1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:43:17.06 ID:CAP_USER.net
韓国南東部の大邱(テグ)近郊に“降倭の里”がある。つまり、降伏した倭人(日本人)の村のことだ。今から424年前、豊臣秀吉の文禄の役で朝鮮半島に出兵したものの、李氏朝鮮側に投降した武将たちがいた。その子孫が住んでいるのだという。両国の歴史の荒波にもまれてきたであろう一族を追った。(慶尚北道達城郡友鹿洞 藤本欣也、写真も)

大邱は盆地である。猛暑となった今年の韓国の中でも特に暑い。

流れる汗をぬぐいながら、中心部でタクシーをつかまえ、運転手に場所を伝えても「分かりませんなあ」という。カーナビに住所を入力してもらい、走ること40分あまり。小高い山々に囲まれた、何やら懐かしい風景の中で車が止まった。降りると、直射日光が照りつけてきた。

そこが友鹿(ウロク)洞だった。“降倭の里”である。周りに人が住んでいないかのように静かだった。

石垣の塀に囲まれて、伝統的な書院や祠(ほこら)、門、顕彰碑などが立ち並んでいた。すぐ後ろの山に竹やぶも見える。

門のところに、韓国語と日本語で記された案内板があった。

「賜姓金海金氏の始祖である慕夏・金忠善(キム・チュンソン 号 慕夏堂、字 善之)は本来日本人であり、日本名は沙也可である。1592年、文禄の役の際、加藤清正の先鋒(せんぽう)部将として韓国に上陸した。

しかし平素より慕っている朝鮮という国は義・礼・智・忠と文化に優れた国であり、日本による朝鮮への侵略は不義であると考え、投降を決断し…」

そして、「兵士3000人」とともに朝鮮側に降伏したというのだ。

「沙也可」という日本名はない。だから、さまざまな説が生まれた。

金忠善一族と友鹿洞の存在について、司馬遼太郎も著書「街道をゆく 韓のくに紀行」で取り上げている。40年以上も前の話である。

司馬は沙也可について、「沙也門(さえもん)」が誤って伝わったもので、当時としては例外的に儒教的教養があったとみられる「対馬の武士」だったのではないか-と推測している。

また、金忠善が投降後、朝鮮側に火縄銃と火薬の製造技術を伝授したと記録されていることから、戦国時代、「雑賀(さいか)衆」と呼ばれていた、今の和歌山県の鉄砲傭兵(ようへい)集団の頭領との説もある。「さいか」が「さやか」と誤って伝わったという見立てだ。

「全部で5つぐらい説がありますよ。本当のところは分かりません。ハハハ」

豪快に笑い飛ばすのは、沙也可こと金忠善から数えて12代目の子孫という金相保(キム・サンボ)氏(67)だ。現在、一族のまとめ役をしている。

金相保氏は友鹿洞ではなく、大邱市内で暮らしている。先端産業の会社を経営し8年前に引退したという。祠のそばの「達城韓日友好館」で話を聞いた。

「歴史とは記録です。先祖を美化する記念館がありますが、ここでは資料に記録されていることしか取り上げていません」

2012年にオープンした友好館では、金忠善の一生を紹介しているのだが、確かに、全て出典が明示されている。金忠善の事績や家訓などが記された「慕夏堂文集」のほか、朝鮮側の資料の「宣祖実録」「承政院日記」にも金忠善に関する記述

産経新聞 2016.8.27
http://www.sankei.com/premium/news/160827/prm1608270012-n1.html
つづく

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1472384597/

2: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:43:44.71 ID:CAP_USER.net
>>1
金忠善は投降後の1593年、慶州(キョンジュ)でかつて味方だった秀吉側の軍と戦闘。戦功をあげて、宣祖王より金忠善という名を下賜(かし)された。賜姓金海金氏の始祖になり、特権階級の両班(ヤンバン)として遇せられたのである。97年の慶長の役でも、蔚山(ウルサン)で日本側と戦火を交えている。

そして家来たちと定住したのが友鹿の里だった。友鹿の命名は金忠善本人だという。一族に代々伝わってきた「慕夏堂文集」にはこう記されている。

「山高からずして秀麗、水深からずして清く…」

1642年、71歳で亡くなったとされる。

慶尚北道の聞慶(ムンギョン)から一家4人で友好館の見学に来たという会社員の安ヒョンチョル氏(49)は、「韓日の相互理解を進めるためにも、金忠善という人物について両国でもっと知られるべきだと思います」と話していた。

金忠善は投降後、地方の名士の娘を妻にもらい、5男1女をもうけている。

その子孫たちが代々、友鹿洞に住みついた。今では韓国各地にちらばり、一族の総数は約8500人。18代目もいるらしい。

「壬辰倭乱(文禄の役)のとき、日本に“沙也可”という武士がいた。小さいころから、武芸を修業すると同時に、書物も熱心に読む文武を兼ね備えた武士だった…」

1997年、韓国の中学校の教科書に、沙也可の話が取り上げられている。

「壬辰倭乱が勃発し、沙也可は…わが国に上陸した。進撃の途中で不思議な光景を目撃した…数千人の倭軍が火縄銃を撃ち、荒らし回っているにもかかわらず、ある農夫が年老いた母親を背負い、その妻は大きな包みを頭に載せて子供の手首をつかみ、少しも乱れずに山道を登っていた」

教科書はこう続く。

沙也可は「このような善良な民衆に害を及ぼすのは、聖賢の教えに外れることである」との思いを固めて帰順した。わが国の祖先たちは、命が危ないような状況においても道理を尽くした。孝こそ祖先が伝えてくれた最も誇らしい遺産だ-。

掲載されたのは歴史ではなく、道徳の教科書である。日本人をも改心させた儒教文化のすばらしい点を忘れるな-ということなのだろう。

韓国にとって、沙也可は教科書に取り上げる価値のある対象といえた。しかし日本にとっては微妙な存在だった。対日関係において、その一族が苦しい立場に置かれた時期がある。日本統治時代だ。

「(朝鮮総督府が)私たちの資料を持っていって、自分たちの都合のいいように解釈した」と金相保氏は言葉少なに語るだけだ。

総督府は研究者を動員して、「慕夏堂文集」の信憑(しんぴょう)性に疑義を唱えさせたとされる。朝鮮人の日本人への同化政策を進めていた時代、いくら昔の話とはいえ、日本に背を向けて朝鮮に帰化した日本人がいたということは不都合だったのだろう。

金相保氏が「記録」にこだわる理由が分かったような気がした。

産経新聞 2016.8.27
http://www.sankei.com/premium/news/160827/prm1608270012-n1.html
つづく

3: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:44:04.80 ID:CAP_USER.net
>>2
友好館から歩いて5分ほどのところに、友鹿洞の集落がある。

樹齢200年という高さ約14メートルのイチョウの木を、住民たちは「金忠善の木」と呼んでいる。その前に「友鹿亭」という名のあずま屋があった。

気温35度を超す昼下がり、金在漢(キム・ジェハン)氏(75)が休んでいた。聞くと、やはり金忠善から数えて14代目の子孫だという。

いっしょにアイスクリームをほおばりながら、話を交わした。村の人は金忠善のことを「ハラボジ」(おじいさん)と親しみを込めて呼んでいた。

金在漢氏は、私が日本人だと知ってこう言った。

「日本にもハラボジの子孫がいると思うんだけど、探しようがないよね」

そもそも沙也可の出自が分からないのだから、無理な相談である。日本の話題になったので聞いてみた。

-日本の敗戦後、日本人のハラボジを祖先にもつということで、嫌な思いをすることはなかったですか?

「そうだね、子供のころ、『イルボンノム(日本の野郎)、イルボンノム』なんて言われたことがあったな」

「でもオレは、自分たち一族の若者が日本の悪口を言ったときには、しかってやったよ。『ハラボジがいなかったら、おまえたちも生まれてねぇんだぞ』ってね」

日本の統治時代が終わってからも、韓国社会が反日を強める中で、日本人の血を引く一族は困難な時代を生きなければならなかったのだろう。

-村には今、どれくらいの人が住んでいるのですか?

「ハラボジの一族は60人ぐらいかな。年寄りばっかりだよ。若者は町に出て行くさ」

金在漢氏の4人の子供たちもみんな大邱などに住み、村には残っていないという。

-そうですか…。過疎化が進んで、空き家も増えているんでしょうね

「それがそうでもないんだ。大邱から引っ越してくる人がいてね。空気や水がおいしいからだって」

そういえば、話をしている間、すぐ横の道を車がひっきりなしに行き来していた。

現在、一族以外の住民がすでに村の4分の3を占めている状況だという。

-10年もたてば、友鹿洞には一族の人間がいなくなるのではないですか?

金在漢氏はただ笑っていた。

友好館の近くにある鹿洞書院。春と秋に祭祀(さいし)が執り行われているという。そのときは村外から一族の人間も帰ってきて、参列者が100人を超えることもあるらしい。

書院の前に立つのが向陽門だ。はるか南方、故国・日本の方角に向けて建てられている。

金相保氏によると、文禄・慶長の役で、合わせて1万2000人もの日本人が投降したと推計されるという。だとすれば、韓国には“無名の沙也可”たちの無数の子孫が存在しているはずだ。しかも、自分の出自を知らない人がほとんどだろう。

ようやく暑さが和らいだ夕暮れどき、向陽門から山々を望みながら、“降倭の子孫たち”に思いをはせた。

産経新聞 2016.8.27
http://www.sankei.com/premium/news/160827/prm1608270012-n1.html

4: ダース・シコリアン卿 ◆oloKf9NCkw @\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:44:28.76 ID:SP+/fbiv.net
なげーよ
しかもポエム

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:44:36.91 ID:4KnZCc3t.net
という夢を見たニダ

6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:46:17.61 ID:HlGwv4CT.net
それしかないってのを恥ろよw

7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:46:52.06 ID:yINdpFQ3.net
本当に空想好きだな

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:47:32.11 ID:C94bWzOQ.net
優れた国?
まーた妄想垂れ流してるのか

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:48:55.68 ID:5jP32d9Y.net
韓国に投降するなんて儒教を過大評価してたんじゃないか。
おそらく投降してから後悔したことだろう。

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:49:25.67 ID:wSS5g37h.net
いつのまにか降伏した事になってるw

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:49:47.90 ID:IUSMehPm.net
…などと訳の分からないことを供述しており
動機は未だ不明

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:52:30.44 ID:MKnbcQV6.net
自民党の二階さんがわざわざこのいたかいないか分からん人物の記念碑建ててるよねw

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:52:54.77 ID:IFVXXgcv.net
>「全部で5つぐらい説がありますよ。本当のところは分かりません。ハハハ」


全部嘘だしな

18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:53:18.12 ID:TKNyZNcq.net
さよか

19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:53:49.63 ID:u305aSdJ.net
小説が歴史になるんだな

22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:54:56.52 ID:RMai75LU.net
>司馬遼太郎

歴史捏造の第一人者やんけ

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:55:07.94 ID:ev1iUhQ7.net
寝ても覚めても朝から晩まで日本が気になって気になって仕方ないニダ

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:57:54.89 ID:gX74Szrm.net
「雑賀(さいか)衆」


って傭兵じゃん……。

32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:04:09.14 ID:HM2AtDbg.net
>>25
その通りで本来武士じゃない。
忍者と同じだが、鈴木孫一とか面白い人物もいる。

38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:10:18.32 ID:gSgsmrt+.net
>>32
でも雑賀衆って秀吉には厚遇されてたよね?

28: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:01:32.11 ID:IFVXXgcv.net
降倭と呼ばれた連中がいるのは事実
名も無き雑兵が脱走兵になるのは古今東西の戦場においては付きもの
否定もしない



1人の武将が3000人の規模を率いて寝返るとかは話にならん
日本の軍制を知ってりゃ出てこない嘘
雑賀衆てのもありえん。3000人もの壮健な男たちがいなくなれば
地元に記録が残ってるはず。しかしそんなのがあるとは聞いた事が無い

31: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:03:07.19 ID:JLBP0KxB.net
傭兵が逃げ出したら信用問題になる
そんな連中をどこが雇うかね

41: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:13:20.65 ID:aEVymynX.net
よくわからんが、文献や資料が残ってない国は哀れだな

44: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:14:32.31 ID:3aK7GnG7.net
雑賀か佐伯か神田かな

46: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:17:00.35 ID:JgeukMVv.net
秀吉軍につかまって労役してた現地人が
日本人を騙ってただけというのが真相じゃないの。

56: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:24:34.71 ID:Sydbs4k1.net
実在したかどうかも不確かな「沙也可」
韓国の歴史はこんなのばっかり。

58: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:25:36.36 ID:oJIi+9Ve.net
自称武将だろ

しかも最初の快進撃一週間のうちに投降しているのに殺されてない謎武将

65: 冒険厩舎@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:33:50.96 ID:wVF7cml5.net
>>58
そもそも、その時期は朝鮮の官軍民が「全速力で北に転進中」なので投降先がないのではないだろうか

64: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:32:44.13 ID:gSgsmrt+.net
司馬遼太郎に関して言えば、結構勝手な想像を真実のように書いてる部分もあるわな
まあ、小説だからそれでもいいのだろうけどさ

そもそも小説を持って事実と考えるほうがおかしいわな

66: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:35:34.69 ID:QSM/Fol4.net
まあ、秀吉の朝鮮出兵から引き上げに
失敗して孤立した部隊はいただろう
義とかそういうのがあったとは思えない
戦国、安土桃山時代の末期だし

71: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:44:07.24 ID:8BxGWfFs.net
三国志の異民族の族長で投降した沙摩柯の話しかなんかを
転用した作り話でしょ

79: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 21:58:04.41 ID:APK52Z51.net
また盛ったねえアホじゃないか

80: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:07:50.90 ID:IFVXXgcv.net
だいたい

3000を率いるような大将クラスが投降した

という1点のみがサヤカの価値のよりどころなんだが
そこがまず一番無理筋なんだから誰がサヤカとかどうでも良いんだよ
3000と共に投降できるとか中堅の大名クラスか大大名の重臣クラスだぞ
しかも各大名の唐入りへの派遣人数を考えれば主力になり得る規模
これが1人の武将に率いられて投降したら記録に残らないわけねえだろ

83: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:26:17.31 ID:+QZxiMb5.net
>>80
結局可能性の話になっちゃうけど
取り残された兵がいたこともあり得るし
そいつらが降伏して定住もあり得る
あり得ないのは3000人も率いてたって部分で
こう言うのは古代から過大に報告される傾向があるから
実際は300人くらいの隊が取り残されて定住したなんてことかもよ

89: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:41:05.29 ID:O0WujYs3.net
>>80
もう3000とかの時点で眉唾もんだと思った
天下分け目の関が原だって3000を切った大名が東西で半数を超えていた

そんな数が寝返れば、日本側で相当な騒ぎになり記録は必ず残る
だけど現実は都市伝説ギリギリのローカルなお話

88: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 22:40:58.18 ID:Hn4Ac2hA.net
苗字が無いんなら武将じゃねえな
朝鮮というか、明に寝返った方が利があると踏んだ鉄砲足軽の一部隊か