徴用

【元徴用工遺族側】 韓国裁判部の交代を要求 「日本企業側の代理人と絆を深めてきた可能性が高い」

1: 荒波φ ★ : 2021/09/15(水) 11:54:47.36 _USER
no title


韓国の元徴用工遺族側が、法務法人KIM&CHANG出身の判事が属している裁判部を交代してほしいと申請した。

遺族の代理を務める「民主社会のための弁護士会」は14日、「裁判官と担当事件の被告を訴訟代理人との特殊な関係が疑わしい。裁判官に対する忌避を申請する」と明らかにした。

遺族は日本製鉄とJX金属を相手にした損害賠償訴訟を審理するソウル中央地裁民事96単独イ・ベクギュ裁判官に対して忌避申請をした。イ裁判官は法務法人KIM&CHANGに2003年~2017年に弁護士として勤めていた。

弁護士会は「日本企業側の訴訟代理人の一部は、いわゆるKIM&CHANGの“徴用事件対応チーム”の一員だと伝えられ、イ裁判官がKIM&CHANGに勤務した機関にそのチームが運営されていた。イ裁判官が日本企業側の代理人と絆を深めてきた可能性が高い」と主張。

続けて「司法部とKIM&CHANGの間の元徴用工事件で違法・不当な裁判取引があったという報道があり、関連の裁判まで進行中の状況だ。KIM&CHANGに勤務した裁判官が元徴用工事件で公正な裁判ができないと疑われる客観的事情が認められる」と述べた。

法務法人KIM&CHANGは2013年、元徴用工に対する日本企業の損害賠償責任を認めた最高裁判所の判決を覆すため、元外交部(外務省に相当)の官僚と裁判官で構成された元徴用工事件対応チームを作った。

このチームは、ヤン元最高裁判所長官に会い、全員合意体回付計画などを伝達されるなど、司法部の高位関係者たちと非公式に接触したということが調査で分かり、物議を醸した。


2021/09/15 11:32配信 Copyrights(C)wowkorea.jp
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0915/10315112.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1631674487/

続きを読む

【韓国報道】「遂に一線越え?」韓国最高裁、三菱重工業の国内商標権・特許権の差し押さえを確定

1: 昆虫図鑑 ★ : 2021/09/14(火) 08:43:27.75 _USER
韓国最高裁は日本統治時代の元徴用工・元朝鮮女子勤労挺身隊員らに対する賠償命令を履行していない日本の三菱重工業の差し押さえ命令の再抗告を棄却した。

最高裁第1部は10日、三菱重工業が元徴用工・元朝鮮女子勤労挺身隊員ヤン・グムドク氏などを相手に出していた韓国内の特許権および商標権の差し押さえ命令に対する再抗告を棄却したと、13日に明らかにした。

2018年に元徴用工とその遺族らは三菱重工業を相手に損害賠償を請求して勝訴が確定した。裁判所は被害者1人当たり1億~1億5000万ウォン(約940~1400万円)を支給するよう命令したが、三菱重工業はこれを履行しなかった。

しかし、元徴用工と遺族らはテジョン(大田)地裁を通じて三菱重工業が所有する韓国内商標権2種類と特許6件の差し押さえを申請し、裁判所がこれを認めた。三菱重工業はこれに反発して再び抗告したが、最高裁が最終棄却した。

この判決に対して日本側は遂に「実害発生」や「一線越え」と受け止めるのか注目される。


2021/09/13 20:07配信 Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 99
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0913/10314866.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1631576607/

続きを読む

【韓国】流れが変わった元徴用工訴訟、諦め訴訟取り下げも=韓国ネット 「エセ法治国家」 「理性を取り戻そう」

1: 荒波φ ★ : 2021/09/09(木) 14:04:16.97 _USER
※マネートゥデイの元記事(韓国語)
引き続いた日本企業勝訴…強制徴用被害者訴訟なぜ気流が変わったか
https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2021090816520014012

2021年9月9日、韓国・マネートゥデーは、「元徴用工の遺族が日本企業を相手取った損害賠償訴訟の下級審で原告敗訴の判決が相次いで出され、原告優勢だった流れに変化が生じている」とし、「最高裁が2018年に初めて日本企業に賠償を命じる判決を出した後、別の元徴用工や遺族もこぞって訴訟を起こしたが、同様の趣旨であるにもかかわらず異なる結果になっている」と指摘した。

記事によると、ソウル中央地裁は8日、元徴用工の遺族4人が一昨年4月に日本製鉄を相手取って起こした損害賠償請求訴訟で、原告の訴えを棄却した。

地裁は「民法上の賠償請求権は不法行為の損害及び加害者を知った日から3年以内に行使しなければならないが、この期間が過ぎている」と判断したという。

韓国では先月にも、元徴用工遺族5人が起こした損害賠償請求訴訟の第一審で、時効成立により原告の訴えが棄却された。

また、今年6月にソウル中央地裁で行われた、元徴用工遺族が日本企業16社を相手取り起こした訴訟では「日韓請求権協定は個人に対する請求権まで対象に含まれていた」との理由で訴えが棄却されたという。

一方で韓国の裁判所は、すでに日本企業に賠償を命じる判決が出された件については、日本企業が韓国企業から受け取るべき債権の差し押さえと取り立ての命令を出している。

水原地裁は先月、2018年に韓国最高裁が三菱重工業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、三菱が韓国企業から受け取るべき債権の差し押さえ命令を出した。

ところがこの件に関しても、裁判所は韓国企業のLSエムトロンが支払う商品代金を差し押さえたが、対象企業が三菱重工業ではなく別法人の三菱重工業エンジンシステムであったことが判明し、「一種のハプニング)として終わった。元徴用工側は差し押さえ命令の申請を取り下げ、差し押さえを放棄することになったという。

弁護士団体によると、韓国で提起された元徴用工関連の訴訟は約30件に上り、そのうちほとんどが第一審が進行中、もしくは期日すら決まっていない状況。さらに、最近原告側に否定的な決定が続いたことで希望をなくし、訴訟を取り下げる人も増えているという。

弁護士らは「被告となった日本企業も、原告敗訴判決が続いたり、強制執行が遅延したりする状況を見て、訴訟自体を拒否する遅延戦略を使っている」と説明したという。

この記事に韓国のネットユーザーからは

「この国の裁判部は親日既得権に属している」
「裁判官は自分に判決を下す資格があるのかどうか、一度胸に手を当てて考えてみてほしい」
「文大統領は国民の反日感情をあおって楽しんでいるが、裏では日本にへつらっている」
「なぜ犯罪に時効がある?耐えれば罪が消えるのか?」
「賠償請求権に時効があってはならない。韓国国民ならたとえ200年過ぎてもしっかり向き合い解決するべき」
「韓国はエセ法治国家。法律が政府の考えに合わせてその都度変化する」

など批判的な声が寄せられている。その他

「裁判に時効を適用するのは当然のことでは?」
「韓国国民は理性を取り戻そう。責任の本質は国を守れなかった国民にあるという悲しい事実を受け入れようよ」

などの声も見られた。


2021年9月9日(木) 13時20分
https://www.recordchina.co.jp/b882130-s25-c100-d0191.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1631163856/

続きを読む

【韓国】元徴用工訴訟で原告敗訴

1: 荒波φ ★ : 2021/09/08(水) 10:49:47.09 _USER
【ソウル共同】

韓国のソウル中央地裁は8日、元徴用工の遺族4人が日本製鉄に損害賠償を求めた訴訟で、原告の訴えを棄却した。


9/8 10:37
https://nordot.app/808145103821766656

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1631065787/

続きを読む

【中央日報】実は別の会社だった…韓国裁判所、強制動員「三菱代金」差押解除 [9/3] [昆虫図鑑★]

1: 昆虫図鑑 ★ : 2021/09/03(金) 08:33:54.39 _USER
強制徴用被害者が裁判所に三菱重工業の韓国内の商品代金に対する債権の差し押さえ・取り立てを求めて出した申請を取り下げた。「三菱重工業と取り引きしているのではない」という韓国企業LSエムトロン側の主張を受け入れたためだ。

これに先立ち、裁判所が被害者側の申請を受理して日本企業の現金資産に対して初めて差し押さえ・取り立て決定を下し、強制徴用損害賠償が現実化されると期待されていたが、賠償は再び原点に戻ることになった。(▼関連記事 <中央日報8月19日付『強制徴用被害補償のため…三菱の韓国内現金資産、初の差し押さえ』>)

◆徴用被害者側、差し押さえ・取り立て命令申請取り下げ…裁判所、差し押さえ解除

2日、強制徴用被害者を代理する法務法人ヘマルと法務法人チウム側は1日と2日、水原(スウォン)地裁安養(アニャン)支部に差し押さえ・取り立て命令申請取下書を提出した。これに対して先月12日に下された裁判所のLSエムトロン商品代金8億ウォン(約7600万円)余りに対する差し押さえ・取り立て決定は効力を失って差し押さえは解除された。

2018年11月、韓国の最高裁で確定判決を受けた強制徴用生存被害者1人と遺族3人は、先月初めに三菱重工業が韓国企業LSエムトロンから受け取る商品代金債権を特定し、これを差し押さえおよび取り立てができるよう求める申請を裁判所に出した。

最高裁の確定判決以降も三菱重工業が賠償を行わないため、被害者代理人側は日本企業の韓国内資産を現金化できる方案を講じてきた。その一環として、三菱重工業と韓国の企業の間の商品代金債権差押に出たのだ。これに対して水原地裁安養支部は今月12日、LSエムトロンが支払いを控えている三菱重工業商品代金のうち、8億5319万余ウォンに対して差押および取立命令決定を下した。

だが差押決定以降、第三債務者であるLSエムトロン側が裁判所に「当社の取引企業は三菱重工業ではなく三菱重工業エンジンシステム」と説明して状況が変わった。つまりLSエムトロンが持っている債権は三菱重工業ではなく三菱重工業エンジンシステムという別会社のものなので差押決定が間違っているという主張だった。民事執行法によると、債権に対する差押・取立命令は、債権者の申請によって裁判所が債務者の審問することなく決めるが、その後は弁明手順を踏む。

◆LSエムトロン側、信用状・購入証明書で「別途会社と取り引き」立証

LSエムトロン側は「強制徴用被害者の心の痛みに深く共感し、裁判所の判断を尊重するものの、LSエムトロンは三菱重工業に対する債権がない」という趣旨で主張した。それとあわせて弁明根拠資料として大きく3つを提出したという。

根拠資料は三菱重工業エンジンシステムの履歴事項全部証明書と商品代金信用状、購入注文書が提出された。履歴事項全部証明書には三菱重工業エンジンシステムの法人番号などが含まれた。商品代金信用状および購入注文書にもLSエムトロンの取引相手が三菱重工業エンジンシステムとして表記されているという。

これを調べた被害者代理人側も説明資料を通じて「LSエムトロン側の陳述書およびそれに添付された証明資料を確認し、LSエムトロン側の主張が事実に符合すると判断した」と説明した。またLSグループが「購入先として三菱重工業を公示したのは誤記」と主張してきており、最近これを訂正公示までしたことを確認したと付け加えた。

今回の差押取下および差押解除によって、強制徴用被害者に対する賠償訴訟の動きは再び原点に戻ることになった。ある代理人は「おばあさんたちは非常に虚しく感じたに違いない」と残念な気持ちを表わした。

https://japanese.joins.com/JArticle/282553?servcode=A00§code=A10

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1630625634/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード