飲食

女子高生4人がダッカルビ食べ腹痛 食中毒で京都市の韓国料理店を営業停止

1: 鴉 ★ 2019/09/19(木) 20:52:01.34 ID:CAP_USER.net
 京都市は19日、山科区上野御所ノ内町の飲食店「韓国料理 ハナ トゥル セ」で食事をした大津市の高校3年の女子生徒4人=いずれも(17)=が下痢や腹痛などの症状を訴え、全員の便からカンピロバクター菌を検出したと発表した。市は食中毒と判断し、同日から3日間の営業停止処分とした。
 市によると、4人は8日夕、蒸し鶏のサラダやチーズダッカルビなどを食べた。全員軽症で、入院はしていないという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00000021-kyt-soci
女子高生4人ダッカルビ食べ腹痛 韓国料理店を営業停止

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1568893921/

続きを読む

【韓国】蚕を食べると認知症の予防に効果 農村振興庁が発表 健康食品化へ

1: 鴉 ★ 2019/09/18(水) 19:33:51.05 ID:CAP_USER.net
https://livedoor.blogimg.jp/warakan2ch/imgs/5/8/58f7c819.jpg(蚕画像閲覧注意)


蚕がアルツハイマー認知症の予防に効果があるという研究結果が出た。

農村振興庁は「ホンジャム(弘蠶)」がアルツハイマー認知症の予防に効果があるという事実を
翰林イルソン生命科学研究所との研究を通じて確認したと18日、発表した。

「ホンジャム」は、蚕が完全に育った繭状態直前の「熟した蚕(スクジャム)」を水蒸気で蒸して凍結乾燥したものをいう。

ホンジャムは、タンパク質とアミノ酸、オメガ3脂肪酸をはじめ、フラボノイド、ポリフェノールなど様々な機能成分が含まれている。

研究チームは、アルツハイマー病や認知症の遺伝子を持つマウスにホンジャム(粉末)を50週間与えた後、ベータ - アミロイドの脳蓄積量を確認するための研究を進めた。

その結果、ホンジャムを食べていないラットの脳には、ベータ - アミロイドが多く蓄積されたが、ホンジャムを食べたネズミは、通常のマウスと同様に全く蓄積されていないことが分かった。

農村振庁の関係者は、「アルツハイマー認知症は、高齢化した脳にベータ - アミロイドタンパク質が積もりながら発生する病気」
「ホンジャムを食べたラットがこのベータ - アミロイドタンパク質をためなかったのは、ホンジャムがアルツハイマー認知症の予防に効果があることを示している」と説明した。

研究チームは、アルツハイマー病、認知症の遺伝子を持つマウスの行動学的特性についても研究した。

その結果、ホンジャムを摂取していないマウスは、近くの人や物に興味が少なく、気性が激しくなり、不快な条件の下での姿勢調節能力が低下するなど、認知症の典型的な特徴を示した。

一方、ホンジャムを食べたマウスは、近くの人や物に好奇心が旺盛で、新しい道をよく見つけるなど記憶力が高いことが分かった。 他のマウスと争いなく円滑に過ごし、姿勢調節能力が優れていて、認知症や関連症状がほとんど発症されないことも確認された。

これと共に短期記憶上、実際に投与し観察した結果、ホンジャムを摂取していないマウスは直前に起こったことをよく覚えていなかったが、ホンジャムを摂取したマウスは直前に起きたことをよく覚えて対処する様子が観察された。

農業振興庁は今回の研究結果について国内外に特許出願を終えた。

またホンジャムを利用した認知症予防のための健康機能食品の研究を進めている。

京郷新聞:韓国語
http://m.biz.khan.co.kr/view.html?artid=201909181107011&code=920100

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1568802831/

続きを読む

【コリアキムチフェス】5カ国で開催 東京は11月10日 多くの人が飲食店でキムチを味わえるようにするキャンペーンも計画

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/09/08(日) 14:02:49.75 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】韓国農林畜産食品部は8日、欧米とアジアの5カ国で今月から「コリアキムチフェスティバル」を開催すると発表した。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産になっている「キムジャン(越冬用のキムチ漬)文化」を世界に広めるための行事。

3回目となる今年は今月14日の米サンフランシスコを皮切りに、10月19日に仏パリ、同25~27日にベトナム・ハノイ、11月10日に東京、同15~16日にソウルで開催する。

 同部は各地の料理教室と協力し、キムチを使った料理のコンテストや料理講座などを実施。現地メディアにキムチのおいしさや栄養豊富な発効食品だということを広報する。

 交流サイト(SNS)で消費者も参加できるコンテンツやキムチ関連報を提供するほか、多くの人が飲食店でキムチを味わえるようにするキャンペーンも計画している。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190908000500882?section=society-culture/index
聯合ニュース 2019.09.08 13:52

no title

2017年11月にパリで開かれたフェスティバルで参加者がキムチづくりをしている(MBC提供)=(聯合ニュース)

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1567918969/

続きを読む

韓国、パプリカなど日本依存度高い農食品の輸出多角化へ

1: 荒波φ ★ 2019/09/02(月) 14:06:15.95 ID:CAP_USER.net
韓国農林畜産食品部は韓国農食品の輸出をさらに拡大するため「下半期農食品輸出促進対策」を本格的に推進すると2日、明らかにした。

韓国農林畜産食品部は下半期の輸出促進対策として▼農食品輸出市場多角化の重点的推進▼韓流・オンライン活用K-Foodマーケティング効果の最大化--など推進戦略を用意した。

まず、農食品輸出市場の多角化を重点的に推進する。特定国に輸出が集中する品目とタマネギなど過剰生産された品目の輸出国家多角化を支援し、新南方・新北方新規市場の開拓を重点的に支援する。

日本に輸出が集中しているパプリカは台湾や香港の大型流通店販促を支援し、トマトはシンガポールなど外食業界の需要を発掘して輸出を多角化する計画だ。

また、韓流・オンライン活用K-Foodマーケティング効果を最大化する。

韓流文化の影響力が相対的に大きい東南アジアと米国では韓流を活用した消費者マーケティングを重点的に推進し、日本と中国では輸入業者対象のマーケティングに集中するなど対象国に合わせた戦略的な韓流マーケティングを推進する。

農食品部のナム・テホン食品産業政策官は「下半期は輸出促進対策を支障なく推進し、対外的に厳しい輸出環境を乗り越え、今年の輸出目標77億ドルを達成するために力を注いでいきたい」と述べた。


2019年09月02日13時29分 [中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/191/257191.html?servcode=A00&sectcode=A10

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1567400775/

続きを読む

【クックパッド】日本は3度目の韓流ブームのさなかにある 日本人が「韓国グルメ」に何度もハマる理由

1: 鴉 ★ 2019/09/01(日) 23:23:12.78 ID:CAP_USER.net
“3度”あった韓流ブーム


日韓の政府同士の関係は急速に悪化しているが、ここ3年ほど、日本は3度目の韓流ブームのさなかにある。コリアンタウンとして有名な東京・山手線の新大久保駅は、週末に入出場が制限されることがあるほど混雑した時期もある。最初の韓流ブームが来た2000年代前半にも、新大久保の町は女性たちであふれていたが、その頃は駅から自由に出入りできないほどではなかったと思う。

ヒートアップしたのは、TWICEなどのアイドルグループの人気から始まった、若い世代が中心のブームだからかもしれない。また、新大久保は、本格的なアジア圏の飲食店や食材店が充実した町でもある。そういう店が目当ての人もいるだろう。

ブームは3度目だが、韓国料理のブームは2度目と言える。少女時代、東方神起などのミュージシャンたちが人気になった2010年頃は、特に料理が注目されなかったからだ。その意味で、2度目のブームは広がりが少なかったと言えるかもしれない。

最初のブームと今のブームの食の違いを比べると、時代の変化が分かる。最初のブームはきっかけが三つあった。一つ目は、2002年にサッカーの日韓ワールドカップ共催があり、韓国や韓国文化への関心が高まったこと。日本の一次リーグ突破という快挙もあり、盛り上がっていたところへ2003年、NHKのBS2で運命的な悲恋を描いた連続ドラマ『冬のソナタ』の放送が大ヒット。三つ目が、2004年に『宮廷女官チャングムの誓い』(NHK BS2)がヒットしたこと。こちらは、李氏朝鮮時代の宮廷で料理を担当した女官が主役。その料理の描写に注目が集まった。どちらも人気を受けて、地上波でも放送されている。

NHKの『きょうの料理』は、くり返し韓国料理を特集。巷でも韓国料理が流行った。それまで日本で知られていた韓国の食文化といえば、焼き肉にキムチぐらい。それがブームの結果、ビビンバ、冷麺、チヂミ、サムゲタン、ナムルその他さまざまな韓国料理が知られるようになった。

『宮廷女官チャングムの誓い』が、薬食同源を重んじる料理をたくさん紹介していたこともあり、韓国料理はヘルシーというイメージが広がった。意外に辛くない料理が多く、野菜をたくさん使っていて食べやすい。

羽田―ソウル間のフライト時間が2時間半と、国内並みに近いこともあり、噂では週末に韓国へ飛び、食材を買い出しする人も多かったらしい。

今回の人気食メニューは「ビジュアル重視」


今回のブームは、平成が終わる2018年頃から火がついた。女子高生などの間で韓国風の化粧やファッションが流行っている。人気の料理は、肉野菜炒めにピザ用チーズをのせたチーズタッカルビ、棒状の揚げパンにチーズを入れたチーズハッドグ。また、牛乳を混ぜた氷を細かく削り、きな粉やココアなどをまぶしてケーキのようにデコレーションした韓国式かき氷・パッピンスなどだ。

並べてみると、今回ブームになっている料理はいかにも10代にウケそうな、カロリーが高くビジュアル重視の傾向が強いことがわかる。

流行が日本にも飛び火する。そのぐらい韓国は近い国になっているのだと思うと、隔世の感がある。

私が子どもだった1970年代、韓国は独裁政権下にあり、日本に来た政治家の金大中が突然失踪するなど不穏な事件もあった。もちろん今も、韓国とは領土問題や従軍慰安婦問題などで政治的な火種を抱え、貿易摩擦が発端で政府同士の対立は大きくなっている。残念な嫌韓ブームもある。

しかし、こんな風に20年の間に3度もブームが起き、両国間の行き来も活発になった。「近くて遠い国」と言われた時代は遠ざかったのではないだろうか。

2016年、訪日外国人数で韓国は2位。1年間で約509万人にもなる。一方、日本人の渡航先は、2018年のトップは韓国で、約295万人。行き来がトップレベルの国なのだ。さらに新旧の在住者たちがいる。韓国では日本式のパン屋がブームになっている。日本では韓国の若者に人気の食べものがヒットしている。また、韓国には日本の小説が翻訳されて書店に並び、日本では韓国小説ブームが起こっている。

私たちのブームがやがてムーブメントとなり、お互いが大切であることを政府に気づかせるきっかけにならないか、と密かに願っている。

クックパッドニュース
https://news.goo.ne.jp/article/cookpad/life/cookpad-33422.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1567347792/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント


PCのみのカウントです。参考程度に
全ランキング



QRコード
QRコード