飲食

【韓国】給食の魚から寄生虫「アニサキス」 流通業者、下処理せずにタチウオ納品

1: ねこ名無し ★ 2017/10/21(土) 09:33:28.08 ID:CAP_USER.net
京畿道議政府市内の高校の給食で、タチウオの煮物から寄生虫「アニサキス」が見つかった。

教育当局が20日に明らかにしたところによると、16日に給食を食べていた生徒がタチウオの煮物の内蔵から糸のように絡まった寄生虫を発見、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に写真を掲載した。

この寄生虫はクジラ類などの海生哺乳(ほにゅう)類の内蔵に主に寄生するアニサキス(anisakis)であることが判明した。アニサキスが人体内に入ると腹痛や下痢の症状「アニサキス症」を発症することがある。

タチウオの納品業者は内臓を取り除き、切り身の状態で給食の食材として納品することになっているが、問題のタチウオの内蔵は適切に処理されていなかったことが分かった。

同日は教職員約200人と生徒約1000人が給食を口にしたが、アニサキス症を発症した人はいなかったという。この高校では、タチウオの納品業者と食品加工業者に契約中止を通知し、今年の入札にも参加できないようにした。

議政府=権祥銀(クォン・サンウン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/21/2017102100440.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508546008/

続きを読む

辛いタコ炒めに赤ワイン!? 韓国人は西洋の人たちが嫌がるこの組み合わせを楽しむ独特な民族

1: ねこ名無し ★ 2017/10/17(火) 04:22:19.27 ID:CAP_USER.net
辛い料理と赤ワインは最悪の組み合わせ、というのが世界のワイン業界の常識だ。しかし、唐辛子と焼酎に慣れ親しんでいる韓国人は、西洋の人たちが嫌がるこの組み合わせを楽しむ、独特な民族だという主張が提起された。

最近、国際的な学術誌「Beverages」に掲載されたワインコラムニスト、キム・サンミさんの論文によると「韓国人はテナガダコ炒めなど辛いメニューと赤ワインをペアリングすることで、口の中が燃えるような感じを楽しんでいる」という。

この論文は、キムさんが4年前に英国のオックスフォード・ブルックス大学で書いた修士論文「韓国料理とワインのペアリング基準開発のための研究」だ。

no title


ワインの中でも特に赤ワインはタンニンが多く含まれている。タンニンの苦味、渋味は辛味をよりいっそう強調する。西洋の人たちはこの感じを「口の中が火事になったようだ」として嫌がる。

韓国料理には辛い味だけでなく、キムチ、みそ、唐辛子みそ、魚醤、塩辛などさまざまな発酵食品のほか、スープや鍋といった熱い汁を味わう料理が多い。どれもワインをきちんと味わうのは難しいメニューばかりだ。一部の西洋人が韓国料理のことを「ワインキラー(wine killer)」と呼ぶのはこうした理由からだ。

キムさんはある程度ワインの知識を持っており、一定量のワインを飲み続けている韓国人の男女138人を対象にアンケート調査を実施した。キムさんは甘味、酸味、塩味、苦味、辛味のある韓国料理を提示し、これらのメニューに合うワインを勧めるようにさせた。

調査の結果、甘味、酸味、塩味、苦味の場合は西洋の人たちと特に変わりがなかったが、辛味については全く異なる現象が見られた。

西洋では、辛い料理には白ワインやスパークリングワインなどタンニンが相対的に少なく、冷やして飲むワインで辛味を緩和させようとする。

しかし、韓国人回答者たちは豚肉ピリ辛炒めに赤ワインを合わせるという回答が97人(70.3%)で、このうち87人はタンニンの含有量が中間より上の赤ワインを選択した。テナガダコ炒めに赤ワインを合わせるという回答は58人(42.0%)、トッポッキ(餅の唐辛子みそ炒め)めに赤ワインを合わせるという回答は42人(30.4%)だった。

キムさんはこうした調査結果について「韓国人だけに見られる特殊なペアリングだ」と語った。ほかの国に比べ、辛い料理に赤ワインを合わせる比率が著しく高かったという。

キムさんは「韓国人は辛味をワインのペアリングにおける深刻な障害とは考えていない。辛い料理と赤ワインを一緒に味わうとき、口の中が燃えるような感じを楽しむ韓国人消費者たちが存在することを立証している」と分析している。

韓国人はなぜ、口の中が燃えるような感じを好むのだろうか。キムさんは「刺激的な料理(つまみ)を食べながら焼酎を飲むのに慣れている韓国人は、ワインを飲むときも焼酎のように強い感じを期待する」とみている。

キムさんはまた「アジアの人たちは、タンニンが大量に含まれており、苦味があるお茶類をよく飲んでいるほか、ほろ苦い野菜をたくさん食べているため、西洋の人たちに比べタンニンに強いのかもしれない」と語った。

キム・ソンユン記者

http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/16/2017101601586.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508181739/

続きを読む

【韓国】ネスレ日本、ネスレコリアと共同でキットカットの高級品店をソウルにオープン 海外に出店するのは今回が初めて

1: ねこ名無し ★ 2017/10/17(火) 02:01:37.93 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】ネスレ日本は16日、ネスレコリアと共同でチョコレート菓子「キットカット」の旗艦店を26日に韓国・ソウルの新世界百貨店江南店にオープンすると発表した。

キットカットの専門店が海外に出店するのは今回が初めてで、店舗では10種類以上の高級品を扱う。今後、オンラインストアもオープンする予定で、ほかのアジア地域にも展開していく計画という。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/16/2017101602109.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508173297/

続きを読む

【韓国】大韓帝国皇室の晩餐メニューはフォアグラとトリュフ。メニュー開発チーム「フランスのレシピを参考にして開発した」

1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/12(木) 18:20:19.30 ID:CAP_USER.net
大韓帝国皇室の晩餐メニューはフォアグラとトリュフ

大韓帝国宣言から120周年を迎えて、高宗(コジョン)皇帝が外国大使をもてなした洋風宴会が11日に再現された。フォアグラとトリュフなど、最高級食材で作られた本格的なフランス式ディナーだった。

同日、ソウル中区(チュング)にあるウェスティン朝鮮(チョソン)ホテルで開かれた再現イベントで公開された皇室正式晩餐メニューは、12のコース料理だった。クネルコンソメ(肉団子を入れた透明なスープ)、キジの胸肉ブドウ料理、フォアグラパテ(肉、魚、野菜をすりおろして、中に入れたクリスピーパイ)、牛肉ヒレ・トリュフ焼き、ラムステーキ…。皇室を象徴するスモモの花柄の食器と献立も再現された。

19世紀は、フランス式ディナーが世界的習慣だった。メニューもフランス語で書かれた。朝鮮人の使用人が大きなボウルに料理を盛って客に見せた後、個々の皿にサービングした。

同日、朝鮮ホテルのユ・ジェドク・メニュー開発チーム調理場(50)は、「このようによく整備されたフランスのディナー文化が、大韓帝国時期に定着しているとは想像もできなかった」とし、「19世紀のフランスのレシピと国立故宮博物館に保管されているアイスクリームモールド、調理器具などを参考にしてメニューを開発した」と話した。

近代化の流れに積極的に合流しようとした大韓帝国は1887年、日本を皮切りに米国、英国、ドイツ、ロシア、フランスなどと国家間条約を交わして、西洋文化を受け入れた。外交関係も各国の公使が国内に長期間滞在する形に変化した。儀典は西洋の格式と伝統礼節を折衝した方式だった。キャビア、鮭、コーヒーなど、国内で生産されない食材も輸入して使用した。

大韓帝国皇室の洋風宴会料理の再現事業は、文化財庁、文化遺産国民信託、新世界(シンセゲ)朝鮮ホテル、培花(ペファ)女子大が今年5月に業務協約を交わして進めてきたプロジェクトだ。培花女子大伝統調理科のソン・ジョンウ教授チームの研究を基に、朝鮮ホテルの調理チームが調理法を開発した。

ソン教授は、「大韓帝国は宮廷料理の最後の系譜であり、西洋料理を受け入れた食文化のターニングポイントになった時期だ」とし、「今回のプロジェクトはこれまでないがしろにされてきたこの時期の食文化研究に寄与した意義がある」と語った。

ソース:東亜日報 October.12, 2017 09:27
http://japanese.donga.com/List/3/08/27/1087802/1
no title

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507800019/

続きを読む

【韓国】今も韓国に流入する中国産汚染食品、今月8日に輸入された味付け卵から、基準値の2800倍の細菌が検出された。

1: らむちゃん ★ 2017/10/06(金) 20:11:59.32 ID:CAP_USER.net
朝鮮日報2017年10月6日 5時8分
http://news.livedoor.com/article/detail/13710486/

 「腐っているものがないか目で確かめ、鼻でもかいで、まずは五感で確認します」


 韓国・仁川南港の埠頭(ふとう)近くにある冷蔵倉庫では9月12日、前日に運び込まれた中国産キムチ2400箱が山積みになっていた。京仁地方食薬庁の検査官が包装されたキムチのうち5箱を手際よく開けた。食品医薬品安全処(食薬処)による検査方式は▲倉庫で現物をチェックする現場検査▲輸入申告書が基準を満たしているか調べる書類検査▲検体を集め、残留農薬などを分析する精密検査??などに分かれる。しかし、人手や予算の問題で精密検査まで行う割合は全体の23%(昨年時点)にすぎない。残る77%に「防腐剤キムチ」などの問題食品が含まれていた場合、それが国民の食卓に上る可能性がある。国産よりも安い中国産キムチは2014年に21万2644トン、15年に22万4048トン、16年に25万3973トンと輸入が増えている。


■鶏卵から基準値の2800倍の細菌検出

 中国産食品の問題はこれまでも続発していた。2008年にはメラミン粉ミルク、05年にはまたカイトグリーンを含むウナギと寄生虫卵キムチ、00年には鉛を含むワタリガニが問題となった。韓国ギャラップが先月、成人1004人を調査した結果、「中国産食品は安全だ」との回答は7%にとどまった。実際に中国産食品の問題は現在進行形だ。


 食薬処のポータルサイト「食品安全の国」に公開された中国産の「不適合」食品の内訳を見ると、今月8日に輸入された味付け卵から、基準値の2800倍の細菌が検出された。7月に輸入された中国産の味付け済みエゴマの葉からは大腸菌が基準値の32倍検出された。食薬処の発表によれば、最近明らかになった「殺虫剤卵」は一度に126個食べても問題がないほど危険性は低いが、それよりも危険な食品が韓国に輸入されかけたことになる。済州大医学部のイ・グンファ教授は「大腸菌が多く検出されたのは、製品の衛生管理がなされていないことを示している。病原性大腸菌の場合、出血性腸炎や溶血性尿毒症症候群など致命的な感染を引き起こすこともあり得る」と警告した。

(全文は配信先で読んでください)

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507288319/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング