軍事

【朝鮮日報】北に戦術核搭載ミサイルと放射砲を同時に撃たれたら韓国軍は為す術なし

1: 昆虫図鑑 ★ : 2021/01/11(月) 08:32:33.92 _USER
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は労働党第8次大会での報告において、異例にも「戦術核兵器の開発」について複数回にわたり公に言及した。これまで「対米用」と宣伝してきた核兵器について「韓国にも使用できる」とする本音を口にしたものと分析されている

 戦術核兵器は数キロトン(TNT爆薬1000トンの威力)から数十キロトンの威力を持つ。韓国を主に標的とするもので、射程距離が400-600キロ前後の新型戦術ミサイルや超大型放射砲(直系600ミリ)などに搭載できる。北朝鮮が核弾頭や在来型の弾頭を装着したこれらの兵器で同時に攻撃してきた場合、核弾頭と非核弾頭の区別はもちろん、それらの迎撃は事実上不可能となり、韓国にとっては致命的な脅威になりかねない。

 朝鮮中央通信によると、金正恩氏は「核兵器を小型軽量化し、戦術武器化をより発展させ、現代戦において作戦任務の目的と打撃対象によって異なった手段として適用できる戦術核兵器を開発し…」と述べた。北朝鮮がこれまで戦術核兵器の開発成功を暗示したことはないが、これについて金正恩氏が肉声で明言したのはこれがはじめてだ。

金正恩氏はさらに「歴史的な2017年11月の大事変(火星15号発射)後も、核武力の高度化に向けた闘争を止めることなく領導し、巨大かつ新たな勝利を手にした」とも主張した。金正恩氏は自らシンガポールとベトナムのハノイで米国と非核化に向けた会談に応じたが、その際にも核開発を続けてきたことを認めた形だ。

 北朝鮮は「先端戦術核兵器」として超大型放射砲、新型戦術ミサイル、中長距離巡航ミサイルなどにも言及した。その中でも中長距離巡航ミサイルの開発については今回はじめて公にした。また北朝鮮がこの兵器に核弾頭を装着する能力を確保したかどうかは最も注目すべき部分だ。まず「北朝鮮版イスカンデル」として広く知られる新型の戦術ミサイルは射程距離が600キロ以上で、韓国の全域と日本の在韓米軍基地を射程圏に置いている。2019年以降、試験発射を複数回にわたり行い、昨年10月の軍事パレードに登場させたことで実戦配備段階にあるとも伝えられている。このミサイルの弾頭重量は500-600キロ、直径は92センチほどだという。北朝鮮が2017年の6回目の核実験に先立ち公開した核弾頭は直径60-70センチ、重量は500キロ前後とみられることから、北朝鮮の新型戦術ミサイルには核弾頭が装着できると推定されている。

しかし「北朝鮮エイタクムス」と呼ばれる新型ミサイルと600ミリ超大型放射砲の場合、弾頭の直径や重量などから推測すると、「これに装着する戦術核弾頭については、北朝鮮は現時点で開発できていない可能性が高い」と韓国軍当局はみている。ある韓国軍筋は「北朝鮮はまだ核弾頭を重さ300キロ、直径60センチ以下では開発できていないようだ」と伝えた。

 韓国軍当局は北朝鮮のミサイルの脅威に対抗し、ミサイルの移動式発射台を早期に探知し、30分以内にこれを無力化する「キル・チェーン(戦略標的打撃)」、さらにミサイルを迎撃する韓国型KAMD(ミサイル防衛システム)を発展させている。しかし北朝鮮が新型戦術ミサイルや超大型移動式放射砲の発射台を数十基以上製造・配備した場合、これらを短時間で探知し破壊するのは現実的に不可能とみられている。また同時に数十発が飛来した場合、従来のパトリオットPAC3ミサイルやTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)による迎撃も難しい。とりわけ北朝鮮の新型戦術ミサイルは迎撃を回避できる変則起動が可能だ。

 上記の韓国軍筋は「北朝鮮が戦術核を実戦配備すれば、韓国軍の通常兵器における質的優位も事実上消滅する」として警戒を示した。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/11/2021011180003.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1610321553/

続きを読む

【軍事】 韓国軽空母の「鳥瞰図」を独自入手と韓国紙、伊軽空母モデルにステルス戦闘機F35-B搭載

1: 荒波φ ★ : 2021/01/10(日) 15:21:17.49 _USER
※中央日報の元記事
F-35B導入急ぐ理由あった…2030年代「韓国型空母」鳥瞰図を初公開
https://japanese.joins.com/JArticle/274048

※画像
海軍が推進する軽空母のコンピューターグラフィック。英空母「クイーン・エリザベス」のように艦橋が2つある。米国の強襲揚陸艦「アメリカ」のように平らな甲板だ。 [韓国海軍]
no title


韓国海軍が計画中の軽空母について、中央日報はその「鳥瞰(ちょうかん)図」を独自に入手したとして、概要を報じた。

スキージャンプ台がない平らな甲板で垂直離着陸可能な米国製のステルス戦闘機F35-Bを搭載。イタリアの軽空母を参考にしたという。

2022年に基本設計を始め、26年から建造に着手し、早ければ33年に就役する。

中央日報によると、海軍は鳥瞰図について「最終確定ではなく、研究と検討をしながら軽空母の艦型を発展させていく」とし、「艦艇設計は基本設計、詳細設計の段階でも修正する可能性がある」と説明した。

しかし「基本は大きく変わらないはず」というのが複数の政府筋の言葉だ。

記事は「鳥瞰図を最初に見た瞬間、思い出した艦艇がある。米海軍の強襲揚陸艦『アメリカ(LHA6)』と英海軍の空母『クイーン・エリザベス』だ」と説明した。

米海軍は4万5000トン級の「アメリカ」に20機のF35-Bと2機のMH-60多目的ヘリコプターを搭載して軽空母の役割を任せる計画だ。

6万5000トン級の「クイーン・エリザベス」はF35-Bをはじめ、AW159ワイルドキャット多目的・対潜ヘリ、AW101輸送・早期警報ヘリを搭載する。

海軍は軽空母を構想しながらイタリアの軽空母「カヴール」も参照にした。3万トン級の「カヴール」は米国の改造を経た英国製垂直離着陸戦闘機AV-8BハリアーIIを10機搭載する。

昨年5月にF35-Bを搭載するための改造作業を終えた。

韓国の軽空母の規模や搭載航空機数は「カヴール」をやや上回ると見ることができる。

中央日報は「総合すると、韓国海軍の軽空母は父が『アメリカ』、母は『クイーン・エリザベス』で、『カヴール』はいとこに例えることができる」とも伝えた。

空母には空中の脅威をあらかじめ知らせる早期警戒機が必要だが、韓国海軍の軽空母には早期警報ヘリがない。

その代わり駆逐艦を空母打撃群の先鋒に置き、戦闘機を常時飛行させて哨戒作戦に投入するという。これも 「カヴール」をモデルにしたものだ。

韓国海軍は軽空母を中心とする機動艦隊の姿も公開した。海軍は第7機動戦団を25年に機動艦隊に拡大。領海を越えてアデン湾、東シナ海など遠海で韓国の国益を守る。

原油と輸出物資が通過する海洋交通路の中心だ。機動艦隊の母港は済州島となる。

海軍のコンピューターグラフィックスによると、軽空母は世宗大王級イージス駆逐艦、忠武公李舜臣級駆逐艦、島山安昌浩級潜水艦のほか、韓国型次期駆逐艦(KDDX)の護衛を受ける。

中央日報は「この戦力なら2030年代に太平洋で中国や日本と対等ではないとしても、一方的な劣勢にはならない水準だ」と言及。

「中国に続いて日本も空母を保有に向かい、北東アジアで軍備競争が激しくなっている。冷厳な国際政治の環境で韓国が生き残るには空母の保有が避けられない側面がある」と強調した。


2021年1月10日(日) 12時10分
https://www.recordchina.co.jp/b865685-s0-c10-d0059.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1610259677/

続きを読む

【朝鮮半島】北朝鮮に近い海上で行方不明の韓国海軍幹部 遺体で発見

1: 荒波φ ★ : 2021/01/09(土) 13:13:33.41 _USER
【ソウル聯合ニュース】

黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い白ニョン島沖で夜間任務中に行方不明になった韓国海軍艦艇の幹部1人が9日午前、遺体で発見された。

海軍は事故経緯や航海安全事項などを確認するとともに、対策を講じる予定。

遺体で見つかった幹部は8日午後9時半以降、姿が見えなくなった。艦艇には約40人の乗組員が乗っていた。

軍当局は船舶共通通信システムの国際VHFなどを通じ、乗組員の行方不明を伝え、捜索活動を行っていた。国際VHFなどは北朝鮮も受信できる。

当時、雪が降るなど気象状況がよくなかったことから転落など、さまざまな可能性を念頭に捜索を行ったとされる。

死亡原因は今後、調査を通じ究明するとみられる。


2021.01.09 12:07
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210109000600882

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1610165613/

続きを読む

【韓国軍】軽空母(多目的大型輸送艦-II)建造事業を本格推進へ F35Bの導入と運営などに関する具体的な計画を策定する予定

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です : 2020/12/31(木) 03:02:34.33 _USER
【ソウル聯合ニュース】韓国海軍の軽空母(多目的大型輸送艦-II)建造事業が正常に推進される。

 韓国軍合同参謀本部は30日に開催した合同参謀会議で、軽空母が安全保障の脅威に対応する将来的な戦力と評価し、建造事業の必要性を認めた。

 これにより、来年中に同事業が国防中期計画に反映されれば、事業予算が策定されるなど本格的に推進される。

 防衛事業庁と軍は来年、事業推進基本計画を策定し、事業の妥当性を検討した後、2022年に基本設計に着手することを目標としている。

 また、会議では軽空母に搭載される戦闘機として有力視されている垂直離着陸が可能なF35Bについても議論された。

 海軍は今回の決定を受け、軽空母建造、F35Bの導入と運営などに関する具体的な計画を策定する予定だ。

 2021年度(1~12月)の国防予算52兆8401億ウォン(約5兆232億円)のうち、軽空母建造事業と関連した予算は1億ウォンで、これは国会国防委員会が今後討論会などを開くなどして、社会全体のコンセンサス(合意)を得る必要があるとの趣旨で反映された額だ。

聯合ニュース 2020.12.30 19:35
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20201230004900882?section=politics/index

no title

軽空母の予想図(国防部提供)=(聯合ニュース)

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1609351354/

続きを読む

【韓国/安保専門家】韓米同盟に「自衛隊は欠かせない」

1: 荒波φ ★ : 2020/12/30(水) 17:39:18.57 _USER
※パク・ヨンジュン 東大大学院で国際政治学の博士号を取得し、2003年に韓国国防大学校の教授に就任。米ハーバード大の訪問学者、韓国平和学会長、韓国現代日本学会長なども歴任し、主に日本の政治外交や東アジアの国際安全保障を研究する。


徴用工問題に端を発した日韓関係の悪化は、日米韓の安全保障協力への懸念も招いた。米国の政権交代で予想される変化について、日韓関係や安全保障に詳しい韓国国防大学校の朴栄濬教授(57)に聞いた。

「韓国軍と自衛隊による防衛交流や海上救難訓練などが途絶えている。19年には文在寅(ムンジェイン)政権が、韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を日本側に通告した。米国の強い懸念を受けて踏みとどまったが、韓日の歴史問題が安全保障協力にも影響を与えており、憂慮している」

「GSOMIAは韓日の安全保障協力の象徴であり、定期的な情報交換は双方にとって有益だ。例えば北朝鮮から弾道ミサイルが発射された場合、地理的に近い韓国と、日本沿海にイージス艦を展開する日本が、米国とも情報を共有することで正確な評価を可能にしてきた。協定の破棄はあってはならない」

――北朝鮮の短距離ミサイル発射に対し、トランプ政権は静観してきました。

「米国に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではないからだが、バイデン次期政権は違う。同盟関係を重視し、韓国や日本の安全を脅かす短距離ミサイルの発射にも敏感に反応するだろう。挑発行動を繰り返せば、制裁強化に動く可能性もある」

――「米国第一」を掲げる米国のトランプ大統領は、日韓関係の現状に関心を払ってきませんでした。

「バイデン次期政権の国務長官には、韓国や日本との同盟関係を重視したオバマ政権で国務副長官を務めたブリンケン氏が就任する。副長官時代は歴史問題をめぐる韓日の葛藤の解消に努めようとした。今後、ブリンケン氏を中心に韓日双方に関係改善を強く要求してくる可能性が高い」


2020年12月30日 17時00分
https://www.asahi.com/articles/ASNDX339CNDVUHBI023.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1609317558/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
各自節度を持ってコメントをして下さい

また以下のコメントは削除されることがあります

・差別用語を含んでいるもの
・記事と関係ないコメント
・草を大量に生やしている
・煽り目的のコメント

また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
メール等でご連絡ください

海外IPで荒らしている方がいましたので海外からのコメントはできないように変更いたしました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント




QRコード
QRコード