【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/20(月) 09:38:12.26 ID:CAP_USER.net
    (写真)
    no title

    ▲ 日本で出された著書を手に「四国八十八カ所は心の道しるべです」と語る崔象喜さん=愛媛県今治市旭町で2018年8月16日、松倉展人撮影
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    韓国・ソウル在住の旅行作家、崔象喜(チェ・サンヒ)さん(42)が今月、四国遍路の体験や出会いへの感謝をつづったエッセー「韓国女子 涙と絆の四国八十八ケ所参り」を日本で出版した。崔さんは八十八カ所の「歩き遍路」を7回達成。遍路道の案内役や巡礼作法を手ほどきする霊場会公認の「先達(せんだつ)」に2013年、外国に住む女性で初めて認定された。

    崔さんが初めて四国遍路に出たのは10年のこと。その4年前に父が亡くなり、経営した店の倒産、大金を貸した知人の失跡なども重なって「途方に暮れた」時期だった。

    当時は日本語がほとんどできず、宿を予約するにも旅の人に地図を見せ、身ぶりで電話を頼んだ。それでも「恩送りだから」と、かつて旅先の韓国で地元の人に世話になったという日本人の遍路がそっと部屋代を払ってくれた。15キロの荷物を背負っての旅。「遍路ころがし」と呼ばれる難所では、「私のかばんと交換して背負いましょうか」と、ベテラン遍路の助けを受けた。

    「国籍も性別も地位も関係ない。白衣を着ているだけでみな平等の『お遍路さん』になれる」。翌年には韓国語のインターネット交流サイト「同行2人」での情報発信も始め、会員は900人近い。遍路が自由に利用できる休憩所作りに取り組む「四国霊場八十八ケ所ヘンロ小屋プロジェクト」にも参加し、日韓で多くの義援金を集めてきた。
     
    今回は16年に韓国で出版し、2000部以上を売り上げた「四国を歩く女」に加筆した。韓国でこの本に出会って四国遍路に出る人もおり、崔さんの本は遍路旅の「先達」となっている。
     
    「私は一人で出発したが、一人ではなかった」「弘法大師に呼ばれている感じ。宿命のように毎年歩いている」。崔さんの思いだ。
     
    同書は牧山公美訳、アートヴィレッジ刊。税込み1500円。【松倉展人】

    ソース:毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180820/k00/00e/040/178000c

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1534725492/

    続きを読む

    【調停者・文】文大統領「北が非核化を行えば、日本や韓国からの援助を早期に受けられるようになる」

    1: 動物園φ ★ 2018/08/20(月) 08:56:30.64 ID:CAP_USER.net
    正恩氏、1年以内に非核化の意向=4月の南北首脳会談―米補佐官

    8/20(月) 8:52配信
    時事通信

     【ワシントン時事】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は19日、ABCテレビのインタビューで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が4月に板門店で韓国の文在寅大統領と会談した際、1年以内の非核化に応じる意向を示していたと主張した。

     近く実現するとみられるポンペオ国務長官の再訪朝を前に、正恩氏が短期間での非核化に同意していたことを強調し、早期に具体策を講じるよう圧力をかける狙いがあるとみられる。

     ボルトン氏によると、文氏は正恩氏に対し、非核化を早く行えば、日本や韓国からの援助や投資を早期に受けられるようになると表明。非核化を1年以内に実現しようと呼び掛けると、正恩氏は「イエスと述べた」という。ただ、6月にシンガポールで開かれた米朝首脳会談の共同声明では、非核化の期限は盛り込まれなかった。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000017-jij-n_ame

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1534722990/

    続きを読む

    安田純平さん拘束は自己責任なのか?「自己責任」論が政府の逃げ道になっている

    1: 動物園φ ★ 2018/08/20(月) 07:21:08.09 ID:CAP_USER.net
    シリアで凶弾に倒れた山本美香さん七回忌 パートナーが語る戦場の真実「安田純平さん問題は自己責任が政府の逃げ道に」〈dot.〉

    8/20(月) 7:00配信
    AERA dot.

     2012年8月20日。シリア内戦取材中、凶弾に倒れた女性がいる。ジャーナリストの山本美香さん(享年45)。国内で報道記者を経てからイラクやチェチェンなど世界の紛争地を取材し続けた。山本さんと公私を共にしたパートナーでジャーナリストの佐藤和孝さんは6年経った今も、「戦場取材をやめようと思ったことは一瞬もない」と言い切る。内戦が続くシリアでは、現在、ジャーナリストの安田純平さんが反体制派の武装勢力に拘束されている。なぜ、ジャーナリストは危険を冒して戦場へ行くのか――。山本美香さんの七回忌を前に、佐藤さんに話を聞いた。

    *  *  *
     山本さんが初めて紛争地を訪れたのは、1996年11月のアフガニスタン。佐藤さんと共に取材活動を始めた。その動機を自著『中継されなかったバグダッド』(小学館)の中で、こう語っている。

    「なぜ、戦地に向かうのか。自分でもはっきりとした答えがあるわけではない。最初のきっかけは、アフガニスタンの女性たちの生活を見たいという単純な好奇心からだった。人々がなぜ家を追われ、難民になってしまったのか、その答えを求めて最前線にも足を運ぶ」

     アフガニスタンでの取材以降も、山本さんは佐藤さんと2人で紛争地取材を続ける。山本さんの目線は常に取材対象に寄り添い、女性や子どもが生きる姿を多く伝えてきた。当時のアフガニスタンは「タリバン」が影響力を強め、情勢が極めて不安定だった。その状況下で、日本人女性として初めてタリバン支配下のアフガニスタンを取材。また、当時、外を歩くことすら禁じられた現地の女性の声を集め、その素顔を世界に発信することに成功する。2003年には「ボーン・上田記念国際記者賞特別賞」を受賞。ジャーナリストとして戦地を駆け回る印象が強いが、意外にも山本さんは「普通の人」と佐藤さんは言う。

    「ああいう現場で取材をして、銃弾を受けて死ぬわけだけど、何か突出して使命感があるとか、パワーがものすごいとか、そういう人じゃない。普通にお茶目な女性だよ。どちらかというと外面は良いほうだったけどね(笑)。とても明るくて、一本の芯が通っていて、曲がったことが大嫌い。そんな人間だったかな」(佐藤さん)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00000012-sasahi-soci&p=1

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1534717268/

    続きを読む

    【韓国】6年ぶりに台風が朝鮮半島を縦断・・・23~24日豪雨の予報

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/20(月) 01:50:00.64 ID:CAP_USER.net
    第19号台風『ソーリック(SOULIK)』が23日、韓半島(朝鮮半島)に上陸すると予想される。これによって南海岸と済州島を中心に、非常に強い風とともに大雨が降る。

    気象庁によれば19日の午後3時現在、台風ソーリックは日本の鹿児島の南東約1080km付近の海上を通過して、韓半島に向かって近付いている。中心気圧は955hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は40mに至る強い中型の台風である。気象庁は台風『ソーリック』が22日に済州島(チェジュド)付近を通過して、23日の午前に全南(チョンナム)の海岸に上陸すると予想した。台風が韓半島に上陸するのは2012年9月の『サンバ(SANBA)』以来、6年ぶりである。台風はその後、全羅道(チョンラド)と忠清(チュンチョン)、江原道(カンウォンド)を経て東海(トンヘ)上に抜ける見込みである。

    (台風ソーリックの予想進路)
    no title


    以下、略

    ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=025&aid=0002843741

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1534697400/

    続きを読む

    【観光】釜山市、観光マーケティング強化=アジアの旅行先1位だった結果を世界にPR

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/19(日) 21:57:14.59 ID:CAP_USER.net
    【釜山聯合ニュース】韓国南部の釜山市は世界有数の旅行ガイドブック「ロンリープラネット」と提携し、世界に向けた観光マーケティングに乗り出す。

    no title

    ▲2017年10月に釜山で行われた花火大会の模様=(聯合ニュース)

     釜山は同社が7月に発表した「アジアの旅行先ベスト10」で、1位に選ばれている。これを受け、同市は今月19日、同結果を世界にPRするため、ロンリープラネットのサイトでオンラインマーケティングを推進し、米国で発売されるロンリープラネットの釜山特別版を制作し、プロモーションを行うと発表した。

     来年にもメディア向けのファムツアーとロンリープラネットの創業者、トニー・ウィーラー氏を招いてのイベントを行うなど、観光マーケティングを強化する。 

     釜山市関係者は「世界的メディアを活用して、釜山の文化、食べ物、祭りなどをPRし、より多くの外国人が訪問する観光都市にする」と意気込む。

    ソース:聯合ニュース<釜山市 観光マーケティング強化=アジア旅行先1位受け>
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/08/19/0200000000AJP20180819000200882.HTML

    アジアの旅行先ベスト10

    1. 釜山
    2. ウズベキスタン
    3. ホーチミン市
    4. 西ガーツ、インド
    5. 長崎
    6. チェンマイ、タイ
    7. ルンビーニ、ネバール
    8. アルガムベイ、スリランカ
    9. 四川、中国
    10. コモド自然公園、インドネシア

    ソース:ロンリープラネット(英語)Best in Asia The Asian destinations you should see now
    https://www.lonelyplanet.com/best-in-asia

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1534683434/

    続きを読む


      他ブログお奨め新着記事









      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:



      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      メール

      笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
      当ブログについてはこちら
      笑韓ブログについて


      連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
      (at)は@に変えてください


      全ランキング



      QRコード
      QRコード
      アクセスランキング