飲食

【社会】 キムチの時代は終わった?ニューヨーク韓国文化院の韓国料理広報に「考えが古い」と不満の声

1: 朝一から閉店までφ ★ : 2021/10/14(木) 08:34:03.69 _USER
Record China 2021年10月14日(木) 8時20分

2021年10月12日、韓国・聯合ニュースは「米ニューヨークではハットグが人気なのに、韓国文化院はいまだにキムチを推している」と伝えた。

記事によると、11日に駐国連韓国代表部で開かれた国会外交統一委員会国政監査において、与党「共に民主党」所属のキム・ヨンホ議員がニューヨーク韓国文化院で行われている韓国料理の広報の問題点に言及した。

キム議員は「K-ハットグ(韓国式アメリカンドッグ)」が人気を集めていると紹介。ニューヨークでは店の前に行列ができるほどの人気で、米メディアでもニューヨーク内のお店「トップ10」を報じるほどだと説明した。

その一方で、ニューヨーク韓国文化院がウェブページ上で広報しているのは「キムチ」「プルコギ」「ビビンバ」だとし、「ニューヨーカーが韓国式ハットグに夢中なのに、1980年代風のキムチやプルコギ、ビビンバの動画が韓国料理を広めるのに効果的なのか疑問だ」と問題を提起したという。

キム議員の指摘に対し、同院のチョ・ユンジュン院長は「フュージョン料理が注目を集めているが、純粋な韓国料理が人気だという側面もある」と反論したという。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://www.recordchina.co.jp/b883525-s25-c30-d0194.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1634168043/

続きを読む

【韓国】1000年の歴史が宿るマッコリ・・・『三釀春』

1: ハニィみるく(17歳) ★ : 2021/10/10(日) 21:03:44.80 _USER
┃1世代のプレミアムマッコリ『三釀春』には、仁川の伝統と文化が込められている。

(写真)
no title

▲ ソンドヒャン伝統酒造のカン・ハクモ代表とカン・エヂンマーケティングチーム長。親子の彼らは輸出を通じ、三釀春の味と伝統を世界に伝える計画である。
_______________________________________________________

ウリたちの先祖にとって、酒とは味と興趣のための単なる嗜好品ではなかった。 冠婚喪祭で礼を尽くす時も、日常の喜びや悲しみを分かち合う時も、常に共にする文化そのものだった。そのせいか全国には、各地域の伝統と文化を持ち込んだ伝統酒が伝エラれている。

その中でも仁川(インチョン)の三亥酒(サムヘヂュ)は、長い歴史を誇る。 高麗(コリョ)時代から宮(クン)と士大夫(サデブ)、民の身分とは関係なく愛されていた。その痕跡は古書でも見つけることができる。高麗時代の高位文人であるイ・キュボ(李奎報)は、酒を飲まずして詩を作れないほどの愛酒家だった。仁川に住んでいた彼が、好んで飲んでいた酒がまさに三亥酒だ。彼は『東国李相国集』に、三亥酒の味が優れていると感嘆した詩を残している。朝鮮時代の御医ユオン・スンウィ(全循義)が1450年頃に書いた『山家要録』、1670年代に書かれた最も古いハングルの調理書『飮食知味方』にも、三亥酒の作り方が掲載されている。

(写真)
no title

▲ 古書に記録されていた伝統の製造方法の通りに作った三亥酒の『三釀春』。

(以下略)
no title

no title

no title


ソース:ハンギョンビジネス(韓国語)
https://magazine.hankyung.com/business/article/202110069113b

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1633867424/

続きを読む

【韓国報道】犬肉の最大消費国は中国なのに、なぜ韓国の犬食イメージが強いか

1: 昆虫図鑑 ★ : 2021/10/10(日) 08:28:47.73 _USER
EPLマンチェスター・ユナイテッドの選手だった韓国のパク・ジソン選手には応援歌があった。「お前の国では犬肉を食べる」という歌詞が含まれており、「犬肉ソング」とも呼ばれる。この歌は、同じ韓国人であるチ・ソヨン、ファンヒチャン選手に向けても鳴り響いた。

韓国は海外に犬肉を食べる国として知られている。指摘されることも多い。今年6月には、米国の有名監督が韓国犬肉の実態を扱ったドキュメンタリー「ヌロンイ」を制作して論議が起こった。2016年、英国では韓国の犬食をやめるように勧告してほしいという請願に10万人を超えるイギリス人が署名した。

犬肉を食べる国は韓国だけではない。事実、世界最大の犬肉消費国は中国、2位はベトナムだ。しかし、なぜ韓国だけが犬肉の国というイメージを持たれるようになったのか。

◇オンラインで強調される韓国の犬肉文化

韓国の犬食イメージは、オンラインに如実に表れている。世界の人々が最も多く訪問するウェブサイト5位「ウィキペディア」の英語版のホームページで「Dog meat(犬肉)」と検索すると、世界各国の犬肉文化を説明する項目が出てくる。

この中に「大韓民国の犬肉消費(Dog meat consumption in South Korea)」の記事が別途存在する。この項目が扱う26カ国のうち、別途犬肉の消費の記事が存在する国は、韓国を除けばベトナムだけだ。

この記事の内容は、外信に引用されて海外に伝えられている。先月27日、ムン・ジェイン大統領の「犬肉禁止検討」発言に対する賛否の議論が浮上すると、AP・ロイター・ガーディアンなど主要外信もこれを報道した。

SNSでも同様だ。2020年韓国学中央研究院アイハン・カディール教授の研究によると、ツイッターで韓国について最も多く言及されたキーワード3位が犬肉問題であった。1位K-POP、2位の国家ランキングの後に続いた。

◇犬肉の消費量1位は中国。一年1万匹虐殺

犬肉の消費量が最も多い国は中国である。国際動物保護団体ヒューメインソサエティー・インターナショナル(HSI)によると、中国では毎年約1000万匹の犬を食用に屠殺する。世界中の3分の1の水準である。広西省玉林市では、毎年、非公式に「犬肉祭り」が開かれる。

ベトナムがそれに続く。アジアの保護連盟(ACPA)によると、ベトナムの1年犬肉屠殺量は500万頭に達している。韓国の場合、犬肉屠殺量は着実に減少、現在は100万匹以下と推定される。

絶対的な消費量が多くないにもかかわらず、韓国が「犬肉」の総本山のように思われる理由は、悪名高い飼育環境によって注目されたためだ。韓国は犬肉畜場法で規制していなかった。規制のない劣悪な環境に置かれた農場に、世界の人々が注目したものである。HSIのホームページでも、特に韓国について「韓国で犬はひどい環境で飼育される」と指摘する。

国格もまた、他の原因として挙げられる。中国は「椅子を除いて足の付いたものはすべて食べる国」という言葉があるほど奇怪な食文化が世界的に有名である。ベトナムは比較的国際社会の注目度が低い。

一方、韓国は国際社会で経済文化的先進国として認識される。最近、国連貿易会議(UNCTAD)の先進国に格上げされ、BTS・イカゲームなどの韓国文化が世界を魅了した。このような韓国がまだ犬を食べるという事実が、他の国の人々に衝撃を与えるものである。

シム・インソプ動物保護団体ライフ代表は「韓国の食用犬の繁殖環境が非常に劣悪であることは、世界的な事実」と話した。続いて「犬を食べる他の国とは異なり、韓国は先進国だ。食べるものがなくて飢えていた時代は過去のものとなった。犬肉文化は次第になくさねばならない」と述べた。

2021/10/10 08:16配信 Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 88
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/1010/10318206.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1633822127/

続きを読む

【アルゼンチン】「キムチの日」制定決議案の演説=キンタナ上院議員

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ : 2021/10/08(金) 14:06:31.10 _USER
no title

「キムチの日」制定決議案の表決を控えて演説するマグダレーナ・ソラリ・キンタナ上院議員。[写真 アルゼンチン上院 YouTubeキャプチャー=聯合ニュース]

アルゼンチン上院が今月6日(現地時間)、毎年11月22日を「キムチの日」に制定する決議案を出席議員47人全員一致で通過させた。

「キムチの日」制定決議案の表決を控えて演説するマグダレーナ・ソラリ・キンタナ上院議員。

ⓒ 中央日報日本語版 2021.10.08 13:42
https://s.japanese.joins.com/JArticle/283694?servcode=A00§code=A00

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1633669591/

続きを読む

日本でシャインマスカットを超える高級ぶどうが開発された!韓国でも注目「また盗む?」「日本のおかげで…」

1: 昆虫図鑑 ★ : 2021/10/08(金) 07:43:00.70 _USER
2021年10月7日、韓国・KBSが「日本でシャインマスカットに続く新たな高級ぶどう品種が開発された」と伝え、注目を集めている。

長野県果樹試験場で開発された赤ぶどう「クイーンルージュ」は、ユニコーン(ロシア産赤ぶどう)とシャインマスカットを掛け合わせて作られた。2008年に開発が始まり、約10年にわたる試行錯誤の末に今年初出荷となった。

「クイーンルージュ」はシャインマスカットと同じく種なしで皮ごと食べられ、糖度はさらに高いという。

このニュースに韓国のネットユーザーは「シャインマスカットより甘いなんて、どんな味が気になる」「赤いシャインマスカットってこと?これは絶対食べなくちゃ」など興味津々の様子を見せている。

また日韓の間では、シャインマスカットをめぐって論争が起きている。シャインマスカットは日本で1988年に開発された品種だが、韓国では「国内産」としてロイヤルティーなく販売され、海外輸出も好調。そのため日本では「韓国がシャインマスカットを盗んだ」との主張も出たが、開発当時に韓国で品種登録がされなかったため違法ではないという。韓国では「ハチミツサツマイモ」として出回っている日本のサツマイモ品種「紅はるか」も、シャインマスカットと同様の状況にあるとされている。

そのため「クイーンルージュ」に対しても「シャインマスカットを盗んできた農民たちがまた狙っているだろう」「また誰かが朝鮮半島に持ち込み、さらに良いものに2次改良するのでは?」と疑う声や、「日本のおかげで韓国はおいしい米、いちご、りんご、ぶどうが食べられている。ロイヤルティーを払わずに。感謝するべきだ」との声も寄せられている。

反対に「甘ければいいというものではない。日本のものを盗む考えはやめて、韓国独自の果物を開発しよう」と訴える声も見られた。(翻訳・編集/堂本)


https://www.recordchina.co.jp/b883296-s25-c20-d0191.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1633646580/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード