東亜系
    一般系
    女性向け


    【朝鮮日報】韓国経済の危機、最終防衛ラインを守りきれるか 20年前の通貨危機当時は政府が堅実だったおかげで再建できた

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/09/17(日) 09:25:15.86 ID:CAP_USER.net
    韓国経済は北朝鮮の核危機、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題をめぐる中国の報復、韓米自由貿易協定(FTA)の改定交渉といった大きな外部要因に巻き込まれている。国内的には公務員増員、最低賃金引き上げ、税負担増加、生活物価上昇などで混乱している。世界的な好景気のゴールデンタイムを生かせるかどうか心配される雰囲気だ。

    企業と金融機関の最高経営責任者(CEO)が会えば、「韓国経済はいったいどうなるのか」「政府に危機対応能力はあるのか」という質問が飛び出す。

    話の中でしばしば登場する比較対象が約20年前の金泳三(キム・ヨンサム)政権初期だ。産業化から民主化への移行期に「経済のねじ」が緩んだ状況は、「経済のパラダイム(規範となる考え方)を変える」として福祉国家に向け突進する現在と似ているからだ。

    金泳三元大統領は1993年、景気が低迷する状況で就任した。前任の盧泰愚(ノ・テウ)政権末期には経済成長率が2%台にまで低下した。1980年の第2次オイルショックでマイナス成長を記録して以降で最悪だった。

    問題の根底には「高コスト・低効率」という「韓国病」が存在していた。盧大統領時代に民主化の流れで賃金と物価が上昇し、企業は投資意欲を失い始めた。不動産投機がエスカレートした。結局コストが上昇し、生産性が低下した結果、企業は海外に脱出することになる。

    金大統領は就任当初から景気浮揚に取り組んだ。幸いにも円高が韓国の輸出企業には追い風となった。現在のようにサムスン電子が半導体特需に沸いた。おかげで就任2-3年目は景気が良かった。その結果、金大統領は韓国病には関心を示さなくなった。その代償は大きかった。韓国病に経済のリーダーシップ不在、ウォールストリートに対する無知が重なり、韓国経済は1997年のアジア通貨危機の嵐に巻き込まれていく。

    企業は連鎖倒産し、想像もできなかった銀行の破綻が現実になった。一家の大黒柱が失業し、露頭に迷った。破綻した韓国経済をどう再建するのか。最後の命綱が残っていた。健全な政府財政だ。金大統領は企業や金融機関の為替管理を誤り、通貨危機を招いたが、政府の台所はしっかりしていた。そのおかげで後を引き継いだ金大中(キム・デジュン)政権は国債発行を通じ、金融・為替システムを復旧することができた。

    通貨危機から20年を迎えた今年、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任した。文大統領は韓国経済のパラダイムを変えるため、新たな経済実験を行っている。しかし、経済専門家は文大統領の実験から韓国病の復活を思い浮かべているようだ。賃金と物価が上昇し、半導体特需は錯覚を生んでいる。大学教授出身者が実権を握り、官僚がしらけている状況も似ている。以前のような円高ももはや存在しない。

    ならば危機対応の最終防衛ラインは以前のように強固だろうか。文大統領は政府財政をしっかり守っていくと表明した。国内総生産(GDP)に占める政府債務の割合は今年の39.7%だが、5年後時点でも40.4%と0.7ポイントの上昇に抑えるとする計画だ。目標通りならば、債務の伸びは盧武鉉政権(11.1ポイント)とは比較にならないほど低い。

    債務削減に全力を挙げた李明博(イ・ミョンバク)政権(3.5ポイント)、朴槿恵(パク・クンヘ)政権(7.5ポイント)もはるかに下回る数字だ。

    どうすればそんな奇跡が可能なのか。5年間にわたりバラマキ財政をやめるとか、税収が増えれば可能だ。しかし、文在寅政権は経済成長率を上回る歳出の伸びを既に宣言した状態だ。そうすれば、韓国病が復活しても、企業の景気が上向き、税収も伸びるのだろうか。国民の恨みを買ってまで朴槿恵政権よりも厳しく税金を取り立てることができるのか。文大統領のバラ色の財政見通しには専門家が首をかしげる。

    20年前の通貨危機当時は、家計や企業が揺らいでも、政府が堅実だったおかげで韓国経済が再建できた。20年がたった現在、家計は借金漬けで、企業は活力を失いつつある。政府の懐も空っぽになれば、韓国経済はどうなるというのか。


    2017/09/17 06:03
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/15/2017091501734.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/15/2017091501734_2.html

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1505607915/

    続きを読む

    【韓国】慰安婦像を熱心に磨くおじいさんが話題に=「本当の愛国者だ」「何か事情がありそう」―韓国ネット

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/09/16(土) 23:51:03.99 ID:CAP_USER.net
    韓国・国民日報などによると、韓国南部の都市・大邱(テグ)の慰安婦像を熱心に磨く高齢の男性の姿がインターネットで公開され、注目を集めている。

    今月3日、「リアルタイム大邱」のフェイスブックアカウントに、男性の姿をやや離れた位置から撮影した写真3点が掲載された。白髪とみえる男性はリュックサックを背負い、布のようなもので慰安婦像の顔などを拭っている。

    投稿によると、像は大邱市内に3体ある慰安婦像のうち2・28記念中央公園前の路上に今年設置されたものといい、写真には「どんな事情があるのだろうか、つらい傷を消してあげようとするかのように、公園のトイレで手拭いを洗っては銅像を磨いていらっしゃる」との説明が添えられた。

    この写真を見たネットユーザーからは、「すてきです」「長生きしてください」「おじいさんこそ本当の愛国者だ」など男性を称賛する声と共に、「悲しいね」「なんだか泣けてくる」「感動的だ。本当に格好いい」などの感想が寄せられている。

    また、この男性がなぜ像を熱心に磨くのか理由は明らかになっていないが、「何か事情がありそうだね」「なぜ磨くのか聞いてみたら、涙も鼻水もじゅるじゅる流れるような話が聞けそうだ」と推測する声も。

    さらに「前、雨が降った日には、誰かが像に傘を差し掛けていたこともあったよ」と他の「善行」の例を紹介し「見習わなきゃ」といった声も寄せられた。(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/b189952-s0-c30.html

    http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201709/20170907-065108435.jpg
    写真は在韓日本大使館前の慰安婦像。

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1505573463/

    続きを読む

    【日中韓】「慰安婦や南京大虐殺が否定されている」=日中韓の専門家、フォーラムで警戒感

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/09/16(土) 23:49:16.12 ID:CAP_USER.net
    2017年9月10日、中国新聞網によると、日中韓の専門家110人余りが出席する「歴史認識と東アジアの平和」フォーラムが9日開かれ、中国社会科学院近代史研究所の王建郎(ワン・ジエンラン)所長は「日本の一部右翼勢力が誤った歴史観を持ち続けていることに警戒が必要」との認識を示した。

    日中韓持ち回りで開催される同フォーラムは3カ国の学者や民間関係者が2002年に始めたもので、16回目となる今年は江蘇省南京市で開かれた。

    王氏は「残念なことに今日に至っても日本の一部右翼勢力は誤った歴史観を固持し、南京大虐殺の歴史否定や侵略行為の美化を行っている」などと指摘し、「平和を愛する全ての人々が高度警戒、断固反対する必要がある」と主張。

    日本や韓国の出席者からは「侵略戦争の否定だけでなく、慰安婦や南京大虐殺も否定されている」「初めて南京大虐殺記念館を訪れた時の驚きは今でもはっきりと覚えている」などの声が上がったという。

    また、南京大虐殺記念館の張建軍(ジャン・ジエンジュン)館長は「南京大虐殺の歴史はすでに“世界の記憶”になった」と話し、正確な歴史認識の構築が当面の急務と説明した。(翻訳・編集/野谷)

    http://www.recordchina.co.jp/b190242-s0-c30.html

    no title

    写真は南京大虐殺記念館。

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1505573356/

    続きを読む

    日本のミサイル落下想定訓練を見た韓国ネットユーザー「不思議な国だなあ」と感想

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/09/16(土) 23:36:38.31 ID:CAP_USER.net
    北朝鮮による相次ぐミサイルの発射を受けて島根県隠岐の島町でミサイルの落下を想定した訓練が行われたと韓国・聯合ニュースが報じ、韓国で注目が集まっている。

    日本の報道によると、訓練は中国地方に向けて発射されたミサイルが隠岐諸島付近に落下するという想定で行われ、全国瞬時警報システム(Jアラート)の内容が町民約1万4000人に防災行政無線で伝えられたほか、学校関係者など約2000人が参加した。

    同町の中条小学校では、ミサイル発射を伝える放送を合図に訓練を開始。窓ガラスが割れ破片が飛び散ることを想定し教諭らがカーテンを閉め、児童らは教室の中央に集まって身をかがめ、辞書を入れた袋で頭を守った。

    聯合ニュースは、訓練に参加する児童らの様子を写真でも伝えると共に、朝鮮半島情勢が特に緊迫化した今年3月以降、日本では政府や自治体主導でミサイル発射に備える訓練が行われていると紹介、特に北朝鮮が日本の上空を通過するミサイルを発射した先月29日以降は訓練が増え、石川、青森、福岡の各県や北海道でここ数日の間に相次いで訓練が実施されたと伝えた。

    この記事は韓国のネットユーザーの間で注目度が高く多くのコメントが寄せられているが、中でも目立つのが、日本と比べ韓国の備えを不安視する声だ。「こういう訓練は韓国こそがやっておくべきものなのに」「韓国では自宅近くの避難所がどこにあるか知らない人も多い」「日本でもこうしているのに、韓国はずっと今のままでいいんだろうか?」といった声が多くの共感を得ている。

    しかし一方で「これは安倍(晋三)政権の支持率アップ用だろ」「安倍さんは喜んで拍手してそう」「戦争なんて起こるわけないのになぜそんなことしてるの?」などこの様子を斜めに見る意見も多く、「見せるためにやってるだけ。こんなのやったところでミサイルを撃たれたら終わりだよ」「ミサイル攻撃じゃ、うずくまっても無駄でしょ。不安をあおるだけの訓練だ」「そうすれば生き残れると思ってるのかな?」など、訓練の実効性を疑問視する声も。

    さらには「日本人が訓練してる姿はかわいく見えちゃうね。本当に人の言うことをよく聞く国民性だよ」「こういうのを見るに、日本は経済面では先進国だけど指導層に簡単に利用されやすい民族だと感じる。不思議な国だなあ」と、訓練の様子と日本人の国民性を結び付けるコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/b189906-s0-c10.html

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1505572598/

    続きを読む

    韓国人女性作家、今度はイタリアで最も権威ある文学賞を受賞!=韓国ネットからはノーベル賞を期待する声も

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/ 2017/09/16(土) 11:38:45.47 ID:CAP_USER.net
    2017年9月15日、韓国・聯合ニュースによると、世界三大文学賞の一つである英国の「マン・ブッカー賞」を受賞した韓国人女性作家の韓江(ハン・ガン)氏が、今度はイタリアの権威ある文学賞「マラパルテ賞」に選ばれた。

    マラパルテ文学賞は15日、今年の受賞者に長編小説「少年が来る」の韓江氏を選んだと発表した。マラパルテ賞はイタリア人作家のクルツィオ・マラパルテを記念して1983年に創設された文学賞で、イタリアで最も権威ある賞の一つと言われている。毎年、優れた作品で世界の文学に活力を与えた外国人作家に授与される。歴代の受賞者には1976年のノーベル文学賞受賞者である米国の小説家ソール・ベロー氏、1991年のノーベル文学賞受賞者である南アフリカの作家ナディン・ゴーディマ氏、劇作家でもあったヴァーツラフ・ハヴェル元チェコ大統領、フランスの小説家ミッシェル・トゥルニエ氏らが名を連ねる。

    マラパルテ文学賞の審査委員長は、韓江氏の「少年が来る」について、「生き生きとしたイメージが読者の興味を引き、最後まで飽きさせない」と評価した。

    「少年が来る」は韓江氏の6作目の長編小説で、1980年5月18日から10日間続いた光州民主化運動の状況とその後の人々の様子が描かれている。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「かっこいい」「韓江氏の作品は欧州の情緒に合うみたい」「韓江氏が賞を取れば取るほど韓国の格が上がる気がしてうれしい」「ノーベル賞受賞に向けてこれからも頑張ってほしい」など称賛や喜びの声が寄せられている。

    また、実際に「少年が来る」を読んだネットユーザーからは「本を読んで初めて泣いた。自然と感情移入できる作品。彼女は本物の作家だと思う」「韓江氏の小説を読むと、自分がまるで精神科に入院したような気持になる」「小説を読んだ後、その世界観から抜け出せず、一週間くらいをつらい気持ちで過ごした記憶がある」などの感想が寄せられている。

    その他「最も重要なのは素晴らしい英語翻訳者に出会うことというのが現実だ」「韓国では有名でなかったのに。翻訳がうまかったのだろう」など翻訳者に注目する声もあった。(翻訳・編集/堂本)

    2017年9月16日 01時00分 Record China
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=190714&ph=0

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1505529525/

    続きを読む


      他ブログお奨め新着記事









      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:



      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      メール

      笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
      当ブログについてはこちら
      笑韓ブログについて



      連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
      (at)は@に変えてください


      全ランキング



      アクセスランキング