東亜系
    一般系
    女性向け


    辛淑玉さんがRT「この国で在日として生きるうえでつきまとうアウェイ感」

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/21(日) 07:46:09.08ID:CAP_USER.net
    辛淑玉さんがリツイート
    山下 歩@neko_yamashita
    在日コリアンの人たちは、父母や祖父母たちから、関東大震災で起きた
    朝鮮人大虐殺を聞きながら育ってきたと思う。この国で在日として
    生きるうえでつきまとうであろうアウェイ感の中で「朝鮮人を皆殺し」
    「嘘つき・犯罪者の朝鮮人」というヘイトスピーチは、ヘイトクライムを彷彿とさせる悪魔の言葉だ
    https://twitter.com/neko_yamashita/status/471953444027121664

    辛淑玉さんがリツイート
    spark@Yonge_Finch
    アベアベ詐欺に引っかかって、基本的人権と平和憲法を振り込もうとする日本国民。
    no title

    https://twitter.com/Yonge_Finch/status/863426380360437760

    辛淑玉さんがリツイート
    馬。@ishtarist
    あのね、教えてあげるね。
    国連が反日なんじゃないの。
    日本が反世界なの。
    https://twitter.com/ishtarist/status/865599146266316804

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495320369/

    続きを読む

    香山リカ「私の前を歩いていた女性が『ファはファシズムのファー!』と歌っていた」

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/21(日) 07:41:56.65ID:CAP_USER.net
    香山リカ@rkayama 18時間前
    これはネタではなくホントにホントの話。昨日、私の前を歩いてた30代くらいの女性、
    5才と3才くらいの子どもと手をつなぎながら「ドレミの歌」歌ってて、
    「ドはドーナッツのド」から始まり「ファは」のところでママだけが
    「………ファシズムのファー!」と歌った。きっとこの女性も怒ってるんだ。
    https://twitter.com/rkayama/status/865792142488227841

    ランニングじじい@tritonisland 18時間前
    うそや
    https://twitter.com/tritonisland/status/865795752110432256

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495320116/

    続きを読む

    元SEALDs牛田「悲しい小国の日本人ども。中国には勝てないし、そのうち韓国にも負けるだろう」@ILLMATIC_UCD

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/21(日) 01:04:03.10ID:CAP_USER.net
    UCD@ILLMATIC_UCD 5月17日
    日本なんか大したことない国なのに、愛国ポルノやりまくって、
    それをアイデンティティにして、悲しい小国の日本人どもって感じだわ。
    彼らが思い描く理想の日本なんてただの妄想だ。本物のナショナリストは、
    そんなショボい国だからこそ踏ん張ってきたんだろうし、これからもそうするだろう。
    https://twitter.com/ILLMATIC_UCD/status/864910104688066561

    UCD@ILLMATIC_UCD 5月17日
    少し冷静に見れば一目瞭然じゃないか。日本は中国には勝てないし、
    このままじゃそのうち韓国にも負けるだろう。そして嬉々として北朝鮮に近づいていく。
    国賊は安倍とそのお友達だろ?
    https://twitter.com/ILLMATIC_UCD/status/864910770533916672

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495296243/

    続きを読む

    来年6月に大韓民国憲法改正、「第7共和国」成立へ

    1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 21:05:08.69ID:CAP_USER.net
    来年6月の憲法改正がほぼ固まった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、与野党の院内代表らと会った席で、大統領選挙の際に掲げた憲法改正の公約を必ず守ることを改めて約束した。複数の出席者が明らかにした。

    この席で文大統領は「約束は必ず守らねばならないという強迫観念を持っている」とまで語ったという。出席者らは全員が「憲法改正の言葉が本気であることを確認できた」と口をそろえた。

    大統領の権力を分散させる憲法改正は、先日の朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領弾劾を経てすでに国民的合意に至ったと言え、また今回の大統領選挙においても各候補者は全員が憲法改正を公約として掲げた。

    また来年6月13日に予定されている統一地方選挙の際、改憲を成立させるための国民投票を同時に行うことも候補者全員の間で一致していた。

    ただし過去においては大統領が選挙の際には憲法改正を約束しながら、権力を握った後は様々な言い訳で約束を守らないというケースが何度もあったため、今回もそうなるのではという懸念がくすぶっていたのも事実だ。しかし昨日の会合で文大統領はそのような懸念を完全に払拭した。

    国会は昨年、29年ぶりに憲法改正に向けた特別委員会を設置し、すでに公聴会も何度か開催したが、大統領選挙の日程が重なったため活発な議論は行われてこなかった。

    とりわけ選挙前から勝利が確実視されていたためか、共に民主党が憲法改正に消極的だった。しかし今や憲法改正と第7共和国の成立は後戻りできない段階に至ったと言えるだろう。

    もちろん憲法改正というのは口で言うほど簡単なことではない。現時点で合意に至っているのは大統領の権力分散、地方自治、基本権の拡充といった大きな方向性だけであり、その具体的な内容に踏み込めば、各政党間でその考え方はかなり異なる。

    たとえば権力分散に関して言えば、大統領と首相が権力を分け合う「二元執政府制」を考える側と、大統領の再任を認める側に大きく分かれる。ただいずれであっても大統領の権力を縮小し、大統領一人によって国全体が左右される発展途上国のような段階からの脱却を目指すという点では一致している。

    現在、世界で大統領制がまともに機能している国はないと指摘する学者も決して少なくない。韓国も例外ではなく、政党や有力政治家らが大統領の権力を手にしようと国全体が身動きを取れなくなることさえある。そのため何があろうと今回こそ憲法改正によって分権を実現しなければならない。

    地方自治も将来的には先進国のレベルに引き上げ、中央の権力争奪戦が地方に悪影響を及ぼすことがないようにすべきだろう。

    もう一つのポイントは選挙区の見直しだ。政界ではこの問題を憲法改正と同時に推進するよう求める声が根強い。ただこれは政党間や議員らの利害関係が大きく絡んでくるため、スムーズに合意に至るとは考えにくい。何度も検討を重ね、改憲を阻害する要因にならないような配慮が必要だろう。

    来年6月の統一地方選挙で憲法改正のための国民投票を同時に実施するには、新憲法の内容が来年1-2月には取りまとめられなければならない。

    文大統領と各党の院内代表はこの日、外交・安全保障問題を含む様々な議題について話し合う与野党と政府の協議体を立ち上げることで合意し、これには大統領あるいは首相が交代で出席することになった。

    このような場があれば、憲法改正の具体的な内容についてもある程度は議論できるはずであり、議論がスムーズに進めば、来年6月には新しい大韓民国が生まれることが現実となるだろう。

    誰もが自らの考えばかりに固執するのではなく、大義に基づいた議論を進めていってほしい。


    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/20/2017052000473.html

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495281908/

    続きを読む

    【韓国】韓国の小学教師、けがした児童をおぶって2日間の修学旅行へ=ネットに感動広がる「これも国が立ち直ったから」

    1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 14:22:04.02ID:CAP_USER.net
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178711&ph=0

    2017年5月18日、韓国・聯合ニュースは、足をけがした児童を修学旅行の2日間にわたっておぶい続けた先生の温かい「生徒愛」を報じた。

    全羅北道(チョルラブクド)高敞(コチャン)郡のコンウム小学校に勤務するイ・ヨンヒョン教諭(32)は昨年5月、修学旅行を前に、自身が受け持つクラスのカン・ソングァン君(12)の足首にひびが入っていることを知った。修学旅行は2日間、コースには道内の観光地、全州(チョンジュ)の伝統家屋が並ぶ「韓屋村」一帯を徒歩で見学する内容も含まれており、ギプスを着けたカン君の参加は難しいと思われた。しかし、カン君のしょんぼりした姿を目にしたイ教諭は、カン君の両親を説得して了解を得ることに成功、40キロを超えるカン君を終始おぶっての修学旅行を無事終えたという。

    この事実は、「私の心の先生キャンペーン」の写真公募展の大賞作品により明らかになった。晴れやかなカン君の顔と、彼をおぶうイ教諭の少し疲れた表情が対照的で、当時の状況をそのまま描写している一枚だ。これは、公募展の知らせを聞いたカン君が、「修学旅行をプレゼントしてくれた先生」というタイトルで応募し、「雨も降る中、先生は僕を常におぶってくれた。本当にありがたく、申し訳なかった」と感謝のコメントを残していたもの。イ教諭は「思ったより重くて少し大変だったが、ソングァンが喜ぶ姿を見てやりがいを感じた」と当時を振り返っている。

    同校のノ・ボンスク教頭は、イ教諭について「子どもたちの『お兄ちゃん』的存在」と話し、「もし私だったら、5年生の子どもをおぶうなど夢にも思わなかっただろう」と称賛した。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは「感動した」「すてきな先生だ」「素晴らしい先生。これからも誠実な教育をお願いします」「児童は一生この瞬間を忘れないことだろう」「12キロの子どもを連れて韓屋村に行ったけど、本当に大変だった。本当に立派な先生」「うちの子どももこういう先生に出会ったらいいな」とイ教諭への称賛コメントが相次いでいる。

    その他にも、「国が立ち直ったから、素晴らしい人たちがあちこちに出てきた」「最近は国全体に温かい雰囲気が漂ってる」「韓国がだんだんきれいになっていくよう」と、文在寅(ムン・ジェイン)政権誕生に沸く韓国の雰囲気を喜ぶ声や、中には「『思ったより重かった』というインタビュー内容と写真の表情が合ってるね」とほほ笑ましいコメントを残すユーザーもいた。

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495257724/

    続きを読む


      他ブログお奨め新着記事









      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:



      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      メール

      笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
      当ブログについてはこちら
      笑韓ブログについて



      連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
      (at)は@に変えてください


      全ランキング



      アクセスランキング