ノーベル賞

【プリツカー賞】 韓国政府「建築のノーベル賞得られる様支援する」→建築業界反発なぜ?

1: 蚯蚓φ ★ 2019/06/02(日) 14:45:44.86 ID:CAP_USER.net
安藤忠雄(78)は建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を1995年に受けた日本の世界的建築家だ。彼に光を当てたドキュメンタリー「安藤忠雄」が最近、観客3万人を超えて興行する中、国土交通部が「ネクスト・プリツカー・プロジェクト」を発表した。「青年建築家が海外で先進設計技法を学ぶよう支援する」という計画だ。

国土部はプリツカー賞をアジアで中国1人、インド1人、日本8人が受け、私たちはまだ受賞者がいないという説明と共に「我が国もプリツカー賞を受けられる世界的建築家を出すために政府次元で積極的に努力する予定」といった。

ところが建築界の反応は冷たい。「いっそ大峙洞(テチドン)に『プリツカー賞塾』でも作ったら」という話が出るほどだ。受賞だけに汲々とする政府が建築に対する無知を見せたということだ。プリツカー賞とは何で、なぜ政府が出ると建築家は冷笑するのだろうか。映画「安藤忠雄」はプリツカー賞に直接言及せず、その意味を振り返る。

映画は安藤以外の様々な人物にカメラを向ける。不可能に見える図面を実現する施工責任者、建築家さえ想像できないビジョンを提示する建築主が登場する。彼らはエキストラではなく、良い建築を共に作っていく主役だ。青年時代の安藤が何度も大阪市庁を訪ねたが、相手にもされなかったというくだりから公務員の見識と開かれた姿勢も重要だという事実がわかる。

プリツカー賞も設計図でなく、実際に建てられた建物を見る。事実上、建築過程全体が評価対象だ。その過程で多様な利害関係を調整し、適切なデザインで表現するのが建築家の役割だ。設計技法はその役割を遂行するための手段の一つにすぎない。

安藤は自身が作った空間を「昔で言えば縁側」と話す場面が出てくる。日本の伝統建築である縁側は韓国式家屋の縁側とは異なる。専門大にも行けず建築を独学した安藤が巨匠に選ばれるのは日本伝統の空間感覚を現代的に表現して普遍性を得たからだ。

プリツカー賞の地域性という点もバルクリシュナ・ドーシ(2018・インド)、 ワンシュ( 王澍、2012・中国)のような最近の受賞者らの作品に共通して現れる。この相異は絶対的基準ではないが、設計技法より地域性に関する真剣な悩みが良い建築家の資質に通じる事を見せる。

若い建築家を助ける、という趣旨は良くとも、その目標が賞をとることでは困る。建築家を助けるとして建築家が反発する状況を国土部は重く受けとるべきだ。拙速に進められる設計公募展、時代錯誤的法規、設計者のアイデアをずたずたにする建築審議…。海外で習って賞をもらってこい、という前に私たちの建築の浅はかな土壌を改善するのが先だ。

チェ・ミンギ文化部記者
no title


ソース:朝鮮日報(韓国語) [記者の見解]「建築ノーベル賞」せっかちな性質
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/05/31/2019053103296.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1559454344/

続きを読む

【チョン教授の研究チーム】ノーベル賞を覆した?韓国の研究チームの発表に期待の声

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/10(金) 19:12:43.75 ID:CAP_USER.net
2019年5月10日、韓国・ニュース1は「韓国の研究チームがノーベル賞が授与された研究成果を覆す研究結果を発表した」とし、「主要医薬品と生体内の受容体が作用してシグナル伝達に関与する過程を究明した」と伝えた。

韓国の科学技術情報通信部によると、上記の研究結果は成均館大のチョン・ガヨン教授の研究チームが発表したもので、国際学術誌「セル(Cell)」に掲載された。

2012年にノーベル化学賞を受賞したGタンパク質共役受容体は、細胞膜の「門番」としてホルモン、医薬品などを細胞内に伝達し、適切な反応を誘導する。現在使用中の医薬品の40%がGタンパク質共役受容体を通じて作用している。この受容体がGタンパク質と結合した時の構造を利用して薬物の効果を高める試みが多く行われてきたが、実質的な成果は出ていなかった。

チョン教授の研究チームは今回、Gタンパク質共役受容体が外部シグナルと結合し、細胞内の反応を誘導するまでの逐次的な構造変化を究明。さらに薬物開発に活用できるGタンパク質共役受容体の構造も提示した。
研究の結果、ノーベル化学賞を受賞したGタンパク質共役受容体の構造はGタンパク質との結合後の形で、効果的な新薬開発に向けた実際の細胞内のGタンパク質の結合過程を究明するには適切なモデルでない可能性があり、この研究で明らかになった結合初期のGタンパク質共役受容体の構造が、細胞内の反応を誘導する効果的な新薬開発の推進により適していることが分かったという。

チョン教授は「2012年のノーベル化学賞受賞後から研究され続けてきたGタンパク質共役受容体によるGタンパク質の活性原理のパラダイムを変える理論を示した」とし、「今後、Gタンパク質共役受容体に作用する医薬品開発の新たな戦略になるだろう」と説明したという。

これに、韓国のネットユーザーからは「誇らしい」「すごい。基礎科学投資の産物だ」「国のために大きな成果を成し遂げた」「新薬の開発が進まない原因が間違った理論にあったのなら、今回の研究を機によい新薬がたくさん登場することを願う」など称賛や期待の声が寄せられている。

また、「ノーベル賞の内容を覆したのだから、ノーベル賞をもらうべきではないか?」「2012年のノーベル化学賞を没収して彼女にあげるべきだ」との声も。

一方で「まだこの研究結果が正解かは分からない。むやみに騒ぐと、教授たちが後で詐欺師と言われてしまうかも」と懸念する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/b708999-s0-c30-d0058.html
Record China 2019/05/10 17:00

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1557483163/

続きを読む

韓国、地下1.1キロに宇宙の起源を探る科学基地…「ノーベル賞筆頭」暗黒物質など研究

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/04/09(火) 14:27:05.54 ID:CAP_USER.net
江原道旌善郡(チョンソングン)の地下1100メートルに暗黒物質やニュートリノなどを研究するための「宇宙粒子研究施設(ARF)」が本格的に構築される。 

  基礎科学研究院(IBS)地下実験研究団は今月12日に江原道旌善郡礼美山(イェミサン)一帯のハンドク鉄鋼産業の鉱山でARF着工式を行うと8日、明らかにした。研究団が暗黒物質研究のために運営してきた従来の襄陽(ヤンヤン)地下実験施設より面積が10倍以上大きい2000平方メートル規模で、深さも400メートル深い。 

  旌善ARFの主な研究対象となる暗黒物質とニュートリノは、宇宙が生成された過程とその構成を把握するための核心要素で、ノーベル物理学賞の筆頭候補にも挙がっている。それだけ研究価値が大きいということだ。 

  キム・ヨンドクIBS地下実験研究団長は「日本は『カミオカンデ』『スーパーカミオカンデ』のような粒子研究施設を構築し、2回もノーベル物理学賞を受賞した」とし「韓国にもこのような基礎研究施設を追加で建設するということに意味がある」と説明した。 

  ARF施設が江原道の鉱山の地下1.1キロ地点まで掘る理由は雑音が少ないためだ。IBS側は「暗黒物質とニュートリノが出す信号は敏感度が非常に高い検出器を使用しても1年に数回しか反応しないと予想される」とし「それだけ宇宙線をはじめとするそのほかの背景信号は最大限に減らすことが研究の成敗を左右する」と説明した。 

  このため世界各国の科学者も地下の深いところに粒子研究施設を構築して研究を進めている。日本は1958年に岐阜県神岡鉱山の地下1000メートルにニュートリノ観測装置「カミオカンデ」を設置し、1996年まで運営した。その後はこの施設をさらに向上させた「スーパーカミオカンデ」がその役割を受け継いで現在まで運営されている。日本は2002年と2015年、この2つの地下粒子研究施設を利用してノーベル物理学賞を受賞した。 

  小柴昌俊・東京大特別名誉教授(92)は1987年2月、カミオカンデに計5000トンの水を入れて、ニュートリノが水分子の水素原子核と衝突して光を発生させる現象を世界で初めて観察し、これをきっかけに2002年のノーベル物理学賞に選ばれた。梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(60)もスーパーカミオカンデに約5万トンの「超純水」を満たしてニュートリノに関する秘密を解き明かした。宇宙から飛び込んでくる宇宙線は地球の大気と衝突して「ミューニュートリノ」と「電子ニュートリノ」を放出するが、ミューニュートリノの一部が地球でタウニュートリノに変わるというのが研究の骨子だった。日本はスーパーカミオカンデに続いて、高感度光センサーを備えた次世代研究施設「ハイパーカミオカンデ」の建設を検討中だ。 

  このほかイタリアのグランサッソ国立研究所は中部アペニン山脈の地下1.4キロ地点に、米国はサウスダコタ州の地下1.6キロ地点にサンフォード地下研究所を構築し、関連研究を進めている。 

  キム・ヨンドク団長は「現在、襄陽の地下実験施設では暗黒物質の候補に挙がっているWIMPs、アクシオンなど物質に関する理論を検証する作業が進行中」とし「今後建設される旌善ARFでは、さらにアップグレードした『次世代暗黒物質実験』を続ける」と明らかにした。 

  一方、IBSの関係者は「2020年に旌善ARF構築を完了し、2021年に本格的な実験を進める予定」とし「このために配分された220億ウォン(約22億円)の予算に加えて数十億ウォンの財源が追加で投入されるだろう」と伝えた。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=252145&servcode=300&sectcode=330
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年04月09日 11時31分

no title

2015年ノーベル物理学賞の研究の土台となった岐阜県の「スーパーカミオカンデ」。(写真=NASA)

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1554787625/

続きを読む

【プリツカー賞】日本人がまた「建築界のノーベル賞」受賞!いまだ「ゼロ」の韓国がその理由を分析

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/03/07(木) 19:28:59.38 ID:CAP_USER.net
米ハイアット財団は5日(現地時間)、「建築界のノーベル賞」といわれるプリツカー賞の今年の受賞者に日本人建築家の磯崎新さんが選ばれたと発表した。このニュースは韓国でも伝えられ、ネット上で注目を集めている。

受賞理由について、審査委員会は「東洋が西洋文明の影響を強く受けていた時代に海外に出て、自身の建築技術を確立した。進化し続ける建築家」などと説明した。

プリツカー賞は1979年に始まり、今年で46年目を迎えた。日本人の受賞は2014年以来、8人目となる。今回の受賞により、日本は米国(8人)と共に最も多くプリツカー賞受賞者を輩出する国となった。

韓国・朝鮮日報は「韓国人の受賞者はまだ出ていない」とし、日本の建築が高く評価される理由について専門家の見解を伝えている。専門家らはまず「近代建築の歴史が長く、早くから西洋と交流を始めた歴史的背景」を挙げている。ソウル大建築学科教授は「西欧の近代建築史と差が10年ほどしかない。1919年に開校したドイツのバウハウスの留学生のうち最も多かったのは日本人」と説明したという。

また「江戸時代から続く『ものづくり(職人精神)』も日本の建築のパワーになっている」と指摘している。京畿大教授は「日本にはどんな仕事にも人生の価値を見出す『生き甲斐精神』、レンガ職人や大工までみんなが職業に長くまい進できるよう尊重する文化がある。ペイント、扉1つをとっても他の国にはまねできない日本の力がある」と話した。

さらに「日本の財団や協会、個人の国際的ネットワークのための努力も大きな役割をした」と評価している。京畿大教授は「金沢の21世紀美術館が代表的」とし、「日本三大庭園の兼六園のすぐ横に最も現代的な美術館を造り、伝統と現代を一度に体験できるようにした点は驚くべき収容能力」と述べたという。

このニュースを見た韓国のネットユーザーからも「日本の建築は本当にかっこいい」「静かで落ち着いた日本の現代建築が大好き」「日本の現代建築家たちには、日本ならではのアイデンティティーがはっきり感じられるからいい。シンプルで洗練された雰囲気をうまく生かす才能がある」「ただただうらやましい」「客観的に見て、日本の建築は韓国の10年先を行っている」「日本の底力。先進的なものを受け入れ、深く研究する姿勢。韓国も見習うべきだ」など称賛やうらやむ声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=693115&ph=0&d=d0058
2019年3月7日 15:30 Record China

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1551954539/

続きを読む

【ノーベル症】文大統領「日本企業がノーベル賞受賞する時に、韓国は・・・」

1: 動物園φ ★ 2019/01/24(木) 11:41:45.10 ID:CAP_USER.net
2019年01月24日09時33分
[?韓国経済新聞/中央日報日本語版]

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、今年初めての公正経済推進戦略会議を主宰した席で、政策成果を出すための革新成長ドライブとは別に公正経済政策も持続的に展開していくとの意志を強く現わした。

文大統領は「日本のある中小企業研究所でノーベル賞受賞のニュースが伝えられる時、韓国は大企業に技術を奪われた中小企業の事例を聞き続けなければならなかった。公正は革新の基盤であり個人が能力を発揮できる土台だ」と強調した。

文大統領は所得主導成長、革新成長、公正経済の経済政策3大軸のうち公正経済に最も厚い点数を与えながらも「これ以上進捗しない停滞した感じだ」として参席者を叱咤した。

執権3年目を迎え「経済成果」を強調しているが、革新成長を成し遂げるためには公正経済が後押ししなければならないという既存の立場を繰り返し明らかにした。

文大統領は「革新も包容もすべて公正経済が後押しされてこそ成し遂げることができる。革新的アイデアと製品が保護されなければ革新は埋もれてしまうだろう」とした。

遅々として進まない「公正経済」にスピードを出すために関連法案の速やかな国会処理を促した。この日の会議に与党「共に民主党」の指導部が大挙参加したのもこのためだ。文大統領は参席者に向け「立法に対する努力も難しいからと止まることはできない。政府与党間で協議をしっかりやりながら戦略的にアプローチして成果を出してほしい」と注文した。

立法過程が必要ない公企業・公共機関の不公正取引慣行を至急に改善すべきという苦言も続いた。文大統領は「(消極行政または不作為行政は)われわれが公企業や公共機関に対する監督権だけ持っていれば意志さえあれば十分に進められる部分。企業と会ってみれば依然として体感する面では変わることがないと感じているが長官らがどのように公職社会をしっかり督励していくのか考えてほしい」と話した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこうした問題を解決するために現場で公共分野の不公正取引慣行を根絶できるよう主要公企業の不公正取引を常時モニタリングするという対策を発表した。

https://japanese.joins.com/article/492/249492.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1548297705/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

5/24未明より

PCで閲覧した場合当ブログがうまく表示できない不具合がありました。
調査したところ、ブログ下部で使用していたRSSの表示が不具合を起こしていました。
現在は正常に動作しています
ご支援のお願い
現在、笑韓ブログではご支援を募集しております。
詳しくはこちら

http://www.wara2ch.com/archives/9233332.html

ご支援宜しくお願いします。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント


PCのみのカウントです。参考程度に
全ランキング



QRコード
QRコード