軍事

【中央日報】「ネオナチ」と騒いだプーチン、独日の再武装の道を開いた…「戦犯国に免罪符」

1: 昆虫図鑑 ★ : 2022/06/17(金) 11:27:01.80 _USER
「ロシアによるウクライナ侵攻は、数年間にわたり正常強大国になることに論争があった2カ国、ドイツと日本に『武装化』の道を開いた。過去に戦争を起こした両国の罪悪感はもう第2次世界大戦の最後の生存者とともに消えつつある」。

『イメージ外交』の著者、マーク・レナード欧州外交評議会(ECFR)理事が米国の外交月刊誌フォーリンアフェアーズに寄稿した。レナード氏は13日(現地時間)、「パクスアメリカーナの真の終末」とし、「ロシアの侵略が、これまで自ら防衛政策を制約してきたドイツと日本の軍事大国化に火をつけた」と強調した。

ドイツと日本は米国・中国に次ぐ世界3、4位の経済大国だ。その半面、全世界軍事力評価会社グローバル・ファイヤーパワー(GFP)によると、今年の世界軍事力ランキングで日本は5位、ドイツは16位だ。これについてレナード氏は「その間、両国は意識的に強大国の地位を避け、外交政策に平和主義的な接近を追求してきたため」と説明した。ドイツと日本は第2次世界大戦の侵略国という「原罪」のため、長期間にわたり国防費を増やさず、その資金を国連に投資しながら一時は2、3位の国連予算分担国になった。

◆日独、防衛費をGDP2%水準まで引き上げへ

しかしロシアによるウクライナ侵攻が両国の外交政策方向を根本的に変えたと、レナード氏は診断した。ロシアによる侵攻開始3日後の2月27日、普段は慎重なドイツのショルツ首相がドイツ防衛政策の変化を宣言した革命的な演説がその転換点(Zeitenwende)を見せた瞬間だとしながらだ。

当時、ショルツ首相はドイツの国防費を今年から国内総生産(GDP)の2%に引き上げ、1000億ユーロ(約135兆ウォン)の国防基金をつくると明らかにした。この基金で米国のF35ステルス戦闘機とイスラエル製ドローンを購入することにした。ショルツ首相は「もう撃てない銃、飛べない戦闘機、航海できない戦艦でドイツ軍を武装しない」とし「これは我々の安全保障のためだ」と強調した。今月11日にはドイツ上院が国防基金を最終承認・確定した。基金のための憲法改正も承認した。

ドイツのこうした態勢の転換は虎視耽々と「戦争ができる国」への変身を図ってきた日本に強い影響を及ぼした。レナード氏は「2005年には日本と中国の国防予算がほぼ同じだったが、現在の中国の国防予算は日本の5倍にのぼり、2030年にはその差が9倍にまで広がるだろう」とし「ロシアのように衰退する強大国ではなく、浮上する強大国の中国と向き合う日本はドイツより複雑な状況とみられる」と説明した。

実際、日本は7日、防衛費を今後5年以内にGDPの2%に増やす内容が明示された「経済財政運営と改革の基本方針」を閣議決定した。計画通りに進めば、日本の防衛費は今より5兆円以上増える。

◆「第2次世界大戦が歴史に…米国、平等な同盟秩序構築」

寄稿は「ロシアの侵略がドイツと日本の再武装に対する一部の批判の声まで払拭させた」とも指摘した。ドイツ国民の大半は「ロシアが欧州、特にドイツの安全保障に大きな脅威になっている」とし、自国の武装を支持している。日本国民も「ロシアの侵略が中国の台湾侵攻の可能性を確認させた」とし、武装強化の必要性に同意した。ドイツ現代史研究所(Ifz)のビルシン所長は「今回の戦争でロシアに対抗したドイツは結局『歴史の右側』に移動し、過去のナチとの断絶を加速できることになった」と説明した。寄稿は「日本は浮上する中国、台湾戦争の可能性への懸念を前に出し、自国の過去の犯罪記憶を隠している」とした。

そして両国の再武装化は今後の国際安保秩序再編につながると予想した。ドイツは欧州で、日本はアジアで地域安全保障に深く関与して影響力を強め、両国を中心に域内国家が緊密に協力するという見方を示した。これは国際社会で欧州とアジアが自らの議題設定に積極的に取り組むということだ。レナード氏は「これはまさに中東で起きたことだ」とし「イスラエル・アラブ首長国連邦を含むこの地域の米国の同盟国さえも、自らの実益が保障されない米国の要請を拒否して抵抗する」と指摘した。

続きはソースで
https://japanese.joins.com/JArticle/292255

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655432821/

続きを読む

【韓国海軍】 8200トン級イージス艦1番艦を「正祖大王」と命名…北弾道弾を迎撃するSM6級初搭載

1: LingLing ★ : 2022/06/14(火) 19:55:45.94 _USER
韓国海軍、8200トン級イージス艦1番艦を「正祖大王」と命名…北弾道弾を迎撃するSM6級初搭載
no title

韓国初のイージス駆逐艦「世宗大王」 [写真 現代重工業]

韓国海軍が約8200トン級次世代イージス駆逐艦先導艦の名称を「正祖大王」に決めた。

軍情報筋によると、海軍艦名制定委員会が4月29日、韓国型駆逐艦-III Batch-II(KDX-III Batch-II)事業1番艦の名称を「正祖大王」に決定した。

海軍関係者は関連の質問に「海軍は4月29日に艦名制定委員会を開催し、KDX-III Batch-IIイージス駆逐艦1番艦名を『正祖大王』に決めた」と明らかにした。続いて「駆逐艦の名称は、過去から現在まで国民から英雄視されている歴史的人物と護国人物を選定して制定する」と名称選定の背景を説明した。

朝鮮後期第22代王の正祖大王(在位1776-1800)は、親衛軍の壮勇営設置と新都市の水原華城建設など朝鮮後期の文化復興と富国強兵を牽引したと評価されている。

今回決定した艦艇の名称は進水式で宣言された後に正式に使用される。進水式は7-9月と予想される。早ければ7月中に進水式が行われるという。KDX-III Batch-II先導艦は2024年ごろ海軍に引き渡される。

「正祖大王」が就役すれば、「世宗大王」(2008年12月22日就役)、「栗谷李珥」(2008年11月)、「西厓柳成龍」(2011年3月)に続いて海軍4番目のイージス駆逐艦となる。

「正祖大王」は従来の「世宗大王」級(7600トン級)より大きい約8200トン級で、最高30ノット(55キロ/時)速度で運航できる。現存最高性能の米イージス駆逐艦と同級だ。従来のイージス駆逐艦よりも性能が優れた最先端イージス戦闘体系とソナー(音波探知機)体系を搭載し、弾道弾対応と対潜水作戦能力が向上したと評価される。

中層以上の高度で飛行する北朝鮮弾道ミサイルを迎撃する長距離艦対空誘導弾(SM-6級)が初めて搭載される見通しだ。これに先立ち政府は4月に開かれた第143回防衛事業推進委員会で「SM-6級事業推進基本戦略案」を審議・議決した。

米海軍の艦対空誘導ミサイルとして米レイセオン社が開発したSM-6は射程距離が240-460キロほどで、海軍が現在運用するSM-2(射程距離170キロ)の倍を超える。SM-6購買には来年から2031年まで7600億ウォン(約797億円)が投入される。米イージス艦は北朝鮮の弾道弾を迎撃できるミサイルとクルーズ(巡航)ミサイルを搭載し、強い抑止力を備えている。

中央日報日本語版
https://s.japanese.joins.com/jarticle/292038

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655204145/

続きを読む

韓国外相「GSOMIA正常化させたい」前政権“破棄”の日韓軍事機密共有協定

1: 昆虫図鑑 ★ : 2022/06/14(火) 11:29:27.87 _USER
韓国の朴振外相は北朝鮮への脅威に対応するため、日本との軍事機密共有協定「GSOMIA」の運用を出来るだけ早く正常化させたいとの考えを示しました。

韓国 朴 振外相
「GSOMIAに関しては、我々は韓日関係を改善し、出来るだけ早く正常化させたい」

韓国の尹錫悦政権発足後、初めてアメリカを訪問し、ブリンケン国務長官と会談した朴振外相は13日、こう話したうえで、北朝鮮の脅威に対応するには日米韓で政策の協調と情報の共有が必要だと指摘しました。

「GSOMIA」をめぐっては、当時の文在寅政権が日本の輸出管理の強化に対抗して破棄の決定を通告し、結束が乱れました。

TBSテレビ

https://news.yahoo.co.jp/articles/da4cac8f1e48c20005d27d43417c372ab4901d3b

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655173767/

続きを読む

【韓国国防相】「日本と真摯に対話」対北朝鮮で連携期待

1: 荒波φ ★ : 2022/06/12(日) 14:39:54.21 _USER
【ソウル時事】

韓国の李鐘燮国防相は12日、シンガポールで開かれているアジア安全保障会議(通称シャングリラ会合)で演説し、日韓の懸案の解決に向け「日本と真摯(しんし)に対話する意思がある」と関係改善に意欲を示した。

日韓の防衛当局間の関係は、2018年末に韓国軍艦艇が海上自衛隊機に火器管制レーダーを照射した事案などが原因で悪化していた。韓国メディアが報じた。

李氏は演説で、北朝鮮の7回目の核実験の準備にも言及し、核ミサイルの脅威の高まりを指摘。日米韓や日韓の連携の重要性を強調し、「韓日間にはさまざまな懸案が残っているが、合理的解決のために知恵を絞っていく」と述べた。


2022年06月12日14時17分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022061200183

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1655012394/

続きを読む

【防衛】日本政府が「5年以内に防衛力を抜本的強化」と発表、韓国ネットは警戒 「目的は韓国。また侵略してくる可能性は高い」

1: 荒波φ ★ : 2022/06/09(木) 09:22:21.15 _USER
※ニューシスの元記事(韓国語)
日本、5年内防衛力画期的増強…「防衛比GDP2%以上倍増」
https://newsis.com/view/?id=NISX20220608_0001899447

2022年6月8日、韓国メディア・ニューシスは、「日本政府が5年以内に防衛力を抜本的に強化することを発表した」と報じた。

記事によると、日本政府は7日、今年の「骨太の方針」を決定。焦点の1つとなっていた防衛費の扱いについて、北大西洋条約機構(NATO)の加盟国が国内総生産(GDP)の2%以上を目標としていることを例示し、防衛力を「5年以内」に抜本的に強化することを明記した。

防衛力強化の具体策としては、相手の射程外から攻撃できる「スタンド・オフ防衛能力」や宇宙、サイバー、電磁波などの新領域における対処能力を挙げており、民生技術を積極的に活用し、弾薬の確保や装備品の管理など防衛力の維持にも取り組む計画だという。

22年度の本予算では日本の防衛費は5兆4000億円に策定されており、 GDPの1%弱とのこと。GDPの2%以上にするためには、現在の額よりも倍増させる必要がある。

記事は、「これを5年にわたって達成するためは、毎年1兆円以上を増額させなければならない。安倍晋三元首相は以前から23年度の防衛費を6兆円台後半から7兆円近くに引き上げるべきと主張している」と伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、

「借金だらけの日本にそんなお金があるの?」
「2%に増額したうち、1.5%は安倍派のポケットに吸い込まれてそう」
「『中国は5年の敵で、日本は100年の敵』と言うが、この観念は正しい」
「日本と戦うことになれば、米国は無条件に日本に付く。核兵器を保有するしか答えはない」
「日本が防衛費を増額する最大の目的は韓国。近い将来、また侵略してくる可能性は高い」
「北朝鮮はミサイルを発射し、日本は防衛力を強化している。韓国も尹大統領が早く対処すべき」

など、警戒や反発の声が多く寄せられている。


2022年6月9日(木) 6時30分
https://www.recordchina.co.jp/b895573-s39-c100-d0201.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1654734141/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード