歴史

【VANK】「アメリカの教材は深刻な歴史歪曲だらけ」 韓国団体が“間違い”を指摘、試験に出題されたことも

1: 荒波φ ★ : 2021/08/12(木) 15:41:59.43 _USER
(写真提供=VANK)“間違い”があるアメリカの教材
no title

(写真提供=VANK)バロン社の教材
no title


韓国の“サイバー外交使節団”を自称する団体VANK(バンク)が、アメリカの高校生が受ける大学進学のための標準テスト「SAT」と、高校在学中に大学入門レベルのカリキュラムが学べるプログラム「AP」の教材に、深刻な歴史歪曲があると指摘した。

VANKは8月12日、バロンズ社やSATテストを主管するカレッジボード、プリンストンレビューなど3つの出版社が発行した新しい教材を分析した結果、韓国の歴史と関連したとんでもない間違いを検出し、すでに試験問題としても出題された事実を確認したと明らかにした。

2020年12月1日に発行されたバロンズ社の「SAT世界史の試験」第3版には、「百済(ペクチェ)は朝鮮半島の南東にあった」「百済の歴史は日本の歴史の一つだ」など書かれており、歴史的事実とはまったく異なると指摘した。

また、第2版では、韓国と日本の間の海を「東海(East Sea)」と単独表記したが、第3版では「日本海(Sea of Japan)」に変更したという。

特に第3版では、韓国の歴史を正しく扱っていない。三国時代(紀元前1世紀から紀元後7世紀)以前の韓国史を記述しておらず、「1952年に韓国戦争が勃発した」「1988年のソウル五輪開催当時も独裁政権を維持している」など、誤った事実も見られた。

バロン社が発刊した他の教材「AP人文地理学プレミアム」では、「朝鮮半島は中国と日本(Sino-Japanese)の文化が支配的だった」と説明しており、韓国の主要な宗教を「イスラム教」と記述していた。

■試験問題もでたらめ?

過去に出題された試験問題にも、間違いが多いとVNAKは指摘した。

カレッジボードが出版した公式受験書の世界史の過去問の地図では、1300年の高麗(コリョ)をモンゴルの汗国(かんこく)に含めたりした。問題の解説でも「地図で陰影処理された領域は、すべてモンゴル汗国の範囲を構成する」と釘をさしている。

同出版社によると、この試験を9745人の学生が受験し、69%の学生が解いたという。

他の試験問題では、1875年以前の朝鮮王朝が独立国家ではないように叙述されており、1894年に勃発した東学農民運動を「内戦」と規定した。

毎年、SATは220万人、APは30万人の高校生が受験する。VANKは2020年9月からSAT、AP教材の出版社を対象に、韓国に関する間違いを正すよう要請するキャンペーンを展開しており、今回調査した新規教材の“間違い”も正していく計画だ。

VANKは現在、グローバル請願とポスターを制作して配布している。それらはVANKの公式ページで確認が可能だ。


2021年08月12日
https://sportsseoulweb.jp/society_topic/id=33071

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1628750519/

続きを読む

【VANK】 バンク「吉田松陰がアジアの平和壊した」~「世界文化遺産・松下村塾は戦犯の産室」告発キャンペーン開始

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/08/07(土) 20:48:08.22 _USER
no title

日本山口県萩市にある松下村塾

(ソウル=聯合ニュース) サイバー外交使節団バンクは2015年、ユネスコ世界文化遺産で登録された松下村塾は日本帝国主義の産室であることを知らせるキャンペーンを展開すると7日、明らかにした。

山口県萩にある松下村塾は朝鮮侵略論である「征韓論」を広げた吉田松陰が設立した私設学堂で、明治維新を起こした日本国家指導者を養成したところだ。

パク・ギテ、バンク団長は「吉田松陰と彼の教えを受けた弟子のせいでアジアの平和が崩れ、ぞっとする戦争犯罪が発生した。しかし、日本政府はこのような歴史的事実を隠して松下村塾をユネスコ世界遺産に登録させた」と話した。

バンクはユネスコ全委員に松下村塾の実状を知らせる書簡と動画資料を送ると同時にグローバル請願を推進して、批判ポスターと映像を製作し知らせるなど告発キャンペーンに着手した。

書簡とグローバル請願には帝国主義侵略戦争思想を内包した場所である松下村塾の前に犠牲者を賛える歴史的内容も展示するようユネスコが勧告しなければならないという内容が入れられる。

ワン・キロァン記者

ソース:聯合ニュース(韓国語)バンク"世界文化遺産日松下村塾は戦犯産室"告発キャンペーン
https://m.yna.co.kr/view/AKR20210806113900371?section=culture/scholarship

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1628336888/

続きを読む

【韓国】 「晋州城を守れ」約400年前の倭軍との戦い、先祖の護国魂を称える…小学生ら市民、槍を持ち参加

1: LingLing ★ : 2021/08/01(日) 07:32:48.87 _USER
「晋州(チンジュ)城を守れ」暴炎の中、護国魂をかみしめて
no title

[KBS昌原][アンカー]

約400年前、今日のような猛暑の中で行われた晋州城第2次戦闘は、壬辰倭乱(※文禄・慶長の役)7年戦争の中で、最も熾烈な戦闘と記録されています。

実際に戦闘が行われたその日の先祖の護国魂を称えて、晋州城第2次戦闘を追慕する意味深い行事が開かれました。

報道のキム・ヒョギョン記者です。

[レポート]

槍を持った市民たちが、歓声とともに晋州城のチョクソク門に向かって城壁を歩きます。

約400年前、倭軍9万人と戦った晋州城第2次戦闘を称えるためです。

参加者は、城外の倭軍に矢を放ちながら立ち向かったり、作戦に従って倭軍を攻撃しながら、当時の熾烈な戦闘を自ら覚えます。

[パク・ヒョンジ、ネドン小学校3学年:弓を持って、槍を持って、暑い夏に戦ってくださったご先祖様に感謝するという思いがします。]

当時、晋州城を守った朝鮮軍はわずか6千人余りで、15倍を超える倭軍と十日近く戦闘を続けたが、晋州城は結局陥落して、官民軍6万人が無残な犠牲となりました。

晋州城第2次戦闘は、敗北した戦闘として記録されても、倭軍のホナム進出を阻んだ「戦略的勝利」という評価もあります。

[イ・ヒョジョン、国立晋州博物館学芸研究士:負けても重要な戦闘は我々が記憶しなければならないし、負けても最後まで戦った方を我々が記憶することが重要だと思います。]

KBS晋州放送局は、8月7日までを晋州城第2次戦闘追慕期間に決めて、8月1日まで体験行事を、8月3日まで特集ラジオ放送を設けました。

KBSニュース、キム・ヒョギョンでした。

撮影記者ビョン・ソンジュン、アン・ミンシク
キム・ヒョギョン

ソース KBSニュース(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.naver?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=056&aid=0011093316

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1627770768/

続きを読む

韓流ファンの日本人大学生たち 歴史問題本を出版 「戦後最悪の日韓関係だと言われるが、戦後最悪なのは日本人の歴史認識だ」

1: マカダミア ★ : 2021/07/25(日) 15:54:17.73 _USER
【東京聯合ニュース】韓流ファンという日本の大学生たちが、韓国と日本の歴史問題を正面から取り上げる本「『日韓』のモヤモヤと大学生のわたし」を出版した。

 一橋大の学部生と大学院生5人は同大社会学部の加藤圭木准教授のゼミ参加をきっかけに、日本の朝鮮半島植民地支配や旧日本軍の慰安婦、
徴用など歴史問題を取り扱う本を出した。

 著者たちは自身の経験を交えた本で、歴史をただの過去ではなく、現在の人権問題として考えている。

 聯合ニュースは5人の著者のうち、熊野巧英さん(4年)と朝倉希実加さん(4年)、牛木未来さん(修士1年)、李相真さん(修士1年)と懇談会を開き、
話を聞いた。以下は4人との一問一答。

――どのような趣旨で書いたのか。

「(熊野)韓国文化が好きな人に日本と朝鮮半島の歴史を伝えたいという趣旨で書いた。今K―POPが流行っているが、歴史のことはあまり話さない。
K―POPファンや韓国ドラマが好きな人にこそ、歴史的事実を伝えたかった」

――この本を書いたきっかけは。

「(牛木)去年ゼミで自分たちも含めた歴史認識の問題を考えるようになった。植民地時代の日本人の朝鮮認識に関する本を読み、現代と同じだという話をした。
文化のみを消費して自分の加害性に向き合わないことの問題性をどうやったら分かりやすく伝えられるかと話し合った結果が本の出版だった」

「(熊野)自分の場合はK―POPがきっかけで韓国、朝鮮半島に興味を持ち始めたが 、韓国文化が流行っているのに歴史のことを言わない事にモヤモヤした。
それこそ『愛の不時着』が流行っているが(朝鮮半島の)分断の話をしない。その中で、大学生、若者視点で入門書を作るのもいいのではないかという話が出た」

――普段から日本と韓国の関係に疑問を持っていたか。

「(朝倉)高校の時日本史を選択していて、好きな科目だった。当時、テレビのニュースでは日韓関係の悪化ということが報道されていた時期だった。
何で関係が悪化しているのか、ということについて日本史の授業だけではよく分からない状況にいた。加藤圭木先生の授業を受け、勉強してから報道を見ると
偏っていると思うようになった。しかし、高校の授業だけを聞いていても分からない。最近、慰安婦や徴用工の裁判があったが、テレビのコメンテーターの
コメントを見ていると植民地主義的だと感じる」

「(熊野)若い人たちが韓国文化を通して韓国に対する印象が良くなっていけば歴史の問題は解決するという話を聞く機会があったが、やはりそれは違うと思った。
やはりみな歴史に向き合うべきではないかということがゼミに入るときや入門書を書くときの関心事だった」

――どういった人にこの本を読んでほしいか。

「(熊野)韓国の文化が好きな人、K―POPや韓国ドラマが好きな人に読んでほしい。文化だけでなく歴史をみてほしい」

「(李)韓国では日本は嫌韓だという認識が広がっていると思う。だがその一方で、こういうふうに悩んでいて、語ろうとしている人たちがいるということを
韓国人に伝えたいという思いがある」

――予約開始からツイッターで大きな反響を呼んだ。それまでアマゾンの「朝鮮半島のエリアスタディ」部門では歴史修正主義者らの著作が上位を占めていたが、
5月31日に1位となり、現在もトップ10に入っている。

「(牛木)びっくりした。ツイッターでBTS(防弾少年団)のファンが『これずっと疑問に思っていたけど、なかなか言い出せなかった』とツイートしているのを見て、
言葉にすることは大事だと思った」

「(熊野)若い世代を意識して作ったのだが、想定していなかった世代からも反応が大きかった。そういう人たちも同じようにモヤモヤをずっと抱えて生きてきたのだと思う」

――現在、韓日関係は厳しい状況にある。慰安婦や徴用問題では歴史修正主義者らの主張が社会にまん延している。「平和の少女像」を展示する表現の不自由展にも
執拗な妨害行為が行われている。

「(熊野)戦後最悪の日韓関係だと言われるが、根本的に日本人の歴史認識の悪化があると思う。戦後最悪なのは、日本人の歴史認識だ」

以下ソース元で
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210725000500882

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1627196057/

続きを読む

【青木理】韓国へのヘイトのフタを開けたのは、あの歴史的瞬間だった

1: 昆虫図鑑 ★ : 2021/07/12(月) 09:16:05.69 _USER
(略)

話は変わりますが、あらためてその原点が何かと振り返ってみると、大きな分岐点は日朝首脳会談だったと僕は思うんです。

 安田 2002年の? 
 青木 そうです。拉致問題が最大の焦点となり、日本政府が認定する拉致被害者のうち4人が生存、8人が死亡したと北朝鮮側が通告した会談。

 安田 小泉訪朝のときですね。

 青木 ええ、小泉純一郎と金正日による史上初の日朝首脳会談です。

 僕は当時、ソウルで取材していて、ある先輩特派員がこんなふうに評したのを覚えています。「朝鮮半島との関係で日本が戦後初めて“被害者”の立場になったな」と。そのときはあまりピンとこなかったけれど、いま考えるとかなり核心を突いた分析でした。

 どういうことかというと、戦後の日本は朝鮮半島との関係において常に加害者としての反省や謝罪を求められてきたわけです。戦前・戦中に日本が朝鮮半島を併合して言葉を奪い、名前を奪い、人びとにとてつもない被害を与えた歴史を踏まえれば至極当然だと僕は思うけれど、日本人拉致という北朝鮮の国家的犯罪により、いわば日本は戦後初めて朝鮮半島との関係で被害者の立場になった。

 その戦後日本の現実がどうだったかといえば、大枠では加害者として周辺国に反省や謝罪の意を示しつつ、社会の根底には朝鮮半島や在日コリアンへの差別や偏見もくすぶらせてきました。おおっぴらに差別的な言説を吐くのは愚かな少数者であっても、日本社会の中には差別や偏見が常に沈澱していて、就職や結婚といった際を含め、なにかことがあればそれは噴き出してもきた。

 また敗戦から半世紀以上の時が過ぎ、あの戦争や半島統治の実態を知る世代が政治や社会の主流から消えていったのも2000年前後のことですね。それに伴って「日本はいつまで反省や謝罪を続けなければいけないのか」といった言説が勢いを増し、右派を中心に歴史修正主義的な言説も盛んに喧伝されてきました。

さらにつけ加えるなら、バブル崩壊以後の日本経済は長期の低迷に喘ぎ、少子高齢化や人口減少などに歯止めがかからず、社会保障制度や財政再建の将来像が描けていない。一方、韓国はもちろんのこと中国が飛躍的な経済発展を成し遂げ、GDP規模で中国はすでに日本を上回りました。

 それまでの日本は長きにわたって世界2位の経済大国であって、アジアではナンバーワンだと胸を張って余裕もあったけれど、もはやそんな余裕もなくなっている。国内の政治や経済情勢も一向に好転せず、新自由主義的な政策の影響で格差も広がり、人びとに不安感や焦燥感が強まるのはある意味で当然かもしれない。

 ちょうどそんな時代の端境期に行われたのが日朝首脳会談でした。日朝首脳が国交正常化に向けた努力で一致し、一部とはいえ拉致被害者が帰還を果たした会談は歴史的成果だったと僕は思いますが、同時に戦後日本が朝鮮半島との関係において初めて被害者になったことで、くすぶっていた偏見や差別心が公然と噴き出し、余裕を失った不安感や焦燥感が排他や不寛容という攻撃性に変わって燃え広がってしまったのではないでしょうか。

 繰り返しになりますが、北朝鮮による日本人拉致は許されざる国家的犯罪ですし、北朝鮮が異形の独裁国家であるのも事実です。しかし、だからこそ北朝鮮に対してはどんな罵詈雑言を投げつけても、冷笑して見下すような態度をとっても構わないといった風潮がメディアを中心に拡散し、それに少しでも異を唱える者には猛烈なバッシングが浴びせられることになったのではないか。

 僕は当時、何度か北朝鮮に入って取材しましたが、現地で北朝鮮当局者や拉致被害者の家族などをインタビューしただけで猛烈な攻撃を受けてしまうほどでした。「北朝鮮の思惑に乗せられている」「北朝鮮の言い分を垂れ流している」などと言われて。

 つまり、北朝鮮による日本人拉致問題と日朝首脳会談を大きな分水嶺とし、戦後日本の政治や社会状況が大きな変貌を遂げたのではないかと僕は考えています。強烈なバックラッシュ(反動)というか、戦後日本が一応は建前として掲げてきた歴史観への逆流現象というか、朝鮮半島への偏見や差別心などがむき出しになり、歯止めがかからないほどに広がってしまった。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd370bcdedddc06504bfade3530e832ef72dd4de?page=1

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1626048965/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード