起源

【韓国】日本には忍者や芸者…韓国が「グローバル化」すべきコンテンツは?=ネットから意見続々

1: たんぽぽ ★ 2018/02/04(日) 00:30:34.71 ID:CAP_USER.net
31日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本の忍者のように、韓国でグローバル化したらいいコンテンツは何がある?」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが思い思いの意見を口にしている。資料写真。(Record China)

[拡大写真]



2018年1月31日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本の忍者のように、韓国でグローバル化したらいいコンテンツは何がある?」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが思い思いの意見を口にしている。

スレッド主はまず「日本はすしや侍、芸者、忍者など独自の文化を上手にPRして世界に広めている」と分析。その後、他のネットユーザーに向けて「韓国はどんなものがいいでしょうか?」と問い掛けている。

これを受け、ネットユーザーからは「ドラマも制作された『ソンビ(朝鮮時代に学識を持ちながら権力にへつらわず礼節を守った一部の士民階層)』はどう?。韓流好きの外国人にウケる可能性大」「キャラクター的に最もいいのは花郎(新羅で10世紀まで続いた軍事的訓練や文化的教育機関としての青年組織制度で、ドラマも制作された)」「暗行御史(朝鮮時代に地方官の監察を秘密裏に行った国王直属の官吏)は?」「韓国土着のシャーマニズム・巫堂(ムーダン)もいい。韓国のシャーマニズムほど独特なものはない」など歴史的なものから、「カンナムスタイルのように多角的に攻めて人気になるものがいい」「囚人503番、朴槿恵(パク・クネ)元大統領は?」などさまざまな意見が寄せられている。



(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=564426

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1517671834/

続きを読む

「鍼術」の起源、韓半島北部の豆満江流域で始まった…「中国より先」

1: LingLing ★ 2018/01/12(金) 21:18:22.53 ID:CAP_USER.net
「東アジア鍼術、韓半島北部豆満江(トゥマンガン)流域で始まった」

・考古学者カン・インウク、韓医学者チャ・ウンソク
・小営子遺跡から出た骨鍼と石鍼、治療用「鍼」の初期形態として結論出し
・「中国より先んじた鍼術文化あった」

「東アジアの鍼術伝統は、『韓医学の本郷』で知られている中国ではなく、韓半島北部の豆満江流域から由来した可能性が大きい。その鍼術を使用した人々は沃沮の先祖で、以降、鍼術伝統は高句麗へと継承された。」

考古学者カン・インウク(48)、慶熙(キョンヒ)大学史学科教授と韓医学者チャ・ウンソク(48)、慶熙大学韓医科大学医史学教室教授は最近、大韓医史学会発行の国際学術誌「医史学」57号に、このような内容を含んだ論文「延吉小営子出土遺物の本東アジア針具類の起源」を発表した。

豆満江付近の小営子遺跡は、1938年京城(キョンソン)帝国大学教授藤田亮策の主導で発掘された紀元前12~9世紀の青銅器時代の墓だ。骨鍼(長さ9~21センチ)と石鍼(12~18センチ)など、殆どの鍼種類の主要遺物が現在ソウル大博物館に残っている。 カン・インウク教授は、藤田がソウルに残した写真や報告書を整理する作業を引き受けて2009年に終えた。彼は作業途中、妙な気がしたという。 「最初はその遺物が、(※紡織用の)針だと思いました。ところが針穴もなく、当然周辺から出るはずのバンチュチャ(糸を紡ぐ時に使う道具)のような遺物もなかったんです。」

no title

カン・インウク(左)教授とチャ・ウンソク教授が、豆満江流域小営子遺跡から出た鍼遺物の写真を見せて、その意味について説明している。 /チャン・リョンソン客員記者

「もしかしたら、治療に使用した鍼ではないか?」疑問を持っていたカン教授は5年前、偶然、ある酒の席でチャ・ウンソク教授に会ってその話をした。その時、チャ教授の目が丸くなった。 「興味深いですね。実物の資料をもう少し見なければわからないです!」この時から70年戌年同年齢の二学者の「協同作戦」が始まった。

小営子遺跡の骨鍼と石鍼は、遺体の腹部の上に大変貴重な品のように置かれていた。そこで一緒に出土された「丸い石」がチャ教授の目にとまった。 「韓医学で言う胃石、按摩用の石でした。 火で熱して局部に温熱刺激を与えるものです。」おそらく、青銅器時代の「医員」だった人の墓から、鍼と胃石を含む様々な治療用具が一緒に出てきたのだという考えが浮かんだ。

今まで中国で鍼に関する最も古い記録は、紀元前6世紀の状況を書いた「左伝」で、鍼が確実な実物は紀元前2世紀の満城漢墓から出た。 ファン教授は「一般的に皮膚を刺激して、治療するためのピョム石(※)が、鍼へと進化したものと見ているが、今までピョム石と鍼の中間段階が出ていなかった。」とし、「小営子の骨鍼と石鍼が、まさにその部分に該当する鍼の初期の形態と見ることができる。」と話した。 ピョム石が腫れ物を切り開くための道具として発展して、再び特定部位を突く用途に特化して出来たものが、まさにこの鍼という話だ。

※ピョム(石へんに乏)。砭石

このような鍼遺物は小営子だけでなく、北朝鮮の羅津、中国の琿春・龍井・汪清、ロシアのマラヤパドセチカなど豆満江流域の周辺の地域からも出ている。両教授は「一貫した形態の医療道具が紀元前10世紀を前後して、この地域で広く多量に発掘されたというのは、それなりの医学文化や知識体系に基づいて幅広く、久しく行われた鍼術の伝統があったということを意味する」とした。高句麗の人が鍼を上手く持ったという唐国の「酉陽雑俎」や、日本人が鍼術を学びに高句麗に留学したという「日本書紀」の記録は、豆満江流域の鍼術伝統が継承されたと見ることができるというのだ。

学界では「画期的な論文」という反応が出ている。 イ・ヒョンスク延世(ヨンセ)大学医学史研究所教授は、「中国医学と区別される韓国医学の古代の空白を復元可能にする実証的な研究。」とした。

ソース 朝鮮日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=023&aid=0003344403

【中国メディア】韓国にまた先を越されてしまう!世界遺産申請で中国に焦り[08/30] [無断転載禁止]©2ch.net
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1504045177/

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1515759502/

続きを読む

「マルチャ(抹茶)が日本のもの?いいえ、韓国で作られた緑茶製造方法です。」

1: LingLing ★ 2018/01/11(木) 00:14:08.39 ID:CAP_USER.net
[道沿い味に寄り]歳月の上に耽る…軋む古い旅館、スローフードマルチャ(抹茶)
太白山脈の背景…伝統粉末緑茶の抹茶・全羅道の正式の味わい、「宝城(ポソン)・筏橋(ポルギョ)旅行」

(宝城=聨合ニュース)ソン・ヨンジェ記者=「マルチャ(抹茶)が日本のものだって?いいえ、韓国で作られた緑茶製造方法です。」

日本の自動販売機で飲んだ緑茶、我が国の味と違ったという感じ。これを知ってみると、抹茶という。

蒸した茶葉を日陰干しした後、臼で細かく擦って粉末状にして飲む茶だ。

緑茶を加工する別の方法として考案された。

no title

▲早朝、宝城茶園の中で最も代表的な大韓茶園を訪問した人々が茶畑道を歩いている

抹茶を作る緑茶は栽培から、やや異なる工程を進む。

収穫を控えて10~15日ほど天日を遮って茶の葉がやわらかくなる。

抹茶を飲むのも少し複雑だ。

泡によって茶の味と香りが異なることもあるので均等に泡が起こるようにソル(※茶筅のこと)でかき混ぜなければならない。

抹茶は日本でだけで発達した茶?

違う。抹茶は、朝鮮初期まで先祖がよく飲んでいた緑茶の一種類だった。

no title

▲抹茶は微細な緑茶の粉末を泡立てて飲む

加工工程をより多く必要としたので、韓国ではこの後、死藏されただけだ。

抹茶は緑茶からすると、ファーストフードではなく、スローフードだったわけだ。

非常に速さが重要な時代だった。

今は少し遅くなっても、ゆっくりとその味を嗜むことができる様式が重要な時代に戻ってきたと言えば大げさだろうか?

高麗時代までには、我々の祖先たちは、抹茶で茶を飲んだという。

最近、緑茶の地方・宝城で抹茶が復元され、飲み物の茶として量産されるという。

やはり緑茶の地方らしい動きだ。(後略)

no title

▲大韓茶園の日の出

no title

no title

▲小説太白山脈の背景になった宝城旅館

ソース 聨合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0009794352

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1515597248/

続きを読む

「キム(海苔)」料理の発祥地は韓国、日本より少なくとも1200年先…英語で「Gim」、アジア超え欧米でも成功

1: LingLing ★ 2017/12/26(火) 22:47:00.27 ID:CAP_USER.net
[企画]「Gimさん、韓流をよろしく!」-錨上げ「1兆輸出」(上)
韓国キム、日本より少なくとも1200年先に登場…アジア越え欧米でも成功的定着

※キム=「海苔」のこと。

no title

▲見ただけで温かいご飯一膳を思い起す韓国の調味海苔。

[トゥデー・コリア=オジュハン記者]キム。英語で「キム(Gim)」、日本語で「ノリ(のり)」と呼ばれるこの紅藻植物の輸出が全盛期を迎えている。全世界、キムの中でも断然最高品質として認められている韓国キムの輸出量が、昨年3億5千万ドル(約3780億ウォン)に到達した今、もはや「1兆ウォン輸出」も不可能ではなく現実に迫っている。

12月6日、海洋水産部・韓国海洋水産開発院(KMI)は、2024年まで「キム輸出1兆ウォン時代」を達成すると宣言した。 韓流の風に乗って、海藻類の摂取をタブー視した西欧圏でも「韓国キムブーム」が吹いて、輸出が毎年急増したことによる自信感だ。

国内のキム輸出量は、2016年3億5千万ドルから今年約5億ドル(約5400億ウォン)まで増えた。 有名なハリウッド俳優ヒュー・ジャックマンの娘がキムを間食する姿が公開されるなど、西欧圏の「韓国キム愛」は既に普遍的現象となった。その名称から、「Gim(キム)」「Gim-gui(キム焼き)」など韓国風に表記するほどだ。

韓国人の食卓から世界人の食卓に進出したキム。本企画では韓国キムの過去の歴史と現状を探って、「1兆輸出時代の達成」の可能性を診断したい。

no title

▲海から引き上げたキムを乾燥させる作業中の漁民。

<「キム料理」の発祥地、韓国>

韓国は全世界の「キム料理」の発祥地である。三国遺事には、新羅21代王であるショウ知麻立干(在位479~500年)時代に既にキムを食べたという記録がある。

我が国と同じく主要キム消費国である日本ですら、18世紀前半から中盤頃の江戸時代になってようやく、キムが記録に初めて登場する。我が国は日本より少なくとも1200年先立ってキムを食べ物にし始めたわけだ。

「キム」という名称は1640年、最初にキム養殖に成功したキム・ヨイク(1606~1660)先生の姓に由来したという説がある。全羅南道光陽には現在、彼が初めてキムを養殖した場所であるキムの始殖址がある。 全羅南道はここを記念物第113号に指定して管理している。

最初の発祥地だけあって、韓国キムは世界最高の品質を誇る。特に日本で韓国キムは、通常のアイドルグループを凌ぐ旋風的な人気を集めている。 仁川空港などでは、両手いっぱいに韓国のキムを沢山持って出国する日本人の姿を見つけることは難しくない。 韓国人が日本人にあげる最高のプレゼントは韓国キムという言葉もある。

ソース トゥデイコリア(韓国語)
http://www.todaykorea.co.kr/news/view.php?no=250194

関連スレ【韓国代表食材】 シェフのキム氏「数百種の料理ができる海苔」…海外では「スシ」は「キムパプ」、「ノリ」は「キム」を刻む[12/19]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1513682732/

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1514296020/

続きを読む

【韓国】「稲作等の農耕文化は韓半島から伝わり、その意味で韓国と日本は兄弟国家」を確認した韓日考古学学生会議(静岡)

1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/24(日) 15:26:57.71 ID:CAP_USER.net
no title

▲23日、静岡県登呂博物館で開かれた「韓日考古学学生会議」韓国と日本の学生代表が共同宣誓している。
no title

no title


韓国と日本の大学生が「考古学」を主題に交流して深い友情をわかちあった。農耕文化に基づく「兄弟国家」であることを再確認し今後の交流継続を約束した。

忠清南道(チュンチョンナムド)・静岡県考古学関係者友好交流実行委員会は23日、日本の静岡県静岡市登呂博物館で「韓日(忠南道・静岡県)考古学学生会議」を開催した。静岡県と静岡県考古学会、国立大学法人静岡大学人文社会科学部、静岡市、韓国伝統文化大学校が共同主催した。

今回の学生会議は中山誠二、山梨県教育委員会埋蔵文化財センター所長の「韓日穀物農耕の系譜と起源」講演を始め両地域の学生発表および討論から構成された。韓国伝統文化大融合考古学科と静岡大人文社会科学部の学生たちは「忠南道と静岡県、それぞれの農耕成立と地域性」、「松菊里遺跡(忠南)と登呂遺跡(静岡)の保護と活用」に対する具体的な議論を行った。

講演で中山所長は「日本は紀元前8世紀頃に稲作とアワ・キビ複合農耕が韓半島から伝わり、弥生時代の農耕社会が形成された」とし、「家族関係で表現すれば韓国と日本は兄と弟のような関係」と力説した。

続く学生発表で韓国側は「韓国稲作農耕の開始と伝播経路(ユ・サンヨプ、3年)」、「青銅器時代の畑遺跡および農耕関連施設-忠清地域を中心に(パク・チャンイル、3年)」、「松菊里遺跡と農耕(チェ・スルギ、4年)」、「松菊里遺跡で確認される様々な食生活の痕跡(ファン・ジンソ、3年)」を報告した。さらに「扶余地域の文化遺跡(キム・ミニョン、4年)」、「扶余松菊里遺跡の展示活用現況(クォンオサン、3年)」、「扶余松菊里遺跡の総合整備(イ・ヒグァン、3年)」も発表した。

日本側は「静岡の農耕成立と展開」、「静岡農耕文化の地域性」、「登呂遺跡の保存と活用の経緯」、「復元された登呂部落の実験研究」、「市民・学生ボランティア活動」などを発表主題にした。学生全員が参加する即席質問即答も進行されて傍聴客らの手に汗握る緊張感も演出された。
(中略)

植松章八考古学会長は閉会の辞で「韓国伝統文化大学が位置する忠南は百済の首都があった場所で、多くの文物を伝播して日本の古代文化に大きな影響を及ぼした」として「今回の韓日考古学学生会議を通じて百済を感じることができた」と話した。

両側の学生代表は「両地域は1000年の歴史を飛び越える縁がある」として「考古学会議に参加した学生たちは過去を知って現在を覗き見ることによって未来を作るだろう」と宣誓した。

静岡(日本)=ユ・ヒソン記者

ソース:中都日報(韓国語) 「韓国と日本は兄弟国家」確認した静岡
http://www.joongdo.co.kr/main/view.php?key=20171224010009839

関連記事:静岡新聞<日韓の学生、考古学で交流 静岡で保存活用を議論(2017/12/24 08:51)>
http://www.at-s.com/news/article/education/college/440229.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1514096817/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング



QRコード
QRコード