【韓国KBS】日本の専門家、「歴史的事実、韓日両国で共同調査すべき・・・認識の共有が優先」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/08/03(月) 09:10:34.76 _USER
(写真)
no title


徴用の判決を受け、日本企業の韓国内資産の強制売却手続きが進められている中、日本の専門家は歴史に関する韓日両国の共感を高めることが重要であるという意見を明らかにしました。

東京大学の外村大(ソトムラ・マサル)教授(歴史学)は、日本製鉄が保有するPNR株式差し押え命令の公示送達発行(4日)を控えて行われた聯合ニュースとの書面インタビューで、「朝鮮人労務動員と日本人労務動員が異なるものだったということを、理解できない人が多いのではないかと推測する」とし、このような見解を表明しました。

両親や祖父母が戦争中に動員されて苦労したという話を聞いて育った日本人ですら、朝鮮人がはるかに劣悪で苦しい条件で動員されたという事実を認識できていない可能性があることを意味しています。

彼は、「日本人も労務動員があったことは事実だが、家の中心的な働き手が予告もなく突然遠い現場に徴用されるケースはほとんどなかった」と例を挙げました。

日本の高齢世代は戦争中の強制動員について見聞きして、朝鮮人や中国人を動員したということが(今も)教科書にも掲載されているが、最近の10年間で日本で嫌韓メディアの影響力が大きくなり、日本市民が日本が行った加害の歴史に向き合いにくくなったと外村教授は評価しました。

彼は、「韓国人は植民地支配の被害をますます騒々しく語って日本人一般を非難しており、歴史問題で永遠に難癖をつけているというイメージが、現代の日本人の間で一般的なものになっているのかも知れない」と診断しました。

さらに、「韓国で歴史的事実として検証されていない説を史実であるかのように語る行動などが、“韓国人は嘘つき” と主張する "嫌韓メディア” に力を与えている側面がある」と指摘しました。

ソース:KBS(韓国語)
http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4508440

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1596413434/

続きを読む

【虫入危険】集団食中毒が発生した幼稚園が配った給食包みから今度はコクゾウムシが…=韓国

1: Ikh ★ 2020/08/03(月) 09:25:03.73 _USER
コロナウイルス感染症の長期化で保護者の心配が高まる中、幼稚園が配った給食包みからコクゾウムシが出てきたことが分かり、衝撃を与えている。特に、ここは最近集団食中毒が発生して話題になった所で、父兄たちの憤りを買っている。

2日、教育当局などによると、アンサン(安山)地域のA幼稚園に通うある児童の両親は最近、幼稚園から給食包みを受け取り、中身を確認すると驚いた。

給食包みはコロナウイルス感染症の影響で、学生たちの年間教育が延期・縮小されることから、家計の負担を軽減するため、教育当局などが環境にやさしい米、新鮮な農産物など、優秀給食食材を家庭に送る事業だ。

ソース
Yahoo!Japanニュース/WoW!Korea 8/2(日) 22:27配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3232eeb8ae468a4259be1a224e5730927519de20
https://news.yahoo.co.jp/articles/3232eeb8ae468a4259be1a224e5730927519de20/images/000

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1596414303/

続きを読む

【朝鮮日報】徴用企業資産売却あすから効力…日本、韓国への送金規制など報復示唆

1: 荒波φ ★ 2020/08/03(月) 08:28:50.56 _USER
■ 菅官房長官「ありとあらゆる対応策を検討」…両国、再び衝突局面か
 
日本の菅義偉官房長官=写真=は、4日から韓国の裁判所の日本製鉄資産差し押さえ決定問い合わせ効力が発生する状況に関して、「(日本政府は)ありとあらゆる対応策を検討(している)」と述べた。

韓国で日本の徴用企業の資産売却が実際に行われた場合、報復措置に出る可能性を示唆したものだ。両国間で「強」対「強」の衝突局面が再燃するかもしれないとの見通しもある。

菅官房長官は1日、読売テレビの番組で、「ありとあらゆる対応策を検討し、方向性はしっかり出ている」と述べた。共同通信によると、日本政府は報復措置の検討を本格化させているという。査証(ビザ)発給条件の厳格化や、駐韓日本大使の一時帰国、韓国製品に対する関税賦課、韓国への送金規制などが取りざたされている。

韓国大法院は2018年10月30日、徴用被害者4人が日本製鉄(旧:新日鉄住金)を相手取り起こした慰謝料などの損害賠償請求訴訟再上告審で、1億ウォン(約880万円)ずつ賠償するよう同社に命じた。

だが、日本製鉄が賠償の動きを見せなかったため、原告側は同年12月に日本製鉄とポスコの韓国内合弁会社であるPNR株差し押さえを裁判所に申請した。大邱地裁浦項支部は昨年1月にPNR株8万1075株(額面5000ウォン=約440円換算で約4億ウォン=約3540万円)の差し押さえを決定し、原告側は昨年5月、該当資産の売却を申請した。

しかし、日本政府は韓国の裁判所の資産差し押さえ決定文を日本製鉄に送達しなかった。このため大邱地裁浦項支部は今年6月1日、関連書類の公示送達手続きを開始した。

公示送達とは、訴訟相手が書類を受け取らず裁判に応じない場合、官報などに掲載して内容が伝達されたものと見なす制度のことだ。これにより、債権差し押さえ命令の効力が今月4日に発生することになった。

裁判所は今後、差し押さえ資産を処分して現金化するための手順を踏むことができるようになる。

ただし、その手順はかなり時間がかかる。菅官房長官が強硬に対応する方針を明らかにしたのは、裁判所の売却の動きをけん制する意図があるものと思われる。


2020/08/03 07:48 /朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020080380002

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1596410930/

続きを読む

「日本は海外投資により長期不況に耐えている…韓国も海外進出への積極的な支援必要」=韓国銀行

1: 昆虫図鑑 ★ 2020/08/02(日) 22:39:48.29 _USER
韓国銀行は、日本が長期不況でも海外投資により、経済的地位を維持しているとして、低成長・少子化など、日本と同様の問題を抱えている韓国も海外進出のための政府の積極的な支援が必要だと明らかにした。

韓国銀行は2日、「海外経済フォーカス:日本の最近の海外直接投資動向と示唆点」で、「日本は高度成長期から継続的な海外投資を通じて、世界最大規模の海外純資産を蓄積しており、これをもとに、長期間の不況にもかかわらず、現在の経済的地位を維持している」と述べた。

昨年における海外資産から発生する日本の投資所得は、約1909億ドル(約20兆円)で、米国の2570億ドル(約27兆円)に次いで世界第2位の水準だ。

韓国銀行は「日本の海外投資は、証券投資を中心に着実に増加してきたが、最近では、直接投資規模が急速に拡大している」とし「証券投資と準備資産は、収益追求と為替の安定効果があり、直接投資は、貿易障壁の回避、生産コストの削減、新規市場の開拓などに肯定的な影響を与える」と分析した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d8949f9ab4845640b0a2d71fe205fafc2df7b136

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1596375588/

続きを読む

【韓国】「うんこ型グミ、たくあん型ゼリー」がブームに

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/08/02(日) 19:14:11.45 _USER
(写真)
no title

_______________________________________________________

ポンシュモが、新しい消費トレンドとして浮上している。ポンシュモは楽しいを意味するポン(Fun)と、消費者を意味するコンシュモ(Cunsumer)を合成したもの。商品の味と価格はもちろん、楽しさまで追求する人々を意味する。

ポンシュモは、自分の体験をソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じて共有する志向が強く、自然にパイロル(viral )マケティン(marketing)に繋がる場合が多く、これによる製品の販売率も高くなる。

このため飲食品業界でも、便宜店(コンビニ)と協カして異色の商品を発売したり、消費者から長期間愛されてきたベストセラー商品に変化を加えるなど、ポンシュモを狙った様々な試みを繰り広げている。

30日、関連業界によれば、食品とコンビニ業界は消費者が近頃はコム(gum)よりもチェリ(jelly)を好むという点に着眼し、異色のゼリー製品の発売に向けた様々な共同作業を進めている。

GS25は7月の初め、うんこ型グミとたくあん型のゼリーを食品会社と協力して発売した。製品は去る22~28日に、ゼリーカテゴリーで既存のベスト商品を追い越して売り上げ3位、5位にそれぞれ上がった。

GS25は人気要因として、果物またはキャラクターが主なゼリー市場に予想外のコンセプトで発売となり、気になる商品を体験しようとする消費者の好奇心を刺激したものと解釈した。

(以下略)
no title


ソース:ソウル=ニューシス(韓国語)
https://newsis.com/view/?id=NISX20200730_0001112888&cID=13001&pID=13000

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1596363251/

続きを読む


    他ブログお奨め新着記事






    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:


    コメント欄で差別用語を連投している方をお見受けいたします
    各自節度を持ってコメントをして下さい

    また以下のコメントは削除されることがあります

    ・差別用語を含んでいるもの
    ・記事と関係ないコメント
    ・草を大量に生やしている
    ・煽り目的のコメント

    また1日に大量のコメントがされており見落とし等があります
    そのため長期間消されていない不適切なコメント等ありましたら
    メール等でご連絡ください

    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    メール

    笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
    当ブログについてはこちら
    笑韓ブログについて


    連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
    (at)は@に変えてください
    最新コメント




    QRコード
    QRコード
    アクセスランキング