日帝

【風水呪物】 日帝の鉄杭除去に市民が動いた~木浦市も鉄杭調査と除去作業開始

1: 蚯蚓φ ★ : 2020/11/27(金) 12:31:00.14 _USER
no title

話題の人物/儒達山日本鉄杭削除運動(2)市民活動家キム・ジェシクさん
no title

no title

no title


木浦(モクポ)儒達山(ユダルサン)露積峰(ノジョクポン)一帯に日帝強制占領期間中、打ち込まれたと推定される数十余りの鉄杭が市民の努力で一つ二つ除去されている。木浦市はこれまで日帝鉄杭除去運動を広げてきたキム・ジェシク氏など市民活動家の提案を受け入れ今月21日土曜日朝9時から鉄杭調査と除去作業に入った。

この作業がある程度成果を見せれば、これまで儒達山の景観を損ね、市民の通行まで邪魔してきた複数の鉄杭が除去され、より親自然な儒達山を回復するだけでなく、木浦の自尊心を回復する契機になるものと見られる。

日帝鉄杭とは日本が我が国を強制占領し、私たち民族の気を切るという理由で全国各地に鉄で作った巨大な穴鍼などを打ち込んだものだ。風水地理的に韓半島の主な血脈である場所でこのような鉄杭がたくさん発見され、韓半島のあちこちで日帝の蛮行だという証言がたくさんあって長いあいだ市民が鉄杭除去を要請してきた。

日帝鉄杭除去が本格的に問題になったのは1980年代中盤、市民の自発的な努力と1990年代中盤、金泳三(キム・ヨンサム)政府の時の民族精気を正す運動次元からだ。その成果、白雲台(ペクウンデ)の鉄杭は日帝侵略の象徴物として独立記念館第3展示館に展示されている。

全国各地の鉄杭は現在、穴鍼だけでなく土地測量用三角点、悪鬼を追う風水用杭、軍部隊が打ち込んだもの、木材電柱支持用、鉱山資材運搬用という様々な証言もあって、実際に使われたと見られるものが複数ある。

月刊「山」1985年10月号で風水家チェ・オジュン氏は「白雲台鉄杭は白頭山(ペクトゥサン)から北岳(プガク)に入る気の脈を切る目的であり、漢江(ハンガン)の力を殺そうとした。ソウルの風水をちりじりに破ろうとする風水的呪術」と定義した。

儒達山鉄杭除去の試みは数十年間進められてきたが完全除去にまでは至っていなかった。一部の鉄杭の用途をきちんと検証する調査がなかったためだ、ただし様々な関連文献を見れば1995年2月15日から8月14日まで6ヶ月間、全国から受け取られた日帝鉄杭チュ・ミンシンとは全439件この中で日帝の鉄杭と明らかになって除去された鉄杭は8月末現在、全国13地域18本だったという。

国内メディアの取材を調べてみれば「鉄杭専門家ク・ユンソ会長が木浦儒達山に日帝鉄杭が大量に刺さっているという情報提供を受けて現場踏査をしてみると、日帝が打ち込んだものではなく街灯や展望台など構造物設置の時に打ち込んだものを除去せずに起きた誤解であった」という記録も出てくる。

1980年代中盤から儒達山の杭を除去しようという意見が断続的に提起されたが、今回のように市民運動次元で確実な調査と除去までは結びつかなかった。

フェイスブックに露積峰鉄杭が自然景観を損ない、市民に背筋が寒くなる様な気分にさせるとずっと動画で知らせてきたキム・ジェシク氏は「鉄杭に対する調査をもう少し綿密にして除去作業も露積峰一帯の岩が毀損されないよう専門的にしたら良い」という意見を伝えた。

記者がキム氏とともに見て回った現場は鉄杭が打たれた跡、セメントで埋めた跡、真っ赤なペイントで円を描くなど汚く、ある岩の場合、市民が倒れたりひっかかって大ケガする危険まであることが確認された。

他の地域では「日帝が朝鮮の土地測量のために打ち込んだ測量機構で使った鉄杭も発見されたが、これも朝鮮の土地を日帝が強奪した道具の跡だ」と記録されている。

/チョン・テヨン記者

ソース:木浦トゥデイ(韓国語)木浦(モクポ)、露積峰(ノジョクポン)日帝鉄杭除去“市民が動いた”
http://www.mokpotoday.com/default/index_view_page.php?part_idx=&idx=103566

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1606447860/

続きを読む

【731部隊】 日本がアジアを支配するため731部隊を作った天下第1の戦犯ヒロヒト日王、極刑をまぬがれたワケ

1: 蚯蚓φ ★ : 2020/11/16(月) 21:29:54.01 _USER
no title

▲シン・ヨンオ行政学博士(地籍学専攻)/小説家/コラムニスト

私たち韓民族はもちろん、中国や米国でも、いや第2次世界大戦のつらい記憶が深くしみた全世界すべての国民は「731」と言えば一番最初に思い出すのが第2次世界大戦当時の日本731部隊であろう。731部隊は日本が生体実験を通じて人間を武器化し、細菌戦と化学戦を行うための化学武器と細菌培養などのために日王の特別な指示によって1932年、満州ハルビンに建てた言葉で表現できない残忍な施設だ。

731部隊の総責任者は石井四郎中将と知られている。しかし、実質的に権限を持って全てを指揮した人はその当時、日王ヒロヒトの末の弟である三笠宮崇仁(タカヒト)だ。彼が731部隊の将校(高等官)として服務しながら全権を振るった。

王を神とし、戦場で王のためになら命を捧げて死ぬとき日王万歳を叫んだ頃に日王の末弟とか、その権力は十分に想像出来る。そのような地位の三笠宮タカヒトが日本を離れてハルビンのその危険な生体実験場に勤めたことを見れば、日王がどれほど心血を注いだ事業なのかが分かる。

日王が先頭に立って人類を破滅のどん底に追い詰め、日本がアジアを支配するという野心を如実に表わした中で一番重要な施設がまさに731部隊だ。その時「731」部隊研究員にとって最も大きな夢は、すぐに細菌戦で成功を収めることが可能な細菌を開発することだったという。

人としてとても出来ないことで、そのために天罰を受けることだが、日本はやるべきことと感じ、日本であるから犯すことができる蛮行であったのだろう。彼らが開発したい細菌の性格は伝染率がはやく致死率を極小化しながら、代わりによく対処すれば伝染を予防できるそのような菌だった。ぴったり今のコロナ ウイルスのような細菌だ。
(中略:開発すべき細菌の特徴説明)

もちろんその細菌の開発が成功したかどうかは分からない。ペスト、コレラ、炭疽など伝染病を広めたが、新しい伝染病を広めた記録はないからだ。

731部隊の実験結果に関する記録が埋もれてしまった最も大きな理由は第2次世界大戦で日本が崩壊した当時、731部隊のすべての資料が米国に送られたためだ。そして米国はその資料について一切口を閉ざしている。自分たちが買収した事実さえ否認する。しかし、真実は皆が知っている。

米国はその資料がロシアに渡ることを防止するためと弁解するが、事実は米国がその資料に対してさらに欲を出したからだ。その資料を手に入れる条件で731部隊で生体実験を行った医者はもちろん、その責任者まで一切処罰しなかったことを見れば確実なようだ。より一層恐るべき事実は、無条件降伏しても、極刑をもってしても適切でない天下第1の戦犯ヒロヒト日王まで戦犯から除外した破廉恥な結論だ。

戦争して人類を破滅のどん底に追い詰めても、適当な口実や言い訳をし、それがたとえ人類の滅亡をもたらす様なことを犯しても、戦勝国に捧げれば補償を受ける価値があるなら、戦争を起こしても戦犯として処罰されて死なない、という悪い先例を、ひたすら米国の利益のために、人類の歴史に残してしまった。

ソース:ローカル世界(韓国語)<シン・ヨンオコラム>トランプ マスクと古代帝王習近平、そしてアベ731期-鉱害君主の知恵を懐かしがって(第3回)
http://www.localsegye.co.kr/news/newsview.php?ncode=1065582998475072

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1605529794/

続きを読む

【中央日報】 115年前の日本の大韓帝国外交権剥奪が無効である理由

1: 荒波φ ★ 2020/11/12(木) 13:31:46.48 _USER
1905年11月20日の皇城新聞に掲載された「是日也放声大哭」と国権を失った悲しみを吐露した張志淵(チャン・ジヨン)。[中央フォト]
no title



立冬が過ぎた。冬に入る時期だ。冷たい風に落ち葉が飛ばされる。落ちていく葉の痛みと残された枝の寂しさ。11月は一年の中で冬の入り口だ。同時に一時代の冬の入り口でもある。

大韓帝国の冬は11月に始まった。1905年11月18日0時ごろ、慶運宮の夜空は乙巳勒約の現場を見守った。日本の特使の伊藤博文は韓国政府に韓国外交権日本委託条約案を強要した。ついに衝撃的な勒約の話が広まった。

人心は怒った。五賊の処罰と勒約の取り消しを要求する上訴が続いた。皇城新聞11月20日の論説「是日也放声大哭」は抗日言論に火をつけた。

論説は激しかった。「四千里の領土と五百年の宗社を他人に奉献し、二千万の民を他人の奴隷にする、犬豚にも劣る」韓国の大臣を糾弾した。

「我々の二千万の奴隷になった同胞よ、生きているのか死んでしまったのか、檀紀以来四千年、国民の精神が一夜にして突然滅亡してしまったのか」と悲しんだ。

論説は「痛哉、痛哉、同胞、同胞」と叫んで終わった。

◆「是日也放声大哭」の絶叫、今でも悲痛

皇城新聞が閉鎖されると、大韓毎日申報が闘争を続けた。皇城新聞に掲載された勒約の顛末に関する記事を入手して22日から25日まで連載し、27日にはこの事件の顛末を整理して号外を出し、勒約が不当であることを布告した。

号外はそれぞれ「韓日新条約請諦顛末」という漢字の記事と、「THE MAKING OF A TREATY AND THE PASSING OF AN EMPIRE」(条約締結と帝国滅亡)という英語の記事だが、勒約の顛末に関する内容だった。

「是日也放声大哭」を英語で鑑賞したい人はこの号外を読めばよい。

ここで少し条約締結顛末の記事を見てみよう。11月11日に親書を奉呈した伊藤は、15日に高宗(コジョン)を謁見し、16日に韓国の大臣らを招請して3つの条項の条約案締結を要求した。

韓国外部(外務部)の廃止、韓国外交権の日本委託、駐韓日本公使の統監改称が主な内容だった。17日に駐韓日本公使の林権助は韓国政府の大臣を招請し、同じ要求を繰り返した。

林は御前会議の開会を要求したが、参政大臣の韓圭ソル(ハン・ギュソル)は政府会議で決める問題であり御前会議は必要ないと拒否した。

林はすぐに慶運宮に直行して大臣らに御前会議の開会を要求し、まもなく日本軍が宮廷に乱入して高宗(コジョン)の居所がある漱玉軒に進撃して銃剣で包囲した。

続いて現場に到着した伊藤は御前会議を要求したが、参政大臣の韓圭ソルは応じず、高宗も必要ないから大臣と協議すべきとして拒否すると、その場で議論し、条約案に関する文言修正と大臣一人一人の意見を受けた。韓国外部に日本軍を送り、官印を強奪して条約を調印した。

顛末を読んでみると、疑問が生じる。この日、政府会議は開かれたのだろうか。強圧的な雰囲気だったが、とにかく政府会議を通じて条約案の可否が決定されたのか。しかし政府会議が開かれたという証拠はない。

甲午改革期間の「内閣官制」もそうだったが、大韓帝国期の「議政府(ウィジョンブ)官制」によると、国際条約は議政府会議を通すと明示されている。乙巳勒約の場合、16日に日本公使館から韓国外部に条約の提案が入ってきたが、議政府会議は開かれなかった。

議政府会議とは何か。「議政府会議規定」には具体的な会議手続きが記録されている。首席大臣が開会を宣言すれば、主務大臣の議案説明と討論を経て、各大臣が可否標題を終え、首席大臣がこれを集めて多数意見に基づき自らの意見の標題を終え、閉会を宣言する。

首席大臣と主務大臣が署名した上奏案(政府原案+討論記録+可否標題)は、御押と御璽で皇帝の裁可を受けて官報に頒布される。

中央日報日本語版 2020.11.12 12:10
https://japanese.joins.com/JArticle/272219

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1605155506/

続きを読む

【日帝残滓】大韓体育会創立100周年「体育は大韓民国100年の成長・朝鮮半島に平和をもたらした」=韓国国務総理

1: 新種のホケモン ★ 2020/11/03(火) 20:38:54.67 _USER
チョン・セギュン(丁世均)国務総理3日、大韓体育会創立100周年を迎え、「過去100年、体育は大韓民国の成長と朝鮮半島に平和をもたらした」と評価した。

丁世均国務総理はこの日午後、ソウル・ソンパ(松坡)区オリンピック公園で開かれた「大韓民国体育100年記念式」に参加し、「1920年の民族体育の旗幟のもと朝鮮体育会が設立されて、1世紀が過ぎた。過去100年、体育は我々国民に感動と希望を与えた」とこのように述べた。

続けて、「限界を超える運動選手の情熱と努力に国民は大きく感動した」とし「今日の式典にご臨席賜ったファン・ウィギョン選手、キム・ギョンフェ選手をはじめとする多くの選手たちの競技を見て、ともに笑って泣いた。どのような危機も乗り越えることができるという自信と希望を持てるようになった」と述べた。

また、丁世均国務総理は「特に、88ソウルオリンピックでは、体育はもちろん、経済、文化、社会などすべての分野で大きな飛躍の機会になった。発展途上国であった韓国を世界10位圏の経済大国に成長させる足掛かりになった」とし「2018年のピョンチャン(平昌)冬季オリンピックは、朝鮮半島の平和と融合のメッセージを全世界に広く知らせた」と述べた。

WoW!Korea 11/3(火) 19:08
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/098c2156d018a76c07f10361d38167e59b01fc87

「体育は大韓民国100年の成長・朝鮮半島に平和をもたらした」=韓国国務総理(画像提供:wowkorea)
no title

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1604403534/

続きを読む

韓国の国民的小説家、趙廷来氏は「日本は日帝時代に300万人から400万人の朝鮮人を虐殺した」と主張

1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/31(土) 18:34:24.39 _USER
韓国の反日小説には日本人の想像をはるかに超えた憎悪が吹き込まれている。韓国の国民的小説家、趙廷来(チョ・ジョンレ)氏は「日本は日帝時代に300万人から400万人の朝鮮人を虐殺した」と主張する人物だ。対して趙氏を「狂気と憎悪の小説家」と批判してきたのが、日韓でベストセラーとなった『反日種族主義』の著者、李栄薫(イ・ヨンフン)前ソウル大教授ら学者グループだ。さきごろ趙氏が李氏を「新種の売国奴」と非難したことを発端に、両者の論戦が本格化した。

李栄薫グループの反撃が始まった
 はじまりは10月12日、趙氏が「李栄薫の言葉は全部ウソ」「新種の売国奴で民族の反逆者だ」と、自身の文壇生活50年を記念する懇談会で述べたことだった。

 趙氏の代表的な反日小説『アリラン』(全12巻、累計350万部。第1巻は1994年発行)には、日本人警官が朝鮮人を虐殺するなどという事実無根の場面が生々しく描かれている。懇談会で趙氏はこの描写について、「国史編纂委員会で発行された資料や進歩的意識を持つ人の書いた本を中心に明確な資料を基に書いた客観的、歴史的事実だ」とも言い切った。

 これに対し、『反日種族主義』執筆メンバーの一人で、李氏が主宰する歴史塾「李承晩学堂」の朱益鍾(チュ・イクジョン)理事(歴史学者)が、動画「趙廷来 ファシストの出現~ウソと狂気」をユーチューブチャンネルの李承晩TVで配信。反撃が始まった。

https://special.sankei.com/a/international/article/20201031/0002.html
no title

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1604136864/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード