慰安婦

【慰安婦】 「獲物は13才、14才の少女たちだった」~生存者たちが立証した強制連行の実状

1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 01:18:55.37ID:CAP_USER.net
国内で初めて日本の蛮行を知らせた慰安婦生存者は故金学順(キム・ハクスン)ハルモニだ。キムさんは光復46周年を一日前にした1991年8月14日、慰安婦問題の実状を生存者として証言した。

それ以前にも韓日両国で慰安婦問題が全く知られなかったわけではないが、日本の謝罪を要求する声につながらなかった。ユン・ジョンオク教授がハンギョレに「挺身隊取材文」を連載して韓国の女性運動が挺身隊対策協を結成後、キム・ハクスン、ハルモニをはじめとする被害者が出てきて慰安婦問題解決のための世界的な動きが始まった。

就労事業に行って偶然に知った原爆被害者ハルモニ(イ・メンヒ氏)から「挺対協に一度行ってみて」という言葉を聞いたのが告白の契機であった。「私も日本にくやしいことが多く、私の人生があまりにもうらめしく、なんでも話たかったので私が軍隊慰安婦だったという事実を話した」という。(<強制的に連行された朝鮮人軍隊慰安婦たち1巻>)。

no title

▲米軍164通信写真中隊が1944年8月14日に撮影したビルマ・ミチナの日本軍慰安婦写真。左側の4人はアジア系米軍などで右側では朝鮮人慰安婦。写真出処=挺隊協

記者会見でキム氏は「されたことだけでも悔しいのに、日本の人々が「挺身隊」という事実自体がなかったと言い逃れることに、非常にあきれて証言することにした」とした。(京郷新聞1991.12.7.「挺身隊キム・ハクスン、ハルモニ会見」)その1年余り前の1990年6月、日本参議院で当時の労動省局長が「日本軍慰安婦は日本軍とは関係がない民間会社の活動であったし、調査自体も不可能だ」と答えたことについてキムさんは怒った。

日本の敗戦後70年余り、日本は相変らず「軍による強制連行はなかった」と強弁している。しかし、キム・ハクスン、ハルモニを引っ張っていったのも他でもない日本軍だった。当時、彼女の年齢は17才だった。1941年、キム・ハクスンは親しい姉とともに中国北京にわけも分からないうちに日本軍人に引きずられて行った。母親が買ってくれた黄色いセーターを着たままだった。
(中略:キムハルモニの証言とムン・オクチュルハルモニの証言)

「戦争と女性への暴力」リサーチアクションセンター(VAWWRAC)」のニシノ・ルミコは朝鮮人慰安婦被害者証言52件を分析して慰安婦の連行がどの様な方式でなされたかを調べた。すなわち詐欺・甘言(病院、工場などでの仕事とだますなどの)による連行が33人(63.5%)、拉致・誘拐が11人(21.2%)、人身売買が8人(15.4%)であった。(被害者証言で見た日本軍「慰安婦「連行の強制性、<彼らはなぜ日本軍「慰安婦」を攻撃するのか>)

また、これら大多数が20才未満の未成年者であったという点だ。ニシノ・ルミコの分析では慰安婦被害者証言の86.5%が未成年連行だった。ユン・ジョンオク教授が保健社会部に申告された56件を分析したところによれば、全体の80%が未成年(12~19才)で、12%だけが20才以上だった。残りは正確な年齢を記憶できない場合であった。(「朝鮮植民政策」の一環として日本軍「慰安婦」、<日本軍慰安婦問題の真相>、歴史批評社)

去る2015年末、韓日政府が「慰安婦合意」を押し切った直後、米国デラウェア大マーガレットD.ステッツ教授はニューヨークタイムズに読者意見形式の文を載せて大きな反響を呼んだ。彼女は「生存者らが証言するように、このような残忍な性奴隷システムの多くの対象らは「成人女性(women)」ではなく、初潮前の「13才あるいは14才の少女ら(girls)」だった」として「彼女らはほぼ毎日、強姦に捧げられるために荷物のようにアジアを横切る戦線に乗せられていった」とした。

多くの人々が誤解するように日本の「慰安婦」動員と犯罪は成人女性を対象にしたものではなく「戦争犯罪だけでなく児童人身売買であり児童を対象にした性犯罪であった」ということだ。

ムン・ヒョング記者

ソース:メディアトゥデイ(韓国語) 「獲物は13才、14才の少女らだった」
http://www.mediatoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=136902

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495383535/

続きを読む

韓国特使「日韓合意の一方的な破棄は困難」韓国ネット「大統領になった途端に発言をひっくり返した」

1: ガラケー記者 ★@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 17:04:35.87ID:CAP_USER.net
2017年5月19日、韓国・聯合ニュースなど複数の韓国メディアによると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が特使団の一人として日本に派遣した与党「共に民主党」の尹昊重(ユン・ホジュン)議員は、2015年末に締結した「慰安婦問題日韓合意」に関連し、韓国側による一方的な破棄は困難との見方を示した。

尹議員は19日、韓国・CBSラジオとの電話インタビューで、文在寅大統領が大統領候補当時に掲げた公約について、「(慰安婦合意を)白紙化ではなく、再交渉しようということだった」とし、「前政府が結んだ協約を一方的に破棄することは、正常な国では難しい」と述べた。さらに、「今は、断たれた韓日の首脳外交を復元することが優先だと思われる」と、日韓首脳外交の再開の重要性を伝え、「(慰安婦合意に関連し)政府の立場を具体的に明らかにすることができる時期は、今後の(議論の)進展如何による」と説明した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「大統領になった途端に発言をひっくり返した」「慰安婦合意は破棄すると明言していたではないか」「また政治家の言葉遊びが始まった」「どうせこんな事だろうと思っていた」など、批判的なコメントが相次いで寄せられた。一方で、「常識的にはこれが正解だろう。国家間の合意は簡単には覆すことはできない」「再交渉は当然しなければならないが、これに日本側が応じない場合に(初めて)破棄を検討する必要がある」などの意見も見られた。
Record china
2017年5月20日(土) 16時20分
http://www.recordchina.co.jp/b178801-s0-c10.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495267475/

続きを読む

訪日の韓国与党議員「慰安婦合意の一方的破棄、正常な国家では難しい」

1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/05/19(金) 11:48:38.14ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本に派遣した特使団の一員である与党「共に民主党」の尹昊重(ユン・ホジュン)国会議員が18日、韓国CBSラジオの電話インタビューで、慰安婦問題を巡る韓日合意に関し「前の政権が結んだ協約を一方的に破棄することは、正常な国家では難しい」と述べた。

文大統領の大統領選での韓日合意に対する公約も「(合意の)白紙化ではなく、再交渉しようということだった」とした。

尹氏は韓日間のトップ外交の回復が優先との認識を示し、「政府の立場を具体的に示せる時期は、今後の(議論の)進展具合に応じて訪れるだろう」と説明した。

特使団を率いる共に民主党の文喜相(ムン・ヒサン)議員(元国会副議長)が前日の安倍晋三首相との会談で、合意の破棄や再交渉ではなく「第三の道」に言及したという日本の一部報道について、尹氏は「誤報だ」とし、「韓日の首脳間に信頼が築かれれば、この解決策などを考慮することができるだろう。今は再交渉、第三の道などとの表現で限定してしまうのは難しいのではないかと思う」と述べた。

また、北朝鮮核問題への対応について「日本側は慰安婦問題より急を要する問題として意識しているようにみえた」とし、これをうまく活用すべきとの見解を示した。

尹氏は韓日政府が関係修復に動き始めたと言及した上で、「こうした問題に対しては、両国が互いを理解しながら変化を図れる雰囲気づくりが優先されるべきだ。順序とペースを考慮する必要がある」と指摘した。


2017/05/19 11:19
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/05/19/0900000000AJP20170519001300882.HTML

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495162118/

続きを読む

「慰安婦問題を知ろう」米アトランタの大学で動き広がる=韓国ネット「大作映画を作って世界に知らせるべき」

1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 20:03:03.88ID:CAP_USER.net
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178655&ph=0

2017年5月18日、韓国・聯合ニュースによると、米ジョージア州アトランタで、大学を中心に慰安婦問題についての研究・討論の動きが広がっている。

アトランタ慰安婦少女像建立委員会などによると、アトランタへの少女像の設置計画が今年3月、アトランタ国立民権人権センターの突然の約定不履行により頓挫したことを受け、現地の韓国人学生らは慰安婦問題を知らせるための活動を始めた。

国立民権人権センターはセンターの敷地への少女像の設置を許可していたが、「本来の設計と違う造形物をセンターの外部に設置してはならない」という定款を理由に約束を取り消した。同センターの約定不履行は日本政府による妨害行為が大きく影響したと韓国メディアは伝えている。駐アトランタ日本総領事がアトランタ商工会議所、民権人権センター、アトランタ市庁の関係者と相次いで面談し、「少女像を設置したら日本企業が撤収する」と圧力をかけたとの情報もあるとしている。

これを受け、ジョージア州立大学法学専門大学院のアジアンロースクール学生会はアトランタの慰安婦少女像建立委員会と共に、同大学院の模擬法廷教室で慰安婦を題材にした韓国映画「鬼郷」の上映会を開催した。ロースクールの教授と学生ら約50人は同映画を観覧した後、慰安婦問題について熱い討論も繰り広げたという。また、エモリー大学キャンドラー神学大学院では最近、大学内のブログに「私の問題、私たちの問題、神の問題」と題する文章が掲載され、話題を集めた。文章は日韓の大学生らがそれぞれの視点で慰安婦の犠牲者を悼む内容だという。

ある日系大学院生は「慰安婦問題は今日の米国全域で行われている女性拉致問題に似ている」とし、「アトランタに少女像を設置するための草の根運動を継続して行わなければならない」と述べた。ある韓国人学生もブロクで「慰安婦問題は他人事ではない」と主張し、「今も世界のどこかで女性らが慰安婦のように虐待されているという事実を忘れてはならない」と指摘した。

さらに、アトランタへの少女像設置運動も再び活発化している。アトランタ慰安婦少女像建立委員会は現在、違う設置場所を探している。委員会関係者は「近日中に設置場所を確保できるだろう」とし、「私たちの目的は少女像の設置と共に慰安婦問題を米国内に広めること」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーからは「ありがとう」「米国内の韓国人はこうして努力している。韓国にいる私たちもより大きな努力をするべき」「どの国にいてもわれわれは仲間。力を合わせて日本政府と戦おう」など感謝や応援コメントが寄せられている。

そのほか、「慰安婦問題は大作映画を作って世界に知らせるべき問題だ」「世界中の女性がこれ以上性的な虐待を受けないように、慰安婦問題は女性の人権問題として広く認識されなければならない」と主張する声も上がっている。

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495105383/

続きを読む

【韓国】外交安保諮問団トップ「慰安婦合意は誤り、解決は日本の行動次第」「THAAD配備の決定過程を検討しなければならない」

1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 13:38:20.99ID:CAP_USER.net
2017年5月18日、韓国・国民日報によると、韓国大統領府外交安保タスクフォース(特別チーム)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)団長が、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備に関し「韓国国民が配備問題に共感できずにいるため、再検討しなければならない」との考えを明らかにした。

鄭団長は17日、国民日報との電話インタビューで「THAAD配備問題を公に取り上げ、米韓同盟の基本精神に基づいて再検討する。必要であれば周辺国とも協議を行う」との考えを明らかにし、「われわれの意見がある程度まとまったら国会の同意を得る手続きが必要になるだろう」と説明した。

また、鄭団長は「朴槿恵(パク・クネ)前政権のTHAAD配備決定の過程も調べる必要がある」と主張。その理由について「前政権は発表直前まで『何も決まっていない』と述べていた。疑問点が多いため、配備の決定過程を検討しなければならない」と述べた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の米国特使として米国へ出発した洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)前中央日報・JTBC会長は、上記の内容のメッセージを米政府に伝えるとみられている。ただ、鄭団長は配備撤回の可能性については「再検討の結果を現段階で予測する必要はない」と述べた。

また、鄭団長は日韓慰安婦合意について「間違った合意」と指摘し、「正面突破しなければならない。慰安婦合意問題をどう解決するかは全面的に日本側の態度にかかっている」と主張した。

鄭団長は「2015年12月28日の合意以降、日本は韓国に対し間違った行動を繰り返してきた。これは全ての合意精神に反する行動」と批判し、「村山談話や河野談話などの内容と精神を尊重し、それに基づく言動をしなければ問題は解決しない」と主張した。

慰安婦合意の破棄の可能性については「過去史問題について韓国は、歴史を直視して賢く対処し、未来志向的に進もうという強い意志がある」としながらも「日本が韓国国民の情緒に反する言動をするなら、韓国としては断固として対応するしかない」と強調した。

鄭団長は外交安保分野で文大統領を補佐する核心的人物で、大統領府の国家安保室長や駐米大使の候補として挙がっている。

これについて、韓国のネットユーザーからは「THAAD配備決定過程の徹底的な調査に賛成。堂々とした外交を実現するのは大変だ」
「朴槿恵をTHAADに縛り付けて発射し、米国に送り返そう」
「慰安婦とTHAAD配備の合意文書を公開するべき。どんな内容か気になる」
「1日も早く慰安婦合意の破棄を宣言して!」「日本の歴史歪曲(わいきょく)を黙って見ていてはいけない」など、鄭団長に同調する声が多く寄せられた。

一方で、THAAD問題については「国民の多くは『仕方のない選択』と受け入れている」「共感できない?それは自分の考えでしょ?」など反発の声も。

そのほか「国が正常に動き出した。今後が楽しみ」「一生懸命仕事をしているね。応援する」「やっと主権国家らしくなった」
「主権国家として韓国国民のプライドと国益だけを考える交渉をしてほしい」など現政権への期待や称賛の声も目立った。


2017年5月18日(木) 12時30分
http://www.recordchina.co.jp/b177728-s0-c10.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495082300/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて



連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング