたくてもとれない外国人からすればきっと恵まれている。東アジアの一員として、容姿の面でも日本人とよく似ている。「ゴキブリ」と呼ばれようが、たとえ不本意にせよ社会でかくれんぼをしながら生きることだってできる。それすらできない外国人はたくさんいる。だとすれば在日は、どれだけ鼻につこうが、どれだけ後ろめたかろうが、「恵まれた者の責務(ノブレスオブリージュ)」を負っていい。(20ページより)
~~~
いまの時代、性的マイノリティや社会的弱者は排外主義者にとってうってつけのターゲットだ。著者のことばを借りるなら、差別や排除は、民族やカテゴリーの境界などおかまいなし。排外主義者たちは、自身の承認欲求を満たすために他者を糾弾したがるのかもしれない。

そして、外国人労働者と彼らを受け入れる日本社会との間に立っているのが在日だ。複数の文化の交差点にいる「境界人(マージナルマン)」であり、日本人からは"身近なよそ者"として扱われることもある。だからこそ、冒頭で触れたミュージシャンの苦悩のようなものが生まれるのだろう。
~~~
 いずれにせよ、この国が排外主義のうずに呑まれ死者が出るような未来は、まちがいなく失楽園(ディストピア)だ。境界人はうかうかしていられない。そこで、古くからの移民である在日がどう統合されてきたかをふりかえることは、日本のきらめく未来へのヒントを与えてくれるのではないかと思う。(21ページより)
~~~
戦後の在日史は大まかに「排除の時代(1945年~70年代)」「統合の時代(70年代~90年代)」「再排除の時代(2000年代~)」に分けられるという。私が過去に学んできたことや個人的な記憶をなぞってみても、それは納得できる話だ。

ともあれ本書ではこれらの各時代を振り返り、最終的には歴史と未来に関わる問題について言及しているのである。

ー後略ー

【印南敦史(作家、書評家)】

以下全文ソースから

1/30(月) 6:50配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/15c42519d3bee360c47915bcc66dcc40ca003f53?page=1

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1675058168/

続きを読む

【在日】なぜコリアタウンがここにあるのかを若い人たちにも知ってほしい

1: 動物園φ ★ : 2023/01/30(月) 18:45:55.64
2023/01/28 16:30

 外国人人口の割合が高い大阪市生野区で、多文化共生に向けた取り組みが加速している。韓流ブームで大阪コリアタウンを訪れる日本の若者らにも地区の歴史を知ってほしいと4月に地元住民らが資料館をオープンさせるほか、外国籍の子どもらの学習環境整備も進む。

外国籍の住民が21%

 2020年の国勢調査では、生野区は人口約12万7000人のうち在日コリアンを中心に外国籍の住民が21・8%を占め、総務省によると、全国の自治体平均(2・2%)を大きく上回る。

 にぎわいの拠点となっているのが、大阪コリアタウンだ。JR鶴橋駅近くの東西約500メートルの通りにキムチや豚肉などの韓国食材や韓流スターのグッズなどを扱う約150店が並ぶ。

 一帯はかつて「 猪飼野 」と呼ばれ、1920年代頃から仕事を求めて朝鮮半島から多くの人が移住した。戦後は韓国食材や民族衣装の店が並び、「朝鮮市場」として発展。冠婚葬祭や正月用の食材などを買い求める在日コリアンが全国から訪れたが、商店主の高齢化などで衰退し、73年には「猪飼野」の地名も消えた。

 しかし、ドラマ「冬のソナタ」がヒットした2003年前後の韓流ブームで息を吹き返した。NPO法人「コリアNGOセンター」(生野区)によると、大阪コリアタウンを訪れた人はコロナ禍前の19年の約200万人には及ばないが、現在も週末には通りが若い女性らで埋まる人気ぶりだ。

資料館開設へ

 「なぜコリアタウンがここにあるのかを若い人たちにも知ってほしい」。地元の在日コリアンや大学教授らが資料館の開設を思い立ち、21年春に動き出した。SNSなどで約3000万円を目標に寄付を募り、これまでに約200人から約2900万円が集まった。今月中旬に先行して資料館のホームページを始め、4月29日の開館を目指す。

 資料館では、大阪コリアタウンや在日コリアンの歩みに加え、在日3世の少女と日本人青年の恋を描いた「 潤 の街」など地区を舞台にした映画やドラマ、K―POPカルチャーをタッチパネルや動画で紹介する。日本と朝鮮半島に関する約2000冊の書籍をそろえるほか、カフェも備える。

 初代理事長を務める 洪性翊 さん(66)は「若い世代がサブカルチャーだけでなく、日本と朝鮮半島の歴史に触れることで、相互理解が進み、友好の懸け橋になれば」と期待を込める。

外国籍の子への学習施設も



https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20230128-OYO1T50020/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1675071955/

続きを読む

「佐渡金山」で政府見解と異なる指導報告 朝鮮半島出身者「強制労働」強調  日教組 教育研究全国集会

1: ぐれ ★ : 2023/01/29(日) 21:13:10.94
>>2023/1/29 18:55

日本教職員組合(日教組)の第72次教育研究全国集会(教研集会)で29日、政府が世界文化遺産登録を目指す「佐渡島(さど)の金山」(新潟県)を巡り、朝鮮半島出身者を強制労働に従事させたとの認識を一面的に訴える学習指導の実践例が報告された。いわゆる徴用工訴訟問題を巡る日韓両国の交渉が続くなか、「強制労働には該当しない」とする政府見解には十分に触れずに偏向的な指導が行われている教育現場の実態が浮き彫りとなった。

続きは↓
https://www.sankei.com/article/20230129-SP5D5EDVDZIT3D3CWQFZSXP33E/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1674994390/

続きを読む

【朝鮮新報】”朝鮮学校は教育の質が高い”米デポー大准教授が寄稿 「人間愛の学校」守る闘い

1: おっさん友の会 ★ : 2023/01/29(日) 11:31:54.10
著名な知識人らが寄稿者に名を連ねるインターネットメディア「第4言論(The 4th Media)」に
「『私たちの学校』を守る:継続する人種主義に直面する在日コリアンたち」(今年1月4日投稿)と
題する記事(https://www.21cir.com/?p=158895)が掲載されている。寄稿者は、米インディアナ州の
デポー大学で教育学を教えているデリック・R・フォード准教授。デリック准教授は
2016年の朝大創立60周年記念国際シンポジウムに参加したほか、2019年と20年に行われた
デポー大と朝鮮大学校との交流実現に尽力。昨年11月には、米国の大学教授、大学院生
大学生らで構成された「米国平和学術代表団」の一員として日本を訪問し、都内の朝鮮学校などを訪問した。
その際、同氏は「米国に帰国した後も、在日朝鮮人たちの闘いに力を合わせていきたい」との思いを語っていた。
以下に、日文訳した同記事の内容をまとめ紹介する。

●反コリアン差別は日本の特徴
2022年11月25日、第1回「米国平和学術代表団」の日程が終盤を迎える頃、私は日本の文部科学省に対する
要請活動で日本や南朝鮮代表団の関係者らとともに、在日コリアンを人種差別的な政府と右翼の差別から守る必要性について語った。
デリック准教授(左から3番目)は昨年11月に日本を訪問。「金曜行動」では参加者たちを前にしながら
朝鮮学校の素晴らしさを主張し、日本政府の差別政策の不当性について強く訴えた。
朝鮮学校への訪問が4回目を迎える今回は、米国で教育学を教える准教授として、朝鮮学校で行われている教育の
質の高さが際立っていることを訴えた。しかし、日本側の担当者たちは日本政府の政策に「問題はない」と否定し続けた。
「法律に従っている」と、彼らは言った。その後、私たちは文科省前に向かい、毎週金曜日に行われる朝鮮学校の学生たちの
教育権擁護のための抗議行動(「金曜行動」)に参加した。
米国のメディアでさえも、最近エスカレートしている在日朝鮮人とその学校に対する攻撃を取り上げている。
観点が欠け、しばしば間違った枠組みで捉えられがちだが、その問題は非常に意味があり、かつ重要である。

2022年12月初旬、ワシントンポスト紙は、在日朝鮮人学校が直面している脅威に関する記事を掲載した。
この記事は、学校が「脅迫電話や放火、そしてさらなる脅威」にさらされているとしながら、脅迫電話は日常茶飯事で
放火でさえ最悪の物理的攻撃ではないと述べている。

つづきはソースで
朝鮮新報 2023.01.28
https://chosonsinbo.com/jp/2023/01/28-136/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1674959514/

続きを読む


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード