日帝

【韓国】 日帝があちこちに植えたとされる「カイヅカイブキ」、日本特産ではなかった~個人ブログで間違いが広まる

1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/08(日) 22:05:25.84 ID:CAP_USER.net
no title

▲2014年ソウル国立顕忠園の姿。道のそばにある木がカイヅカイブキ。顕忠園はこの木を大部分ムクゲとツツジに変えた。[聯合ニュース資料写真]

(ソウル=聯合ニュース)パク・サンヒョン記者=政府は乙未事変120周年をむかえた2015年、鶏龍山(ケリョンサン)中嶽壇の前にあったカイヅカイブキ2株を切った。

カイヅカイブキは朝鮮統監部初代統監だった伊藤博文が1909年1月、大邱(テグ)達城(タルソン)公園で大韓帝国皇帝純宗と共に記念植樹した後、日帝があちこちに植えた日本特産種と知らされた。今も一部市民団体はこのような話を根拠に達城公園や国会などに残ったカイヅカイブキを除去しなければならないと主張している。

キム・ジョンウォン啓明(ケミョン)大教授と啓明大大学院で博士課程を修了したイ・ジョンア氏は韓国学中央研究院発行の学術誌「精神文化研究」最新号に掲載した論文「日帝強制占領期間のカイヅカイブキの実体」でカイヅカイブキに関する俗説が大部分虚構だると明らかにした。

論文第1著者のキム教授はまずカイヅカイブキの語源と特徴を見た。日本でカイヅカイブキ(韓国語でカイヅカヒャンナム)は「カイヅカイブキ(貝塚伊吹)」というが、横浜近隣の貝塚遺跡や名字に起因した名称と見られるとキム教授は説明した。彼は「カイヅカイブキは北米とヨーロッパに地点を置いた横浜種苗目録で1928年初めて登場する」として「それ以前までカイヅカイブキという木名は存在しなかったし、開化期に日本でイブキが香木が造景樹に積極的に利用され、生まれた商品と推定される」と主張した。

それと共に「日帝強制占領期間、韓半島植物資源に関する多くの記録物にはカイヅカイブキが現れない」として「我が国でカイヅカイブキが造景樹として広く知られたのは1970年代中盤以後」と強調した。

キム教授は生物学的特徴という観点でもカイヅカイブキを日本特産種と断定するのは難しいと説明した。カイヅカイブキは単にイブキの一種であり、イブキにまつわる歴史は日本より韓国の方が長いというのがキム教授の見解だ。

キム教授は達城公園にあるカイヅカイブキが1909年、伊藤博文が植樹したという主張の弱点も分析した。伊藤博文がカイヅカイブキを植えたという話は河井朝雄が1930年に書いた「大邱物語」に伝わる。ところが当時、達城公園の経営と美化を引き受けた三輪如鉄が1911年に出した「朝鮮大邱一班」にはこのエピソードがない。

これについてキム教授は「記念植樹日という1月12日は酷寒期だったが、根元が傷ついたまま新しいところに移植された木は厳しい寒さにさらされると必然的に枯死する」として「たとえ伊藤博文が木を植えたとしても1911年には存在しなかった可能性が高い」と強調した。

引き続き「大邱物語」には当日、達城公園にお出まして陛下ご自身の記念樹を植えた伊藤公の記念植樹があったが、今日その痕跡を探す方法はない」という文章があったが、翻訳書から抜けた」として「2000年代以降、個人ブログで誤った内容が初めて紹介され、あたかも事実のように広がった」と説明した。

キム教授は結論的に「現存する達城のカイヅカイブキ老巨樹二株は純宗と伊藤記念植樹とはどんな関連性も探すことができない」として「その上、記念植樹をしたという時期の1909年にはカイヅカイブキという植物が存在しなかった」と批判した。

彼は「史跡復元にともなう老巨樹除去と移植には対象植物に対する厳密な生態社会学的考証が必要だ」として「閉鎖的排他主義に対する便乗をろ過するのは史跡復元にとって重大な課題」と提言した。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 「カイヅカイブキはイブキ一種…日本特産種いいえ」
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/07/08/0200000000AKR20180708022100005.HTML

関連スレ:【韓国】 釜山記録館、民族精気を抑圧するとされる日帝残滓の「イブキ」を海軍作戦司令部に譲渡[03/08]2017
https://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1488964646/
【韓国】 釜山記録館に日帝残滓の造形樹・イブキ「堂々と」~韓国の大学教授「日帝が私たち民族の精気を抑圧しようと植えたもの」[01/31]2017
https://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1485829969/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1531055125/

続きを読む

【韓国】日帝が収奪で禿山にした朝鮮の山林、南北が協力して緑化の動き

1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/26(火) 13:10:40.93 ID:CAP_USER.net
日帝強制支配期の朝鮮を象徴する単語の一つに「赤い山」が広く知られた。禿山という意味だ。当時、有名な詩人オ・チャンファンは「赤い山」を次の様に書いた。「街道、街道、赤い山/街道、街道、故郷だけだ/ときおり松の森があるが/それは私の年のように幼い/街道、街道、赤い山」。

それだけ領土が荒れはてていたということだ。日帝の一方的伐木と収奪が招いた結果であった。そのうえ、6・25韓国動乱(朝鮮戦争)はいくらも残っていない山林までほとんど消した。こうしたために1950、60年代の我が国の山地は砂漠地帯を彷彿とさせた。国土の半分近くが一木一草眼に触れない荒涼とした土地だった。

その上、山の木をこっそりと切っていく盗伐が幅を利かせた。盗伐行為を「5大社会悪」として取り締まるほどだったから、山林のき損がどれほど激しかったか知ることが出来る。さらに1969年国連報告書は「韓国山林の荒廃度は非常に慢性的であり、どのような手段も使えない状況に達した」と書いた。その時期の禿山は貧困をより一層加速化させるくびきに違いなかった。

そうした韓国が今は世界で最も成功した山林緑化国家に数えられる。事実上荒れ地だった国土の65%を木で覆ったので世界の人々が驚いて感心する。「禿山の奇跡」という修飾語までついた。持続的な植樹・造林事業と山林保護政策などが産んだ効果だ。

反面、北朝鮮地域の大多数の山林は相変らず荒廃した姿だ。最近の衛星撮影写真でも明確にあらわれた。全山林の32%以上が消えたと推定されるが、これはソウルの面積の47倍に達する。南北首脳会談の「4・27板門店(パンムンジョム)宣言」を履行するため、両側の山林協力分科会が今週板門店で開かれると発表された。

協力して私たちが北朝鮮に木を植え、山林緑化技術を支援または、伝授する側面が強くみえる。しかし、南側も樹木交流のおかげをこうむることができる。例えば、私たちの固有種であるチョウセンシラベと山岳地帯針葉樹が気候変化で絶滅危機に置かれたが、これら数種を白頭山(ペクトゥサン)一帯に移して植えて「ウィンウィン」という方式だ。

山林は北朝鮮にとって切実な分野で、南北が非政治的に最も接近しやすい協力対象ということに異論はない。人道的支援に該当し対北朝鮮制裁にも抵触しない。森林協力が本格的に進行されて南北交流と平和体制構築のうっそうとした森を成し遂げていければ良い。

ク・シヨン論説委員

ソース:国際新聞(韓国語) [道聴塗説]南北山林協力
http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=1700&key=20180626.22030012450

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529986240/

続きを読む

【韓国】日本が覆ったコンクリートはがしに20年、弥勒寺址石塔の修理完了

1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/21(木) 21:49:23.83 ID:CAP_USER.net
no title


 「東アジア最大規模の石塔」として知られる全羅北道益山市の弥勒寺址石塔(国宝第11号)が、20年にわたる修理作業を終えて20日、姿を現した=写真左=。

西暦639年(百済武王40年)に建立された弥勒寺址石塔は、西側が一部崩れてコンクリートで補修された状態で残っていたが、1998年から修理作業に入っていた。

右の写真は解体直前の2001年に撮影されたもので、後に部材をすべて解体・洗浄した。もともとこの塔は9重だったと推定されているが、無理な推測・復元を避けるため、塔が最後にとどめていた形態である6重まで復元した。

復元された塔は高さ14.5メートル、幅12.5メートル、重さ1830トンで、今年12月に一般公開される。

益山=ユ・ソクジェ記者

関連写真(別ソース:インサイト):
no title


ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<日本が覆ったコンクリートはがしに20年、弥勒寺址石塔の修理完了 /益山>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/21/2018062100847.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529585363/

続きを読む

日帝に5ドルで奪われた大韓帝国公使館、113年ぶり太極旗

1: たんぽぽ ★ 2018/05/16(水) 17:10:38.31 ID:CAP_USER.net
米ワシントンのホワイトハウスから北東に約1.4キロ、ロータリー「ローガンサークル」の上側の出口にビクトリア様式の地下1階、地上3階の赤いレンガの建物が見える。13番街1500番地。旧韓末の1889年、外交官が初めて入居した130年前の姿をそのまま復元した在米大韓帝国公使館だ。1910年に日本にわずか5ドルで奪われた建物を2012年に350万ドルで取り戻し、6年かけて徹底的な考証と復元工事を終えた。近代の対米外交を象徴する歴史遺跡記念館として22日に正式に開館する。

14日(現地時間)に訪れた公使館は、建物の前の交通信号や表示板を除けば昔の写真とほとんど違わなかった。太極模様が入った紺色の鉄製の玄関もそのまま再現された。建物の右側の駐車場跡には花柄が入った塀と不老門を設置し、平らな石を置いて小さな韓国式庭園を新しく作った。

公使館には無力な小国朝鮮の挫折と亡国の悔恨が染み込んでいる。1888年1月、初代公使の朴定陽(パク・チョンヤン)は赴任当時、「フィッシャーハウス」と呼ばれる近隣15番街の一般住宅に借りて暮らした。朴公使は朝鮮の自主外交を阻もうとしていた清の圧力にもかかわらず、クリーブランド大統領に単独で会って高宗(コジョン)の国書を伝えたことで、翌年、袁世凱に呼ばれた。その後、第2代の代理公使、李夏栄(イ・ハヨン)が現在の公使館に移った。高宗は朝鮮の自主性を見せようと1891年当時、皇室資金の内帑金の半分にあたる2万5000ドルを投入し、公使館の建物を取得した。海外公館のうち唯一の朝鮮政府所有の建物だった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.joins.com/article/423/241423.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526458238/

続きを読む

【韓国】「鉄道の日」は日帝の残滓? 韓国政府が日付を変更へ

1: たんぽぽ ★ 2018/05/09(水) 06:27:21.56 ID:CAP_USER.net
 法で定められた記念日「鉄道の日」が81年ぶりに9月18日から6月28日に変更される。韓国政府は8日の閣議で、「鉄道の日」の変更に関する「各種記念日などに関する規定」の改正案を議決した。従来の「鉄道の日」は、韓国初の鉄道となった京仁線の鷺梁津-済物浦区間の開通日(1899年9月18日)を記念する日として1937年に制定された。当時は「鉄道記念日」だったが、1964年に「鉄道の日」に改められた。

 これまで韓国政府内では、行政安全部・国土交通部(いずれも省に相当)を中心に「鉄道の日は日本帝国主義の残滓(ざんし)なので日付を変更すべき」との意見が出ていた。「京仁線は、日本が韓半島(朝鮮半島)侵奪のために建設した鉄道であり、その開通日を記念するのは不適切だ。最初に制定されたのも日本による植民地時代だったため、(日付を)変更すべきだ」というわけだ。この日、政府が新たに指定した「鉄道の日」は、甲午改革(1894年)当時、大韓帝国鉄道局が創設された日(1894年6月28日)だ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/08/2018050803260.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1525814841/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング



QRコード
QRコード