軍事

【韓国軍】日本との軍事情報協定は延長の方向「韓日関係によって流動的」日本側から協定に関する言及の有無について「なかった」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/07/16(火) 16:17:48.81 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】韓国と日本政府が北朝鮮の核・ミサイル関連情報などを共有するため締結した軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長を巡り、韓国の国防部関係者は16日、「効用性や安全保障協力の側面から検討していく」と述べた。

国防部は両国の対立が最悪の状況に陥っている中、数回にわたって協定延長の是非を検討する内部会議を開いたようだ。現在までは延長する方向となっている。

 ただ、韓国軍関係者は「韓日関係の状況によって流動的」と述べた。

 国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は16日の定例会見で、日本側から協定に関する言及があったかどうかについて「なかった」と答えた。自動的に延長されるかに関しては「現在までは大きな問題がなく、われわれの立場には変化がないため、もう少し見守りたい」と表明。「8月中旬ごろに決める」と述べた。

 一方、韓国外交部の当局者は15日、記者団に対し、協定破棄の可能性が指摘されていることについて、「米国側からGSOMIAが揺らがないことを望むとの言及があった」と明らかにした。

 両国は2016年11月23日にGSOMIAを締結した。1年間効力を有し、効力が切れる90日前に両国どちらかが協定を破棄する意思を通告すれば終了する。8月中旬までに破棄の意思を通告しなければ自動的に1年間延長される。

 協定は1945年の光復(日本による植民地支配からの解放)後、両国が初めて結んだ軍事協定。北朝鮮の核・ミサイル関連の2級以下の軍事機密を共有するために守る原則を盛り込んだもので、両国の北朝鮮への対応が外交レベルから軍事分野に拡大する契機となった。

 協定に基づき、両国が共有した情報は16年に1件、17年に19件、18年に2件の計22件となっている。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190716001500882?section=society-culture/index
聯合ニュース 2019.07.16 11:59

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1563261468/

続きを読む

【軍事】カナダ軍、日本へ展開~新たに始まった瀬取り監視大作戦、日本との連携強化

1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/14(日) 22:17:59.39 ID:CAP_USER.net
no title

▲沖縄県うるま市のホワイトビーチに停泊するカナダ海軍フリゲート「レジャイナ」 (2019年6月26日、稲葉義泰撮影)。

北朝鮮による瀬取りの監視を目的に、カナダ軍の艦艇と航空機が沖縄に展開しました。これまでも同様の活動は実施してきましたが、今回は少々、事情が異なります。端的に言えば「本腰を入れ始めた」わけで、その背景と意義を探ります。

カナダ軍の哨戒機と艦艇が沖縄に続々展開

 2019年6月26日(水)、筆者(稲葉義泰:軍事ライター)は沖縄県にあるアメリカ空軍嘉手納基地、およびアメリカ海軍の港湾施設であるホワイトビーチ地区に赴きました。その目的は、嘉手納基地に展開しているカナダ軍の哨戒機CP-140「オーロラ」と、ホワイトビーチに停泊しているカナダ海軍のハリファックス級フリゲート「レジャイナ」および補給艦「アストリクス」を取材することです。これらカナダ軍の航空機および艦艇が日本にやってきたのは、いずれも北朝鮮による瀬取り(洋上での船舶同士による物資の積み替え)を監視するためです。

 これは、北朝鮮が行っている核兵器や弾道ミサイルの開発を止めさせるために出された、2017年の「国連安全保障理事会決議第2375号」に基づく制裁内容を履行するための措置です。具体的には、決議により同国への輸出が禁じられている、あるいは輸出量に制限が設けられている石油などの資源や物品が、洋上で違法にやり取りされることがないように各国が艦艇や航空機を用いて監視しています。

 カナダは、この瀬取り監視の取り組みに2018年5月から参加していますが、実は今年になって、そのスタンスは大きな変化を迎えました。

「オペレーションNEON」は従来と何が違う?
(中略:本腰を入れ始めた)

瀬取り監視がもたらすカナダにとっての3つの意義とは

 では、こうした瀬取り監視活動への参加は、カナダにとってどのような意義があるのでしょうか。これについて、在日カナダ大使館に武官として駐在するカナダ海軍のウグ・カヌエル大佐は次のように説明します。

「カナダにとっての瀬取り監視の意義は、おもに3つあります。第1に、瀬取り監視は国連が定めた重要な任務であると同時に、カナダ政府が掲げる『北東アジアにおける平和と安全の提供』という方針にも合致すること。第2に、他国軍との連携や共同訓練の機会となること。そして第3に、瀬取り監視が自衛隊との共同作戦であり、カナダと日本との連携が強化できることです」

 この3つの意義の中でも、とくに日本にとって注目されるのはやはり3つ目の「日本とカナダとの連携強化」という部分ですが、これはすでに具体的な実績が積み重ねられているようです。

「瀬取り監視のための艦艇や航空機の派遣は、日本とカナダとの2国間訓練を実施する機会ともなります。実際に今回、派遣されている『レジャイナ』と『アストリクス』は南シナ海で海上自衛隊の護衛艦『いずも』と、日加共同訓練『KAEDEX19-1』を実施しましたし、嘉手納に派遣されているCP-140は海上自衛隊那覇基地のP-3C哨戒機と共同訓練を実施しました」(在日カナダ大使館 ウグ・カヌエル大佐)

 さらに、日本とカナダの安全保障面における連携強化について、2019年6月3日には、日本の岩屋毅防衛大臣とカナダのハージット・シン・サージャン国防大臣が東京で会合を開き、「日本国防衛省とカナダ国防省との防衛協力に関する共同声明」と題された声明を発表しました。この共同発表では、日本とカナダがお互いに連携を強化し、自由で開かれたインド太平洋の実現を共に推し進めていくことで一致しました。ちなみに、日本とカナダによるこのような共同発表が出されたのは、今回が初めてのことです。

 このように、カナダは瀬取り監視をひとつの大きな目的として、今後ますますインド太平洋地域におけるプレゼンス(存在感)の強化を推し進めていくことになるでしょう。そして、これは日本にとっても無関係な話ではなく、むしろ日本とカナダが共に協力して活動する機会が増えていくことを意味しているのです。

2019.07.14 稲葉義泰(軍事ライター)

ソース:乗りものニュース<カナダ軍日本へ展開、新たに始まった瀬取り監視大作戦「オペレーションNEON」とは?>
https://trafficnews.jp/post/87692

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1563110279/

続きを読む

【軍事】 韓国軍が鳥の群れを飛行体と誤認して戦闘機発進~北漁船亡命で過敏に?

1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/02(火) 00:26:06.81 ID:CAP_USER.net
 1日午後、韓国空軍が江原道の非武装地帯周辺で鳥の群れを正体不明の飛行物体と誤認し、戦闘機を出動させていたことが分かった。韓国軍の合同参謀本部は、同日午後1時ごろ江原道中部戦線の非武装地帯(DMZ)で正体不明の航跡がレーダーに捕捉され、調査の結果、鳥の群れと確認されたと説明した。韓国軍はこの日、KF16戦闘機まで発進させたが、パイロットが肉眼で鳥の群れであることを確認した。韓国軍当局は先月、北朝鮮の漁船が韓国海軍や海洋警察の監視網をかいくぐって韓国東海岸の港に入港した事件をめぐり、監視体制や会見内容が不十分だとして世論の批判を浴びた。そのことを意識したのか、今回は未詳の航跡が捕捉された時点でメディアに公表するという異例の対応を取った。

 合同参謀本部は、軍のレーダーに捕捉された航跡が、9.19南北軍事合意に基づく北朝鮮側の飛行禁止区域より南の上空で確認されたと説明した。昨年11月から施行されている軍事合意では、軍事境界線(MDL)から10-40キロ以内での航空機の飛行を禁じている。そのため、この未詳の航跡が北朝鮮の飛行物体や無人機であれば、軍事合意違反に該当する可能性があった。

 しかし、軍当局が分析した結果、飛行物体は鳥の群れ約20羽と確認された。軍のレーダーが捉えた航跡は、高度1万5000フィート(約4.5キロ)上空だった。軍当局は当初、この物体が飛行体なのか、無人機なのか、鳥の群れなのか判別できず、ヘリコプターと戦闘機を出動させて対応に当たったという。

 韓国軍当局は、未詳の航跡が捕捉されたと発表してから1時間10分後、この物体が鳥の群れであることを最終的に判断し、事実を公表した。

ピョン・ジヒ記者

ソース:朝鮮日報日本語版<北漁船亡命で過敏に? 韓国軍が鳥の群れを飛行体と誤認し戦闘機発進>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/01/2019070180258.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1561994766/

続きを読む

【例の】日本での観艦式、韓国海軍は招待されず=「屈辱中の屈辱」 「行かなくていい」

1: 荒波φ ★ 2019/06/27(木) 17:54:34.42 ID:CAP_USER.net
2019年6月26日、韓国・ヘラルド経済などは、日本で行われる観艦式に、韓国海軍が参加しない可能性が高まったと報じた。

記事は、日本メディアの報道を引用。防衛省は、10月14日に神奈川県相模湾で海上自衛隊観艦式を開催すると発表したことが分かった。

日本は、米国、オーストラリア、インド、中国などを招待する方向で協議を進めていが、韓国は招待しないことを決めたという。

昨年末の韓国海軍と日本の海上自衛隊間に起こったレーダー照射問題が背景にあるとみられている。

昨年10月に済州島で行われた国際観艦式では、「旭日旗」問題で海上自衛隊は参加しなかった。

なお、日韓の外交関係が平行線をたどる一方で、日本の海上自衛隊は今年4月、中国山東省青島の沖合いで行われた国際観艦式に、護衛艦「すずつき」を派遣するなど、中国との軍事交流強化に力を入れていると記事は指摘している。

これを受け、韓国のネット上では

「当たり前のこと。日本に行ってまで戦犯旗(=旭日旗)を見る必要はない」
「行かなければ燃料の節約にもなるし、悪いことじゃない。招待したのは友好国って言うけど…中国は何?」
「(韓国が日本を)招待した時は来ないし、(日本は韓国を)招待しないのだから行く必要ないし、わざわざ記事にする必要もない」

など「行かなくていい」と考えるユーザーが多いようだ。 また

「国際慣例上、観艦式から排除されるのは屈辱中の屈辱だと思う。今後外交問題が大きくなるだろう」と指摘する声も上がる一方で、
「韓国は孤立してる」
「お金持ちの日本と仲良くして悪いことはない。文政権の外交は破綻している」

と警鐘を鳴らすユーザーもいた。


2019年6月27日(木) 10時50分
https://www.recordchina.co.jp/b724563-s0-c10-d0127.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1561625674/

続きを読む

【朝鮮日報】韓日の軍事摩擦収束せず…日本「観艦式に韓国海軍招待しない」韓国側「招待状を受け取っていないので検討できない」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/26(水) 23:25:46.18 ID:CAP_USER.net
no title


海上自衛隊の旭日旗問題・哨戒機威嚇飛行で昨年末から関係悪化
6月の韓日国防相会談後も関係改善の兆し見えず
韓国側「招待状を受け取っていないので検討できない」

日本が、今年10月に開催する海上自衛隊の観艦式に韓国海軍を招待しない方針であることが伝えられ、昨年から続いている韓日の軍事摩擦が依然として収束していないことが分かった。

 日本メディアなどは26日、日本の防衛省が10月14日に神奈川県の相模湾で海上自衛隊の観艦式を開催すると報じた。

 日本メディアによると、観艦式には米国、オーストラリア、インドのほか中国の招待も検討されているものの、韓国海軍は招待しないことになったという。

 昨年の韓国・済州での観艦式直前には、海上自衛隊の艦艇が旭日旗を掲げていることが論議を呼び、日本は観艦式に参加しなかった。昨年末には韓国海軍と海上自衛隊が、いわゆる哨戒機問題で対立し、韓日の軍事摩擦が悪化した。

 日本の防衛省が海上自衛隊の観艦式に韓国海軍を招待しないことを決めたのは、こうした摩擦が収束していないためだとみられる。

 海上自衛隊は3-4年に1回、友好国の艦艇が参加する国際観艦式を開催している。2015年の観艦式には韓国の駆逐艦「大祚栄」が参加した。

 両国間の軍事摩擦に加え、日本による植民地時代の強制徴用賠償問題や慰安婦被害者への謝罪問題など、外交問題での対立が続いていることも影響を及ぼしたとみられる。

 今月初めシンガポールで開催されたアジア安全保障会議(シャングリラ会合)では韓国国防部(省に相当)の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官と日本の岩屋毅防衛相が会談し、軍事摩擦収束に向けた突破口が開かれたかに見えた。

 この会談によって韓日関係がある程度改善し、北朝鮮のミサイル問題や韓半島(朝鮮半島)非核化など安全保障上の共同の懸案について踏み込んだ協議が行われるとの期待もあった。

 しかし韓日国防相会談で融和的な態度を見せた岩屋防衛相に対し、日本の政界などを中心に批判の声が高まった。

 韓国海軍の関係者は「現段階では日本から(観艦式への)招待状を受け取っていない」として「観艦式に出席するかどうかは、日本側が招待の意思を示さなければ検討できない」と述べた。

 韓日の国防当局は、軍事摩擦とは関係なく、両国間で軍事的に協議すべき問題について話し合いを続けていると表明しているが、実質的な対立解消のためにはかなりの時間と努力が必要となる見通しだ。

オ・ジョンテク記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/26/2019062680242.html
NEWSIS/朝鮮日報日本語版 2019/06/26 23:04

関連
【中央日報】 海上自衛隊、10月の観艦式に韓国海軍招待せず [06/26]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1561524705/

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1561559146/

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

5/24未明より

PCで閲覧した場合当ブログがうまく表示できない不具合がありました。
調査したところ、ブログ下部で使用していたRSSの表示が不具合を起こしていました。
現在は正常に動作しています
ご支援のお願い
現在、笑韓ブログではご支援を募集しております。
詳しくはこちら

http://www.wara2ch.com/archives/9233332.html

ご支援宜しくお願いします。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
メール

笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
当ブログについてはこちら
笑韓ブログについて


連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
(at)は@に変えてください
最新コメント


PCのみのカウントです。参考程度に
全ランキング



QRコード
QRコード