軍艦島

【韓国】映画「軍艦島」を牽制する日本、これがまさに韓国映画の力

1: ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 09:46:28.60 ID:CAP_USER.net
2017年最高の期待作「軍艦島」(リュ・スンワン監督、外柔内剛制作)が製作段階から話題を集めたところで、最終的にアジアを通してブームになった。尋常でない「軍艦島」の雰囲気を事前に察知したのだろうか?まだ封切りもしいていない作品につべこべと牽制を始めた日本だ。

産経新聞は、先月25日、韓国メディアに初公開された「軍艦島」のローンチトレーラーと子供用絵本「軍艦島 - 恥ずかしい世界文化遺産」を紹介し、「韓国が端島(軍艦島)のユネスコ世界文化遺産登録を控えて官民を動員し端島のユネスコ世界文化遺産登録に反対している。リュ・スンワン監督の新作「軍艦島」は、端島のユネスコ世界文化遺産登録に反対する運動の一環である」と主張した。

「軍艦島」は、リュ・スンワン監督の次期作で製作段階からお墨付きをもらっており、それにファン・ジョンミンが日本に送ってくれるという言葉にだまされて軍艦島に来た京城ホテル、アクダンジャンイガンオク役を、ソ・ジソプが鍾路一帯を平定した京城最高の拳チェチルソン役を引き受け、ソン・ジュンギは、独立運動の主要人物を救出するために軍艦島に潜入する独立軍パク・ムヨン役に扮する。そして、イ・ジョンヒョンが軍艦島に強制的に連行されてきた朝鮮人の晩年役で合流してしっかりとしたキャスティングラインを構築した。国内4大投資・配給会社のCJエンターテイメントが「軍艦島」の心強いサポートを引き受けて順風満帆に航海を開始した。早くからリュ・スンワン監督は「民族主義の感情に頼るより普遍的人類愛に基づいて企画された映画」という制作意図を伝えた。

このように盛んに「軍艦島」の熱気が熱くなった状況だ。ところが、とんでもない日本の極右性向の報道でトラブルが起きた。リュ・スンワン監督をはじめとする「軍艦島」の関係者は怒り、大衆も荒唐無稽な主張を行った産経新聞に叱責を浴びせた。

リュ・スンワン監督は「多くの証言を通して事実だと言わざるを得ない資料があり、私たちの映画は、歴史的事実に基づいていている。軍艦島内部を描写するセットも徹底的に考証に基づいた。明るいことと暗いこと全てを堂々と明らかにしたとき文化遺産としての価値がある。産経新聞の報道は、そのような点で残念だ。過去の歴史が明らかになれば文化遺産に不利になるため、今、このような主張を続けているようだ」と複雑な心境を表わした。

韓国広報専門家として活躍中のソ・ギョンドク誠信女子大教授も、本紙とのインタビューで、「極右新聞である産経新聞は、常にそのように世論を糊塗する役割をする。誤った歴史を自ら恐れているので、このような浅知恵を働かせているようだ。軍艦島は歴史的に明らかな事実だが、自分たちに不利な部分を誤った内容だと主張している。ユネスコが世界文化遺産に端島を登録する際に説明文の注釈に強制徴用の事実を含めたほか、日本は今年末までにユネスコに付随する経過報告書を提出しなければならない。日本政府が登録当時、日本植民地時代の歴史を除いて申請してユネスコ諮問機関で「歴史の全ぼうを知ることができるような解釈を加える準備をするように」と勧告した。もちろん、当時の日本政府は、案内板などを通して徴用の歴史を共に伝えると約束したが、これまでいかなる措置も行われていない」と鬱憤を吐いた。

各種海外映画祭マーケットを通じて口コミを得て、国内で早くも1000万映画に挙げられている「軍艦島」。全アジア的に関心を受けて先行販売の問い合わせが増えている「軍艦島」の動きを恐れたのだろうか。映画をまともに見ずに根拠のない主張で「軍艦島」を傷つけることに汲々とした産経新聞の行動はどう考えても納得できない。

娯楽的楽しみだけでなく、強烈な社会的メッセージを同時に込めて、大きな共感を与える韓国映画だけの魅力。全世界に共感を届けて愛されることができる韓国映画の力である。今回の「軍艦島」も全世界に韓国映画の強みを誇ることができる絶好の機会。産経新聞の誤った牽制のおかげで「軍艦島」の神髄がさらに光を放つことができるようになり、盛んに編集に没頭していたリュ・スンワン監督はさらに強固な「軍艦島」を作るために切歯腐心するきっかけを抱くた。

抜粋以下ソース

ソース:スポーツ朝鮮 2017-02-09 15:26:01(機械翻訳)
http://sports.chosun.com/news/utype.htm?id=201702100100086180005908&ServiceDate=20170209
no title

no title

no title

no title

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1486773988/

続きを読む

「夜通し拷問、死の街長崎に連行して後始末。放射線で死んだ」…韓国絵本「恥ずかしい世界文化遺産 軍艦島」を紹介

1: ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/ 2017/02/10(金) 09:01:22.31 ID:CAP_USER.net
■韓国が次に仕掛けた「恥ずかしい世界文化遺産 軍艦島は地獄島?!」

昨年の夏、『軍艦島デジタル・ミュージアム』を訪れた。世界文化遺産にも登録されたことだし、一度は軍艦島に上陸したかったのだが、遊覧船の予約が間に合わず、長崎市内にある『軍艦島デジタル・ミュージアム』で上陸気分だけでも味わおうと訪ねてみたのだが、想像以上に楽しかった。巨大なスクリーンには、活気溢れる最盛期の島内の様子から廃墟に至るまで、島内の様子があますところなく写しだされ、容易に昭和時代にタイムスリップできる装置が工夫され、お気軽“軍艦島体験”にはもってこいの場所だった。

軍艦島の模型の前で色々と説明してくれた館内の男性の話も面白かった。なにしろ軍艦島で育った当時を知る生き証人だから色んな質問にも気さくに答えてくれた。「若い人のデート場所のメッカはビルの屋上でした。というか、ここしかなかったので争奪戦でしたよ」、「島民の生活は、当時の水準からすれば、かなり裕福なものでした。島民全体が大家族のような雰囲気があってお祭りなんか本当に楽しかったですよ」。

もちろん炭鉱での事故など痛ましい記憶もあったであろうが、栄枯盛衰含め日本の近代化を支えた軍艦島は、戦前戦後を逞しく生き抜いてきた日本人と朝鮮人とが共有できる記憶の場として存在していたはずだ。少なからず私はそう思っていた。

ところが今年になって新年早々、知人から『恥ずかしい世界文化遺産 軍艦島』(ウリ教育)と題した絵本のコピーを渡され、目が点になってしまった。それは韓国が慰安婦問題の次に“強制連行”“強制労働”などを新たに対日情報戦として仕掛けてきたことが明白なものだったからだ。戦時徴用云々は1965年締結された日韓基本条約における日韓請求権協定で個人請求権は消滅している。にもかかわらず、さらに蒸し返しをはかろうとしていることがみえみえだ。

韓国語と日本語で書かれた絵本の内容の一部を紹介したい。

ソース:Japan In-depth 2017年2月9日 12時43分
http://news.infoseek.co.jp/article/japanindepth_32945/
http://news.infoseek.co.jp/article/japanindepth_32945/?p=2

続きます

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1486684882/

続きを読む

「映画『軍艦島』は歴史的事実、多くの証言がある。軍艦島内部も徹底的に考証した」…監督が産経新聞に反論

1: ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/ 2017/02/09(木) 14:47:27.52 ID:CAP_USER.net
no title

▲「軍艦島」リュ・スンワン監督(中央)が日本の保守メディアの批判に反論に乗り出した。 

日本極右性向のメディア「産経新聞」が映画「軍艦島」の内容について、「捏造」と反発し、リュ・スンワン監督が直接反論に乗り出した。 

「産経新聞」は8日、「映画「軍艦島」と子供の絵本が歴史を捏造している」と主張した。特に韓国系日本人鄭大均首都大学東京名誉教授の言葉を引用して、「日本の炭鉱に朝鮮人少年坑夫など存在しなかった」と報道した。 

また、軍艦道路の知られた端島がユネスコの世界文化遺産に登録されることを韓国が反対し、映画「軍艦島」が、その運動の一環と解釈した。端島住民は「産経新聞」を通じて、「欺瞞と虚偽と誇張」と怒りを爆発させた。 

これに対してリュ・スンワン監督は8日、MBC「イブニングニュース」で「「少年坑夫を徴用したことがない」、このような内容があるようだが私達が取材した人々がいる」とし「多くの証言集を通じて、本当に事実と言わざるを得ない資料がある」と主張した。 

続いてリュ・スンワン監督は「映画は、歴史的事実に基づいており、軍艦島内部を描写する美術セットも徹底的に考証に基づいている」と付け加えた。 

日本のマスコミの態度も強く批判した。リュ・スンワン監督は「明るいことと暗いこと、すべてを堂々と明らかに出した時に文化遺産として本当に価値があるではないか」と反問した後、「「産経新聞」の報道もその点で、残念だ」と話した。 

一方、「軍艦島」は、日本植民地時代、日本の軍艦島に強制徴用された後、命をかけて脱出しようとする朝鮮人たちを描いた作品である。ファン・ジョンミン、ソ・ジソプ、ソン・チュンギ、イ・ジョンヒョンなどが出演して、7月封切り予定だ。

ソース:デイリーの 2017-02-09 09:04(機械翻訳)
http://dailian.co.kr/news/view/611529

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1486619247/

続きを読む

軍艦島は「監獄島」だった…大勢の朝鮮人青年とともに日本に強制連行された徐正雨(ソジョンウ)さん

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/09/24(土) 06:03:30.72 ID:CAP_USER.net
 田んぼで草刈りをしていた最中でした。「日本に行くぞ」。トラックで突然やってきた男たちに連れていかれた先は軍艦島の呼び名で知られる長崎の端島(はしま)でした

▼1943年8月、14歳の徐正雨(ソジョンウ)さんは大勢の朝鮮人青年とともに日本に強制連行されます。翌日から島の海底炭鉱で重労働。毎日ろくな食事も与えられず、劣悪な環境の中で奴隷のように働かされました。彼らにとってそこは「監獄島」でした

▼徐さんはその後、三菱重工長崎造船所に送られ、作業中に原爆に遭います。彼は韓国・朝鮮人被爆者として最初に証言活動を始め、72歳で亡くなるまで叫び続けました。青春をかえせ、健康をかえせ、差別をなくせ―

▼いま新宿の高麗博物館で、韓国・朝鮮人被爆者の実情と、それを放置してきた日本政府の責任を問う展示会が開かれています。広島・長崎の爆死者の6人に1人は朝鮮人、7万にも及ぶ被爆者が戦後長く何も補償されてこなかった事実が迫ってきます

▼被爆から70年余。いまも後遺症に苦しむ被爆者をはじめ、2世、3世への支援も急がれています。同館理事長の原田京子さんは、日本人以外にも被爆者がいる現実を知ってもらい、核兵器のない平和な世界をつくるために一緒に歩んでいきたいと思って企画した、と

▼来月の国連総会では核兵器禁止条約の交渉開始が大きな議題になります。核保有国とともに、いまだに核の傘と原発にしがみつく安倍政権。それを追いつめていく、国境をこえた市民の草の根からの活動です。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-23/2016092301_06_0.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1474664610/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて



連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング