日帝

韓国人の反日は日帝が行った韓半島での「精神虐殺」が根源~『虐殺の帝国と失敗国家』

1: 蚯蚓φ ★ : 2022/01/11(火) 23:28:27.17 _USER
no title

▲「虐殺の帝国と失敗国家」=ソン・キヨン著。高麗大学出版文化院.272ページ.2万1千ウォン.

国際政治を専攻した高麗(コリョ)大アジア問題研究院教授である著者が東学農民戦争から現在に至る韓日関係を'虐殺'、'失敗国家'、'民衆抵抗'という核心語を中心に分析した。

韓国人の反日感情が1910年から1945年までの日帝植民統治のためと考えるのが一般的だ。しかし、著者は植民統治以前に日帝が犯した朝鮮人虐殺を根本原因に提示する。そして日帝が韓半島で行った虐殺を東学農民戦争(1894~1895)、丁未義兵戦争(1907~1909)、植民統治期(1910~1945)等大きく三時期に区分して当時の実状を順に眺めながら日本の残酷だった国家犯罪を再照明する。

第1次虐殺である東学農民戦争は明治維新で近代化に成功した日本帝国が'虐殺の帝国'に変貌する契機になった。著者は1894年から約50年間、日帝が韓半島で行った虐殺の規模が最小数万から最大数十万に達すると推定する。

著者は朝鮮と大韓帝国を国際政治学用語である'失敗国家'と規定する。19世紀末から自分の民と領土を保護する意志も軍事力もなく、初めは清国に寄り添って俄館播遷後にはロシアに寄り添うなど国家が存在するだけの事実上統治不能状態であった。

東学農民戦争などで外勢に対抗した民衆は日帝の焦土化作戦で大挙虐殺され、1910年韓日併合条約が締結されて抵抗勢力は歴史の中に消えた。

しかし、植民統治期にも日帝の虐殺は止まらなかったし、後遺症は今日まで続いている。その時期の記憶が韓国人に強く残って今の反日感情として噴出しているポイントは「精神の虐殺」だ。

3・1運動鎮圧虐殺、間島(カンド)虐殺、関東大地震朝鮮人虐殺など身体の虐殺はもちろん断髪令、神社参拝、創氏改名、日本軍'慰安婦'、強制動員など精神的虐殺が強行された。

著者は韓半島で虐殺を行った「虐殺の帝国」日帝は第2次世界大戦後に新しく建設された日本国とは違うと話す。それと共に過去に捕われたまま反日民族主義を標ぼうすることから脱して私たち自ら強くなって元気な民族精神を備えようと提案する。

韓日両国が被害者あるいは加害者フレームを払いのけて歴史の主体として新しいアイデンティティを作っていこうということだ。

[聯合ニュース]

ソース:毎日経済(韓国語)[新刊]虐殺の帝国と失敗国家
https://www.mk.co.kr/news/culture/view/2022/01/31714/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1641911307/

続きを読む

【韓国】 国内唯一の韓国虎の剥製標本、113年間小学校の廊下に展示…専門家「価値喪失を憂慮」

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/12/31(金) 18:41:57.72 _USER
no title

no title

▲三悪韓国産虎の剥製標本

(木浦=聯合ニュース) 2022年壬寅年、黒虎の年を控えて国内唯一の韓国産虎の剥製標本に関心が集まっている。

この標本は港町で海と島に囲まれ、虎とは距離が遠い全南(チョンナム)木浦(モクポ)ユダル小学校にある。

博物館や展示館でもない小学校に虎剥製が置かれた理由はこうだ.1908年、ある農夫が霊光郡(ヨングァングン)仏甲面(プルガンミョン)仏甲山麓のわなにかかった雌虎を発見して捕まえた。虎は10才程度で胴長約1メートル60センチ、身長95センチ、体重約180キロと推定される。

虎は当時、日本人の富豪が買い入れ、彼は日本で剥製処理後、1909年、日本人学生が通う木浦ユダル小学校(当時、木浦公立シンサン小学校)に寄贈した。この剥製は今にいたるまで113年間、学校本館廊下のガラスケースで展示されている。

しかし、この剥製は韓国虎唯一の採集標本で年代、地域が明確に書かれている貴重な歴史的資料でさらに多くのき損防止のために体系的な管理が必要だ。

この標本は韓国に虎が生きていた事実を証明する唯一の資料だが、小学校の廊下に113年間あって標本としての価値が失われているという。

キム・ソクイ理学博士は30日「ガラスケースに保管展示される前に標本が太陽光にさらされて脱色され、毛の長さも腐って短くなり、毛質も荒くなっている」と診断した。

木浦市の関係者は「この標本はユダル小学校の私有財産ではなく、国家共有財産にして、さらに悪化する前に体系的な保存管理が至急だ」と明らかにした。

木浦市と湖南(ホナム)圏生物資源館はユダル小学校に標本保存処理、展示などのために数回接触したが学校側が拒否した。学校側は学校の資産であって、同窓会が強力に反対して仕方ない、という立場を見せる。

ソース:聯合ニュース(韓国語)国内唯一韓国産虎剥製標本…"体系的保存・管理至急"
https://www.yna.co.kr/view/AKR20211230101600054

関連すれ:【韓国】 来年はトラ年!国立生物資源館で虎の気勢受けられます~韓国の虎は日帝が民族精気を弱めようと…[12/25] [蚯蚓φ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1640578637/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1640943717/

続きを読む

【韓国】 来年はトラ年!国立生物資源館で虎の気勢受けられます~韓国の虎は日帝が民族精気を弱めようと…

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/12/27(月) 13:17:17.84 _USER
no title

▲国立生物資源館展示館「生命あふれる」.写真=環境部
no title

▲虎のぬいぐるみのあるフォトゾーン
no title

▲展示中の虎の標本.

仁川(インチョン)西区(ソグ)にある環境部所属・国立生物資源館は壬寅年虎年を迎えて24日から館内展示館の「生命あふれる」で絶滅危惧野生生物Ⅰ級哺乳動物である虎を主題に特別展示会を開いた。

今回の展示会は私たち民族と共に生きた虎を観客が簡単に知ることが出来るよう剥製標本と骨格標本、身近な姿で製作された虎のぬいぐるみを展示する。
(中略:展示の説明)

チェ・ジョンウォン国立生物資源館生物資源活用部長は「昔から虎はその力と勇気によって悪をはね除ける存在として神聖視された。過去に先祖が虎の図に文を付けて一年の安寧と平和を祈ったように、新年は国立生物資源館の虎標本を観覧して一緒に写真も撮り、コロナ克服を祈るよう願う」と明らかにした。
(中略:虎の説明)

20世紀始め、日帝強占期に朝鮮総督府は山林資源を容赦なく収奪し、韓民族の精気を弱化させる目的で虎、ヒョウ、熊などを有害動物に指定し乱獲した。1924年全南(チョンナム)地域で捕獲された虎が韓国地域最後の生存記録として知られている。

北朝鮮地域に棲息する野生の虎の数は10匹以下と報告されており、現在の白頭山(ペクトゥサン)地域、慈江道(チャガンド)臥碣峰(ワガルボン)一帯などが虎の棲息地として管理されているが、各地域に住む正確な個体数は分かっていない。

キム・ギョンタク記者

ソース:東洋経済(韓国語)新年は壬寅年!国立生物資源観で虎気勢受けます
http://www.sateconomy.co.kr/news/articleView.html?idxno=3003153

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1640578637/

続きを読む

【韓国】「日帝強占期=韓国の成長基盤?」・・・成均館大WEBマガジン『植民地時代の近代化』が炎上

1: ハニィみるく(17歳) ★ : 2021/11/12(金) 10:40:37.81 _USER
成均館(ソンギュングァン)大学校の学生が運営するWEBマガジンで、日帝強占期をめぐった発言が物議を醸している。

各種のオンラインコミュニティーでは、成均館大学校のWEBマガジンSNSが作成した掲載文のキャプチャー画像が投稿されている。

該当の掲載文は『学術』のセクションで作成された文章の紹介で、成均WEBマガジン側は、「今日は我が民族の大きな痛みだった日帝強占期を眺める二つの視線について紹介しようと思う」と切り出した。

(キャプチャー画像)
no title


成均WEBマガジンは、「日帝強占期を抑圧の歴史と見る視覚の他にも、韓国の成長基盤が形成された時期と見る視覚があるということをご存じだろうか」とし、「今回の “学術” セクションでは “植民地収奪論” と、“植民地近代化論” を調べてみた。学友の皆さんが日帝強占期に対する視野を広げ、自身の考えはどういうものか、少し考える時間を持てばと思う」と説明した。

引き続き掲載された学術では『朝鮮工業化政策』を例に挙げ、「植民地近代化論は日帝の植民地支配が産んだ近代的側面を発見する」とし、「日帝の収奪のみを一方的に強調する植民地収奪論を否定し、1930年代の工業化がもたらした開発の側面や近代化の側面を浮上させる」という立場を紹介した。

続けて、「朝鮮人資本、朝鮮人労働力の変化は、日帝および日本の独占資本に対する朝鮮人の対応に、量的発展と同時に質的発展ももたらした」とし、「ふと、これまで日帝強占期をどう眺めていたのかという悩みがある。かなり収奪論的に眺めていたのではないのかと思いつつも、収奪が本質という考えは払拭できない」と伝えた。

最後に、「日帝強占期中に多くの人々は暴力性、強制性によって苦痛を受けた。もしかすると殖民支配の中で、日本の近代性が韓国に一部移転された部分もあるだろう」としながらも、「はたして我々が日帝強占期という時代について本質的に問いを投げるべき地点はどこなのか、今一度考えてみる必要はないかと思う」と締めくくった。

これらの文章に接したヌリクン(ネチズン)たちと、成均館大学校の学生の憤怒は収まらない。ヌリくんたちは、「成均館大学校の初代総長であるキム・リャンスク(金昌淑)先生が、独立運動に一生に捧げた方ということは知っているのか」、「問題提起だとしても、このような方向に文章を書いてはいけなかった」、「思わず悪罵がでてしまった」、「植民地は単なる収奪目的だ」と言いながら批判を続けた。

物議を醸すとすぐさま成均WEBマガジンは、該当の文章と紹介文を削除した。

ソース:トップスターニュース(韓国語)
http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=14648124

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1636681237/

続きを読む

【韓国紙】「《日本の植民地支配で韓国は近代化》は論理の飛躍」「地域と人の開発を区別できていない」

1: 新種のホケモン ★ : 2021/11/07(日) 11:43:01.27 _USER
韓国紙が日本の植民地支配によって当時朝鮮半島が近代化できたという「植民地近代化論」の特徴に触れつつ、これに否定する記事を掲載している。

左派系紙のハンギョレ新聞はホ・スヨル忠南大学名誉教授の寄稿文『植民地近代化論は’都合の悪い真実’ではなく’都合の悪い虚構’である』を掲載した。

ホ教授は、日本でも話題となった『反日種族主義』において植民地近代化論が主張されていることを取り上げ、「植民地近代化論が会的問題になるたびに世論の袋叩きにあったが、忘れた頃にまた顔を出す」と指摘しつつ、「それにもかかわらず、植民地近代化論者は堂々としている。たとえそれが《不都合な真実》であっても《客観的事実》だからだという」「《反日種族主義》の著者たちも高い学問的レベルを持つ学者たちだ」と伝えている。

続けて、「植民地近代化論というのは、ある一人の見解ではなく、様々な研究者たちの集合した考えだ。研究者の専攻も経済学だけでなく歴史学、政治学、社会学など非常に多様であり、研究対象時期も朝鮮後期から現在に至るまで多様である」としつつ、その核心的な主張について、①朝鮮後期社会は生産力の崩壊とともに自滅するしかない危機に置かれていた②日本統治期、日本から近代的な諸制度が導入され先進的な資本が大挙投入されたことで朝鮮が早い速度で開発され、朝鮮人の生活水準も向上した③こうした植民地的開発の経験と遺産が解放後の韓国経済の高度成長の歴史的背景となったというものであると説明する。

ホ教授は、これら主張について、同時代の「資料を覗いてみると、その当時の植民地朝鮮で目立つような開発がなされていたことに気付く」「近代的な日本の法が朝鮮に適用された。市場制度が発展した。鉄道・道路・通信・港湾などの社会基盤施設が拡充された」とし、このような例が「列挙するのも大変なほど溢れている」と指摘した。

しかし、ホ教授は「不都合な真実はここで起きる」と分析する。「開発のおかげで朝鮮人たちも少しよく暮らすことができた」と考えがちだが、そこには「論理の飛躍という罠がある」と指摘する。ホ教授はこれを「朝鮮という地域の開発と朝鮮人の開発を区別できない飛躍だ」と述べ、「日本人たちは猛烈な速度で朝鮮の土地を掌握し、鉱工業資産は90%以上が日本人たちの所有だった。少数の日本人が土地や資本のような生産手段を集中的に所有したため、所得分配が民族別に不平等になるしかなかった」と指摘した。そして「このような不平等な所得分配構造は、日本人がより多くの生産手段を所有できるようにし、それが所得不平等を拡大させた。このような民族別不平等の拡大再生産過程が植民地時代朝鮮で行われていた開発の本来の姿だった」と説く。

続けて、「朝鮮の開発は日本の、日本人による、日本人のための開発だったため、もともとこの土地の主人だった朝鮮人はそのような開発の部外者に過ぎなかった」とし、「歳月が流れながら、ますます民族別生産手段の不平等が拡大し、経済的不平等が拡大するいわゆる《植民地的経済構造》に閉じ込められるようになった」と伝えている。

ホ教授は「したがって植民地体制が清算されない限り、朝鮮人は植民地的経済構造から抜け出せず、将来への希望も持てなくなった。解放がまさにこの植民地的経済構造から脱皮できる唯一の道だった。まさにそのような点で民族独立運動が何より重要であり大切だった」と強調した。

経済学者であるホ教授は、先行調査をもとに、「(朝鮮半島では)1918年までは栄養供給量が増加し、その後1945年までは減少傾向を示し、解放後に反転して明らかな増加傾向を見せている」と指摘し、もしも植民地支配によって所得が増加していれば真っ先に食物消費量が増え、栄養供給量が増加しなければならいが、むしろ減少していると伝えている。

コリア・エコノミクス 2021年11月7日
https://korea-economics.jp/posts/21110702/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1636252981/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード