飲食

日本で韓国産のりが大人気!輸出急増で史上最大規模に「日本人にとっての韓国のイメージは、のり?」

1: ガラケー記者 ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 18:01:53.94ID:CAP_USER.net
2017年5月21日、韓国・聯合ニュースは、日本で韓国産のりの人気が高まっている現状を伝えた。

韓国海洋水産部によると、17日に東京で開催された日本向けのりの輸出入札・商談会で、韓国産のり5億2500万枚、金額にして438億ウォン(約43億7000万円)規模の輸出契約が成立した。これは昨年の264億ウォン(約26億3500万円)から約66%の大幅な伸びで、契約としては史上最大規模となる。この商談会は1995年から毎年韓国水産貿易協会と日本ののり関連5団体が共同開催し、今年で23回目を迎える。

記事は「日本では最近、のりの生産者数減少に伴い、国産のりの価格が上昇していることから、韓国産のりの人気が高まっているものとみられる」と分析している。実際、昨年の日本向けのりの輸出実績は一昨年より約52%増の877億ウォン(約87億4400万円)を記録しており、日本へののり輸出国の中ではシェア22%に達している。また日本は、韓国にとっての最大ののり輸出先だ。

海洋水産部関係者は「今後、より多くの企業が入札・商談会に参加するよう関連支援と広報に努める計画」とし、「日本を含む主要国との通商交渉進行時、韓国の水産物輸出に有利な環境を作るために最善を尽くす」と述べた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「そういえば、私の知り合いの日本人も韓国のりを好む人が多い」「日本人のおじいちゃんに韓国のりをプレゼントしたら、本当に喜ばれた」「日本人が韓国と聞いて最初にイメージするのがのりだと聞いたことがあるよ」など、自身の経験からも日本で韓国のりが好まれていることを伝えるコメントがみられた。

また、「同じのりなのに、何が違うんだろう?」「採る場所によってのりにも違いがあるだろうから、日本で採ったのりを加工しても韓国のりにはならないだろう」など、日本産のりとの違いに関連した意見もあった。

その他、「日本のビールや日本のラーメンを見てみろ。結局、韓国は日本から輸入する食品の方が多いと思う。のりの輸出が増えたからといって喜んでいてはいけない」と、韓国にあふれる日本産食品に言及した意見や、「こんなことを公にされたら、韓国でのりの値段が上がってしまう」と懸念するコメントもあった。
Record china
2017年5月23日(火) 16時30分
http://www.recordchina.co.jp/b178862-s0-c20.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495530113/

続きを読む

韓国料理を2017年までに世界五大料理に!平昌五輪を控え韓国政府が大金投じた事業の成果は?

1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 11:07:07.70ID:CAP_USER.net
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177614&ph=0

2017年5月18日、韓国・KBSは、韓国政府が2008年に宣言した「韓国料理のグローバル化」の現状を伝えた。

来年開催される平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控え、韓国外食業界では外国人観光客を迎える準備が加速している。記事が伝えた「韓国料理の講義」に集まったのは、韓国料理店の社長たちだ。講義のテーマは手軽に楽しめる「モダン韓国料理10選」。この講義で教壇に立った韓食財団理事長は、丸鶏に餅米などを詰めて煮た韓国の伝統料理サムゲタンを外国人向けにアレンジした新たな料理「ロールサムゲタン」を紹介した。あらかじめ骨を除いた鶏肉で餅米をくるくると巻いたもので、手で骨を取り除く必要がない。

市井の店でも、外国人客向けにすべて立食スタイルに変更したり、外国人に人気のカルビ料理のソースの種類を増やしたりと、さまざまな試みが進んでいる。

しかし記事は、08年に政府主導で始まった韓国料理グローバル化事業で「韓国料理を世界に知らしめることには成功したが、実績が伴っていない」と指摘する。同事業では、餅を甘辛く煮込んだ「トッポッキ」のほかキムチ、マッコリ、ビビンパが世界に売り出すべき代表品目に指定され、これまで1600億ウォン(約160億円)の予算が投入された。しかしキムチの輸出量は直近3年間で22%減少、また今年までに海外の韓国食堂を4万店にするとした目標達成には程遠く、「韓国料理を世界五大料理に育成する」との政府の目標は達成が難しいようだ。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「韓国料理がおいしければ、ピザやハンバーガーのように客が自ら求めてくるはず」「無理にグローバル化を推進してもうまくいくわけがない」「予算の無駄遣いだった」「キムチは外国人には受けないんじゃない?」など、否定的な意見が寄せられた。

また、「部隊(プデ)チゲ(ハムやソーセージ、野菜、豆腐などを辛味スープで煮込んだ料理)も外国人には人気があると思うけど、韓国が苦しい時代にできた料理だから広めなかったのかな?」との声もあった。

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495246027/

続きを読む

【韓国】海辺の町にコーヒーの香り 平昌五輪で外国人観光客誘致

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/05/19(金) 22:47:46.90ID:CAP_USER.net
 2018年平昌冬季五輪で氷上競技が行われる韓国北東部の江陵。日本海を望む美しい海岸で知られる観光地で、近年、おしゃれなカフェが集まる「コーヒーの町」としても注目されている。

 地元関係者は五輪を機に韓国を訪れる外国人観光客も呼び込みたい考えだ。

 ソウルから車で約3時間。見渡す限り広がる青い海と白い砂浜に沿うように、道路が約500メートルにわたって緩やかな弧を描く。「安木コーヒーストリート」と呼ばれる通りには、海を見下ろしながらコーヒーを楽しめる2、3階建てのカフェがずらりと並んでいる。

 「週末には多くの観光客で席が満杯になる」と地元大手「コーヒーカッパー」のムン・ヒョンミ店長。五輪を来年に控え、町では来訪者の増加に期待が高まる。

 ムン店長によると、海を見ようと多くの人が立ち寄ることから、00年ごろから徐々にカフェが営業を始めた。

 地元もコーヒーを使った町おこしに乗り出し、09年から「コーヒーフェスティバル」を毎年開催。「カフェの町」として知られるようになり、カフェ目当ての客も増えていった。

 屋上のテラスから海を見渡せる人気店「キクロスコーヒー」にソウルから友人2人と訪れたホテル従業員、キム・ヘジュさんは「(写真共有アプリの)インスタグラムで話題になっていたので来た。心が癒やされた」と満足そうに話す。

 ただ、街頭の看板や店のメニューは韓国語表記だけのものが目立つ。外国人観光客の受け入れ態勢の整備が今後の課題といえそうだ。(江陵 共同)

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170516/mcb1705160500014-n1.htm

no title

眼下に白い砂浜と青い海が広がる「キクロスコーヒー」の屋上=4月、韓国・江陵(共同)

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495201666/

続きを読む

【お酒】ハイト眞露、第3のビールで日本のコンビニ『ローソン』と輸出契約

1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 10:50:15.12ID:CAP_USER.net
(写真)
no title


ハイト眞露(ハイトゥジンロ)は15日、日本の大手便宜店(コンビニ)『ローソン=Lawson(ロソン)』
と、第3のビール(メクジュ=麦酒)の輸出契約を締結したと明らかにした。

ローソンと輸出契約を結んだ第3のビールは『ゴールドマスター(コルドゥマスト)』というブランドで、
ローソンのPB(Private Brand)製品である。ラインナップはレギュラーと糖質70470ff(糖分を70%
減らした製品)の2種類で、350ml缶と500ml缶の二つの容量である。アルコール度数はレギュラー
が6%、糖質70260ffは4.5%だ。この製品は先月25日から日本国内の1万2000店のローソン便宜店
で販売されている。

ハイト眞露は4月に21万箱(350ml×24缶)を輸出して、今年は合計200万箱の輸出を目標にして
いる。

第3のビールは少量の麦芽を含んでとうもろこし、米、豆などの副原料にアルコールを使って
ビールの味を付けたリキュール製品である。麦芽の割合によって酒税を差別適用する日本では、
第3のビールの酒税が一般ビールの半分以下で安いだけでなく、品質も良くて人気を呼んでいる。

第3のビールが日本に初めて登場したのは2004年である。当時日本ビール類市場で第3の
ビールの比重は4.8%だったが、日本の消費者の人気を集めて急成長した。日本の主要ビール
会社がこの市場に全て参入、大型流通会社も様々な新製品を発売して、去年は第3のビールの
比重が35.5%に達した。

ハイト眞露は第3のビールが初登場した2004年、海外企業では最初に日本に第3のビールを
輸出し始めた。ハイト眞露が昨年日本に輸出した第3ビールは、約3800万ドルの規模だ。

ハイト眞露の関係者は、「第3のビールが登場した初期から輸出するほど、日本のバイヤーに
技術力を認められている」とし、「これを基に最近、韓国内でも発泡酒・フィライト(ピライトゥ)を
発売して、消費者から注目されている」と話した。

ソース:NAVER/マネートゥデー(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0003872469

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494813015/

続きを読む

海外で韓流食堂を開く韓国人が急増、一方で詐欺など問題も

1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 09:04:49.91ID:CAP_USER.net
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=160651&ph=0

2017年5月10日、韓国経済新聞はこのほど、韓国の人気テレビ番組の影響から、海外で韓流食堂の開業ブームが巻き起こっていると伝えた。

韓国では最近、ベテラン女優ユン・ヨジョンらがインドネシア・バリ近隣の島に「YOUN’S KITCHEN」という小さな食堂を運営するストーリーを描いたバラエティー番組「ユン食堂」が人気を呼んでいる。この人気を受け、インドネシアでは韓国料理店の開業ブームが起こっており、流通業界の関係者には「インドネシアで韓国料理の材料の供給を受けたい」という問い合わせが急増したという。

韓流ブームを利用した海外での韓国料理店開業の熱気も高まっている。定年退職を控えた会社員のチョンさん(58)は、2年前からタイ・バンコクで韓国料理店を開く準備をしているそうで、「2年前には『海外で韓国料理の店を開きたい』と言っても冗談だと思われてしまったが、最近は周りでも積極的に海外での開業を考える人が増えた」と話す。

実際、海外での韓国料理店の数はここ数年で急増している。今月初めの農林畜産食品部と韓国料理財団の調査によると、海外12の主要都市・地域(北京、上海、重慶、香港、台湾、ジャカルタ、ホーチミン、シンガポール、バンコク、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京)の韓国料理店は、2014年の5368店から昨年は7829店と、2年間で46%も増えたことが分かった。

それに伴い、現地の「開業ブローカー」も増加している。外国人はビザの取得が困難なため、現地で同業者やブローカーを探すことになるが、相談料の持ち逃げなど被害が相次いでいるという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「『ユン食堂』は1日に20皿売って大喜びで店じまいする『ショー』であって、生活がかかってたらとっくにつぶれてるんじゃない?」「編集がうまいから客が多そうに見えるだけ。実際は店の維持も難しいだろう」とテレビと現実を冷静に見つめるコメントや、飲食店経営の経験者などから「周りからは簡単そうに見えるかもしれないけど、思ったよりお金もかかるし失敗する確率も高い」「『私も私も!』と皆が集まれば身を滅ぼしかねない。しっかり計画を立ててから行くべき。成功を祈る」といったアドバイスが寄せられている。

その他、「海外では(同じ)韓国人に気を付けなければならない」「海外に出たら気を付けること。一つ目は近づいてくる韓国人。二つ目は様子を見守る韓国人。三つ目は遠くにいる韓国人。そして最後は大使館」「詐欺100%!。東南アジアの人たちを信じては駄目。知人も詐欺に引っ掛かった」「開業するお金があるなら韓国で開いた方がいい。東南アジアの人は自国民には優しいけど、外国人は賄賂も必要だし大変」と詐欺の実態をにおわすコメントも多く寄せられた。

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494720289/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて



連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング