【韓国】簡単な韓国語に替わる鉄道用語・・・日本の漢字語『信号冒進』から『信号違反』に

1: ハニィみるく(17歳) ★ : 2022/05/16(月) 10:52:00.43 _USER
┃鉄道純化語行政規則告示推進・・・より安全で便利な鉄道環境の構築

(写真)
no title

▲ KTX-イウム
_______________________________________________________

(不要な外来語の純化)
× 新盆唐線はCBTC信号方式で無人運転が可能だ。
○新盆唐線はムソントンシン(無線通信)ヨルチャヂェオ(列車制御)信号方式で無人運転が可能だ。

(難しい専門用語の純化)
× Multiple Tie Tamperを活用して軌道維持補修の効率が高まった。
○ チャガルダヂムヂャンビ(砂利押し装備)を活用して軌道維持補修の効率が高まった。

(日本式漢字表現)
× 列車がシンホモヂン(信号冒進)して信号機を通過して停止した。
○ 列車がシンホウィバン(信号違反)して信号機を過ぎて停止した。

国土交通部は4日、鉄道分野で慣行的に使われてきた不要な外来語、難しい専門用語などを、韓国語表現に純化すると明らかにした。

国土部はこのために3月に韓国鉄道公社、国家鉄道公団、ソウル交通公社、鉄道文化財団、韓国鉄道学会など、関連機関と鉄道専門用語標準化委員会を構成した。

また、鉄道産業情報センター、鉄道関連規定、教育教材などに使用されてきた13,500の鉄道用語の使用頻度の分析、および報道資料などの使用回数を比較した。続けて専門家会議と対国民アンケート調査を通じて、96の鉄道専門用語を純化することにした。

外来語の中には『CBTC(Communication based train control)』が『無線通信列車制御』に、専門用語の中では『Tie Tamper』が『砂利抑え装備』などに純化される。

列車が信号機の停止信号を無視し、信号機を越えて運転する行為を意味する日本式の漢字表現の『信号冒進』は、『信号違反』に変わる。

国土部は文化体育観光部の審議を経て、今年10月の行政規則で純化語を告示する計画である。

国土部鉄道局のカン・フィオプ局長は、「今後も関連機関と継続的に協力し、鉄道業界から正しく簡単な韓国語を使用する言語環境を造成していくよう、率先して垂範する」と明らかにした。

一方、国土交通部と鉄道機関のホームページでは、96の純化対象用語に対する対国民アンケートイベントが5月10日から3週間行われる。

ソース:DIトゥデー(韓国語)
https://ditoday.com/%e6%97%a5%ed%95%9c%ec%9e%90%ec%96%b4-%ec%8b%a0%ed%98%b8%eb%aa%a8%ec%a7%84-%ec%8b%a0%ed%98%b8%ec%9c%84%eb%b0%9

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1652665920/

続きを読む

【中央日報】「韓米通貨スワップ締結」急ぐべき…韓国メディア、バイデン大統領訪韓契機に要求

1: 昆虫図鑑 ★ : 2022/05/16(月) 21:46:40.18 _USER
バイデン米大統領の訪韓を契機に韓米通貨スワップ締結を急ぐべきという韓国メディアの主張が出てきた。

韓国日刊紙東亜日報は14日、「為替相場に赤信号、資本流出防ぐ『防波堤』として韓米通貨スワップが急がれる」という見出しの社説を通じ、「対ドル・ウォン相場は、約13年前の2009年の金融危機の水準に戻った。しかし、韓国は経済規模が相対的に小さく、ウォンの国際競争力が弱く、外国為替市場の変動性はさらに大きくなりかねないという懸念が潜在している」と指摘した。続けて「韓米首脳会談で、通貨スワップを成立させなければならない」とし、「準常設通貨スワップが実現すれば、韓国の金融市場の安定性は大幅に強化され、米国にもプラスになるだろう」と主張した。

韓国日刊紙世界日報は13日、「高物価にドル高まで、韓米通貨スワップ再稼働しなくては」という見出しの社説で、「米国の積極的通貨緊縮にともなう世界的不確実性が大きくなり当分はドル高が加速化するだろう。先制的な韓米間通貨スワップ締結で外国為替市場に蔓延した不安感を解消すべき」と主張した。

韓国経済紙ヘラルド経済も13日に「為替相場パニック、『安全弁』韓米通貨スワップ再び稼動しなくては」という見出しの社説で「韓国経済は対外開放水準が高くドルが急騰する場合、金融市場の変動が大きくなり輸入物価が上がって実体経済まで打撃を受けかねない。政府と金融当局が対応策を講じるだろうが韓米通貨スワップ締結がより急がれる状況」と分析した。続けて「ちょうど21日に韓米首脳会談が開かれる。外交と経済安保懸案が主に議論されるだろうが、『為替防衛』が火急な韓国としては通貨スワップ締結も省けない」と主張した。

https://japanese.joins.com/JArticle/291096?servcode=300§code=340

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1652705200/

続きを読む

【朝鮮日報】2年間我慢…日本でファンたちが「K-POP報復消費」に出ているという見方もある

1: 昆虫図鑑 ★ : 2022/05/16(月) 21:54:25.37 _USER
先月23日、韓国の人気女性アイドルグループTWICE(トゥワイス)が、観客5万人以上の東京ドームで2年ぶりとなる日本でのコンサートを開催した。「日本公演の聖地」と呼ばれる東京ドームでは同日から三日間、TWICEのコンサートが行われた。当初は23日と24日の二日間という日程だったが、入場チケット約10万枚があっという間に売り切れたため、急きょ追加公演の日程を組んだものだ。

 新型コロナウイルス感染症が世界的に流行する中、「第4次韓流ブーム」が巻き起こっている日本では、最近韓流スターたちの有観客イベントのニュースが相次いでいる。今年初め、政府が新型コロナ政策緩和の一環として外国人のビジネス目的訪問を許可したことから、韓国の芸能人の日本訪問が可能になったおかげだ。TWICEのコンサートのほかにも、有名韓国アイドルグループの日本ツアー計画が今秋までめじろ押しだ。男性アイドルグループSEVENTEEN(セブンティーン)は今月7日と8日にさいたまスーパーアリーナでファンミーティングを開いてチケット6万枚を完売させ、NCT127は今月22日から東京・名古屋・大阪のドーム会場を巡るツアーを開始する。

 大手エンターテインメント企業のCJ ENMは2012年から毎年、韓国・日本・米国など各国で開催してきたK-POPコンサート「KCON」を10月に日本で再開する。計8万8000人を集めた2019年5月の千葉公演以来、2年ぶりの開催だ。今月14日と15日には「KCON 2022 Premiere in Tokyo」も開催する。CJ ENMでは「事前イベントとして、正式イベントの規模よりも小規模で企画したが、チケット約2万枚がすぐに売り切れたため、制作開放席などを追加で販売している」と話している。

 日本人ファンたちの反応は熱い。韓国のアイドルがコンサートを開催するというニュースが発表されるたび、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では「イルコン」という単語が人気検索ワードにランクインする。「日本でのコンサート」という韓国語を省略し、日本語式の発音で表記した新語が「イルコン」だ。この2年間、BTS(防弾少年団)やドラマ『愛の不時着』などで韓流人気が大きく広がっている中、有観客イベントに参加できなかったファンたちが「報復消費」に出ているという見方もある。駐日韓国文化院の孔炯植(コン ・ヒョンシク)院長は「新型コロナ流行で制限されていた両国の交流が活発になるにつれ、日本国内における韓流人気と影響力はさらに大きくなるだろう」と予想している。

東京=崔銀京(チェ・ウンギョン)特派員

https://news.yahoo.co.jp/articles/156d78321f5a67653187e0e6125a98862682fff1

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1652705665/

続きを読む

【韓国メディア】ウォン安企業を直撃、原材料輸入額増、外貨負債利子雪だるま

1: 昆虫図鑑 ★ : 2022/05/16(月) 16:07:06.60 _USER
急騰するウォン・ドル為替レートが、韓国企業を苦しめている。ウォンに換算した原材料価格が高騰し、原価負担が加重され、外貨負債の返済圧迫も同時に大きくなっている。

ソウル外国為替市場で13日、ウォン・ドル為替レートは一時1291ウォンまで上がるなど1300ウォン目前で騰落を繰り返した。韓国政府の口頭介入で4ウォン40銭下がり、1ドル=1284ウォン20銭で取引を終えたが、外国為替専門家たちは1300ウォン台突破を既成事実と見なしている。

15日、韓国銀行(韓銀)によると、今年第1四半期の韓国原材料輸入額は959億7000万ドル(約123兆8200億ウォン)で、昨年第1四半期(631億6000万ドル)より51.9%(328億1000万ドル、約42兆800億ウォン)増えた。同期間、半導体(348億6000万ドル)、自動車(113億4000万ドル)、化学(266億8000万ドル)、鉄鋼(148億ドル)など、韓国の主力製品の輸出額合計(876億8000万ドル)をはるかに上回った。経済界は「ウォン高が輸出競争力に役立つよりは、ただでさえ急増した原材料輸入額の負担を増大させ、企業の採算性を悪化させている」と分析した。

一部企業の信用リスクも浮き彫りになる見通しだ。昨年末現在で韓国企業の対外債務(外貨負債)は、1430億880万ドル(約183兆4800億ウォン)に達した。為替レートが上がれば、ウォンに換算した外貨負債利子費用などが大きくなり、それだけ為替損失が増える。外国為替専門家たちは「外貨調達条件が厳しくなり外貨借入金償還に困難をきたす企業が増えている」として「国家信用度が下がる瞬間、ウォン価値が暴落することもありうる」と憂慮した。延世大学経済学部のキム・ジョンシク教授は「財政収支に続き貿易収支も悪化し危険な状況」と指摘した。

○輸出競争国、日本円も暴落

外貨負債が昨年末現在14兆ウォン(約1兆4000億円)に達する大韓航空とアシアナ航空の財務担当者たちは最近、表情が暗い。 急騰したウォン・ドル為替レートが1300ウォン突破を目前にしたためだ。 この両社の業績は、為替相場にかかっていると言っても過言ではない。平均為替レートが10%上がれば、大韓航空とアシアナ航空の今年の当期純利益は、それぞれ4853億ウォン、3761億ウォンほど蒸発する。輸出メーカー各社も、高騰する為替相場に泣きべそをかいている。「ウォン安が貿易黒字増大につながる」ということは昔話だというのが輸出企業の共通した説明だ。

15日、ソウル外国為替仲介によると、今年に入って13日までの平均ウォン・ドル為替レートは1219ウォン32銭と集計された。 昨年の平均為替レート(1144ウォン60銭)と比べて6.53%(74ウォン72銭)上昇した。それだけウォン安が進んだという意味だ。

過去には、ウォン高ドル安が進めば輸出が増え、経常収支・貿易収支黒字幅も大きくなった。 韓国が通貨危機に見舞われた1998年が代表的な例だ。 当時、平均為替レートが1398ウォン88銭と前年比47.08%(447ウォン77銭)も急騰すると、経常収支黒字が401億1280万ドルと、年間黒字基準で歴代最大値を記録した。

グローバル金融危機直後の2009年度の状況が似ていた。同年の平均為替レートが1276ウォン40銭と、前年比15.76%(173ウォン81銭)上昇すると、2009年経常収支(330億8760万ドルの黒字)は1998年以来の最高値を記録した。

しかし、最近は状況が正反対だ。 ウォン安が進み、貿易収支が悪化している。関税庁によると、今年に入って5月10日まで貿易収支(輸出から輸入額を差し引いたもの)は98億6000万ドルの赤字を記録した。 昨年同期(79億2400万ドルの黒字)に比べて赤字転換した。今年第1四半期の経常収支も150億6000万ドルの黒字で、昨年第1四半期より32.56%(72億7000万ドル)減少した。

韓国の経済学界も「為替レート上昇=輸出企業好材料」という図式がこれ以上通じないと見ている。昨年11月、韓国銀行が発刊した「韓国の経常収支黒字要因分析」報告書は「為替レートをはじめとする金融要因が経常収支黒字に及ぼす寄与度が大きくない」と指摘した。

原因は、複雑に絡み合ったサプライチェーン構造だ。海外から調達する原材料を持ち込んで再加工して輸出する方式が国内製造企業の間で定着し、ウォンの影響力が大きく落ちたという話だ。ウォン安が進めば、高額を払って原材料などを買ってこなければならない。 それだけ、実績と採算性は損なわれる。 為替レートが急騰し、4月の輸入物価指数は前年同月対比35%も急騰した。

さらに、輸出競争国である日本の円相場が暴落したのも、輸出に影響を与えている。5月に入って02年4月以来となる1ドル=130円を突破した。


続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/54c7d4b7cbbd52e4549165ae62f17fb3712ef7ce

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1652684826/

続きを読む

【韓流】MBCドラマ『ネイル(明日)』「前世で独立運動家だった」・・・日本軍 “慰安婦” 被害者を慰労

1: ハニィみるく(17歳) ★ : 2022/05/16(月) 08:30:52.45 _USER
MBCの『ネイル(明日)』のロウンが前世に続いて現世でも、日本軍 “慰安婦” 被害者の心に触れて慰労する、胸が詰まる余韻を送った。

(写真)
no title


去る13日(金)に放送されたMBC金土ドラマ『明日』の第13話では、日本軍 “慰安婦” 被害者たちの話を盛り込んだ『ポム(春)』のエピソードが描かれた。

この日、危機管理チームのリョン(演=キム・ヒソン)、チュンウン(演=ロウン)、リュング(演=ユン・ヂオン)は、自ら命を絶とうとする管理対象者のユ・ボクフィ(演=キム・ヨンリム)を救うために乗り出した。危機管理チームはこの時、死亡予定の日本軍 “慰安婦” 被害者であるイ・ヂョンムン(演=キム・ヨンオク)がユ・ボクフィに会いたがっているという事実を知ることになり、引導管理チームの新入チョン・ボユン(演=パク・フィヂョン)とともに任務を遂行することになった。

その後、ユ・ボクフィは自分を訪ねてきた危機管理チームに対し、幼い頃に友人のユンイが自分のせいで日本軍 “慰安婦” 被害者になったと深い罪悪感を表わし、その事情が気がかりになった。これに対してリョンとリュングは、「(イ・ヂョンムンさんが)ユンイを覚えているあなたに会いたがっていて、とても強い意志で生きておられています」とし、二人の出会いを成し遂げた。

イ・ヂョンムンに会ってようやく口を開いたユ・ボクフィは、新聞で偶然にも日本の工場就職の広告を見てユンイに提案して、その後ユンイもどこかで元気に暮らしていると思っていたと伝えた。そんなある日、日本軍 “慰安婦” 被害者の写真の中でユンイを見つけ、全ての真実を知ることになって罪悪感に苦しんでいたのである。これに対してイ・ヂョンムンは、どのような瞬間にも希望を失わなかったユンイについて伝え、光復を控えて脱出しているところをユンイが自分たちを助けるために犠牲になったと打ち明けて関心を集めた。

続けてイ・ヂョンムンは、ユンイの犠牲で辛うじて生き残った被害者であるにもかかわらず、人々の鋭い視線の中に自分の過去を隠し、隠れて生きてきた自分の人生の痛みを表わして心を痛めた。だがしかし、すぐにイ・ヂョンムンは被害者である自分の過去を隠さないことにしたとし、「私の命がある限り、その事実を私の最後まで明らかにする声を出すだろう」と伝え、胸を詰まらせた。

さらにユ・ボクフィに対し、「私が知っているユンイは、ボクフィさんに会ったら暖かく包み込んでくれます。あなたは間違ってないと言うでしょう。だからもう、あまり苦しまないでください」と慰め、胸を熱くさせた。

間もなく引導管理チームの新入ボユンが、イ・ヂョンムンを含む日本軍 “慰安婦” 被害者たちとユ・ボクフィを記憶し、最後を導くために冥土の使者(死神)になった『ユンイ』であることが判明して関心を高めた。これに対して招待を明らかにしたボユンは、自分に罪悪感を持って生きてきた二人を慰め、イ・ヂョンムンとユ・ボクフィは長い間胸の奥深く抱いてきた申し訳ない気持ちを涙で吐き出し、視聴者たちまで泣かせた。

その際、ヂュンウンの前世が明らかになって注目を集めた。日本軍から逃走したイ・ヂョンムンと少女たちを救った独立運動家だったのである。これを聞いたヂュンウンは、「(前世は覚えていませんが)私が忘れずに覚えてほしいと叫びます。だから大変だった人生も、もう我慢しなくて大丈夫です」、「ハルモニ(お婆さん)が背負っていた荷物。これから生きていく私たちが代わりに背負います」とし、全ての荷物を一人で背負ったまま死すら気楽に迎えられないイ・ヂョンムンの心を慰めて撫でた。

ソース:MBC芸能(韓国語)
http://enews.imbc.com/News/RetrieveNewsInfo/347565

>>2につづく

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1652657452/

続きを読む

    他ブログお奨め新着記事






    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:


    コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
    各自節度を持ってコメントをして下さい

    また以下のコメントは削除されることがあります

    ・差別用語を含んでいるもの
    ・記事と関係ないコメント
    ・草を大量に生やしている
    ・煽り目的のコメント

    また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
    そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
    メール等でご連絡ください

    海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    メール

    笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
    当ブログについてはこちら
    笑韓ブログについて


    連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
    (at)は@に変えてください
    最新コメント




    QRコード
    QRコード
    アクセスランキング