北関連

北朝鮮の核実験中止、韓国は歓迎 日本は「不十分」

1: Boo ★ 2018/04/21(土) 11:24:33.18 ID:CAP_USER.net
【AFP=時事】韓国大統領府(青瓦台、Blue House)は21日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が核実験と弾道ミサイル発射実験の中止を決めたことを歓迎した。

 大統領府は声明で「北朝鮮の決断は世界が望んでいる朝鮮半島の非核化に向けた意義のある進展だ」とし、近く行われる南北首脳会談を成功させる上で「非常に良い環境」を作るだろうと述べた。

 一方、米首都ワシントンを訪問中の小野寺五典(Itsunori Onodera)防衛相は21日記者団に対し、北朝鮮は中・短距離弾道ミサイルの放棄に触れておらず「これでは不十分だ」として、引き続き北朝鮮に対して最大限の圧力を加えていくと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000014-jij_afp-int

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1524277473/

続きを読む

【北朝鮮】「核実験施設を廃棄」、ミサイル実験停止も決定=KCNA

1: たんぽぽ ★ 2018/04/21(土) 07:21:46.72 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000018-reut-kr
ロイター

[21日 ロイター] - 朝鮮中央通信(KCNA)は21日、北朝鮮が同国北部の核実験施設を廃棄することを決定したと伝えた。

今月21日から核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験を停止するとした。

北朝鮮が平和と経済成長を実現するために国際社会との対話に取り組む意向があるとも伝えた。

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1524262906/

続きを読む

北朝鮮 「日本は心が狭くみみっちい」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/04/19(木) 12:18:43.99 ID:CAP_USER.net
朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、日本が「朝鮮半島の緊張激化で自分らの利益をむさぼってきた」
と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、陸上自衛隊の離島防衛部隊「水陸機動団」の発足などに言及。
日本が「日を追って増大する再侵略野望を実現するためにも軍事的対決の機運を鼓吹すべきだという至極たちの悪い打算をしている」と非難した。

そのうえで「体質的に意地悪く、心の狭い政治いびつのそのみみっちい習癖を捨てられない日本の反動層が実に哀れである」などと述べている。
https://dailynk.jp/archives/108952

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1524107923/

続きを読む

社民党議員「日本政府は、東北アジアの平和のための金正恩委員長の努力を正当に評価するべき」

1: 動物園φ ★ 2018/04/16(月) 07:29:05.63 ID:CAP_USER.net
“日本は敵対一辺倒の政策の大転換を”/太陽節記念日朝友好時局講演会
2018.04.12 (12:03)

no title


金日成主席生誕106周年に際し、太陽節を記念して日朝友好時局講演会「朝鮮半島の平和と統一・日朝友好親善のために」が5日、都内で行われ、約120人が参加した。

講演に先立ち、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会の日森文尋議長が呼びかけ人を代表し、あいさつした。日森議長は、北南首脳会談に向けた北南の協議や金正恩委員長の中国電撃訪問をはじめとする周辺諸国と朝鮮との関係強化が進む中、「日本政府は、東北アジアの平和のための金正恩委員長の努力を正当に評価するべき。圧力・敵対一辺倒の政策を大転換する時期に来ている」と指摘した。

フォトジャーナリスト・林典子さんの講演「朝鮮と日本―日本人妻取材を通して考える」

講演では、フォトジャーナリストの林典子さんが「朝鮮と日本―日本人妻取材を通して考える」と題して、朝鮮での取材経験を写真スライド、映像と共に紹介した。

林さんは2013年から訪朝し、朝鮮の市民や、在朝被爆者、在日同胞の帰国事業で朝鮮へ渡った日本人妻などの取材を続けてきた。この日、林さんは、宮崎出身の日本人妻、故・井手多喜子さんとの取材エピソードを紹介。「朝鮮で出会った日本人妻たちは、皆、日朝国交正常化を願っていた。私をはじめ、日本人一人ひとりが朝鮮の人々とともに積み重ねる経験こそが、日朝の顔の見える交流につながると信じて、取材を続けていきたい」と語った。

続いて、朝鮮大学校の李柄輝准教授が「南北連席会議から70年―その歴史的意義と朝鮮半島の平和・統一の行方」と題して講演を行った。

李准教授は、1948年4月の南北連席会議について、「李承晩とその支持者を除く、右翼から左翼まですべての朝鮮民族が分断に反対し、統一を支持することに合意した画期的な会議であった」とその歴史的意義を強調した。

一方で、「大韓民国」のみを唯一の合法政府であると宣言した「国連総会決議第195号(Ⅲ)」(48年12月12日)の採択を主導した米国が「歴史的に、いかに朝鮮民族の分断に関与し、民族の自主権・自治権を踏みにじってきたかという現代史を想起する必要がある」と述べた。

李准教授は、現在、朝鮮半島を取り巻く転換的局面は、金正恩委員長の社会主義強国構想に基づき、朝鮮労働党第7回大会(16年5月)で決定された方針とタイムテーブルを朝鮮が果敢に実行している結果であると指摘した。

特に、社会主義強国建設における最重要課題は、経済と平和体制の構築にあるとし、国家核武力の完成によって形成された安全保障環境が局面転換の背景にあると指摘。今日の転換局面を見越して、第7回党大会以降、国防委員会の国務委員会への改編、最高人民会議外交委員会と朝鮮民主主義人民共和国祖国平和統一委員会の設置など、経済発展と統一外交政策の展開に向けた積極的措置がすでにとられてきた事実に言及した。

また、現在の局面は南北連席会議で確認され、6.15共同宣言・10.4宣言に受け継がれた民族自主、「わが民族同士」の思想が具現された結果、もたらされていることを強調した。

李准教授は最後に、朝鮮戦争期の遺物である朝鮮国連軍との地位協定を維持し、東京の米軍・横田基地に国連軍後方司令部を置く日本は、朝鮮半島の平和体制構築に責任を負っているとしながら、大勢に逆行するのではなく、朝・日平壌宣言にそって朝鮮との関係改善に努めるべきだと指摘した。

http://chosonsinbo.com/jp/2018/04/yr20180412-2/

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1523831345/

続きを読む

【韓国】「平和、新たな始まり」=南北会談の標語決定

1: たんぽぽ ★ 2018/04/15(日) 18:11:43.61 ID:CAP_USER.net
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041500370

 【ソウル時事】韓国大統領府報道官は15日、板門店で27日開かれる文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談について、標語を定め、「平和、新たな始まり」に決めたと発表した。

 6月初旬までに開催見通しのトランプ大統領と金正恩氏の米朝首脳会談と併せ、朝鮮半島の非核化や平和定着に向けた転機にしたいという意図を込めた。ただ、金正恩氏は非核化の前提として米韓の「段階的で歩調を合わせた措置」を求めており、非核化で合意に達したとしても、大枠の宣言にとどまる可能性が高い。米韓は両大統領の任期内の非核化実現を念頭に置いているもようだ。(2018/04/15-17:22)

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1523783503/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング



QRコード
QRコード