歴史

【属国】「東方礼儀之国は称賛ではなく侮辱的表現」独立門広場で「独立門123周年記念式典」開催「中国の夢は悪夢」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ : 2020/11/25(水) 17:31:37.74 _USER
no title


 21日午前11時、ソウルの独立門で「独立門123周年記念式典」が開かれた。保守系団体「未来代案行動」と「国民労働組合」が主催した今回の行事では、千英宇(チョン・ヨンウ)元青瓦台(韓国大統領府)外交安保首席が記念演説を行い、香港と台湾の人権活動家らがメッセージを送った。もともと独立門が建立された目的は「中国からの独立」にあるだけに、今回の行事でも反中メッセージに重きが置かれている。

 千英宇・元首席は記念演説で「独立門は123年前、日本ではなく中国から独立したことを記念するため、徐載弼(ソ・ジェピル)先生が建てた記念物」だとし「徐載弼先生が、迎恩門と慕華館を取り壊してその跡地に独立門を建てたのは、中国に対する事大と屈従の歴史に終止符を打って近代的な自主独立国家としてよみがえろうという意思を内外に確認させるため」と語った。

 さらに千・元首席は「およそ120年前に日本の覇権から朝鮮の独立を守ることが至上課題であったように、今後は中国の覇権的横暴から韓国を守ることが外交安保政策の最大の宿題」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2017年に北京大学で演説した際、中国を高い峰、韓国を小さな木と描写して大韓民国を小韓民国におとしめ、中国の夢に韓国も共にあるとだろうと言った。中国の夢は、韓国が命懸けで避けなければならない悪夢」と語った。

習近平国家主席が言及した「偉大な中華民族の夢」とは、中国が支配する東アジアの秩序に逆戻りしようというものであって、韓国にとっては韓米同盟を解体し、親中屈従を前提とした新・朝貢関係へ戻ろうという内容だ-と千・元首席は主張した。

 千・元首席は、中国に立ち向かうための韓国、米国、日本の同盟と協力を強調した。次いで「東方礼儀の国」という言葉の含意を指摘し、中国に対する正しい認識が必要だということを指摘した。

 「韓国人の精神世界において、日本に40年間国権を奪われたことは骨に染みる恥辱として残っているのに、中国の属国として500年過ごしたことは悔しがらない傾向があります。属国の中でも中国によく仕えて他の模範になるという意味で、中国は朝鮮を『東方礼儀之国』と呼びました。ところが、これが朝鮮にとってどれほど侮辱的な表現であるかを理解せず、中国の称賛と考える間抜けな人々もまだいます」

 この日の行事には、香港のある民主化運動家も匿名でメッセージを送ってきた。この人物は「韓国と台湾、そして日本など東アジア諸国が連帯し、中共の対外膨張と帝国主義に対抗することを希望する」とし「われわれの『次』になることを望まないのであれば、常に目覚めていてほしい」と伝えた。


鄭佑相(チョン・ウサン)記者

チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/11/24 11:01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/24/2020112480038.html?ent_rank_news

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1606293097/

続きを読む

【韓国】 日本、700年間の武人政治~それは百済系の平氏と新羅系の源氏の戦いから始まった

1: 蚯蚓φ ★ : 2020/11/20(金) 20:43:20.65 _USER
当時すでに百済系と新羅系が渡って定着しており、百済系は平氏を成し新羅系は源氏を成していた。この二つの一族が戦って源氏一族の「源頼朝」は平氏の平清盛との戦いで勝利し、1192年、朝廷から征夷大将軍に任命され、鎌倉(現在の神奈川県)に幕府を置いて日本最初の武士政権を樹立した。

鎌倉幕府はその後、約140年間持続し、この期間を鎌倉時代という。鎌倉幕府の成立は従来の貴族政権に対して武士が独自政権を持ったことを意味するが、これは武士政権の最高位である将軍とその部下である御家人が土地を媒介して結んだ主従関係をその基礎にしている。この時から日本では室町幕府と江戸幕府を経て明治維新が起きるまで、700年間余り、武士による武人政治が持続する。

「源頼朝」が死ぬとすぐに彼の妻・マサコの実家勢力・北条氏が実権を掌握して摂政になる。13世紀後半に2回にわたる麗蒙連合軍の日本遠征(1274、1281)は、日本の政治、経済、社会の全般にわたって多大な影響を与えた。麗蒙連合軍は、日本列島の日本人の多くを虐殺した。この防御過程で参加した武士への支払いが少なかったため、幕府と武士の間の信頼関係が著しく損なわれた。武士の不満が蓄積して幕府の勢力に従わなくなり、幕府の勢力は格段に弱体化した。
(中略:明治維新までの武士の日本史)

no title

▲2010年8月12日、ソウル西大門刑務所歴史館内の中央の庭で韓国原爆被害者協会クァク・グィフン名誉会長が発言をしている。/ニューシス
no title

▲壬辰倭乱の時、熾烈だった戦闘と、その中に埋もれた英雄の人間的な話を盛り込んだミュージカル「李」。/ニューシス
no title

▲2020年9月9日、ソウル鍾路区旧日本大使館前で日本軍性奴隷制問題を解決するための1456回水曜集会記者会見。/ニューシス

封建的幕府時代に終止符を打ち、近代的システムを導入してわずか数十年で強大国を圧することができたのは日本の膨張欲求による。日本の戦争の歴史は清日戦争から太平洋戦争まで一貫した流れで進められた。それは領土拡張の歴史であり侵略の歴史であった。

一方ではロシア勢力南下を阻止しようとしていた英国、朝鮮の支配権とフィリピン支配を互いに対等交換した米国の共謀も日本が露日戦争で勝利する要因の一つであった。

日本は北海道と沖縄を自国領土に編入した後、台湾と朝鮮を占領して植民地にしながら帝国の力を育てた。中でも朝鮮という植民地は日帝が力を備蓄して東アジアで跳躍する重要な踏み台になった。

日本近現代史は数多くのアジア人民に苦痛と死を与えた流血と略奪の歴史でもあった。

ソ・ジョンヒョン論説委員
no title


ソース:ソウル日報(韓国語)“最初の室町幕府…700年間無人政治”[ワールド レビュー]遠くて近い国‘日本’(第5部)
http://www.seoulilbo.com/news/articleView.html?idxno=444986

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1605872600/

続きを読む

【朝鮮日報】壬辰倭乱で連れていかれた朝鮮陶工の望郷歌 彼らによって得た莫大な富が日本近代化を促進する元手になった

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/02(金) 08:29:13.69 _USER
「日が昇る/毎日がきょうに至り/日は暮れても/夜が白むまではきょうだ/きょうがきょうのようであるなら/どんな世界のようなものだろうか」

 壬辰(じんしん)倭乱(文禄・慶長の役)で日本に連れていかれた朝鮮の陶工が鹿児島に定着し、故郷を恋しがりつつ平和を祈る歌をうたった。それが、子々孫々伝えられてきた「朝鮮歌」だ。

 高麗大学名誉教授の著者は、退任後さらに活発な研究活動を行ってきたことでよく知られる国語学者。1980年に京都大学の書庫で「朝鮮歌」を初めて発見した彼は、緻密な考証の末、この歌が当時朝鮮で流行した歌だったことを解き明かした。

 1990年に日本で執筆した研究書(『薩摩苗代川伝来の朝鮮歌謡』)の韓国語版として編集・出版した本書において、著者は朝鮮の陶工らが日本社会に及ぼした影響を分析した。彼らが白磁の製造技術を伝えた後、日本の陶磁器産業は爆発的に発展し、欧州や世界各地への輸出の道が開かれ、このとき蓄積された莫大(ばくだい)な富が日本近代化を促進する元手になったという。300ページ、1万6800ウォン(約1500円)

兪碩在(ユ・ソクチェ)記者

◆「世界で最も平和な国」1位はアイスランド、韓国48位、TOP10は?

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/10/02 06:00
Copyright (c) Chosunonline.com
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020092980140

【新刊】鄭光(チョン・グァン)著『朝鮮歌』(キムヨン社刊)
no title

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1601594953/

続きを読む

【中央日報】311億ウォン投じられる韓国の平和庭園に「朝鮮侵略」日本武将の銅像設置?何事だ 壬辰倭乱『戦犯』小西行長の銅像

1: 新種のホケモン ★ 2020/09/18(金) 07:47:18.64 _USER
全羅南道順天市が推進している「韓中日平和庭園」鳥瞰図に登場した壬辰倭乱時の日本武将、小西行長の銅像(赤丸の部分)。[写真 順天市]

韓国南部の全羅南道順天市(チョルラナムド・スンチョンシ)が「韓中日平和庭園」を造成し、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)当時に朝鮮侵攻の先頭に立った日本武将の銅像設置を推進している事実が一歩遅れて伝えられ、17日、論争となっている。

順天市は海龍面新城里(ヘリョンミョン・ソンソンリ)の順天倭城一帯に13万平方メートル規模の平和広場を2025年までに造成する予定だ。事業費は国費・道費・市費など合計311億ウォン(約28億円)が投じられる。東アジア3国の7年戦争を追慕し、平和共存の場にするという趣旨だ。

問題はここに丁酉再乱(慶長の役)当時参戦した韓日中将軍5人の銅像設置が推進されているが、日本の代表武将として小西行長の銅像が設置されるという点だ。

小西は1592年、婿である対馬国領主の宗義智とともに兵力1万8000人を率いて釜山(プサン)を侵攻して日本軍の先頭で活躍し、平壌(ピョンヤン)城まで陥落させた人物だ。市が先月14日までに進めた板石の分譲督励ポスターの公園鳥瞰図にも小西の銅像模型図が鮮明に見える。

すぐに市民の反発が相次いだ。「血税を使って敵将の銅像を設置するのか」という主張だ。先月、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の国民請願には「順天市庁は朝鮮侵略の先鋒者『小西行長』の銅像を税金で作るな」とする投稿があり、17日現在までのところ6100人余りの同意を受けている。

請願人は「壬辰年に倭国は朝鮮を侵攻して朝鮮の地を蹂躪(じゅうりん)し、朝鮮の民を無残に殺戮(さつりく)・虐殺した」とし「(順天市が)壬辰倭乱の時に朝鮮侵略の先頭に立って朝鮮の地を燃やし、川を血の川にした倭人将帥の銅像を税金で作ろうとしている」と主張した。あわせて「しかも公園の名前にも『平和』がついているが、こちらに壬辰倭乱『戦犯』の銅像を立てようとしている」と付け加えた。

また「壬辰倭乱時に数多くの人々が戦乱を避けて順天ナムサン渓谷に集まったが、倭軍はここまで追いかけてきて順天の民を残忍に殺戮・虐殺した」とし「ところが倭国将帥の銅像を設置するというのは、歴史認識が浅いという言葉がもったいないほど」と続けた。

このような指摘は今年7月に開かれた住民懇談会でも出ていたことが分かった。相次ぐ指摘に、順天市は一歩遅れて今月21日までに銅像設置に関して市民の意見を取りまとめることにした。

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.09.18 07:09
https://s.japanese.joins.com/JArticle/270350?servcode=400&sectcode=400

全羅南道順天市が推進している「韓中日平和庭園」鳥瞰図に登場した壬辰倭乱時の日本武将、小西行長の銅像(赤丸の部分)。[写真 順天市]
no title

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1600382838/

続きを読む

【韓国】 文字も衣服もない原始生活をしていた日本に百済が文物を伝えた~天皇は奈良百済の総督の様なもの

1: 蚯蚓φ ★ 2020/09/15(火) 13:23:24.24 _USER
百済東城王の死で王位に上がった武寧王は蓋鹵王の息子であり昆支王(困支)の養子だ。462年、倭地にある奈良百済に行く途上にある各羅島で生まれ、名前は隆だ。生まれた後も続けて奈良百済で成長したので日本語でシマ(島)またはサマと呼ばれた。それで彼を斯麻王とも言う。

これは倭地にもう一つの百済があったことが分る部分だ。それが奈良百済だ。奈良百済は近肖古王(クンチョゴワン)の時に建国されたが当時、近肖古王は大陸百済、韓半島百済、倭地の奈良百済の三地域を統治した大帝国の皇帝であった。

大陸と韓半島は距離が近いが倭地は大陸から遠く、当時は海上交通が発達していない時代で倭の奈良百済を自治的に統治する王を置いたが、これを天皇と呼び総督の様なものだった。サマは生まれるとすぐに生母とともに大陸百済に戻ったが、政治的状況が非常に不安で奈良百済にある昆支に再び送られた。

このように百済王室が王子を勝手に倭地の奈良百済に送ったり連れてきたりしたのは、奈良百済が百済が支配する領土だったからだ。百済は王子だけでなく、百済の文物を倭の奈良百済に伝達するために百済住民を大挙移住させた。403年(応神14年) 2月、百済の縫衣工女が奈良百済に渡り、これが日本列島で衣縫の元祖だ。

工女が一人で行ったわけではなく大移住集団の一員として行ったが、移住集団は日本列島全域120余りの県に散って暮らしながら百済の文物を伝播した。

当時、倭は衣服もない新天地島で、このような先進文化を持つ百済の大民族集団が移住した事実はすなわち百済が日本列島を開拓し、さらには日本列島全域を建設したことを立証する。

文字もなく衣服もない原始生活をする原住民世界に文字や各種の技術、馬など高度な先進文化を持つ百済の大移住集団が日本列島に上陸したとすれば、当然この集団から統治者である王や天皇が出なければならない。史録によれば、倭の奈良百済・応神天皇も百済住民大移住集団から出た天皇であり、同時に奈良百済初の天皇だった。

475年、高句麗の攻撃で百済の都城が崩れ蓋鹵王が捕えられて死ぬ時、彼の王子はみな死んだがサマ(島)は倭の奈良百済にいたので死をまぬがれて王位に上がることができた。
(中略:半島百済の歴史)

倭地の奈良百済も小王国と戦って領土を拡張しながら日本国建設の土台を用意していった。この時、奈良百済の領域は四国島と向かい合う本州の凸のように出ている奈良県が中心だった。

このような記録を見れば日本の文物は百済が伝播したことは明らかに見える。

クォン・ウサン命理学者・歴史小説家
no title


ソース:釜山経済新聞(韓国語)<寄稿>日本の文物は百済が伝播したこと
http://www.bseconomy.com/news/view.php?idx=36358

関連スレ:【韓国】 天皇家は百済系の万世一系と見られているが、実は新羅系-高句麗系が混ざっている[09/12] [蚯蚓φ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1599907569/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1600143804/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード