【朝鮮日報/李承晩】韓国の「国父」、2人いては駄目なのか 民主主義国を樹立した李承晩

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 18:13:44.13
民主主義国を樹立した李承晩
統一の努力をやめなかった金九 二人とも「未完の指導者」だったが、二人が韓国をあるべくした

no title

▲1946年、米軍政諮問機関である民主会の昌徳宮会議を終えて、記念撮影を行う李承晩と金九。/写真=大韓民国歴史博物館

 キム・ジンヒョン元科学技術処長官が、最近出版した回顧録でこんなエピソードを紹介した。1993年に金泳三(キム・ヨンサム)大統領が就任した後、青瓦台で一緒にククス(麺料理)を食べながら大統領と会っていたとき、その席で「韓国の現代史論争を正そうと思ったら、白凡・金九(キム・グ)を確実に韓国の正統性として抱えなければならず、李承晩(イ・スンマン)と金九の子孫が和解する様子を見せてやらねばならない」と建議したという。

 それでこそ、白凡の業績に対する解釈が反韓国の左派側に偏るのを防ぐことができる-という提言だった。だが金泳三は、すぐにこんな反応を示したという。「いやいや、李承晩は独裁者だって。独裁者」。金九については別に関心すら示さなかったという。金・元長官はこのように語った。「こんにち、この地における理念対立の根底には、単に親北対反共という図式にとどまらず主流派内の自己アイデンティティー喪失にも大きな源流がある」

 李承晩と金九に言及する現代史関連の記事を書くと、コメントは二分されがちだ。一方では、李承晩を「米国の手先として分断を固定化した人物」と決め付け、他方では金九を「大韓民国の樹立に最後まで反対した親北協力者」とけなす。驚くべきことに、これは1948-49年に起きた二人に対する非難とあまり違わない。こんな見方は果たして穏当なのか?

 李承晩を批判する人々は、彼を「分断の元凶」と見なし、彼が南側単独政府樹立に言及した1946年6月の井邑発言が南北分断の契機だと主張する。しかし1946年2月に38度線以北で先に立ち上げられた北朝鮮臨時人民委員会が、事実上韓半島の最初の単独政府であって、金日成(キム・イルソン)独裁の道を開いたという事実は看過している。

 韓半島全域にわたる総選挙によって統一政府を樹立するというのは既に不可能で、赤化統一か、そうでなければひとまず自由民主主義と市場経済を基盤とする南韓だけの単独政府を樹立するという、二つの選択肢しかなかった。共産主義の実体がきちんと分かっていなかった当時としては疑問の残る選択だったかもしれないが、およそ70年に及ぶ南北の歴史は、李承晩の道が正しかったことを語ってくれている。「米国の手先」という主張は、米軍政が終始李承晩を厄介者と見なし、中道派を支援していた歴史的事実と合致しない。

 「金九は大韓民国樹立と関連がない人物」という他方の主張もまた、実際の歴史とは異なる。大韓民国臨時政府主席だった金九は1945年11月、米軍の輸送機便で帰国した後、その存在自体が李承晩と共に大韓民国政府樹立勢力の求心点となった。信託統治反対運動をはじめとする数々の政治的行動において李承晩と手を組み、民衆を団結させた。単独政府樹立を目前にして李承晩と意見をたがえ、見込みのなかった南北交渉に飛び込んだが、「統一民主主義国家樹立」という夢が根本的に違っていたわけではない。

 ならば、いわゆる「百年戦争」に類する歪曲(わいきょく)された視点が示すように、金九の臨政勢力は大韓民国樹立に参加しなかったのか? そんなことはなかった。副大統領の李始栄(イ・シヨン)、国会議長の申翼煕(シン・イクヒ)、首相兼国防長官のイ・ボムソクなど幾人もの臨政関係者が、発足したばかりの大韓民国政府の要職を務め、金九が死去した後、チョ・ソアンのような臨政系の人物は5・30選挙を通して国会に進出した。6・25が起きていなかったら、韓国初期の政治構図はかなり違っていただろう。

 統一民主主義国家樹立という彼らの夢は完全には実現され得なかったという点で、李承晩と金九は共に「未完の国父」と言える。ひょっとするとこの二人は、それぞれ現実と理想、政府樹立と統一、民主主義と民族主義、権力と在野を代弁しつつ、互いが互いを補完する存在だったのかもしれない。韓国の国父は必ず一人であるべき、という法はない。

兪碩在(ユ・ソクチェ)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
2022/11/27 17:58
Copyright (c) Chosunonline.com
https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2022112580135

※関連スレ
韓国は1個大隊で1個師団の中国軍を撃破した救国の武人、朝鮮半島が生んだ最強の野戦指揮官すら親日派認定して貶める [11/26] [新種のホケモン★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1669455182/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669540424/

続きを読む

【毎日新聞/朝鮮人虐殺】人権展での戦前の朝鮮人患者に関する映像作品の上映中止 都には表現活動守る責任

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 14:57:36.75
 精神障害者の人権をテーマに東京都の施設で開催されている企画展で、戦前の朝鮮人患者に関する映像作品の上映を都が認めなかったことが波紋を広げている。

 企画展は、精神障害への差別や偏見のない社会づくりを考える狙いで、8月から今月末まで都人権プラザで開催中である。

 施設を運営する公益財団法人が都の承認を受けて主催した。美術作家の飯山由貴さんが、精神障害のある妹と共同制作した映像作品などを出展している。

 朝鮮人患者を題材にした映像作品を付帯事業として上映しようとしたところ、都が「企画の趣旨から外れる」と待ったをかけた。

 まず都側が問題にしたのは、作品中で研究者が1923年の関東大震災時に起きた朝鮮人虐殺に関し、「虐殺があったのは事実」と解説した部分だ。

 都の担当者は、小池百合子知事が虐殺被害者の慰霊式典への追悼文送付を見送っていることを挙げ、「知事がこうした立場をとっているにもかかわらず、朝鮮人虐殺を事実とする動画を使用することに懸念がある」と指摘した。

 だが、虐殺があったことは、国も認めており、内閣府のホームページに資料も掲載されている。

 また、都側は作品中のせりふも問題視した。朝鮮人患者を演じた人物が「朝鮮人は抹殺だ」などと口走る場面があった。

 せりふは当時の診療録が元になっている。虐殺事件が朝鮮人の精神面に深く影を落としていたことを表現するものだ。だが、「発言が切り取られて差別の扇動につながる恐れがある」というのが、都が中止を求めた理由だった。

 飯山さんらは、せりふの場面を変更して上映することも検討したが、実現しなかった。

 人権は、年齢や性別、国籍を問わず普遍的に尊重されなければならない。人権プラザはそれを伝えるために設置されたはずだ。

 都議向けに行われた上映会では「作品のどこが問題なのか分からない」との声が出た。上映を求めるインターネット署名は3万人近くに達している。

 多様な意見を尊重し、表現活動を守る。それが行政が果たすべき役割だ。過剰な規制によって人々を萎縮させてはならない。

2022/11/27 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20221127/ddm/005/070/098000c

※関連スレ
【NHK】“朝鮮人扱った映像作品” 東京都が「障害者と人権というテーマから作品がずれている」として上映認めず 制作者らが批判 [11/22] [新種のホケモン★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1669120983/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669528656/

続きを読む

【半導体戦争】日本が韓国を逆転!インテルにハメ込まれた韓国『SK』資金調達に失敗した場合、会社経営が傾く可能性

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 17:30:23.13
2022年第3四半期、NAND型フラッシュメモりーの分野で、日本の『キオクシア』が韓国『SKハイニックス』を抜き、2位に浮上。

『SKハイニックス』は3位に転落しました。

◆『キオクシア』が2位に浮上!

『トレンドフォース』によると、NAND型フラッシュメモりーの2022年第3四半期の世界シェアは以下のとおりです。



『サムスン電子』が31.4%でシェアトップですが、2位には20.6%で『キオクシア』がつけています。『SKハイニックス』は18.5%で3位。

売上で『キオクシア』と『SKハイニックス』を比較すると興味深い結果となっています。

『キオクシア』:28億2,990万ドル(-0.1%)
『SKハイニックス』:25億3,930万ドル(-29.8%)
※( )内は対前期比の増減

第2四半期から第3四半期にかけて、半導体需要が急減したため『SKハイニックス』では売上高が約3割も減っています。ところが『キオクシア』は「0.1%の減少」で済んでいます。

『キオクシア』が需要が急減する中で相対的に善戦していることを示しています。

◆インテルの事業買収は成功だったのか

『SKハイニックス』はインテルのNAND型フラッシュメモリー事業を買収し、2021年末時点で『Solidigm(ソリダイム)」として完全子会社化しました。

同社はSSD(Solid State Driveの略:ソリッド・ステート・ドライブ)の製造を主力としています。

今回の売上の中には『ソリダイム』の売上も入っています。

そもそもインテルの事業を買収する目的は、

①合わせてシェアを20%台に引き上げて世界2位になること
②NANDフラッシュ主力製品SSDの競争力を強化すること

でした。

ところが、ここにきてシェアは下がり、2位から転落しました。

さらに深刻なのは、この『ソリダイム』が赤字を出していることです。『SKハイニックス』は2022年には黒字化すると見ていたのですが、これが大甘な見通しでした。

『ソリダイム』を含むアメリカ合衆国『SK hynix NAND Product Solutions Corp』は第3四半期に当期純利益は「-6,133億ウォン」を記録。

2022年通期では「-8,717億ウォン」に達します。

『SKハイニックス』がインテルの事業を買収するときにMoney1でも「大丈夫なのか」という記事を上げましたけれども(下掲の先記事は2020年10月21日初出)、直近の動向では、どうも「大丈夫ではなかった」といわざるを得ません。

https://money1.jp/archives/35901

問題は「お金」です。

『SKハイニックス』はインテルに買収の残金(第2次契約のクロージング)「2兆3,000億ウォン」を支払わなければなりません。

また、事業の赤字部門はどこかから資金を調達しないと回りませんが、韓国の資金調達市場はご案内のとおり金利が急騰して凍りついています。

『SKハイニックス』が資金調達に失敗した場合、会社経営が傾く可能性があります。

韓国メディアによると、すでに証券業界では「最近『SKハイニックス』が社債発行を試みたが失敗した」といううわさまで出回っているとのこと。

再度問いたいのですが、『SKハイニックス』がインテルの事業を買収したのは正しい選択だったでしょうか?

2019年の決算では、インテルの非揮発性メモリー・ソリューション・グループ(NSG)部門は「売上高:43億6,200万ドル」で「営業利益:-12億ドル」の大赤字でした。

これをあえて購入し「世界第2位に躍進」などといっていたのです。

『インテル』にうまいことハメこまれた――といった方がいいのではないでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)
https://money1.jp/archives/94373

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669537823/

続きを読む

「月はどっちに出ている」映画監督・崔洋一さんが死去、73歳 1月にぼうこうがん闘病を公表

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 18:56:15.78
 
崔洋一監督

 「月はどっちに出ている」「血と骨」など骨太の作品を数多く発表し、22年6月まで日本映画監督協会の理事長を務めた崔洋一(さい・よういち)監督が27日午前1時、ぼうこうがんのため東京都内の自宅で死去した。73歳。長野県出身。がんを患っていることを1月に公表して闘病したが、力尽きた。葬儀・告別式は家族や近親者で行う。喪主は妻青木映子(あおき・えいこ)さん。後日、お別れの会を開く。

 晩年は病魔との戦いだった。今年1月、ぼうこうがんの闘病中であることを公表。19年4月、「尿が出ない」と異変を覚え、都内の病院で検査を受けたところ、ぼうこうにがんが見つかった。人工ぼうこうを付けるストーマ手術を提案されたが、紹介された大学病院で自身の小腸を切り取って代替ぼうこうを作る手術を選択。20年4月に16時間にも及ぶぼうこうの全摘出手術を受けた。

 1年後の検査では右腎、リンパ、肺に転移していることが判明し、抗がん剤治療も経験。年明けには肺炎も患った。それでも「映画監督としても、監督協会の理事長としても、やりたい仕事がまだまだある。そのためにまず治療に専念したい」と、がん克服を信じてやまなかった。

 東京の朝鮮中・高級学校京級部(高校)を68年に卒業。東京総合写真専門学校を中退して、照明助手として映画界入りした。小道具や製作進行担当を経て演出部に転向し、72年に助監督に。大島渚監督の「愛のコリーダ」(76年)、村川透監督の「最も危険な遊戯」(78年)、山下耕作監督の「戒厳令の夜」(80年)などでチーフ助監督を務め、81年に日本テレビのテレビ映画「プロハンター」で監督デビューを果たした。

 83年、親交の深かった故・内田裕也さんが企画し、主演、共同脚本を書いた「十階のモスキート」で劇場映画に進出。同作はベネチア国際映画祭にも出品した。そして93年にはWOWOWで制作した短編連作を劇場映画に構築し直した「月はどっちに出ている」を世に放った。在日コリアンのタクシー運転手と日本でたくましく生きるフィリピン女性との恋愛模様を軸にしたヒューマンドラマで、ブルーリボン賞、毎日映画コンクールほかの各賞を総なめにした。

 94年に朝鮮籍から韓国籍に変更し、96年には文化庁新進芸術家在外研修員として単身韓国の延世大学に留学。同国の映画人たちとの交流を通して日韓文化の発展に寄与した。

 04年に日本映画監督協会第8代理事長に就任。この年、ビートたけしの主演で映画「血と骨」を発表し、毎日映画コンクール日本映画大賞や日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞などを受賞した。06年にはチ・ジニの主演で初の韓国資本の映画「ス SOO」を撮影し、07年3月に韓国国内で公開された。08年夏に日本でも公開されDVD発売された。

 07年4月に宝塚造形芸術大学(現・宝塚大学)教授に就任。同年秋、白土三平原作、宮藤官九郎脚本、松山ケンイチ主演による映画「カムイ外伝」の撮影に取りかかり、09年9月19日に公開された。

11/27(日) 18:36配信
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9a35e05eab994427123efdd37ed1a78af2f3c5a

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669542975/

続きを読む

W杯日本戦会場に旭日旗 韓国メディアが問題視「憂慮していたことが」撤去の様子も報道

1: 新種のホケモン ★ : 2022/11/27(日) 21:47:13.37
https://imgur.com/a/Tt3s5eQ
 コスタリカに敗れ、肩を落とす吉田(右から3人目)、守田(同5人目)ら日本代表(撮影・金田祐二)

 「カタールW杯・1次リーグE組、日本代表0-1コスタリカ代表」(27日、アルラヤン)

 日本はコスタリカの守備を崩しきれず、後半36分にスキを突かれる形で失点。そのまま敗れた。2大会連続の1次リーグ突破は第3戦スペイン戦次第となった。

 韓国メディアは日本の敗戦を「衝撃的」と報じた一方で、現地スタジアムで旭日旗を持った日本サポーターがいたことを問題視。「イルガンスポーツ」は「憂慮していた旭日旗が観客席で目立った」と書き出し「一部の応援団は旭日旗を手すりに置こうとしたが、止められた。それでも一部のファンが旭日旗を手に応援した」と、報じた。「朝鮮日報」も旭日旗が持ち込まれ、撤去された大会関係者によって撤去された様子を写真付きで報じた。

 日韓を巡っては日本代表の歴史的な勝利となった23日のドイツ戦において、日本の失点シーンで、韓国の国旗である「太極旗」が振られたことが波紋を呼んでいた。

 前半33分に日本がPKを与え、ドイツのギュンドアンが冷静に決めた場面。国際映像ではドイツの国旗が揺れる中で、日本の横断幕が掛かっているやや上の席で「太極旗」が揺れているのが確認できる。日本のSNSでは「不愉快」、「マジで意味が分からない」と怒りの声が上がっていた。

 韓国紙「朝鮮日報」は韓国国内でも「日本が点を奪われた瞬間に広げれば、挑発の目的は明らか」、「国際的な恥」、「韓日対決でもないのに」と批判的な声が上がっている一方で「ただ楽しむために振ったのかもしれない」など「韓国人ではない人物が違う国の国旗をもって振ったのでは」などの声が上がっていることを紹介した。

11/27(日) 21:38配信
デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/da7058d7501aea48ba3841086af8f2bb3518bbcb

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1669553233/

続きを読む

    他ブログお奨め新着記事








    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:


    コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
    各自節度を持ってコメントをして下さい

    また以下のコメントは削除されることがあります

    ・差別用語を含んでいるもの
    ・記事と関係ないコメント
    ・草を大量に生やしている
    ・煽り目的のコメント

    また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
    そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
    メール等でご連絡ください

    海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。



    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    メール

    笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
    当ブログについてはこちら
    笑韓ブログについて


    連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
    (at)は@に変えてください
    最新コメント




    QRコード
    QRコード
    アクセスランキング