北関連

【朝鮮日報】北に戦術核搭載ミサイルと放射砲を同時に撃たれたら韓国軍は為す術なし

1: 昆虫図鑑 ★ : 2021/01/11(月) 08:32:33.92 _USER
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は労働党第8次大会での報告において、異例にも「戦術核兵器の開発」について複数回にわたり公に言及した。これまで「対米用」と宣伝してきた核兵器について「韓国にも使用できる」とする本音を口にしたものと分析されている

 戦術核兵器は数キロトン(TNT爆薬1000トンの威力)から数十キロトンの威力を持つ。韓国を主に標的とするもので、射程距離が400-600キロ前後の新型戦術ミサイルや超大型放射砲(直系600ミリ)などに搭載できる。北朝鮮が核弾頭や在来型の弾頭を装着したこれらの兵器で同時に攻撃してきた場合、核弾頭と非核弾頭の区別はもちろん、それらの迎撃は事実上不可能となり、韓国にとっては致命的な脅威になりかねない。

 朝鮮中央通信によると、金正恩氏は「核兵器を小型軽量化し、戦術武器化をより発展させ、現代戦において作戦任務の目的と打撃対象によって異なった手段として適用できる戦術核兵器を開発し…」と述べた。北朝鮮がこれまで戦術核兵器の開発成功を暗示したことはないが、これについて金正恩氏が肉声で明言したのはこれがはじめてだ。

金正恩氏はさらに「歴史的な2017年11月の大事変(火星15号発射)後も、核武力の高度化に向けた闘争を止めることなく領導し、巨大かつ新たな勝利を手にした」とも主張した。金正恩氏は自らシンガポールとベトナムのハノイで米国と非核化に向けた会談に応じたが、その際にも核開発を続けてきたことを認めた形だ。

 北朝鮮は「先端戦術核兵器」として超大型放射砲、新型戦術ミサイル、中長距離巡航ミサイルなどにも言及した。その中でも中長距離巡航ミサイルの開発については今回はじめて公にした。また北朝鮮がこの兵器に核弾頭を装着する能力を確保したかどうかは最も注目すべき部分だ。まず「北朝鮮版イスカンデル」として広く知られる新型の戦術ミサイルは射程距離が600キロ以上で、韓国の全域と日本の在韓米軍基地を射程圏に置いている。2019年以降、試験発射を複数回にわたり行い、昨年10月の軍事パレードに登場させたことで実戦配備段階にあるとも伝えられている。このミサイルの弾頭重量は500-600キロ、直径は92センチほどだという。北朝鮮が2017年の6回目の核実験に先立ち公開した核弾頭は直径60-70センチ、重量は500キロ前後とみられることから、北朝鮮の新型戦術ミサイルには核弾頭が装着できると推定されている。

しかし「北朝鮮エイタクムス」と呼ばれる新型ミサイルと600ミリ超大型放射砲の場合、弾頭の直径や重量などから推測すると、「これに装着する戦術核弾頭については、北朝鮮は現時点で開発できていない可能性が高い」と韓国軍当局はみている。ある韓国軍筋は「北朝鮮はまだ核弾頭を重さ300キロ、直径60センチ以下では開発できていないようだ」と伝えた。

 韓国軍当局は北朝鮮のミサイルの脅威に対抗し、ミサイルの移動式発射台を早期に探知し、30分以内にこれを無力化する「キル・チェーン(戦略標的打撃)」、さらにミサイルを迎撃する韓国型KAMD(ミサイル防衛システム)を発展させている。しかし北朝鮮が新型戦術ミサイルや超大型移動式放射砲の発射台を数十基以上製造・配備した場合、これらを短時間で探知し破壊するのは現実的に不可能とみられている。また同時に数十発が飛来した場合、従来のパトリオットPAC3ミサイルやTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)による迎撃も難しい。とりわけ北朝鮮の新型戦術ミサイルは迎撃を回避できる変則起動が可能だ。

 上記の韓国軍筋は「北朝鮮が戦術核を実戦配備すれば、韓国軍の通常兵器における質的優位も事実上消滅する」として警戒を示した。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/11/2021011180003.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1610321553/

続きを読む

【社会】 一人あたり500キロの人糞集めから始まる北朝鮮の新年

1: 朝一から閉店までφ ★ : 2021/01/10(日) 19:15:09.86 _USER
2021年01月10日 | 会寧 堆肥

北朝鮮にとって2020年は、経済制裁と自然災害、新型コロナウイルスの三重苦に苦しめられたひどい1年だった。年明け早々、人々はもう一つの苦しみに直面している。不足する肥料を補うための人糞を集める「堆肥戦闘」だ。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、昨年末に上部から下された指示に基づき、会寧(フェリョン)で仕事初めの4日から、各職場、人民班(町内会)で、堆肥戦闘に突入したと伝えた。

今年の堆肥戦闘は、4日から10日間集中的に行われ、1人あたりのノルマは、工場、企業所の場合は労働者1人あたり500キロ、人民班では1世帯あたり150キロの人糞を10日以内に集めて納めることが求められている。

かつては、多い場合で数トン単位のノルマが課されていたこともあったが、コロナ禍が始まる直前の昨年1月に行われた堆肥戦闘では、その量が大幅に減らされた。国内での肥料生産が進み、肥料不足が緩和したことによるものだったが、その後すぐにコロナ対策として国境が閉鎖され、化学肥料の原料が中国から輸入できなくなったことで、今年のノルマは再び増やされてしまった。

https://dailynk.jp/archives/136619

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1610273709/

続きを読む

【核ミサイル】 金正恩氏 「米国を屈服させる」・・・米首都射程

1: 影のたけし軍団ρ ★ : 2021/01/09(土) 18:57:33.08 _USER
金正恩氏「米国を屈服させる」 米首都射程に核高度化
バイデン新政権をけん制


北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は開催中の第8回朝鮮労働党大会で「米国を屈服させる」と報告した。
米首都を射程に収める核・ミサイルの開発を進める方針も示した。

バイデン次期米政権の出方が読めないなか、米国や日韓の脅威となる軍事技術の向上を優先し、
対米交渉能力を高める意図とみられる。

9日の朝鮮中央通信によると、金正恩氏は5~7日の会議で計9時間にわたり活動総括を読み上げた。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM091VY0Z00C21A1000000

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1610186253/

続きを読む

【対北ビラ禁止法】 在米韓国人平和活動家ら、米議員全員に対北朝鮮ビラ禁止法への支持要請

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/01/07(木) 00:42:42.85 _USER
4日、連邦議会前で記者会見を開き 
「表現の自由の侵害ではなく 人権改善の効果もない」 
議員全員に支持要請の書簡を発送

no title

▲ニューヨーク・ウリ教会のチョ・ウォンテ牧師(左端)ら「4・27民+平和に向けて手を携える米州委員会」の活動家たちが4日(現地時間)、ワシントン連邦議会前で記者会見を開き、米議員たちに対北朝鮮ビラ禁止法への支持を訴えた=米州委員会提供//ハンギョレ新聞社

 米国で朝鮮半島平和キャンペーンを繰り広げている韓国人たちが4日(現地時間)、新たに発足した米連邦議会に対北朝鮮ビラ禁止法(改正南北関係発展法)の支持を求めた。

 「4・27民+平和に向けて手を携える米州委員会」は同日、ワシントン連邦議会前で記者会見を開き、こうした内容の書簡を上・下院議員たちに送ると発表した。

 彼らは公開書簡で「米連邦議員たちが韓国の実際の状況に対する(十分な)理解もなく、表現の自由を掲げて対北朝鮮ビラ禁止法の成立を非難する声明を発表し、議会の『トム・ラントス人権委員会』はこれと関連した聴聞会を開催する方針だと発表した」とし、「我々は同法に対する深刻な誤解を正したい」と述べた。

 彼らは「対北朝鮮ビラ禁止法は決して表現の自由を侵害するものではなく、対北朝鮮ビラ散布が北朝鮮の人権を改善するといういかなる証拠もない」と強調した。北朝鮮に向けたビラの散布は、北朝鮮の武力使用を正当化する火種となり、250万人の接境地域住民の命と人権を脅かすと主張した。

 彼らは「国連の『市民的及び政治的権利に関する国際規約』は表現の自由が国家安保や公共秩序などのために必要な場合、制限され得ると規定している」としたうえで、「国境地域住民の生命と安全を害する行動は表現の自由ではなく、規制されるべき行為」だと明らかにした。シェンク対合衆国事件判決(1919年)など、米連邦最高裁判所の判例が現存する危険を引き起こす表現の自由を制限すべきと判断していることも付け加えた。

 彼らはビラ散布による北朝鮮の人権改善効果についても「むしろ北朝鮮当局の社会統制強化により、北朝鮮に残っている脱北者家族を危険にさらし、住民の人権を悪化させる逆効果をもたらすだけ」だとし、「多くの脱北者が、わいせつな表現と侮辱を盛り込んだビラ情報伝達の効果は大きくないため、北朝鮮住民に知る権利を保障するものではないと証言している」と主張した。さらに「我々は南北間の対話交流と国際社会との接触の拡大などが実質的な人権改善により効果的であると確信している」と強調した。

 彼らはまた「対北朝鮮ビラ禁止法は最近偶発的に出たのではなく、南北の緊張を克服するため、韓国国会で2008年から14件の関連法案が発議され、論議されており、ようやく今期国会で成立した」と説明した。

 彼らは米議員たちに「対北朝鮮ビラ禁止法を支持することで朝鮮半島平和プロセスに積極的に参加してほしい」と要請した。南北間の旅行や離散家族の再会、救護活動など、人道主義的平和を支援することや、南北が休戦協定を終わらせ、平和協定を結べるように協力することも訴えた。

 同書簡には現在、約1400人の在米韓国人が賛同した。彼らは書簡を連邦議員全員に郵便と電子メールで送る計画だ。同日記者会見に臨んだチョ・ウォンテ牧師は「特に対北朝鮮ビラ禁止法に関する聴聞会を開くと発表したトム・ラントス人権委員会所属下院議員57人を集中的に説得する」とし、「誤解から始まった聴聞会が開かれないようにすることが重要だ」と話した。

ワシントン/ファン・ジュンボム特派員
http://www.hani.co.kr/arti/international/international_general/977285.html
韓国語原文入力:2021-01-0602:48訳H.J

ソース:ハンギョレ新聞日本語版<在米韓国人平和活動家ら、米議員らに公開書簡で対北朝鮮ビラ禁止法への支持を要請>
http://japan.hani.co.kr/arti/international/38753.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1609947762/

続きを読む

【韓国】 文大統領はトランプを忘れバイデンを説得せよ~北朝鮮の優先順位をあげ対話に乗り出せと

1: 蚯蚓φ ★ : 2021/01/03(日) 00:29:54.88 _USER
2020年は忘れろ

2021年新年にはムン・ジェイン大統領が米国の新大統領ジョー・バイデンを説得できるだろうか?去年のことは忘れろ。コロナ パンデミックが支配した2020年には南側や米国が整えた交渉テーブルに北側がたとえ出てきたくても出てこれなかった。コロナ19が荒れ狂い、北側は国境を閉鎖した。コロナ19は単なる医学的疫病だけでなく国家・国民間の移動と疎通を防ぐグローバル「ガザ地区分離障壁」だった。

南も北も愛憎で綴られたトランプを忘れよ。まだ「選挙不正」と不服を言っているが、トランプは昨年の米大統領選挙で敗れた。政治生命が終わった。彼は退場するだろう。特に、北側はトランプとの三回首脳会談の余韻が残っているかもしれない。惜しいが忘れよう。南側も昨年南北関係の象徴になった南北共同連絡事務所爆破という悪夢を忘れよう。しかし教訓だけは忘れずにおこう。
(中略:北朝鮮など社会情勢。対北朝鮮政策をはやくたてろ、バイデン米国行政府)

ムン・ジェイン大統領、バイデンを説得せよ

2021年はムン・ジェイン政府が仕事出来る事実上最後の年だ。昨年、南北関係梗塞局面に検察改革と不動産問題が絡まりながら支持率下落を免れないが、今年に入って任期末までさらにレイムダック現象が避けられない展望だ。すべての最高指導者が経験するレイムダックだが民族問題においてレイムダックはありえないし、あってはならない。民族問題の成果は次期指導者が誰でも継続できるようにしなければならない。

2019年2月「ハノイ ノーディール」以後、北側が南側に送ったまなざしから思い浮かぶようにキム・ジョンウン委員長はムン大統領に残念なことが多いようだ。ただしムン大統領にとって自分勝手に振る舞ったトランプ大統領がまもなく退場することが、慰めというなら慰めである。
バイデン当選者は「同盟重視」を標ぼうした。ここにムン大統領が動く余地ができた。

ムン大統領はバイデンを説得できるか?今日、首脳間対話で説得のモデルとされる「キム・デジュン-ブッシュ」間のエピソードのように。2002年2月、韓米首脳会談でキム・デジュン大統領がブッシュ大統領を説得して、2000年に北朝鮮を「悪の枢軸」とまで言ったブッシュが都羅山(トラサン)駅演説で「私たちは北朝鮮を侵攻する意思はない」としながら「北朝鮮と対話、人道的対北朝鮮支援も継続する」と明らかにしたように。

説得の内容はバイデンに早急な対北朝鮮政策を準備し、北朝鮮問題に優先順位を置いて対北協議に入れということだ。そして交渉内容は北朝鮮と米国が唯一無二に合意した2018年6.12シンガポール共同声明に戻ろうということだ。そしてその合意文内容のとおり、北米間の「新しい関係樹立」のために「韓半島平和体制構築の非核化」を向けた対話に出ろと説得することだ。

まだ時間はある。1年あれば充分だ。ムン大統領はバイデンを説得する支度を備えよ。バイデン行政府の対北政策を北米、シンガポール声明から出発するよう説得することが同盟の役割であり、韓半島平和プロセスを再稼働することであり、そして民族共助の端緒を開くことになるだろう。

ソース:統一ニュース(韓国語)[新年コラム]ムン・ジェイン大統領はバイデンを説得しなさい
https://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=200814

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1609601394/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード