起源

【朝鮮日報】「古朝鮮文明が中国黄河文明より上回った」 メソポタミアとエジプトに次いで世界で三番目に形成された古代文明

1: 親日@シコリアン ★ 2018/08/08(水) 09:09:01.69 ID:CAP_USER.net
「古朝鮮文明が中国黄河文明より上回った」
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/08/08/2018080800019.html
(韓国語) 朝鮮日報 入力2018.08.08 03:01


「5000年前に現れた古朝鮮文明はメソポタミア文明(5500年前)とエジプト文明(5100年前)に次いで世界で三番目に形成された古代文明であった。これまでの歴史に埋もれて失われてしまった古朝鮮文明の起源と誕生、社会経済的土台と文化的特性、古代国家建国と発展・解体を総合的に整理した。」

アカデミー会員の元老社会の歴史家シン・ヨンハ(81)ソウル大名誉教授が「古朝鮮文明の社会史」(知識産業社)を発行した。 シン教授は、2000年代に入って集中的に探求してきた古朝鮮の研究三部作の最後の著書だ。 彼は古朝鮮を国家と民族の視点からそれぞれの照明した「古朝鮮国家形成の社会史」(2010年)、「韓国民族の起源と形成の研究」(2017年)を出版している。

シン・ヨンハ教授によると、古朝鮮文明は紀元前30世紀頃、大同江流域と遼東地域で形成された。 氷河期が終わった約1万2000年前の北緯40度線以下の高(古)韓半島で農耕を始めた人々は、世界初の団粒稲米と豆の栽培に成功した。 新石器時代の農業革命の結果として南漢江・錦江流域に住んでいた群衆の数が大幅に増え、彼らの中に一部が徐々に農耕が可能となった北方に移住した。 遼河東に位置する人々は虎がトーテムであるイェジョク(?族)がされ、遼河、西に渡った人々は熊がトーテムであるメクジョク(族)になった。

5000年前に続く異常気象に会った遼西地域のメクジョクが東南に移動して、大同江流域で漢族(韓族)と再会し、青銅器文化を土台にして古朝鮮が建てられた。 古朝鮮は1000年後にバンプに首都を移しイェジョクを吸収し、東西に向かって領土を拡大して、韓半島・満州・沿海州にわたる古代連邦国家を建設したというのがシン教授の主張だ。 彼は「韓民族につながるした・例・メクジョクが古朝鮮の中心をなし、ユウ婁・匈奴・突厥・モンゴルなど征服・併合された遊牧民族が周辺に布陣した」と述べた。

古朝鮮はブロンコを飼いならさ独特騎馬文化を発展させ、太陽と氏神[檀君]を崇拝する共同信仰が発達した。 また・例・メクジョクの不足言語を統合して、朝鮮語(語)が誕生したが、これウラル・アルタイ語族に属する言語の中で最も歴史が古くなった。 したがって、西洋文明の始まりであるメソポタミア文明・エジプト文明に対応する東洋文明の出発点は、黄河文明(3700年前)ではなく、古朝鮮文明に見なければならないというものである。

シン教授の主張は、一見すると、在野史学者の持論とも似ている。 しかし、韓国と中国の文献史料、考古学の発掘資料、社会学・人類学理論書、東西の研究成果を幅広く活用して学術的に論理を展開する点で明確な差がある。 彼は「長期持続される古代社会と古代文明を分析するために非常に有用な、フランスアナル学派の研究方法論を適用した」と述べた。

この本の野心的ないくつかの主張の中で現実的に最も問題になる内容は、人気の信念に反して古朝鮮文明が高(古)中国文明の誕生に影響を与えた部分である 。 最近、中国が黄河文明の起源と考えられている遼河文明(洪山文化)の主人公がメクジョクであり、高、中国東海岸に定着した古朝鮮の入植者が黄河文明の形成に大きな助けを与えたものである。 シン・ヨンハ教授は「紅山文化は、基本的にクマトーテムであり、黄河文明を成し遂げた上(商)の国を立てた人が古朝鮮があった遼寧省から渡って来たことを、中国の碩学副年(傅斯年)も認めた」と述べた。

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1533686941/

続きを読む

【文化】 韓国人は日本の文化についてどう考えているのか→「韓国文化と中国文化の模倣品」=中国メディア

1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/28(木) 20:33:59.87 ID:CAP_USER.net
 中国メディア・今日頭条は26日、「韓国人は、日本文化についてどう考えているか」とする記事を掲載した。

 記事は、「20世紀、韓国は日本に占領されたことで日本の文化の影響を色濃く受けた。では、今の韓国人は日本文化についてどのように考えているのだろうか」としたうえで、中国に留学している韓国人学生の意見を紹介している。

 ある学生は、「実際、韓国と日本ではそれぞれ長い歴史や文化において関わりを持って来たので、韓国人が日本文化についてどう考えているかの結論を出すのは難しい。日本文化を否定すれば、韓国自身の多くの文化を否定することになるし、日本文化を称えれば、韓国文化の起源は日本文化だと言われてしまう」と答えている。

 次の学生は、「20世紀の日本統治により、多くの韓国人が日本文化を教えられた。韓国では日本からの影響がとても多く見られる。ただ、これらは表面的なもの。なぜなら、日本文化はそもそも韓国人の考え方に合わないからだ。今、多くの韓国人は日本の文化を韓国文化と中国文化の模倣品だと考えている」とした。

 さらに別の学生は、「日本文化と韓国文化は、中国文化とつながりあっている。ただ、韓国人は日本の文化、とくに日本の流行文化を排斥する傾向にある。リスペクトするのは中国の文化だ。韓国と日本の文化に大きな影響を生んだことは紛れもない事実だから」と語っている。

 記事は、「3人の韓国人留学生の答えは、主観的な印象を覚える。日本統治時代に日本の教育を受けさせられたことについて、韓国人は屈辱だと思い続けてきたのだ。また、日本文化も韓国文化も中国文化に源を発しているゆえ、韓国人が日本文化ではなく中国文化をリスペクトするというのも自然なことだろう」と評した。(編集担当:今関忠馬)

ソース:サーチナ<韓国人は、日本の文化についてどう考えているのか=中国メディア>
http://news.searchina.net/id/1662156?page=1

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1530185639/

続きを読む

「グラ」の語源は日本語か、韓国語か 韓国語の世界はいっそう豊かになる

1: ザ・ワールド ★ 2018/06/24(日) 12:22:59.39 ID:CAP_USER.net
世の中のさまざまな物の起源が気になるように、言葉の起源も気になる人が多い。

私は小学校6年生の時に隣家に遊びに行き、本棚にあった英語の辞書で語源の説明を読んで以来、語源に大きな興味を感じるようになった。
今の仕事は翻訳なので語源探求とは直接関係がないが、言葉の根源を探ってみると、翻訳時に意外なインスピレーションを得ることもある。

 語源探求は非常に専門的な領域だ。深く勉強していないと、語源学的・言語学的な裏付けがないままでたらめな説が飛び交う状況に陥りやすい。
根拠もなく定説となってしまった語源やエセ語源もよく話題になる。
なぜこのようにでたらめな語源の説が次々と生まれるのか調べてみるのも興味深い。

 韓国語と日本語は歴史的に密接な関係にあるので、語源に関するデマも多い。
例えば「『侍(さむらい)』という日本語は『サウラビ(戦う男)』という韓国語から生まれた」という説がある。
その昔、韓国から日本に渡った言葉もあるにはあるが、侍はもとから日本語だ。

逆に「エヌリ(掛け値・値引き)」や「ヤコ(鼻っ柱)」のように韓国語なのに一見、日本語のように聞こえるので誤解されている単語もある。

 話やうそを意味する「グラ」も日本語だと誤解されている韓国語だ。グラという言葉を見るたび頭に浮かぶ言葉がある。
インドネシア語でカメを意味する「クラクラ(kura-kura)」だ。グラとクラクラの間にもしかしたらある種の関係がないかと想像してみる。
東南アジアから黒潮に乗って韓半島(朝鮮半島)にやって来た動植物は多いが、

カメもその一つだ。『鼈主簿(ピョルジュブ)伝』という朝鮮時代の物語で、
カメ(もともとの物語ではスッポン)はウサギに「グラ(うそ)」をついて竜宮に連れていくが、
ウサギも「グラ(うそ)」をついて竜宮を脱出する。「グラ」をついて「グラ」にだまされたカメ。
「グラ」はカメを意味するインドネシア語「クラクラ」から来たのだろうか。想像という帆を張って言葉の海を渡ってみるだけでも楽しくなる。

 語源を学術的に研究するのはもちろん、学者たちの役目だ。しかし、「グラ(話)」をしながら言葉を楽しむことは誰にでもできるだろう。
さまざまな考えや話が交わされるようになったら、韓国語の世界はいっそう豊かになるのではないだろうか。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/22/2018062201697.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529810579/

続きを読む

【食】焼き肉、在日同胞が苦労して守った韓国プルコギ

1: たんぽぽ ★ 2018/06/18(月) 17:20:24.20 ID:CAP_USER.net
日本・大阪は南の難波と北の梅田に観光客が集まる。地図で見ると都市の右に生野区というところがある。こちらにマニアックな観光客が集まる。「プルコギ(焼き肉)ツアー」のためだ。韓国人よりも日本人観光客のほうが多い。大阪市内からも白ワイシャツ部隊が押し寄せる。服に煙がしみつくことを物ともせず、黙々とプルコギを焼く。ここが在日同胞が作り出した焼き肉、すなわちプルコギの聖地だ。一種の聖地巡礼客兼観光客が集まるのだ。

電車に乗って、焼き肉タウンのある生野区鶴橋駅で降りると、韓国人ならなじみ深い匂いをかぐことができる。しょう油漬けされた肉が火に焼かれることで出る、あの香りだ。もうもうとした煙が駅舎の中まで入り込んでくる。駅舎を抜けると、早速客引きが次々と近づいてくる。1本の長い路地に焼き肉屋がこれでもかとひしめいている。

焼き肉は日本全域で人気だ。人口3000~4000人の田舎にもいい感じの焼き肉屋がある。在日朝鮮人(韓国人)が元祖というのが公式的な事実だ。日本学界でも認めている。だが、最近の日本人の中にはこのことを知らない者もいる。キムチも売っていて、各種部位の名前が韓国語に由来しているにもかかわらず、だ。あまりにも好きで食べているうちに「日本食化」してしまった。

ご存知のとおり、日本は1800年代後半の明治維新前まで、1000年以上にわたって牛肉や豚肉を食べてこなかった。1900年代に入って本格的に肉を食べ始めた。皮肉なことに、日本の侵略野心が本格化した時点と重なる。肉を一生懸命食べて、西洋人のように強くなることが当時の権力の目標だった。肉摂取量が増え、戦争を起こした。朝鮮を植民地化した。その植民歴史の跡が、ここ鶴橋に焼き肉プルコギとして残っている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.joins.com/article/373/242373.html
http://japanese.joins.com/article/374/242374.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529310024/

続きを読む

【朝鮮日報】日本の桜外交に対抗、李承晩のもう一つの独立運動 ~日本産と誤解されていたワシントン桜に、私たちの名前を求めた

1: LingLing ★ 2018/04/21(土) 16:33:37.85 ID:CAP_USER.net
[読者ESSAY] 日本桜外交に対抗 李承晩

私たちの鎮海軍港祭とほぼ同じ時期に、世界の外交1番地である米国ワシントンDCでも桜祭りが開かれる。ポトマック川の畔に沿って満開の桜を楽しむために、世界中から100万人以上が訪れるという。ここの桜通りは、1912年に米国と日本の友好の象徴として、当時の東京市長だった尾崎行雄が3000本以上の桜の木を寄贈して造成された。毎年開かれる祭りには、日本の文化行事が開かれるなど、日本を広報する巨大な文化商品になった。

日本の桜の寄贈は、日帝の朝鮮強占の導火線となった米日間の「桂・タフト協約」以降、両国が近づいたことを契機として行われた。ワシントン桜祭りの裏面には、この協約を通じて韓国の保護権を米国から認められて、桜を米日親善外交に利用した二つの顔の日本が潜んでいるのだ。

当初、ここの桜は日本が主産地として知られて、「ジャパニーズ・チェリー・ツリー(Japanese Cherry Tree)」と呼ばれたが、実際には韓国が原産地であることを知らせた人が李承晩だ。事情はこうだ。1941年に日本が真珠湾を奇襲すると、米国では桜の木を切ってしまおうという声が強まった。米国に亡命中の李承晩は、自分が設立した韓米協会を通じて、米国政府に「あのジャパニーズ・チェリーの原産地は韓国の済州島と鬱陵島であって、三国時代に韓半島から日本に渡ったので、名前をコリアンチェリー(Korean Cherry)と呼んで欲しい」と要請して伐採を阻止した。米議会図書館で、日本百科辞典を調べて、日本の王桜が韓国から伝来されたという内容を見つけ出して、米政府に提出したこともある。当時、米政府は確実な証拠が足りないという理由で李承晩(イ・スンマン)の要請を受け入れなかったが、代わりに「オリエンタル・チェリー(Oriental Cherry)」という中立的な名で呼ぶことにしたと知らせた。

李承晩が失望すると、韓国で宣教師活動をしていたポール・ダグラスアメリカン大学総長が、「それならば、私たちの学校に韓国桜の木を植えよう」と提案した。李承晩は、1943年4月8日、ワシントンDCアメリカン大学の校庭で、大韓民国臨時政府樹立24周年を記念する済州王桜の木の植樹行事を開いた。米国の日刊紙・アメリカンイーグル(THE AMERICAN EAGLE)は、同年4月13日付けで、「日本産と誤解されているワシントンの桜の本当の名前を求めるため、李承晩博士たちが韓国桜四本を植えた」と報道した。標石には、「李承晩博士が、韓国独立を願う人たちの意味を込めて植樹した」と記録されている。 同日の済州王桜の植樹は、30年以上の間、日本名で呼ばれてきた私たちの桜のもう一つの「独立宣言」だった。

国立山林科学院暖帯山林研究所のキム・チャンス博士は、過去2008年、ワシントンを訪問してポトマック川の畔の桜の木の標本を採取して、数回に渡って遺伝子(DNA)検査を行った結果、済州産王桜と同じであることが確認されたと明らかにした。李承晩が独立を念願して植えた桜の木は、大きな木に成長して、これが縁となって2011年にはアメリカン大学の校庭に「韓国庭園」が入った。

100年以上も前、日本は桜を米日間の親善の象徴にしようとして、李承晩は韓国桜の位相を取り戻すために奮闘して、民族の念願を込めて桜の木を植えた。ワシントン桜に私たちの名前を求めるために努力したことは、もう一つの独立運動だった。

[キム・ジョンムン文化財放送代表]

ソース 朝鮮日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=023&aid=0003366855
no title


【韓国起源】 日本No韓国Yes?ワシントンの桜に隠された真実 ~ソメイヨシノは済州王桜と日本のエドヒガンから作られた品種★2[04/18]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1524057932/
【韓国】 1912年、日本が済州から韓国桜を盗んできて、米国に送った。 済州王桜、ワシントンとの平和文化の架け橋に★3
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1522175646/
【韓国起源】 米国ワシントンでも桜祭り...桜の元祖は?[04/06]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1523011089/

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1524296017/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング



QRコード
QRコード