1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:38:36.60 ID:CAP_USER.net
開国から日本が「帝国主義」へいたる道すじ

1871(明治4)年の「岩倉使節団出発」から、1905(明治38)年の「日露戦争終結」までの35年は、いわば「井の中の蛙」であった日本が近代国家としての第一歩を踏み出し、欧米諸国の実情を目の当たりにして驚きつつ、大国となるために何が必要なのかを必死に学んだ時期でもありました。

世界で通用する国際法というルールを勉強し、自分たちの行動規範を少しずつそれに合わせていくことで、日本という国を発展させるのと共に、日本が外国の植民地にならないようにする「強さ」を身につけていきました。

その過程では、当時の欧米諸国がアジアやアフリカなどの「植民地」に対して行っていた「帝国主義」の流儀を、日本も真似ることになりました。現在もなお政治的な後遺症が残る、韓国(朝鮮)や中国(清国)に対する「大日本帝国」の支配権拡大は、実質的にこの時代から始まったと言えます。

日清戦争は、日本から見た「主観的歴史」では「朝鮮の独立国としての地位を確立して、日本周辺の安全を確保するための、正当な軍事力の行使」でしたが、清国と朝鮮は当然のことながら、それぞれ日本とは異なる認識を持っていました。

清国は、1882(明治15)年に朝鮮との間で「中朝商民水陸貿易章程」という条約を締結し、前文で「朝鮮は清国の属国」と明記しており、朝鮮を「完全に清国の影響下から脱した独立国」と見なす日本側の考え方を認めるつもりは全くありませんでした。

もし、それを認めてしまったなら、今まで朝鮮と同様に清国を「世界の中心」と理解してきた東アジア諸国に対する清国の面子と威信は丸つぶれとなり、清国の支配から脱しようという動きが、あちこちで発生しかねないと思われたからです。

歴史から忘却された「日本軍と朝鮮人ゲリラの戦い」

しかし、日本軍と正面から組み合った戦争で清国軍が完敗を喫したことは、清国にとって想定外の打撃となりました。この敗北により、清国を「東アジアの支配者」と位置づける「華夷秩序」は根底から揺るがされ、イギリスとのアヘン戦争での敗北(1842年)以来低下していた清国の欧米列強への発言力はさらに失墜し、英独など各国は清国の政治的弱体化に乗じる形で、新たな利権を求めて中国大陸へと進出することになります。

一方、戦場となった朝鮮半島では、日本軍と清国軍による戦争が勃発したのに伴い、先の「甲午農民戦争」で立ち上がった武装農民たちが、日本軍部隊を「侵略者」と見なして銃口を向け、ゲリラ戦を展開するという、新たな事態が発生していました。

日本で出版された「日清戦争」の文献では、ほとんど触れずに済まされていますが、日本軍が朝鮮の王宮を武力で占領した上、朝鮮政府を脅して独立宣言を発表させたことに反発した大勢の朝鮮人が、開戦翌月から日本軍に対する抵抗の戦いを開始したのです。

これに対し、現地の日本軍は前線で清国軍と戦いつつ、後方では朝鮮人のゲリラとも戦うことを強いられました。しかし、欧米列強が注視する清国軍との戦いでは、国際法をきちんと遵守して戦う姿勢を見せた日本軍でしたが、貧弱な兵器しか持たない朝鮮人の農民ゲリラに対しては、情け容赦なく徹底的な掃討作戦を実施し、降伏した朝鮮人も「捕虜」とは見なさずに、見せしめの効果を狙って住民の目の前で殺したりしました。

こうした日本軍の朝鮮人抗日ゲリラに対する行動は、後のベトナム戦争におけるアメリカ軍の行動とよく似ていました。農民ゲリラは、彼らに好意的な農村の住民にまぎれて行動するため、ゲリラの掃討を行う軍隊は、住民がゲリラを助けたり匿ったりしないよう、武器で脅して恐怖心を植え付けるなどの強圧的な方策をひんぱんに使用しました。

日清戦争当時の日本軍が、抗日ゲリラの掃討で用いた非人道的な手法は、当時戦いに参加した日本軍人の日記や手紙にも生々しく記されています。しかし、抗日ゲリラ掃討作戦の実情は、日本の陸軍参謀本部が編纂した戦史書では実質的に無視され、作戦で死亡した兵士についても「清国軍との戦いで戦死」という形式に記録が書き替えられました。

ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/96661

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1469878716/

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:39:35.70 ID:T90yjXQU.net
抗日ゲリラw。盗賊じゃんwww

4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:39:46.64 ID:0ebQ7iKI.net
>>1
ゲリラじゃなくて夜盗だと思うのですが

日本軍の補給物資を馬ごと持ち去ったとか枚挙にいとまがないような気も

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:41:03.91 ID:0ebQ7iKI.net
>>4
「金を払って馬丁に雇ったら」が抜けてた

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:44:37.58 ID:gIlWJqPO.net
朝日と朝鮮はつくり話とか捏造がDNA

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:44:38.51 ID:01t8d05O.net
見てきたようなウソをつく

11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:45:28.13 ID:81NU8DBR.net
要するに朝鮮を中国から解放した日本が悪かったってことね

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:49:12.89 ID:V/APQfC4.net
ただの不逞鮮人やんけj。
さすが糞チョン出版社w

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:49:48.54 ID:+oUCGITO.net
清国の支配下で属国の朝鮮が日本軍を敵視してゲリラ戦?

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:49:59.32 ID:AWj+YTwS.net
歴史から忘却された「日本軍と朝鮮人ゲリラの戦い」って

これ日清戦争と並行して起こってたって甲午農民戦争のことか?
日本軍だけじゃなく朝鮮軍との共同戦線だったろ兵数では朝鮮軍が主体

32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:56:33.38 ID:g3+StKE8.net
>>17
それですよね。

まず朝鮮で農民反乱が起きた。
李朝がそれを鎮圧できずに清に援軍を求める。
しかし日本は清と協定を結んでおり、それに従い清が軍をだすなら日本も出す。
清軍と日本軍が衝突して戦争になる。

朝鮮の農民反乱は、日本からも清から攻撃されている。

18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:50:29.27 ID:ldaEnh13.net
次から次に誇大妄想ネタをよく見つけてくるなw

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:52:55.75 ID:g3+StKE8.net
具体性がなにも無い。5W1Hが全く何もない。

よくもまあ平然と嘘デタラメが書けるもんだな。まるで朝鮮人だぞwww

27: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:54:41.35 ID:Ax1ETjDv.net
また嘘か。脳内ファンタジーが尽きないねえ。どんなにかましても事実にはならんよ。wwww

31: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:56:30.82 ID:bhKNmrv3.net
なにこれ突然狂ったか

33: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:56:33.50 ID:7gQwFlHZ.net
また謝罪と賠償を要求されるぞ
慰安婦とは別物だといって

36: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:59:21.54 ID:XtrZGsyW.net
独立運動でさえ、実態は惨めな物だったのに、今度はゲリラとか言い始めたのか

37: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 20:59:47.12 ID:3uxPKM5C.net
証人は全員死んでいるのだから好きなことが言える!!

歴史ねつ造の現場。これでテレビドラマでも作れば100年後には正史になる。

日本政府は直ちに否定せよ。

38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:00:30.40 ID:sKjQprf+.net
ゲリラは正規軍と違って戦時国際法の範疇外のただの犯罪人だからどう処分されても仕方がないだろう

41: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:04:56.23 ID:FCjT7hxY.net
盗賊団が抗日ゲリラに早変わり、もう何でもありの嘘社会

45: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:07:48.64 ID:HgkH3Flr.net
はぁ?
日本は朝鮮の独立を目指して戦っていたのに何で朝鮮人のゲリラ???

下関条約忘れているのかよ

47: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:08:16.79 ID:RbyhN4Kx.net
>日本で出版された「日清戦争」の文献では、ほとんど触れずに済まされていますが
>大勢の朝鮮人が、開戦翌月から日本軍に対する抵抗の戦いを開始したのです。

ソース出せよ、また朝鮮人の妄想でも聞いたのか

48: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:08:48.98 ID:cN04P0tz.net
相手が先に国際法違反行為を行った場合の報復については無罪となります。
あしからずご了承下さい。

53: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:11:17.65 ID:CUKNKeet.net
慰安婦詐欺こけたからゆすりたかりの新ネタ作りたくてしょうがねえんだろなw トンスルはw

55: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:13:09.69 ID:YjipNov/.net
当時の朝鮮なんて理屈をつけて暴れまわる輩だからけだったのに日本の功績だよ本当に
平和になってよかったな

58: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:15:54.05 ID:HgkH3Flr.net
こういう嘘つきエラ民族は地球上から消えて欲しい

68: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:30:14.35 ID:NqqGr1c4.net
真偽は知らないから置いとくが、「ゲリラ」の時点で単なるテロもしくは馬賊と同じ扱いで問題ないでしょ

70: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:30:50.41 ID:yXxhzW8o.net
抗日ゲリラの掃討で用いた非人道的な手法?

というか、朝鮮馬賊を 抗日ゲリラと言っている。
盗賊一味を 抗日ゲリラだって、爆笑(´^з^)ブブ
朝鮮馬賊の非人道的な手法については、書かないのか???
この反日記事。

72: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:32:39.66 ID:IhuaGh2W.net
そんなに独立国になりたくなかったの?

74: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:33:57.45 ID:NqqGr1c4.net
そもそも「賊」だろ?李氏としての交戦権もない単なる犯罪者を戦場付近で発見した場合、普通に射殺以上の対応じゃないか?

79: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:38:49.57 ID:tp242sXn.net
チョンはトンスルの飲み過ぎで夢と現実の区別が付かなくなっているな

84: ■無くそう、テレビ番組の無用で過剰なウザイ常時表示■@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:41:16.00 ID:U6bOE+24.net
 


  いつも、話を大きくしたがるバカチョン。


 

86: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:47:58.59 ID:g3+StKE8.net
そもそも、このゲリラって李朝に対する反乱だろwww
日本軍は李朝を助けるために、ゲリラを駆除していたわけだ。
感謝してもらわないといけないなwww

90: Fin funnel RX93 ν ◆luzF3oFwDLKy @\(^o^)/ 2016/07/30(土) 21:56:09.08 ID:mZcKgRll.net
之は酷いな、歴史に対する意図的な改竄と言わざるを得ない。
この反乱は朝鮮王が自ら鎮圧の乗りだした解雇された親衛隊の謀反だぞ。
何で朝鮮民衆が日帝へ蜂起したみたいな嘘でたらめを書く。朝鮮人史観もいいところ。共産党員か?

94: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/30(土) 22:01:16.76 ID:yFYDml4/.net
ゲリラは軍服着てないからハーグ陸戦協定の捕虜としての権利を有しない