東亜系
    一般系
    女性向け


    【日韓】長嶺大使の帰任は「バラの大統領選挙」後…政府・自民党内部で「韓日関係無用論」が蔓延

    1: ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 12:18:11.99 ID:CAP_USER.net
    日本消息筋「長嶺大使、韓国次期政権発足まで帰任しない」

    -「長嶺大使、帰任する理由・きっかけなく」

    -安倍内閣内「韓日関係無用論」蔓延

    長嶺保正在韓日本大使の帰任は「バラの大統領選挙」が行われた後、行われることが分かった。

    30日、複数の日本消息筋によると、安倍晋三内閣は韓国で早期大統領選挙が行われた後、長嶺大使を帰任させる案を検討している。ある消息筋は「(日本)政府は、慰安婦少女像移転など韓国政府の具体的な措置がなければ長嶺大使を帰任させないという方針を維持している」、「現在は帰任する理由がないため、帰任も次期政権が発足すれば行われるだろう」と明らかにした。

    別の消息筋は「安倍政府と自民党内部では「韓日関係無用論」が強くなっている」、「韓日関係の改善に懐疑的な状態」と指摘した。韓日関係に精通した、木村幹神戸大学教授は、「日本は韓国政府(裁判所を含む)が、これまでいくつかの事情で日韓基本条約をはじめとするさまざまな国際条約の解釈を複数回変更したことに対する不信感がある」と説明しした。

    安倍首相は27日、自民党国際局関係者と首相公館で夕食をしていたところ、慰安婦少女像の問題と関連して韓国に対する不満を迂回的に表わした。

    消息筋は韓・米・日の安全保障協力よりも、米・日・オーストラリア安全保障協力を強調する声も高まっているとも伝えた。実際、2014年の日本の外交及び安全保障の専門家たちは、米国のシンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)が主催したフォーラムで「韓国無視」(Korea Passing)現象を言及して米・日との3者安保協力対象は、韓国でないオーストラリアだと主張した。駐米日本大使館政務特別補佐出身の辰巳由紀、米国スティムソン・センター上級研究員も似たような内容の報告書を編纂した。

    木村教授は、「第1次安倍内閣成立時、盧武鉉政権は、日韓関係改善のために、韓日首脳会談を早期に開いて安倍政権もこれを考慮して、歴史修正主義的主張を一時閉鎖した」、「重要なのは、次期政府が「信頼性できる相手」というメッセージを送ること」と指摘した。続いて「両国とも「韓日関係が重要である」という前提の理解を失ってしまったので、メリットから再確立する必要がある」と診断した。

    ソース:ヘラルド経済 2017-03-30 10:22(機械翻訳)
    http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20170330000312

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490843891/

    続きを読む

    元慰安婦、金福童・吉元玉さんの像の除幕式

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 01:34:39.91 ID:CAP_USER.net
    no title

    no title

    no title

    no title


    ソウル市麻浦区の「戦争と女性人権博物館」で29日、女性人権運動家の金福童(キム・ボクトン)、吉元玉(キル・ウォンオク)像の除幕式が行われ、金さんと吉さんが記念撮影に応じた。今回の像は、「平和の少女像」を手掛けたキム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻が、二人の人生に深い敬意を抱いて制作し、献呈したもの。

    ソース:NEWSIS/朝鮮日報日本語版<元慰安婦、金福童・吉元玉さんの像の除幕式>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/29/2017032902670.html

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490805279/

    続きを読む

    【朝日新聞】北朝鮮のミサイル落下を想定した避難訓練は過剰反応だ。日本を脅すとか、やっつけてやるという考えはあまりないのでは(声)

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 01:30:12.04 ID:CAP_USER.net
    (声)ミサイル避難訓練は過剰反応
    2017年3月29日05時00分

     アルバイト 吉田誠治(岩手県 47)

     北朝鮮のミサイル落下を想定した避難訓練が17日、秋田県男鹿市であった。政府は北朝鮮による相次ぐミサイル発射を、日本の安全に対する重大な脅威と国民に知らせたいのだろう。

     しかし、北朝鮮が6日に発射したミサイルは、日本からかなり離れた地点に落下した。避難訓練が必要なほどの切迫した危険性はない。政府は、国民の不安をいたずらにあおっているようにしかみえない。

     そもそも、北朝鮮によるミサイルの発射は、米国との交渉を有利に進めるための一種のパフォーマンスと考えるべきだろう。ミサイルを使って日本を脅そうとか、やっつけてやろうという考えは、あまりないのではないか。

    北朝鮮が日本領土あるいは領海にミサイルを落とすというのは、現実的ではないと思う。


    以下略
    http://digital.asahi.com/articles/DA3S12865023.html

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490805012/

    続きを読む

    嫌韓報道は日本の保守派を敗者にする 鄭大均

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2017/03/29(水) 22:32:49.76 ID:CAP_USER.net
    嫌韓報道は保守派を敗者にする - 鄭 大均


    ある日刊紙に「韓国人は自らの影を隣国に投影するな」という記事を書いた。長すぎるなら「自らの影を隣国に投影するな」でもいいと編集者には伝えた。類似した問題は日本人の韓国論にだってあるのだから。

     デジタル版にはそのままのタイトルで掲載されたが、新聞には、「韓国の影を隣国に投影する醜さ」とある。タイトルを目にした瞬間、気力が萎えてしまった。これでは醜いのは韓国ではなくて、私のほうではないのか。韓国を批判するのはいい。しかし相手を侮辱したものは道徳的な敗者になるのであり、少し大げさにいえば、以後、私は恥ずべき人生を歩まねばならなくなる。

     韓国批判の記事はずいぶん前から書いているが、タイトルはいつも難問だった。韓国批判の記事を書くからには、日本人の韓国理解に資するものでありたいと同時に、韓国人をも感服させるものでありたいと願う。韓国にいる妻や何人かの友人の顔を思い浮かべながらあれこれ考えるのだが、これはと思えるタイトルに行きつくことは滅多にない。「韓国人は自らの影を隣国に投影するな」だって、まあまあのできだったと思う。

     しかしそれが「韓国の影を隣国に投影する醜さ」に変えられたら、敵意や憎悪が丸見えで、レイシズム(民族差別)と批判されておかしくない。だから私は恥ずべき人生を歩まねばならないという気分になってしまう。

     気になるのは、拙文を掲載してくれる保守系媒体の編集者にはその種のセンス(分別)が欠ける人間がときにいるということとともに、そのような人間が近年急に増えたということである。とくに驚かされるのは『夕刊フジ』の嫌韓記事で、「正気を失い暴走する韓国」とか「韓国経済 反日放射能デマ 大打撃」とか、これでは韓国の反日報道に瓜二つではないか。

     それを“Two can play this game”と言うのだとアメリカの友人が教えてくれた。「そっちがその手でくるなら、こっちにも考えがある」の意である。


    駐韓日本大使館前にある慰安婦像の撤去を韓国が拒否するというなら、日本は東京南麻布の駐日韓国大使館の前に巨大な伊藤博文公の銅像を設置したらどうですか。そうすれば、韓国人は自業自得の教訓を学ぶことができるのではないですか、と友人は言う。

     しかしそうすると、日本と韓国はまるで一卵性双生児みたいになって、国際社会ではどちらも恥ずべき国という烙印を押されてしまうことになるから、それはやめたほういいと私は思う。それに、同じレイシズムを実践しても、問われるのは日本の側だということも銘記されてよい。近年の日本ナショナリズムは多分に隣国の反日ナショナリズムに喚起されて活性化したものだが、この地域のナショナリズムに関心を寄せるという日本や韓国や欧米の研究者やジャーナリストが批判的関心を寄せるのは、相変わらず日本ナショナリズムのほうなのである。

     日本の保守論壇が垣間(かいま)見せてくれるレイシズムは重要な問題で、それをきちんと反省し、封じ込める努力をしないと、いずれ痛い目を見る日が来る。問題は『夕刊フジ』だけではない。月刊誌でいえば、『正論』、『WILL』、『歴史通』、『月刊Hanada』などにもタイトルや中身にレイシズムの問題があり、室谷克実氏のようにレイシスト的タイトルを売りにする作家もいる。『悪韓論』、『呆韓論』、『崩韓論』、『韓国は裏切る』とは何事か。韓国人の尊厳を傷つけることは日本人の尊厳を傷つけることに繋がり、それはこの歴史道徳的な時代においては日本の道徳的敗北を意味するのである。

    ■鄭大均(てい・たいきん)
    1948年岩手県生まれ。首都大学東京名誉教授。エスニック研究、ナショナル・アイデンティティ研究。著書に『韓国のイメージ』『日本(イルボン)のイメージ』『在日の耐えられない軽さ』(中公新書)、『在日・強制連行の神話』(文春新書)、編書に『日韓併合期ベストエッセイ集』(ちくま文庫)がある。
    http://lite.blogos.com/article/216076/

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490794369/

    続きを読む

    【国内】韓米ハーフ・水原希子、日本の英語教育に違和感「問題だと思う」

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2017/03/29(水) 22:17:16.96 ID:CAP_USER.net
    ■水原希子、日本の英語教育に違和感「問題だと思う」

     モデルで女優の水原希子(26)が、日本の英語教育のあり方に疑問を示した。

     アメリカ人の父と韓国人の母を両親に持つハーフで、アメリカ出身の水原は29日にツイッターで、「カタカナ英語って本当問題だと思う」と切り出した。

     日本で育った水原だが、自身が通っていた学校の英語教育に違和感を抱いていたという。「私が中学生の時、英語の先生がABCDをエー、ビー、シー、デーって教えてて、Dはデーって発音しないのに、BとDが区別しにくいからDをデーって教えてもらった」と当時受けた指導を振り返り、「先生だったらBとDの区別ぐらいちゃんと教えられないとダメなんじゃないかとずっと思ってた。今でも(笑)」と苦言を呈した。
    記事提供:日刊スポーツ

    朝日新聞
    http://www.asahi.com/sp/and_M/interest/entertainment/Cfettp01703290023.html

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490793436/

    続きを読む


      他ブログお奨め新着記事









      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:



      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      メール

      笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
      当ブログについてはこちら
      笑韓ブログについて



      連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
      (at)は@に変えてください


      全ランキング



      アクセスランキング