【疑惑】北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」と船籍不明の小型船舶による洋上での物資の積替えの疑い 防衛省が公表

    1: ひろし ★ 2019/01/24(木) 18:17:06.72 ID:CAP_USER.net
    平成31年1月24日
    防衛省

    平成31年1月18日(金)午後、北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」(IMO番号:7303803)と船籍不明の小型船舶が、東シナ海の公海上(上海の南約410㎞の沖合)で接舷(横付け)していることを海上自衛隊第1海上補給隊所属「おうみ」(佐世保)が確認しました。
    両船舶は、接舷(横付け)した上で蛇管(ホース)を接続していたことから何らかの作業に従事していた可能性があり、政府として総合的に判断した結果、国連安保理決議で禁止されている「瀬取り」(注)を実施していたことが強く疑われます。
     なお、北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」は、平成30年3月に国連安保理北朝鮮制裁委員会から資産凍結・入港禁止の対象に指定された船舶です。
    (注)北朝鮮船籍の船舶に対する、又は、北朝鮮船籍の船舶からの洋上での船舶間の物資の積替え
    本件事案についての政府の対応については、「我が国における国連安保理決議の実効性の確保のための取組」をご確認ください。
     (リンク先: http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/sedori/index.html

    全文はソースで
    http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/24c.html

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1548321426/

    続きを読む

    【韓国】 自衛隊の一連の行為は軍事挑発に近い・・・日本が韓国を敵対国と見なす行動を始めたとすれば、韓国軍も対処せざるを得ない

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/24(木) 10:56:10.60 ID:CAP_USER.net
    韓国国防部は23日、日本の自衛隊の哨戒機が同日、韓国海軍の艦船から540メートルの距離まで接近する低空威嚇飛行を行ったと発表した。
    極めて異例で軍事衝突につながりかねない危険な行動だ。

    日本の自衛隊のP3哨戒機は同日午後2時3分ごろ、韓国南方の離於島(中国名・蘇岩礁)付近の公海上を航行していた韓国海軍の駆逐艦
    「大祚栄(テジョヨン)」に高度60-70メートルで540メートルまで接近した。高度60-70メートルとなると、明らかに威嚇する意図での行動だ。

    日本の哨戒機は大祚栄の周囲を約30分にわたり円を描くように低空飛行したという。
    日本の哨戒機は「接近するな」という大祚栄の警告通信に応じなかったという。

    日本の哨戒機の接近威嚇飛行は先月以降4回目だという。12月20日に東海(日本海)上で
    北朝鮮の船舶に対する救助作戦を行っていた韓国海軍の駆逐艦「広開土大王(クァンゲトデワン)」が自衛隊機に射撃管制レーダー
    (火器管制レーダー)を照射したとして、高度150メートルで接近した。その後も1月18日、22日に高さ60-70メートルで韓国海軍の艦船から
    距離1.8-3.6キロメートルまで接近したという。

    日本の自衛隊の一連の行為は軍事挑発に近い。高度60メートル、距離540メートルというのは、米ロなど敵対国同士で行われる危険な行為だ。

    日本が韓国を敵対国と見なす行動を始めたとすれば、韓国軍も対処せざるを得ない。
    大祚栄も日本の哨戒機に「これ以上接近すれば、自衛権的措置を取る」と警告したという。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/24/2019012480049.html

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1548294970/

    続きを読む

    【韓国】 政府関係者 「大祚栄で撮影された映像が公開されれば威嚇飛行をしなかったという日本の主張がうそであることが分かるだろう」

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/24(木) 11:01:28.41 ID:CAP_USER.net
    韓国軍、早ければきょう日本哨戒機近接威嚇飛行の映像を公開


    韓国軍が早ければ今日にも海軍の駆逐艦「大祚栄」に近接して威嚇飛行した日本哨戒機の映像を公開すると発表した。

    韓国通信社「聯合ニュース」は24日、早ければ今日にも日本哨戒機の近接威嚇飛行映像が公開される予定だと報じた。
    また、政府関係者が「大祚栄で撮影された日本哨戒機の威嚇飛行映像を現在分析中」としながら
    「映像が公開されれば威嚇飛行をしなかったと強気に出ている日本の主張がうそであることが分かるだろう」と話したと伝えた。
    https://japanese.joins.com/article/499/249499.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1548295288/

    続きを読む

    【日韓】「徴用工」平行線 韓国がレーダー協議継続要請

    1: 荒波φ ★ 2019/01/24(木) 09:17:00.40 ID:CAP_USER.net
    【ダボス=共同】

    河野太郎外相は二十三日、スイス・ダボスで韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談した。韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り、個人請求権の問題は日韓請求権協定によって解決済みだとして、問題解消へ政府間協議の受け入れと韓国政府の適切な早期対応を要請した。

    康氏は文在寅(ムンジェイン)大統領が十日の記者会見で司法判断の尊重を表明したことを踏まえ、同様の主張を繰り返し、平行線をたどった。

    韓国国防省は二十三日、日本の哨戒機などが今年に入って三回、韓国軍艦艇に低高度で接近する「威嚇飛行」をしたと発表。外相会談では、それぞれが相手への抗議の意を示し応酬となった。外交当局間で意思疎通を緊密にすることが重要だとの認識では一致した。

    韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題も協議。康氏は、日本の対応に憂慮を表明。「両国の国防当局間の協議を通じて早期に解決する必要がある」と述べ、日本が打ち切り方針を決めた実務協議の継続を要請した。


    2019年1月24日 東京新聞 朝刊
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201901/CK2019012402000132.html

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1548289020/

    続きを読む

    【哨戒機】協議中断した後も『緻密な挑発』・・・日本の狙いは?(韓国KBS)

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/01/24(木) 05:06:31.77 ID:CAP_USER.net
    (動画=YouTube)
    https://www.youtube.com/watch?v=7LPkT-seRfU



    <アンカー>
    日本は再び事実ではないと言っていますが、明らかに日本の政治的意図があるように見えます。

    その意図は次の通りです。

    韓日間の軍事的対立を浮き彫りにして、安倍政権の支持率を上げ、自衛隊をさらに育て、平和憲法改正の正当性を主張しようとする、そのような意図であるという分析が出ています。

    ハン・スンヨン記者です。

    <レポート>
    日本の哨戒機が再び脅威飛行をした地域は離於島(イオド=蘇岩礁)水域です。

    自由航行には問題ありませんが、空域上では日本の防空識別圏(JADIZ)と中国の防空識別圏が重なる区間です。

    事実上、有事の際に我が空軍の対応出撃は困難です。

    日本が緻密に計算した後、挑発したという分析が出る所以です。

    日本は果たして何を意図しているのでしょうか。

    毎日新聞は哨戒機の動画公開当時、安倍政権が急落した支持率を挽回するために韓国との対立を増幅させていると分析しました。

    実際に昨年下落した安倍総理の支持率は、今年に入って4%以上上がったという分析です。

    安倍総理が今回の事態をきっかけに世論を集結して、自衛隊の正式な軍隊化を追求しようとしているという分析もあります。

    先月の脅威飛行で日本の哨戒機は、自衛隊ではなく日本海軍と自らを称しました。

    また、周辺国との軍事的摩擦を通じ、平和憲法改正の正当性を主張しようとする意図も垣間見えるという分析です。

    <ヤン・キホ(聖公会大学校教授)>
    「憲法改正を推進する安倍政権はかなりの焦燥感、イライラした状態だと思います。そのような点で周辺国との対立紛争を作り出すのはありえる事だと思います」

    また、韓日間の観光や貿易を通じて得る大規模な利益には影響がないという計算も、先行されたであろうという分析も出ています。

    こうした中、日本の岩屋防衛大臣は自衛隊哨戒機が脅威飛行をしたという韓国国防部の発表は事実ではないと述べ、高度150メートル以上を確保して国際法に則り適切な運用をしたと明らかにしました。

    政府代弁人(スポークスマン)に当たる菅官房長官は、今回の事案について詳しく分からないと言いながらも、韓日の関連当局間で確実に意思疎通を図る事が重要であると述べました。

    KBSニュース、ハン・スンヨンでした。

    ソース:KBS=韓国放送公社
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4122265&ref=A

    引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1548273991/

    続きを読む


      他ブログお奨め新着記事









      アクセスカウンター
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:

      ご支援のお願い
      現在、笑韓ブログではご支援を募集しております。
      詳しくはこちら

      http://www.wara2ch.com/archives/9233332.html

      ご支援宜しくお願いします。


      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      メール

      笑韓ブログ ◆loMxv6YsrNO8
      当ブログについてはこちら
      笑韓ブログについて


      連絡先:wara2ch(at)gmail.comまでよろしくお願いします!!
      (at)は@に変えてください
      最新コメント


      PCのみのカウントです。参考程度に
      全ランキング



      QRコード
      QRコード
      アクセスランキング