芸能・スポーツ

【ハンドボール】韓国代表、「わざと負ける」戦略で失格に=韓国ネット「国の恥」「日本のまね?」

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/21(金) 16:23:43.04 ID:CAP_USER.net
2018年9月21日、韓国・スポーツソウルによると、ヨルダン・アンマンで開催されているハンドボールの第8回男子ユース(U-19)アジア選手権で、韓国代表が「試合にわざと負けようとした」疑いで失格となっていたことが分かった。

アジアハンドボール連盟(AHF)は20日、「18日に行われた韓国とイラクの試合は、両チームともに故意に負けようとしたため没収試合となった」と発表した。韓国とイラクはAHFの規定により、今大会の全試合結果が無効となり、残りの試合への出場も不可となった。

2005年と2014年の大会で優勝した韓国は、予選ラウンドでイラク、インドとともにC組に入った。韓国はインドを破り8強進出を決め、グループ1位通過ならメインラウンドで日本、バーレーン、ヨルダンと同じ組、2位通過ならサウジアラビア、台湾、イランと同じ組に入る状況だった。しかし優勝を目指す韓国とイラクは、強豪チームである日本とバーレーンとの対戦を避けるため互いに全力を尽くさず、失格の判定を受けた。そのため、予選ラウンドで2連敗を喫したインドがメインラウンドに進出することとなった。

AHFは今後、韓国とイラクに追加の処分を科す方針。大韓ハンドボール協会も「疑惑が本当なら、関係者らを厳しく処罰する」と述べているという。

これに、韓国のネットユーザーからは「情けない」「国に恥をかかせた罪で逮捕してほしい」「永久除名処分にするべき。スポーツの基本はフェアプレーだ」「選手も悪いけど、指示した監督の責任も大きい」など厳しい声が上がっている。

一方で「システムがおかしい。1位通過に対してインセンティブを与えるべき。2位通過の方が得すると知ったら、誘惑に負けてしまうのも当然」と指摘する声も。

また、サッカーロシアW杯の日本対ポーランド戦で、日本が0—1で負けていながら攻撃しなかったことを思い出したユーザーも多いようで、「日本のまね?」「日本の悪い部分を学んでしまったようだ」「AHFの決定を支持する。FIFAも日本とポーランドを大会から追放すべきだった」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

ソース:レコードチャイナ<ハンド韓国代表、「わざと負ける」戦略で失格に=韓国ネット「国の恥」「日本のまね?」>
https://www.recordchina.co.jp/b646680-s0-c50-d0058.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1537514623/

続きを読む

【剣道】 日本のための剣道ではない~いつまで「井の中の蛙」として生きていくのか日本に問いたい

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/18(火) 09:03:42.05 ID:CAP_USER.net
no title

▲16日に仁川で行われた世界剣道選手権男子団体決勝の韓国-日本戦。(写真=大韓剣道会)

16日に仁川(インチョン)南洞体育館で幕を下ろした第17回世界剣道選手権は、1988年以来30年ぶりに韓国で開催された世界の剣道祝祭だった。世界56カ国から約1200人の剣客と関係者が韓国を訪れた。国際大会にふさわしく観客席は各大陸から集まった剣道ファンで埋まった。選手がレベルの高い技術を見せるたびに観客席からはさまざまな言語で歓声が上がった。

最も注目を集める男子団体の決勝戦は永遠のライバル、韓国-日本戦となった。関心は大きかったが、試合が進行される間、観客席の雰囲気は良くなかった。各5人ずつの剣客が激しい勝負をする間、観客席の一部で始まったブーイングが徐々に強まり、ついに会場全体に広がった。ファンのブーイングは選手ではなく3人の審判に向かった。

日本が接戦の末2-1で勝利し、大会4連覇を果たしたが、歓呼と拍手はなかった。この日、韓国の先鋒パク・ビョンフンと中堅イ・ガンホが相手選手の頭部を正確に攻撃したが、得点を意味する審判陣の旗は上がらなかった。最後に出場した主将チョ・ジンヨンが個人戦優勝の安藤翔の頭部を手首を打撃しても得点が認められなかった。韓国代表チームのパク・ギョンオク監督は「試合後、親しい日本の記者が『恥ずかしくて申し訳ないという言葉しか出ない』と言って頭を下げた」と伝えた。

1970年に最初の世界選手権が開催された後、判定をめぐる問題は毎回繰り返されている。専門家らは「最近は韓国・日本エリート選手の競技力の差は事実上なくなった」と話すが、国際大会の成績は違う。歴代男子・女子個人戦と団体戦を合わせて日本が優勝を逃したのは2006年に台湾で開催された男子団体戦(3位)が唯一だ。

日本剣道界が首脳部を掌握した国際剣道連盟(FIK)は判定の改革に消極的だ。ビデオ判定の導入を要求する声は黙殺されている。「剣道の大衆化のためにオリンピック(五輪)正式種目入りに挑戦しよう」という加盟国の要請も同じだ。韓国剣道がFIKにとって厄介に存在に成長したのが判定の不利益につながるという分析もある。韓国は日本の牙城を脅かす実力を備えただけでなく、剣道の英語の発音を日本語式の「KENDO」の代わりに「KUMDO」と表記する。

「相手よりもまず自分自身に勝つ」というのが剣道の精神だ。いつまで小さな既得権に満足しながら「井の中の蛙」として生きていくのか日本に問いたい。

ソン・ジフン/スポーツチーム記者
no title


ソース:中央日報/中央日報日本語版【取材日記】日本のための剣道ではない
https://japanese.joins.com/article/243/245243.html

関連スレ:【中央日報】 大韓剣道会長 「剣道の精神は相手を尊重…侍の精神とは違う」★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536835439/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1537229022/

続きを読む

【アジア大会サッカー】 自分の「トヨタセレモニー」を見た李承佑(イ・スンウ)が当惑した理由~トヨタと知らなかった

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/15(土) 12:01:28.25 ID:CAP_USER.net
no title

▲アジア競技大会の決勝が行われた1日、李承佑(イ・スンウ)が日本を相手に先制ゴールを決めた後、看板の上に立ってパフォーマンスをしている。

2018アジア競技大会の男子サッカー決勝で話題になった李承佑(イ・スンウ)の「トヨタセレモニー」がまた注目されている。李承佑がゴールを決めた後のパフォーマンスをした当時、踏んで上がった看板が日本自動車企業トヨタのものであることを知らなかったと明らかにしたからだ。

14日、あるユーチューブチャンネルに登場した映像で、李承佑は自分に関する書き込みを読んで答える時間を持った。李承佑は日本戦のパフォーマンスについて「よりによってトヨタの看板を踏んでいる」という書き込みを見て当惑した。

李承佑は「本当に知らなかった。本当に見ていなかった」とし「そこで分かってやっていたら本当に…」と話した。崔龍洙(チェ・ヨンス)FCソウル監督の現役時代の看板セレモニーについては「当時は生まれていなかったので知らなかった」と語った。

李承佑は9月1日、アジア競技大会決勝の日本戦でゴールを決めた後、トヨタの看板の上に立ってパフォーマンスをし、話題になった。これを見て崔龍洙監督が1988年フランスワールドカップ(W杯)予選で見せたパフォーマンスを思い出す人も多かった。当時、看板に上がろうとして転倒した崔監督はテレビ中継で李承佑に「やめとけ!やめとけ!」と冗談を言ったりもした。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<サッカー>自分の「トヨタセレモニー」を見た李承佑が当惑した理由
https://japanese.joins.com/article/188/245188.html

関連スレ:【韓国】イ・スンウが憎き戦犯企業トヨタの看板を踏むパフォーマンス ネチズン感動の嵐
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535872935/
【アジア大会サッカー】 日本の「トヨタ」広告看板を踏みにじったイ・スンウのセレモニーが大韓民国を感動させた本当の理由[09/02]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535894644/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1536980488/

続きを読む

【W杯】韓国文化体育観光部長官「2030年または2034年に南北日中の共催でW杯を」

1: 荒波φ ★ 2018/09/14(金) 08:52:52.28 ID:CAP_USER.net
韓国文化体育観光部の都鍾煥(ト・ジョンファン)長官が南北日中のワールドカップ(W杯)共同開催を提案した。

都長官は12、13日に、東京で開かれた第2回韓日中スポーツ行政担当相会合に参加した。この会合には日本側からは林芳正・文部科学相が、中国側からは高志丹・国家体育総局副局長がそれぞれ参加した。

都長官は会議後に記者団と会い、南北日中W杯共同開催の提案を日中にしたとして「こういう(W杯4国共同開催)提案を北にしてみて、北はどのような考えを持っているのか議論を始める意味がある」とし「スポーツ交流を通じて南北が平和体制に移行するための韓半島(朝鮮半島)平和を構築し、平和共存・平和交流の雰囲気に転換したように、スポーツを通じて北東アジアの平和構築に向けた契機を用意していかなければならない」と明らかにした。

続いて、中国が2030年W杯を開催しようとする状況で共同開催の提案には拒否反応を示しているという記者の質問に「拒否反応というよりは、まだ時間はあるので時間を設けて協議してみようという立場。持ち帰って議論してみなければならないではないか」とし「今年は2018年で(W杯は) 2030年や2034年に行われること。まだ時間があるから時間を設けて協議しようと提案した」と述べた。


2018年09月14日06時37分 [中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/133/245133.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_news

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1536882772/

続きを読む

【韓国】 アジア大会、日本に負けました。満足ですか?~忠南大教授「韓民族を抹殺しようとした人々に負けて平気なのは親日派」

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/13(木) 20:54:49.44 ID:CAP_USER.net
今回のジャカルタ-パレンバン、アジア大会で我が国は3位だった。わずか4年前、仁川(インチョン)アジア大会では2位だったのに今回は負けた。ところが大韓民国国民みながこの結果に満足している表情だ。血が逆流し、亡くなった金九(キム・グ)先生が墓からむくっと起きられるだろう。

我が国は24年前、1994年、広島アジア大会で日本に金メダル一つ差で2位を渡した以外は1986年ソウル、1990年北京、1998年バンコク、2002年釜山、2006年ドーハ、2010年広州、2014仁川の全てで中国に続き28年間2位を占めた。

日本は50-60年代の敗戦の痛みを癒して国家の復興を宣伝するため、エリート体育に大々的に投資をし、1951年インドのニューデリー、アジア大会から1978年タイ、バンコク、アジア大会まで28年間アジア大会で1位だった。

1964年、東京オリンピック以後、生活体育中心の政策を進めてきた日本は生活体育を通した選手育成を志向しながら体育のすそ野を広げたが、それ以前まで維持したエリート体育に対する支援と関心が急速に弱まり、オリンピックなど国際大会での成績がずっと落ちた。

初めはずっと上位圏(64年~84年20年間3位~7位)を維持し、生活体育がよく定着した。しかし1982年からアジア大会で1位を中国に奪われ、1988年、ソウル五輪からは我が国に押されながら10位圏外に押し出されることになった。

生活体育を通じてエリート選手を養成する計画は見事に外れ、日本は30年間オリンピック、アジア大会などの国際大会で大韓民国に押されて低調な成績をおさめた。

国際大会の成績が韓国にずっと遅れをとるとすぐに自尊心に大きな傷を受けた日本は自らのエリートスポーツ選手育成システムについて疑い始め、長考のあげく得た結論が韓国の選手育成システムを習おうだった。

2000年代中盤から韓国をベンチマーキングした日本は2008年、泰陵(テルン)選手村をまねた味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を建設して最高の選手育成システムを定着させ、2015年にはスポーツ庁(長官級)を新設して大々的に予算を投じてエリートスポーツを通した日本の世界化を進行している。これを通じて日本はオリンピックとアジア大会でいよいよ韓国を圧倒しエリートスポーツ強国として復活した。

大韓民国のスポーツは総体的な危機に陥っている。学齢人口低下で非人気種目はやっと命脈を維持し、大学は定員縮小にともなう予算不足、地方自治体と企業が保有している実業チームは運動部の効用切り下げなどを理由にチーム解体を進めている。

国家を代表して他国と競争する他はないエリート体育の価値は相変らず有効だ。スポーツを通じて得られる国民的士気や自負心などの精神的な価値は何より崇高で私たちの先祖がそうだったように私たちが守らなければならない私たち民族の偉大な自尊心だ。

世界的な選手は一日で作れない。スポーツはそういうものだ。国家代表選手たちの兵役問題が連日「話題」だ。しかし、再び日本と戦うために出場しなければならない選手たちの士気を落としてしまって大韓民国の自尊心が踏みにじられる様なことが起きてはならない。

独島(ドクト、日本名:竹島)を自らの土地だと言い張って、私たちの先祖をじゅうりんし韓民族を抹殺しようとしたあの人たちがスポーツを前面に出して日章旗を持って出ている。スポーツを通した国威宣揚を防ぐ者!日本に負けても憤慨しない者!日帝時代の親日派と異ならない。

チョン・ムンヒョン忠南大学教授
http://m.joongdo.co.kr/view.php?key=20180913010005725#cb

ソース:中道日報(韓国語) [スポーツ老眼鏡]日本に負けました。満足しますか?
http://m.joongdo.co.kr/view.php?key=20180913010005725#cb

引用元: http://awabi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536839689/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください


全ランキング



QRコード
QRコード