義士・烈士()

【韓国】 大学生が尊敬する歴史上の人物1位は?

1: 荒波φ ★ 2020/09/06(日) 10:59:29.00 _USER
no title


韓国の大学生が最も尊敬している歴史上の人物は独立運動家の柳寛順(ユ・グァンスン)だということが分かった。

就職情報サイト「ジョブコリア」は8月16日、アルバイト情報サイト「アルバモン」とともに大学生2070人を対象に「私が尊敬する歴史上の人物」をテーマにアンケート調査を実施した結果、柳寛順を挙げた人が30.9%で最も多かったと発表。

以下、安重根(アン・ジュングン)=15.5%=、金九(キム・グ)=9.8%=、李舜臣(イ・スンシン)=9.7%=、世宗大王=7.3%=の順でトップ5を占めた。
 
そのほか尹奉吉(ユン・ボンギル)=4.0%=、安昌浩(アン・チャンホ)=2.2%=、尹東柱(ユン・ドンジュ)=1.4%=、?英実(チャン・ヨンシル=1.3%=、丁若鏞(チョン・ヤギョン)=0.8%=が10位以内にランクインした。

大学生が尊敬する人物の96.7%が韓国国内の人物で、男性(65.5%)が女性(34.5%)に比べ2倍ほど多いという分析結果が出た。

大学生が尊敬する人物をカテゴリー別にみると、独立運動家が全体の70.6%を占めるほど圧倒的に多かった。続いて▲政治・経済・社会的リーダー(8.8%)▲武人・軍人(7.3%)の順だった。

また▲科学者・発明家(4.9%)▲芸術家(3.9%)▲社会運動家・奉仕者(2.5%)▲学者(2.0%)は相対的に比重が低かった。


2020/09/06 10:37/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/06/2020090680016.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1599357569/

続きを読む

【朝日新聞】福岡で獄死の韓国詩人・尹東柱、没後75年追悼

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/02/17(月) 15:03:43.39 _USER
朝鮮半島が日本に植民地支配された時代にハングルで詩を書いた尹東柱(ユンドンジュ)(1917~45)が福岡刑務所で獄死してから75年となった16日、かつて刑務所があった福岡市早良区百道2丁目のももちパレスで追悼式が開かれた。約60人が参加。遺影に花を手向け、詩を朗読して交流した。

 市民グループ「福岡・尹東柱の詩を読む会」が中心となり、1995年から毎年開いている。尹は韓国では「国民的詩人」として親しまれているが、代表の馬男木(まなぎ)美喜子さんによると、日本でも長年の愛読者に加え、近年はK―POPやK―文学をきっかけに関心を持つ人が増えているといい、「詩の魅力でつながり、理解し合える」と話した。この日も日本人や在日コリアン、韓国人や中国朝鮮族の留学生、韓国から駆けつけた人ら幅広い層のファンが集まった。

 尹は現在の中国・吉林省延辺朝鮮族自治州生まれ。現在の韓国・延世大を卒業後、日本に留学中の43年に治安維持法違反容疑で逮捕され、45年2月16日に27歳で獄死した。遺稿詩集は解放後の韓国で出版され、日本語や英語など8カ国語に訳されている。(佐々木亮)

https://www.asahi.com/articles/ASN2J71SKN2JTIPE01C.html
朝日新聞デジタル 2020年2月17日 9時00分

尹東柱wiki
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B9%E6%9D%B1%E6%9F%B1

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1581919423/

続きを読む

【独立運動家】愛国志士『朴喜光』先生の逝去日に合わせて追悼式を開催

1: Ttongsulian ★ 2020/01/15(水) 11:05:02.15 _USER
2020.01.14 19:11
http://www.ktn1.net/news/articleView.html?idxno=5568

民族問題研究所亀尾支会が愛国志士パク・フィファン(朴喜光)先生逝去50周忌を迎えて追慕式を行う。

1月22日午前に行われる追慕式はパク・フィファン先生記念事業会と民族問題研究所が共同で施行する。

追慕式は3・1節と顕忠日、光復節には追念式があったが、パク・フィファンン独立闘士の逝去日に追慕式を開くのは今回が初めてだ。

パク・フィファン先生は日帝が国権を侵奪すると1912年4月父親に従って満州奉天省清原県に渡って、1922年統義府第5中隊員で満鉄沿線の親日派討伐のためにキム・グァンチュ(金光秋)旗下で特攻隊員として活躍した。

その後、1923年初めには撫順方面特高警察の諜者であり朝鮮人会書記の悪質親日派チョン・ガプジュ(鄭甲周)父子を誅殺して、同年6月には保民会を襲撃してイ・ヨング(李容九)と共に熱心な一進会員として活躍して国権侵奪で先頭に立った悪名高い親日派巨頭チェ・ジョンギュ(崔晶奎)を暗殺しようとしたが失敗して、彼の部下ホ・ユンと家族を射殺した後に日本人の料亭・金井館で軍資金300ウォンを奪って身を隠して逮捕された。

その後、1924年大連地方裁判所で死刑宣告を受けたが、1927年旅順高等裁判所で無期懲役刑が確定して獄苦を味わい、2度の減刑で20年間の刑期を終えた後の1943年3月に出獄した。

このような先生の愛国活動に政府は故人の功績を称えようと1968年建国勲章独立章を授与した。

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579053902/

続きを読む

【韓国/朝鮮戦争】『1月の護国人物』にF-51D戦闘機に乗って敵陣地で自爆したイ・イルヨン中尉

1: Ttongsulian ★ 2019/12/31(火) 21:50:26.07 _USER
2019-12-31 08:21
https://www.yna.co.kr/view/AKR20191231021600504

戦争記念館は2020年1月の護国人物に6・25戦争当時の戦闘機操縦士だったイ・イルヨン(1928.8.26~1952.1.9)空軍中尉を選定したと31日明らかにした。

慶北安東で生まれたイ中尉は1945年に日本熊谷陸軍飛行学校の操縦過程を卒業した。

1948年9月に陸軍航空隊に入隊したイ中尉は1949年の空軍創設と共にL-4連絡機の操縦士として勤務して、6・25戦争に参戦した。

1950年9月に慶北永川一帯に潜伏していた敵軍200人余りの位置情報を自軍に伝達して殲滅するようにさせた。その後、F-51Dムスタング戦闘機の機種転換訓練を受けて空軍少尉に任官された後、空軍最初の単独出撃作戦に参加した。

イ中尉は1952年1月9日に江原道元山と淮陽地域の敵対空砲陣地の破壊と補給路遮断の命令を受けて出撃したが、敵が撃った対空砲に当たった。

戦闘機が飛行不能状態に陥ると、イ中尉はそのまま敵陣地に突進して自爆した。当時の年齢は24歳だった。

イ中尉は6・25戦争中にF-51Dムスタング戦闘機の操縦士として計44回出撃した。100ヶ所余りの鉄道と道路を遮断して、20ヶ所の対空砲と砲陣地を破壊して敵軍60人余りも射殺した。

政府は彼の功績を称えて1階級特進と忠武武功勲章を追叙した。

戦争記念館は来月9日に記念館護国追慕室で故人を追悼する顕揚行事を開催する。

【韓国/朝鮮戦争】『1月の6・25戦争英雄』に手榴弾を持って敵陣を突破したパク・ピョンギル兵長[12/26]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1577319498/
【韓国/2020年】『1月の独立運動家』に義兵隊長のチョン・ヨンギ先生[12/26]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1577324258/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1577796626/

続きを読む

【韓国紙】日本憲兵に軍刀で腕を切られても抵抗し、大韓独立万歳を叫んだ“朝鮮の血女”ユン・ヒョンスク

1: 鴉 ★ 2019/09/30(月) 19:28:13.00 ID:CAP_USER.net
日本憲兵に腕を切られても抵抗した“朝鮮の血女”尹亨淑
9/29(日) 20:06配信

麗水市・麗水地域独立運動家遺族会が27日、麗水で開催 「義血之士 尹亨淑を記憶する」をテーマに追悼祭を開く 故人の殉国69周年にあたりその生涯と闘争についての初の学術大会

 1919年3月、光州スピア女学校2年生の尹亨淑(ユン・ヒョンスク)は、教師のパク・エスンたちと独立宣誓を事前に印刷するなどデモの準備を終えた。そして3月10日午後3時30分、街頭に出た。尹烈士たちは数百人のデモ参加者とともに、光州川辺に沿って市場に向かった。日本憲兵は、太極旗を持ちデモ隊の先頭に立っていた尹烈士の左腕を軍刀で切り落とした。尹烈士は血を流しながらも立ち上がり、太極旗を拾い上げ大韓独立万歳を叫んだ。

 尹烈士の超人的な抗拒を見守った市民らは、悲憤慷慨してさらに激しくデモを続けた。尹烈士は、軍刀で左腕を切られ右目に重症を負った状態で逮捕された。保安法違反で懲役4カ月の刑を宣告された尹烈士は、数年間、軍病院と推定される所に幽閉された。尹烈士はこのデモ以後、“朝鮮の血女”という別名を得た。

 “南道の柳寛順(ユ・グァンスン)”と呼ばれる尹亨淑烈士(1900~1950)の闘争と生涯にスポットを当てる学術大会が初めて開かれる。全羅南道麗水(ヨス)出身の尹烈士の墓所移転などの追悼行事は開かれたことはあるが、故人の抗日闘争を称えるための学術大会が開かれるのは今回が初めてだ。

 「義血之士 尹亨淑を記憶する」というテーマの学術大会が27日午後2時、全羅南道麗水市役所の麗水文化ホールで開かれる。今回のイベントは、麗水市が主催し、「麗水地域独立運動家遺族会」が主管する。ハン・ギュム光州大学教授が「抗日愛国烈士 尹亨淑の関連資料検討および生涯と活動についての再照明」をテーマに発表する。キム・ホウク光神大学教授は、「日帝強制占領期の湖南キリスト教の宣教と尹亨淑の抗日運動」について話す。3・1運動100周年を迎えて開かれる学術大会では、クォン・オボン麗水市長が開会の辞を述べ、ソ・ワンソク麗水市議会議長が祝辞を送る。尹烈士の母校である光州スピア女子高校のコ・セヨン校長とキム・ユジョン総同窓会長が詩の朗唱を行う。「義血之士 尹亨淑の生涯」を扱った映像も上映される。

 今年で殉国69周年を迎える故人の生涯と闘争を称える追悼祭も開かれる。追悼祭はこの日午後5時、麗水市華陽面(ファヤンミョン)昌武里(チャンムリ)にある尹烈士の墓所にて、ユン・ビョンヨン牧師の執礼で進行される。昌武里が故郷である尹烈士は、順天(スンチョン)梅山(メサン)の聖書学院を修了した後、1918年光州スピア女学校に入学した。獄中生活の苦しみを体験し障害者となった体で抗日闘争と識字運動を続けた尹烈士は、伝道師として宣教活動を行い、1950年9月28日に人民軍に捕まり虐殺された。政府は2004年、尹烈士に建国褒章を追叙した。

チョン・デハ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

ハンギョレ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00034501-hankyoreh-kr

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1569839293/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード