韓国がチュニジア経由でロシア産石油を輸入 対ロシア制裁を避けた迂回輸入である可能性が浮上 ロイター報じる

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 15:10:46.92
ロイター通信は25日、韓国がチュニジアからナフサの輸入を増やし、ロシアのナフサ輸出が急増したと国際金融情報会社リフィニティブの報告書を引用して報じた。対ロシア制裁を避けた迂回輸入である可能性が浮上している。

リフィニティブが示した貿易統計によると、2021年に世界最大のナフサ輸入国である韓国はロシアからナフサ59万トンを買い入れたが、西側の制裁以後は購入量が大幅に減った。

韓国石油公社(KNOC)によると、10月にチュニジアから輸入されたナフサは74万バレル、重量は約8200トンだった。リフィニティブの資料によると、韓国は11月にチュニジアからナフサを約27万4000トン輸入する予定だ。

Rystad Energy社の市場分析担当副社長であるManish Sejwal氏Sejwal氏はロイターに対し、「ルートを変更するのは、主に欧米の監視を避け、より安いロシア産エネルギー使用するためだ」と述べている。

ロイター通信は、リフィニティブが昨年8月から今年1月までロシアからナフサ41万トンの供給を受けた事実を確認したと報じた。チュニジアは昨年、欧州諸国に平均2万1000トンのナフサを輸出した。

ロイターに対し韓国の貿易当局はコメントを控えた。

一方、チュニジア当局はロイターに対し、国際企業がチュニジアの貯蔵施設を利用して、ロシア産を含むナフサを韓国に供給している可能性があるが、チュニジア政府はそれに対して何の役割も担っていないと述べている。

2022年11月27日 2022年11月27日 通商
https://korea-economics.jp/posts/22112702/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669529446/

続きを読む

世界遺産:「東洋のハワイ」韓国・済州島の絶景を紹介 巨大な地底湖、鍾乳石が垂れ下がる溶岩洞窟も

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 10:58:36.48
 女優の杏さんがナレーションを務める、TBSのドキュメンタリー番組「世界遺産」(日曜午後6時)。11月27日は「済州島の火山と溶岩洞窟群~海に浮かぶ火山 済州島の秘密~」と題し、「東洋のハワイ」と言われる美しい海に囲まれたリゾートアイランド、韓国の済州島を取り上げる。

 済州島で世界遺産になっているのは韓国の最高峰・標高1950メートルのハルラ山と、迷路のように広がる地底の溶岩洞窟群。済州島は火山活動が生んだ不思議な地形で、柱状節理という奇岩の海岸や巨大な地底湖のほか、石灰岩が作るはずの鍾乳石が天井から垂れ下がる珍しい溶岩洞窟もある。さらに秋の紅葉や冬景色など、四季折々の絶景も紹介する。

no title

no title

no title

no title


2022年11月27日
https://news.yahoo.co.jp/articles/8f17e16aed4014eb06157ffaac4708d4141f8e6c

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669514316/

続きを読む

【植村隆】高校生の娘にまで及んだ誹謗中傷。そこに関わる権力の横暴と不正の真相をいまこそ表に出す機会に

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 10:41:32.22
no title

「標的」より

 いったい、これのなにが「捏造」に当たるのだろうか?そういう強い憤りを覚えてしまう現実を目の当たりにするのがドキュメンタリー映画「標的」だ。本作は、「捏造記者」といういわれなきレッテルを貼られてしまったひとりの元新聞記者を追っている。

 彼の名は、植村隆。

 朝日新聞大阪社会部記者だった植村は、1991年8月に元「慰安婦」だった韓国人女性の証言を伝える記事を書く。その中で、女性が女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍人相手に性行為を強いられた証言を報じる。

 この韓国人女性が名乗りでたことをきっかけに、他のメディアも植村の記事を追随するように、同じような記事が掲載された。

 それから時を経た、安倍晋三衆院議員が政権に復帰した後となる2014年。いわゆる朝日バッシングの過程で、植村を「捏造記者」とする執拗な攻撃が始まる。その影響で、彼自身どころか家族までも卑劣な脅迫に晒される。

 なぜ、ほかにも同じような慰安婦についての記事は発表されたのに、植村だけが狙い撃ちのように「標的」にされたのか?

 植村の現在に至る過程を追った本作については、手掛けた西嶋真司監督にへのインタビューを全六回にわたって届けたが、その間に安倍元首相が銃撃される事件が起きた。ここからは「安倍元首相銃撃問題」を踏まえての新たな西嶋監督へのインタビューを番外編として続ける。

◆西嶋真司監督
「記憶されない歴史は繰り返される」という言葉

 前回に続き、今回も本作に深くかかわる「安倍政治」についての話から。改めて今回の事件ですべてなかったことにしてはいけないと、西嶋監督は語る。

「ほんとうに今回の事件で、すべてなかったことにしてはいけない。安倍さんが亡くなって、国葬までしてしまった。だから、水に流してしまいましょうじゃいけないと思うんです。『安倍政治』がやってきたことをもうなきものにしてはいけない。安倍さんに浮上した疑惑や問題はひとつとして解明も解決もされていない。近畿財務局の赤城さんのことも、奥様が真相を求めて一生懸命に活動されていますけど、これもまったく真相が明らかにされていない。隠され続けている。ここまでうやむやにされてきたことを、死んだからといって、そのまま終わらせてしまってはいけないと思うんです。でないと、『標的』の映画の中で『記憶されない歴史は繰り返される』という言葉が出てくるのですが、まさにそうなってしまう可能性がある。同じようなことがまた起こって、不幸な目に遭う人を生んでしまうかもしれない。ですから、安倍政治というものがもたらした弊害については、真相を明らかにして正しく記憶し記録しなければならない。そうすることで同じような過ちを繰り返せないようにしなければならない」

(中略)

◆「標的」より
まだまだ上映を続けていって、この事実をひとりでも多くの人に知ってほしい

 ロングランでの公開になっているが、当事者である植村隆氏はどんな感想を抱いているのだろうか?

「植村さんとは時々舞台あいさつなどでいまもご一緒しています。で、そのときに、植村さんが必ず言うのは、『裁判は最高裁まで争ったけど、東京と札幌、どちらも敗訴になった』と。『でも、自分が受けた汚名を返上するための闘いは今も続いている、この映画は、ある意味、自分と支援してくださる人たちの闘いの第2ラウンドだ』とおっしゃっています。そして、この映画をいろいろな方に見てもらって、見てもらった方に『どちらが正しいかきちんと判断してほしい』とよく訴えられています。この映画を見た上で『植村バッシング、植村ねつ造バッシングについて、何が真実であるかっていうことを知ってほしい』ということをよくおっしゃっています。わたしもそれは同意するところで、まだまだ上映を続けていって、この事実をひとりでも多くの人に知ってほしいと思っています」

水上賢治映画ライター
11/27(日) 9:45
https://news.yahoo.co.jp/byline/mizukamikenji/20221127-00325741

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669513292/

続きを読む

【中央日報】駐日韓国大使「尹大統領、年内に日本訪問の可能性排除できない」

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 09:29:13.04
尹徳敏(ユン・ドクミン)駐日韓国大使が年内に尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が日本を訪問する可能性があると観測した。

尹大使は共同通信が26日に報道したインタビューで、10年以上にわたり断絶している韓日首脳シャトル外交と関連し「国際情勢が急激に変化している」と指摘し、年内に尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が訪日する可能性も排除することはしないとした。シャトル外交について「思ったより早いうちにできるのはないかと期待している」と話した。

シャトル外交は会談目的の相互往来で、尹大統領が年内に日本を訪れ岸田文雄首相と韓日首脳会談をする可能性があるというのが尹大使の観測だ。

尹大使は「10年間両国は歴史問題だけで対立してきた。歴史を直視しながらも未来志向的に協力する必要がある」として尹大統領の日本訪問が実現すれば韓日関係正常化の象徴的事件になるだろうと話した。

韓日首脳が相手国を行き来して疎通するシャトル外交は2011年12月に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領と野田佳彦首相の京都での会談を最後に事実上中断された。その後韓日首脳の会合は主に多国間会議を契機に行われてきた。

両国の主要懸案に挙げられる強制徴用被害者賠償問題と関連しては、2015年の慰安婦合意の失敗を繰り返さないようにするには「国民的共感」が重要だと強調した。

両国政府は外交当局の多様なチャンネルを通じて徴用問題解決に向けた協議にスピードを出している。

日本メディアは日本企業の代わりに韓国の「日帝強制動員被害者支援財団」が寄付金を集めて徴用被害者に賠償金を支払う案が有力な解決策として議論されていると報道している。

韓国政府は日本の被告企業の謝罪と財源調達への参加など「誠意ある呼応措置」が必要と強調しているが、日本は1965年に締結された韓日請求権協定で賠償問題はすでに解決されているとの立場を固守している。

尹大使は「慰安婦合意後に日本の政策決定者が『これで終わり』という感じで話した一言二言が韓国世論を悪化させた」と回顧した。

続けて「被害者側の傷を治癒する和解の過程が必要だとの点を日本でもわかってくれること願う」として日本側の積極的な対応を訴えた。

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に対しては、「国民の安全のため情報交換が必要な時期。破棄する状況ではない」と指摘した。

北朝鮮の軍事挑発の可能性に対しては、挑発を継続するとみられるとしながらも「軍事的緊張局面を活用して突然対話に出る可能性もある」と明らかにした。

尹大使はその上で、韓米日が北朝鮮に対話の意思を明らかにする必要はあるが、弱い姿勢を見せて交渉テーブルに着いてはならないと強調した。

11/27(日) 9:04配信
中央日報日本語版
https://news.yahoo.co.jp/articles/f229fd2d579b3217b2177f9b7dcb5f00067ce219

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669508953/

続きを読む

韓国は1個大隊で1個師団の中国軍を撃破した救国の武人、朝鮮半島が生んだ最強の野戦指揮官すら親日派認定して貶める

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/26(土) 18:33:02.84
金錫源という人をご存じでしょうか。若い読者の皆さんはほとんど知らないでしょう。

(中略)

この金錫源という人は、ひと言でいえば「豪傑」です。

軍人を志し、日本帝国陸軍、陸軍中央幼年学校予科(これが後に陸軍士官学校になる)に入校。1915年に第27期卒業。

1915年05月:和歌山の歩兵第61連隊に配属(見習い士官)
1915年12月:陸軍歩兵少尉
1917年:歩兵中尉
満州に出征(初の実戦)
1931年:満州事変が勃発
大尉として出征。馬占山軍と交戦

日中戦争
歩兵第78連隊第3大隊長(少佐)として北支戦線に従軍

1937年07月25日:
「北京東南方10キロ地点に位置する団河村一帯の敵を掃討して、行宮高地を占領せよ」との下命を受けて出撃

27日に占領。

1937年07月の戦いでは、1個大隊で1個師団の中国軍を撃破したと称賛されています。金錫源さん自身の弁では、日本側の兵力を過大評価した中国軍が避戦・撤退したとのこと。

圧巻は1938年の山西省東苑の戦闘です。以下にWikipediaの記述を引用します。


(前略)
1938年2月、山西省東苑の戦闘に参加。

2月21日、霊石の総攻撃が開始され、中国軍の右側背面を攻撃するよう命令を受けた。

翌日、中国軍が反撃し、約3時間の激戦が繰り広げられた。

この時、金錫源の大隊は進撃速度が速すぎたため、連隊との連携が取れず、陝西軍第86師(長:高双成中将)に包囲された。

全滅も時間の問題であったが、奇策を思いつき、中国軍にも聞こえるように大声で「皆よく聞け!今すぐ3千名の増援部隊が到着しするので安心して戦い、現陣地を死守せよ」と言った後、自分の部隊にだけ聞こえる低い声で「諸君、今日で最後だ。もう少し頑張って最後の突撃だ。持っている煙草を全部吸え。そして軍歌を声高らかに歌い、狂ったように踊れ。万歳を叫べ!」と告げた。

こうして350名の全将兵が一斉に煙草に火をつけ、軍歌を歌い、踊り、万歳を叫んだため、実際の人数より遥かに多いように感じられた。この奇策が功を奏し、中国軍は撤退した。

こうして2個中隊をもって第86師を撃退し、この功績から、朝鮮人としては初の功三級金鵄勲章を授与された。

また、なかなか貰うことができない北支那方面軍司令官名義の感状が部隊に与えられた。

この事から当時の朝鮮では、『金部隊長奮戦記』、『金錫源部隊激戦期』、『戦塵余談』といった金を称える記事が連日メディアにおいて発表され、崔南善の作詞で『金少佐を思う』という歌までが作られた。
(後略)

⇒参照・引用元:『Wikipedia』「金錫源」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E9%8C%AB%E6%BA%90


まるで『のらくろ』に登場するようなエピソードですが、金錫源さんが部隊を率いて中国軍を撃退したのは歴史的事実です。

田中先生(1926年生まれ)は小中学生のとき京城(現在のソウル)で暮らしていらっしゃいましたが、前記のとおり、新聞などのメディアで金錫源さんの奮闘ぶりを読んでいたとのこと。

第二次世界大戦後、金錫源さんは朝鮮戦争勃発に伴い首都師団長として軍に復帰。釜山橋頭堡の戦いでは第3師団長として困難な海上撤退作戦(長沙洞撤収作戦)を成功させ、マッカーサーから称賛されています。

金錫源さんは、その戦歴からいっても朝鮮半島が生んだ最強の野戦指揮官といえるかもしれません。

このような筋金入り、歴戦の勇者なのですが、韓国では親日派と認定され非難の対象としました。

李承晩(イ・スンマン)大統領が首都から逃げ出し、日本に亡命政府の受け入れを打診するような状況にあって、弱兵であった韓国軍を率い最前線で戦った人物の功績を否定しようというのです。

まったく愚かな所業という他はありません。

(吉田ハンチング@dcp)
https://money1.jp/archives/94345

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669455182/

続きを読む

    他ブログお奨め新着記事








    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:


    コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
    各自節度を持ってコメントをして下さい

    また以下のコメントは削除されることがあります

    ・差別用語を含んでいるもの
    ・記事と関係ないコメント
    ・草を大量に生やしている
    ・煽り目的のコメント

    また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
    そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
    メール等でご連絡ください

    海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。



    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    メール

    笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
    当ブログについてはこちら
    笑韓ブログについて


    連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
    (at)は@に変えてください
    最新コメント




    QRコード
    QRコード
    アクセスランキング