日本国内

【コロナ痛快】朝日新聞「コロナ克服へ政治は責任を示せ」

1: 鴉 ★ 2020/04/07(火) 06:56:01.05 _USER
(社説)緊急事態宣言 克服へ政治の責任示せ
2020/4/7 5:00

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍首相が改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を出すことになった。対象地域は東京、大阪、福岡など7都府県で、期間は1カ月の見通しだ。


 宣言が出れば、その地域の知事の権限と判断で、▽学校、劇場、百貨店などに対する使用制限の要請・指示▽臨時の病院開設のための土地の強制使用▽医薬品や医療機器の販売の要請・収用――などができるようになる。外出の自粛要請は各地で行われてきたが、今後は法的な裏づけがあるものとなる。

 行動の自由や私権を制限する措置だ。宣言に踏み切るかどうか、科学的知見を踏まえた慎重な判断が求められ、政府も「伝家の宝刀」という言葉を使って抑制的な姿勢を見せてきた。だが欧米を中心に爆発的な流行拡大が起こり、日本でも感染者が増えて医療現場が崩壊する恐れが現実味を帯びている。
 政府と各自治体に課せられた最大の使命のひとつが、この医療水準の維持・存続だ。

 重症患者の入院先を確保するため、東京都は症状の軽い入院患者を用意したホテルに移すなどの措置を近日中にとる。厚生労働省が方針を示してから1カ月余。動きが鈍かったとの批判は免れないが、経緯の検証は今後の課題として、当面は態勢の構築に取り組んでほしい。

 一般病院での患者受け入れ、院内感染を防ぐ諸装備の手配、人工呼吸器の増産と要員の準備など、課題は山積している。同時にコロナ関連以外で治療を要する患者に影響が出ることは避けなければならない。特措法で付与される力を上手に使い、医療機関の役割分担を明確にして対応することが求められる。

 宣言によって市民が危機意識を共有し、現下の状況に向き合うのは大事だが、一方で社会不安を招くようなことがあってはならない。3月下旬に東京都の小池百合子知事が週末や夜間の外出自粛を呼びかけた際は、食料品の買い占め行為などが起きた。生活に欠かせぬ物資は供給され、社会サービスは維持されるというメッセージをしっかり打ちだし、人々を安心させるのは政治の重要な責務だ。

 今後どのような対策を講じていく用意があるのか、コロナ禍で苦境にある個人の生活や企業活動をどう支えるか。
 首相や知事はビジョンを明確に語り、社会の理解と合意をとりつける必要がある。強い表現や聞こえの良い言葉を並べるだけでは納得させることはできない。情報を適切に公開し、政治家の責任と覚悟に裏打ちされた施策を示すことによって初めて、宣言は意味をもつ。
https://www.asahi.com/articles/DA3S14432292.html

参考
【社会】「新コロナウイルスは痛快な存在」と発言し、謝罪なくTwitterアカウントを削除した小滝ちひろ氏の件で朝日新聞広報がお詫び
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1584165621/
【コロナ痛快】朝日新聞「中国人を排除するより、ともに手を洗おう」→「天気がいいのに東京でも外出自粛要請。今までが、のんきすぎ」
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1585368740/
【朝日新聞】病気の名前を特定の国と関連づけない 朝日新聞では「新型コロナウイルスによる肺炎」と表記しています[4/4]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1585980419/
【コロナ痛快】朝日新聞社「感染者の職場や社内で立ち寄る場所は消毒した」「同僚で発熱などの症状を訴える人はいない」[4/5]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1586069191/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1586210161/

続きを読む

【東京本社感染】朝日新聞「お知らせ コロナ報道に力を入れていきます」

1: 鴉 ★ 2020/04/05(日) 08:01:25.15 _USER
<お知らせ>新型コロナ面、始めます
2020/4/5 5:00

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、本紙は読者のみなさまの関心に応える報道に一層力を入れていきます。

特集面「新型コロナ」面を新たに始め、1回目は本日、2回目以降は原則として毎週火曜日から土曜日に週5回、掲載します。

情報をわかりやすく図示するインフォグラフィックスや写真で、目で見てわかる紙面もめざします。


https://www.asahi.com/articles/DA3S14430603.html


【社会】「新コロナウイルスは痛快な存在」と発言し、謝罪なくTwitterアカウントを削除した小滝ちひろ氏の件で朝日新聞広報がお詫び
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1584165621/


【コロナ痛快】朝日新聞「中国人を排除するより、ともに手を洗おう」→「天気がいいのに東京でも外出自粛要請。今までが、のんきすぎ」
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1585368740/


【悲報】朝日新聞社の記者が新型コロナに感染 東京本社
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1586003538/

引用元: https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1586041285/

続きを読む

【悲報】朝日新聞社の記者が新型コロナに感染 東京本社

1: 動物園φ ★ 2020/04/04(土) 21:32:18.08 _USER
朝日新聞社は4日、東京本社(東京都中央区)に勤務する編集局の30代の女性記者が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

記者は3月28日朝、本社で勤務したが、臭いを感じないなどの症状があったため帰宅して、自宅療養した。31日に倦怠(けんたい)感があったため保健所と相談して4月1日にPCR検査を受け、4日に陽性と判明した。

記者は主に内勤で仕事をしており、3月28日の前には23日に出社していた。在宅勤務も利用し、最後に外部の人と直接対面して取材したのは2月23日だった。

3月28日に同じ職場にいた記者らに発熱などの症状を訴える人は出ていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00000047-asahi-sctch

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1586003538/

続きを読む

【在日】韓国民団「現金支給や商品券配布は日本国民だけでなく、納税者である特別永住者と中長期滞在者にも同様に支給すべきだ」

1: 鴉 ★ 2020/04/04(土) 15:36:21.41 _USER
●在日民団 入国制限の長期化懸念

重要な行事は4月中の開催目指す

 民団中央本部は武漢コロナウイルスの感染拡大に伴い、3月いっぱいの行事をほぼ全て延期するなど日本政府の対応に準じてきた。

しかし現在に至るまで事態が収束する気配はなく、他国の様子からも長期化がほぼ確実となっている。

民団中央本部は今のところ、「大規模イベントに関しては主催者がリスクを判断し、慎重な対応を求める」という日本政府の見解に倣い、今後の各地方のイベントは地方ごとに慎重に協議する方針で統一している。
しかし、地方委員会など、重要度の高い行事は必ず行わなくてはならない。

組織の萎縮を避け、諸事業・行事の活動を再開させることも重要であるとして、集団感染の対策を十分に講じた上で4月中に開催する計画だ。延期を発表していた3・1節記念式典に関しては、できる限り地方委員会・大会・総会の開催前もしくは終了後の時間を利用し、短時間で実施するように通達している。

また、ビザの停止や入国制限に伴う在日社会への影響も懸念されている。民団生活局には、日本入国後に14日間の隔離が必要であることなどから、韓国からの派遣教師や留学予定の韓国人学生が出国を躊躇している、という声も寄せられている。

とはいえ、今のところ在日韓国人の個別被害は特に見られないようだ。



今後予想される問題としては、経済対策のために日本政府が検討している現金支給や商品券配布が、日本国民のみに限られるのではないか、という懸念だ。



民団は「納税者である在留外国人全員、つまり特別永住者と中長期滞在者(=正規在留者)にも同様に支給すべきだと考える」として、今後を注視しているところだ。

統一日報
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=87228&thread=04

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1585982181/

続きを読む

反骨ジャーナリストの斎藤貴男さん「リベラル勢力や韓国・中国に対して、一方的に攻撃的な言葉を投げるのはネトウヨ」

1: 鴉 ★ 2020/04/04(土) 07:51:06.07 _USER
激突!「ネトウヨ」言論を問う:月刊『Hanada』編集長・花田紀凱×反骨のジャーナリスト・斎藤貴男
サンデー毎日:2020年4月4日 05時00分(最終更新 4月4日 05時00分)

 安倍晋三政権下、言論の世界も保守とリベラルに二極化している。そして、あからさまに「嫌韓・嫌中」を掲げる保守論壇誌も支持を集める。その流れを代表する月刊『Hanada』編集長の花田紀凱氏に、リベラルの立場で執筆活動を続ける斎藤貴男氏が斬り込んだ。(司会・構成/山家圭)

「一方的に相手を攻撃して留飲をさげる手法は、ネトウヨです」

斎藤 雑誌ジャーナリズムの現状を憂慮しています。今、保守派(右派)の総合誌は、リベラル勢力や韓国・中国に対して、一方的に攻撃的な言葉を投げる「ネトウヨ」的な言論が目立ちます。内輪でオダをあげているばかりで、批判相手と正面から対峙(たいじ)しているとは思えません。ジャーナリズムとして不健全な状態です。もっともこれはリベラル側にもいえる傾向ですが。

毎日新聞
https://mainichi.jp/sunday/articles/20200401/org/00m/040/005000d


no title

花田紀凱さん(左)と斎藤貴男さん(右)=東京都内で2020年3月9日、中村琢磨撮影

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1585954266/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード